さて。JR御殿場線です。

この路線は神奈川県の国府津駅 から、静岡県の沼津駅までを結ぶ路線で、
全線がJR東海管内となるそうです。


神奈川県をコンプリートする為にはこの御殿場線の、
国府津駅から谷峨駅までの8駅を奪取する必要があります。
本数も多くない路線ですので、私は一気に全線を取る行程としました。



ここで注意すべき点があります。

国府津駅は「東京近郊区間」に含まれSuicaが使用できますが、
その先の下曽我駅━足柄駅までの間は基本的にIC乗車券が使用できません。
そして御殿場駅━沼津駅の間はJR東海のTOICAが駅に導入されている区間となります。

注意をせねばならないのは、JR東海管内でもSuicaは使用できますが、
SuicaエリアとTOICAエリアをまたいでの使用はできないという点です。


そして無人駅の場合は運転席後ろのドア一箇所しか開きませんので、
そこで車掌が切符を見て改札を行います。
Suicaで入場しての乗車の場合、運賃全額が現金清算となり、
後でSuicaの施設のある駅で出場の処理をしなければなりませんので注意をして下さい。



御殿場線01
という訳で、御殿場線に乗車をする為にJR国府津駅に。
ここから切符を購入します。

御殿場線02
御殿場線のホームへと向かいます。
ホームに降りる階段の柵にはご覧の通り注意の横断幕が。
御殿場線08


御殿場線03
列車はローカル線でよく見るディーゼルの車両ではなく、
ロングシートの電車が待っていました。
とりあえず途中の御殿場止まりでしたが、乗車をして向かう事にします。


途中駅は基本的には無人駅の様子で、
車掌が一番前の車両の最前部ドアで切符の確認をしていました。

国府津駅から沼津駅まで、東海道線経由ですと840円ですが、
御殿場線経由で行くと、ごらんの通り1140円となりますのでご注意を。



御殿場線10
東山北駅


御殿場線14
足柄駅


御殿場線09
御殿場線11
こちらは谷峨駅
御殿場線は神奈川県内はこの谷峨駅までで、次の駅からは静岡県に入ります。


御殿場線12
こちらが御殿場駅

御殿場線13
御殿場線の多くの列車が、国府津駅を出るとこの御殿場駅止まりとなり、
沼津方面にはここから乗り換えが必要なケースが多いです。
御殿場線は全線がJR東海の管轄ですが、
JR東海のICカード「TOICA」が使えるのは
この御殿場駅から沼津駅までの間
となります。

御殿場線04
御殿場駅から沼津駅まではこの車両で。
今度はシートがクロスシートでした。
うん。ローカルっぽい。
御殿場線06
社内にはご覧の通り料金箱が設置。
御殿場線05
こちらが社内の料金表です。




御殿場線15
こちらは富士岡駅

御殿場線16
TOICAの使える範囲に入ってくると、車窓の光景にも
だんだんと家が増えてきます。



御殿場線17
裾野駅


御殿場線18
長泉なめり駅


御殿場線19
下土狩駅



御殿場線07
そして終点の沼津駅に。


GPSの電波状況は全路線で良好でした。
およそ1時間半の行程となりますが、駅の奪取は難なくできると思います。
JR東日本とJR東海をまたぐので検札が来るかと思いましたが、
車内の巡回には私は当たりませんでした。

 
では。