さて、お次は鶴見線です。

1926年(大正15年)に開業した鶴見臨港鉄道が前身の路線で
貨物と工業地帯の工員や従業員を旅客輸送する為の路線でした。




南武線で尻手駅から南武支線を乗りついて浜川崎駅に。 
連絡通路を進むと。
鶴見線01
「JFE専用出口」の案内表示が。

なるほど。さすが工場地帯。
この案内表示の前には、簡易Suica改札機と券売機が。
鶴見線03
・・・都会の一角にまさかの無人駅。

鶴見線乗り場の表示方向に階段を下りると。
鶴見線00
外に出ちゃいました。
鶴見線20
ちなみにこの南武支線側の浜川崎駅出口ですが、
2016年3月の小田栄駅開業に伴う南武線リニューアルの一環で
駅名の看板がご覧の通りのものに変えられています。
鶴見線02
鶴見線のホームは、まさかの公道反対側に。
乗り換えなのに一回外に出て入りなおすという荒業でした。
しかも無人駅だし。
鶴見線21
鶴見線側の駅構内にはネコが住み着いてました。


そして乗り換えて鶴見線に。
ここから普通は端っこの扇町駅から順番に乗るのでしょうが
鶴見線05
あえて支線の大川駅へ先に向かいます。
何故かとというと、大川駅方面に向かう、乗り換えの安善駅の時刻表を見ると。
鶴見線04

ご覧の通り、朝を逃すと8時間半電車が来ません…
ちなみに土日は一日合計3本しか大川行きはありません。

ですからわざわざ平日の朝の5時半の電車に乗って
鶴見線に乗るためにやってきましたよ。


鶴見線06
同じく無人駅の安善駅を経由して。


鶴見線07
大川駅に。ここも無人駅で、ホームもシンプルなので
特に用事はありません。


続いて別の分岐の海芝浦駅へ向かいます。
途中の乗り換えの浅野駅に。
鶴見線08
鶴見線09
ここも無人駅ですが、分岐のホームが別に分かれて作られているので、
シンプルで殺風景な他の駅よりは広い作りになってます。

乗り換えて海芝浦方面に。
こちらの支線は東芝の工場へ向かう為の支線です。
新芝浦駅の正面が東芝の工場の正門で、
その先はJRの鉄道なのに、東芝の私有地を走って海芝浦駅まで行くらしいです。


そして海芝浦駅で電車を降りると。
鶴見線10

うおおお! 海の真ん前にホームが!

鶴見線11
海芝浦駅に到着です。
この駅、バリバリの東芝の私有地内なので、
鶴見線12
出られません。


これで支線を制覇できたので、本線の北の終点の扇町駅へ。

鶴見線13
こちらは写真のホーム奥に、改札と、貨物取り扱いの建物があります。
貨物取り扱いの駅員はいるらしいですが、旅客用としては無人駅です。




さて、後日夜に鶴見線に乗車した際に、
鶴見駅の一つ手前の国道駅で下車をしてみました。
鶴見線15
なんでも昭和5年の開業から駅がそのままで、
高架下が異様なムードを醸し出す駅として
何度も映画やドラマのロケ地として使用されている、と聞いていたので。
鶴見線16
ホームから降りて改札まで。
無人駅で改札機はありません。
鶴見線17
なかなかの風情のある外観です。
鶴見線18
改札前のガード下は、いかにも昭和初期の感じが残っていました。
老朽化の為か、ベニヤのコンパネ板で封鎖されている箇所があったのは残念でしたが。
改札の向かいには小さなガード下の飲み屋があり、
駅のトイレが店の酔客のトイレとして使用されていましたよ。





そうこうして全線踏破して鶴見駅へ向かい降りると。

鶴見線22
なんと、鶴見線のホームから、
まだ駅の外に出ていないにも関わらず自動改札を通過しないと
他の路線へ乗り換えができない構造になっていました。

これはほぼ全線が無人駅で、
地方の路線の様に社内で車掌が清算をしないので取られた処置なのでしょう。
確かに地方のローカル線ですと、ワンマンで車掌が切符の精算を行っていますが、
この鶴見線はほぼ無人駅にも関わらず、鶴見駅以外は完全放置プレイでしたw


鉄道マニアには常識なのかもしれませんが、
一般人の私にはいろいろとカルチャーショックのあった路線でしたw

鶴見線23
とりあえず鶴見線の鶴見駅側の終端を。




鶴見線19
電波の状況に関しては、さすがに横浜や川崎を走る路線であるだけに
ほぼ無人駅のみの路線とはいえ、全線で電波状況は良好です。
GPS電波に困る事はないでしょう。


朝の通勤時間帯でないと支線の電車が走っていないので、、
実際に列車に乗って踏破したい人は、
特に大川駅に関しては朝の7時から8時くらいに乗りに来ないと乗れません。
もしくは夕方の帰宅時間を狙うしかないですが。
海芝浦駅方面はまだ本数がありますが、日中は二時間に一本です。

そして、特に朝はほぼ工場の通勤客しかいないので、
用事もないのに乗ってると非常に浮きますw
そしてちなみに、電車も3両編成でホームは小さく、乗降客も2、3人の為
電車の車掌からは動向が丸見えですw


基本的に、鶴見駅━浜川崎駅間を走る列車は
それなりに本数があるので、さほど乗車計画には苦労はしないでしょう。
実際に乗車する事に拘らず、レーダーでの制覇で良いならば
この区間を乗車すれば難なくレーダーで全駅取る事ができます



ただ、首都圏の路線で比較的アクセスはしやすい場所にありますし、
各駅なかなかおもしろいですので、
ヒマな時に一度乗ってみたら面白いと思います。
 
では。 

京葉線12

さて、お次は武蔵野線と繋がっている、京葉線です。

この路線も基本的には貨物用として作られた路線ですので、
その大部分が高架線で電波状況も良く、非常に駅の奪取がしやすいでしょう。



ただ、問題は東京駅近辺でこの路線が深く地下に潜っているという点で。
実際に東京駅の京葉線ホームから、他路線への接続を見てみましょう。
京葉線08
こちらが東京駅の京葉線ホーム。

京葉線02
まずはエスカレーターでホームから上がります。

京葉線03
上がった先のフロアから、案内表示に向かって進みます。

京葉線04
接続通路はかなり長いです。
京葉線と、横須賀線快速のホームはまるで別の駅の様に遠いです。

京葉線05
長いので動く歩道がついてます。

京葉線06
動く歩道の先は、またエスカレーターで上がります。

京葉線07
エスカレーターを降て進むと、やっと他の路線の案内表示が。
ここまで2フロアを上がり、長い通路でも横移動がありました。
見て分かるとおり、京葉線の東京駅ホームは、
かなり深度のある事が分かります。


この深さで具体的には、
東京駅から八丁堀駅、越中島駅とずっと地下トンネルを通っています。
その次の潮見駅との間でやっと地上へ顔を出すという状況で。
 ですから当然GPSの電波も届きにくくなっています。


まず八丁堀駅。 
ここは京葉線の車内からは基本的に電波は届かず、
奪取は難しい、というか無理な様子です。

私は一旦電車から降りて、階段を上がって改札階のあたりまで登って
やっとGPS電波が届いて奪取しました。

東京メトロ・日比谷線も通っているので、
茅場町ギリギリのあたりで取れた、という情報もありますが、
基本的には駅で一旦降りて改札階まで上がって奪取するか、
もしくはレーダーでの奪取となるでしょう。

ただ、こちらは東京駅からのレーダーの画像ですが。
京葉線09

見て分かるとおり、東京駅の隣駅にもかかわらず、
ご覧の通り、東京駅からは八丁堀駅はなかなかレーダー画面に現れません。
つまり、よっぽどレーダーの射程の長い方でないと
東京駅からはレーダーは届かない
という事です。





そして越中島駅
こちらは八丁堀駅より厄介です。
私は駅構内での改札前まででは奪取ができず、
結局一回地上まで出て、やっとGPS電波が届いて
この駅を奪取する事ができました。

潮見駅側の先頭車両だと電波が届く、という情報もありますが、
当方では未確認の為、基本的には途中下車かレーダーでの奪取になると思います。
ちなみに隣の潮見駅を出てから、射程5駅のレーダーで見ても
越中島駅はレーダー画面には現れませんでした。


基本的には難所はこの二つでしょう。
他は難なく取れると思います。

八丁堀駅、越中島駅の取り方を考えておかないと、
列車に乗車するだけでは取りきれませんので、
後日また取りに来ないといけなくなりますので注意をして下さい。

むしろ京葉線を同日にコンプする事にこだわらなければ、
八丁堀駅でしたら東京メトロ東西線の茅場町駅や銀座線の新富町駅などから、
そして越中島駅は東西線の門前仲町駅や銀座線の月島駅あたりから
レーダーで入る位置にあります
これらの路線の攻略時に一緒に奪取をした方が楽かもしれません。




途中の舞浜駅近辺では、ディズニーランドの周囲を回る
「舞浜リゾートライン」という路線が走っています。

もちろんきちんと乗車するのも楽しいですが、
葛西臨海公園駅から新浦安駅までの間でレーダーで全駅を奪取が可能です。
通過する際には頭に入れておくと路線コンプの手助けになるかと。



京葉線10
こちらは反対側の起点の蘇我駅
潮見駅以降は終点の蘇我駅まで地上駅となっています。



京葉線自体は、電波に関しては先に述べた
八丁堀駅と越中島駅以外は良好
です。
難なく取る事ができるでしょう。

京葉線13
こちらは京葉線近辺のau 4G LTEの電波エリア情報ですが、
ご覧の通り東京都内から千葉県の湾岸部なだけに
全線がエリア内で電波状況は全く問題がありません

八丁堀駅と越中島駅も、地上での電波状況は良好ですので、
地下深い京葉線のホームから登ってしまえばGPSでの奪取は容易でしょう。


京葉線11
そしてこの京葉線には、房総方面へと繋がっている特急も走っており、
京葉線内を特急に乗車する事も可能です。



ではご参考までに。
 

武蔵野線01

まずは私のの最寄の路線である武蔵野線です。


1973年に開業したという武蔵野線は元々は貨物用の路線で、
そこに旅客用の電車が走らせた路線でした。

なんでも開業当初から自動改札を導入した初の路線、とのことで、
たしかに私の子供の頃から駅は自動改札でした。
京浜東北線と交わる南浦和駅なんかは駅員の改札でしたけど。

だから90年代に都内で自動改札が導入されたニュースで大騒ぎしていた時には、
「武蔵野線にはずっと昔から自動改札なんてあったのに、何を大騒ぎしてるんだ」
なんて思ってましたw



この武蔵野線、基本的には地上を走る路線で、
比較的都市の住宅地をメインに走っている路線なので
基本的にはGPSの電波状況は悪くないです。
普通に乗っていれば、普通に駅を奪取できるでしょう。



武蔵野線07
こちらの西船橋駅が、千葉県側の基点駅となります。
武蔵野線自体はこの先、京葉線へと乗り入れをしていて
南船橋駅と東京駅まで、それぞれ運行する列車があります。



武蔵野線18
東松戸駅
武蔵野線の開業時には無かった駅で、
ここで北総公団線と交わっていたのですが、しばらくはJR側には駅が無く、
1998年(平成10年)に住民の要望で設置をされたという駅です。



武蔵野線09
新八柱駅です。
この駅には向かいに新京成電車の八柱駅があって接続をしています。



武蔵野線02
こちらは新松戸駅
常磐線と連絡をしている駅で、
古くからの千葉方面での武蔵野線のターミナル駅でした。
武蔵野線03
なので武蔵野線ホームからは、
常磐線ホームに直通する階段がご覧の通りあります。



武蔵野線08
南流山駅
元々は郊外の畑の広がる住宅地でしたが、
2005年につくばエクスプレス線が開業した事によって
路線の交わる乗り換え駅となりました。
武蔵野線29
駅前ロータリーより、右正面がJR南流山駅、
左がつくばエクスプレス線南流山駅です。



武蔵野線28
南越谷駅です。
この駅は東武伊勢崎線の新越谷駅と隣接している駅で、
開業当時から東武鉄道との乗り換え駅として機能してきました。



武蔵野線04
東川口駅です。
武蔵野線開通からずっと、単なる新興住宅地のはずれの野原の駅でしたが、
埼玉高速鉄道が開通した事によって、都内へ繋がるターミナル駅となりました。

この駅から埼玉高速鉄道の浦和美園駅が一駅だけ北に出っ張って走っており、
レーダーで容易に届くので、恐らく多くに人が
ここから浦和美園駅をレーダー奪取していることでしょう



武蔵野線27
南浦和駅です。
この駅は、武蔵野線の開業当時から京浜東北線との乗り換え接続駅でした。
埼京線が開業するまでは、武蔵野線からJRで都心へと向かうには
この南浦和駅で乗り換えが必須でした。
バイパス線としての埼京線が開通した後も、
上野、東京方面へはこの南浦和駅が乗り換え駅となります。



武蔵野線23
こちらは武蔵浦和駅
武蔵野線開業時にはこの駅は存在しておらず、
周囲にもめぼしい施設などはありませんでした。

ところが東北・上越新幹線が開業した事によって埼京線も開通。
武蔵野線と交わるここに新駅が1985年に出来ました。
首都圏で一番旅客量の多い埼京線との乗り換え駅だけに
状況客の量は武蔵野線でも随一です。



武蔵野線20
そしてこちらが西浦和駅
この駅は特に、他の路線への乗り換えはできません。
じゃあ、なんでわざわざ載せたのか、ってですか?
武蔵野線21
ご覧の通り、西浦和駅のすぐ先には、
貨物列車が大宮方面へと接続をする為のデルタ線があるんです。
この為、西浦和駅ではしばしば、めずらしい臨時の列車の通過を見る事ができすんです。

武蔵野線19
武蔵野線30
結果、撮り鉄さんにはとっても有名な撮影スポットになってまして。

武蔵野線22
駅の端っこには、こんな看板まで設置されています。




武蔵野線24
北朝霞駅です。
武蔵野線25
東武東上線の朝霞台駅が目の前にあり、
この場所でJRと交差している事から乗換駅となっています。



武蔵野線31
新座駅

新座駅の発車メロディは「鉄腕アトム」となっています。
(上の埋め込み動画で試聴できます)
これは新座市内に手塚プロダクションの制作スタジオがあることで、
設定上のアトムの誕生日の2003年に
新座市の特別住民として登録されたことなどから
発車メロディとして採用されたものと思われます。
ちなみに高田馬場駅でも鉄腕アトムの発車メロディを使っていますが
こちらには手塚プロダクションの本社があります。
武蔵野線32
こちらが駅の外観。高架駅舎となっています。
この新座駅、近隣に大学が三つほどあって最寄り駅となっており、
そのうち二つは女子大
夕方などは女子大生でホームが溢れるのは
地元民以外にはあまり知られていません。



武蔵野線05
新秋津駅
西武池袋線との連絡駅として古くからある駅です。
武蔵野線06
ですがご覧の通り、この駅と連絡する秋津駅とはおよそ5分の距離があり、
多くの乗降客が乗り換える駅ですが若干歩く印象が昔からありました。




武蔵野線10
そしてこちらは新小平駅です。
武蔵野線11
こちらの駅は、直接駅が隣接している訳ではありませんが、
西武多摩湖線の青梅街道駅とは650mの距離で乗り換えが可能となっています。
武蔵野線12
この新小平駅、駅の前後がすぐにトンネルとなっていて、
小平トンネルと東村山トンネルの丁度谷間の切れ目に作られた駅なのです。

この小平トンネルと東村山トンネルは、長らく携帯電話の電波が届かないトンネルで、
列車がトンネルに入ると携帯が圏外になってしまうという区間でした。

武蔵野線13
ご覧の通り、西国分寺駅側(写真上)の東村山トンネルは
新小平駅の端からすぐに始まっています。
新秋津駅側(写真下)の小平トンネルは少し先なので、
駅の屋根の間から空が見えますが、ほとんど谷間と言って良い状態です。

ですので新小平駅停車時には、まれに携帯の電波が屋根の隙間から届いて
通話ができる事もありましたが、GPSに関してはほぼ位置情報の取得は無理な状態でした。


しかしJR東日本が2014年より携帯3社と
武蔵野線の携帯電話不通区間解消に取り組んだ結果、
両トンネル内でのアンテナ設置の工事が完了し、
2015年9月30日よりトンネル内と新小平駅で電波が届く様になりました。
武蔵野線14
 ※画像をクリックすると拡大します。

ですので現在では、新小平駅でも普通にGPSで駅の奪取が可能な状態となっています。

武蔵野線15
ただ、前後のトンネルではなぜか、飛ばされて恋ヶ窪駅が取れるようになったんですがw




武蔵野線16
そしてこちらは西国分寺駅
中央本線との接続をしている駅ですので、
こちらも古くからのターミナル駅でした。



武蔵野線17
そして終点の府中本町駅
この先も線路は川崎まで続いていますが、
旅客営業をしているのはこの府中本町駅までで、
この駅で南武線と接続をしています。



首都圏の外環状路線として建設された路線であるだけに、
都心から放射状に伸びている各路線、そして私鉄路線を横に結ぶ路線であることは
ここまでの紹介でお分かり頂けたと思います。

元々人口密度の低い郊外に高架線を建設しただけに、
沿線にはめぼしい観光地も都市もありませんが、
首都圏の各路線と高密度で交差連絡するというのが
武蔵野線の持ち味
と言えるでしょう。
各路線の制覇の際にも有効に活用できると思います。



電波の状況に関しては、基本的には元々が貨物用の路線だっただけに
基本的には地上部は高架線の区間がほとんどとなっています。
武蔵野線26
ご覧の通り、東京近郊の路線であるだけに、
携帯の電波については全く心配がありません。

というわけで、武蔵野線は普通に頑張って頂ければ
奪取が可能ですので、思う存分どうぞ。



↑このページのトップヘ