北陸鉄道浅野川線00
さて次は北陸鉄道浅野川線です。

JR金沢駅と連絡をしている北鉄金沢駅から内灘駅まで
全長6.8kmという距離を運行している路線です。

2001年に北鉄金沢駅━七ツ屋駅間が地下化された為
京王3000系のステンレス車という、
現在の日本の地方ローカル線では大人気の車両が導入されています。



北陸鉄道浅野川線01
こちらは石川県の玄関口であるJR金沢駅の兼六園口(旧東口)の駅前です。
目の前の大きな門は、伝統芸能である能楽・加賀宝生の鼓をイメージして作られた
その名も鼓門です。
北陸鉄道浅野川線02
鼓門の奥へと進むと金沢駅の兼六園口に。
入口と門の間には「もてなしドーム」という
アルミフレームと強化ガラスで組まれたドーム天井があります。
北陸鉄道浅野川線03
そのもてなしドームの真下の階段を下って地下へと降ります。
北陸鉄道浅野川線04
階段を降りると地下広場に出ますので左前方へと進みます。
北陸鉄道浅野川線05
するとご覧の改札入口が見えてきます。
こちらが北陸鉄道の北鉄金沢駅の入口です。
かつては地上にありましたが2001年の地下化によって地下駅となりました。
北陸鉄道浅野川線06
こちらが北鉄金沢駅のホーム。
頭端式1面2線の駅で、
列車発車に合わせて改札を行う列車別改札が実施されています。



北陸鉄道浅野川線07
七ツ屋駅
ご覧の通り単式1面1線の棒線駅です。



北陸鉄道浅野川線08
上諸江駅
こちらも単式1面1線の棒線無人駅となっています。



北陸鉄道浅野川線09
磯部駅
同じく単式1面1線の棒線無人駅です。



北陸鉄道浅野川線10
割出駅
1面1線の棒線駅ですが、この駅は業務委託駅となっており
平日の朝夕ラッシュ時のみですが駅務の係員がいる駅となっています。

ちなみに豆知識ですが、日本の駅を五十音順に並べた際に
この割出駅は一番最後になる
そうです。



北陸鉄道浅野川線11
三口駅
単式1面1線の棒線無人駅で、ホームには待合室のみがあります。



北陸鉄道浅野川線12
三ツ屋駅
相対式ホーム2面2線を持つ駅で浅野川線で唯一の交換設備を持つ駅です。
浅野川線の列車は全て列車交換をこの駅で行いますが、駅としては無人駅となります。



北陸鉄道浅野川線13
大河端駅
単式ホーム1面1線の棒線駅で無人駅となっています。



北陸鉄道浅野川線14
北間駅
こちらも1面1線の棒線無人駅です。



北陸鉄道浅野川線15
蚊爪駅
かつては踏み切りの手前にホームがあって交換可能な駅でしたが
急カーブ解消の為にホーム移設が行われ現在の棒線駅となりました。



北陸鉄道浅野川線16
粟ヶ崎駅
単式ホーム1面1線の棒線無人駅です。
この駅の特筆すべき点は、ご覧の通り川岸すぐのところに駅があるという事です。
南側を大野川が流れる上、ホーム北側は町道の踏切があって
駅が狭い場所に挟まれた状態なのです。
なのでかつてはホームが33mしか取れず、
長らく列車がホームからはみ出して停車していました。
そして2008年にホームを大野川へとせり出して延長する工事を行い、
列車がはみ出さなくて良い状態となったのです。



北陸鉄道浅野川線17
そして終点の内灘駅です。
単式ホーム1面1線の駅となっています。
北陸鉄道浅野川線18
こちらが駅舎の外観。
北陸鉄道浅野川線20
駅前はバスのロータリーとなっていて
内灘町のバスのターミナルとなっています。
北陸鉄道浅野川線19
旅客列車が使うのは一番右の1線のみですが、
ホームの目の前には車両庫があり
引込み線が分岐していて車両基地となっています。




浅野川線は6.8kmの路線に起点終点を入れると12の駅のある路線で
駅間はおおよそ500m前後とかなり短くなっています。
全線の所要時間は17分で、日中でも30分間隔で列車が運行されているので
往復をしても1時間かかりません。
北陸鉄道浅野川線21
こちらはau 4G LTEでの電波サービスエリアマップです。
北鉄浅野川線は全線が電波のサービスエリア圏内ですので
位置情報の取得に困る事はまず無いでしょう。



北陸鉄道浅野川線22
こちらはIRいしかわ鉄道の東金沢駅━森本駅間でレーダーを飛ばした際の
射程範囲を示した図です。
いろいろと試してみましたが、どうやっても浅野川線の終点の内灘駅には
鉄道の路線上からはレーダーを到達させる事ができませんでした

射程12では蚊爪駅まで、射程14では粟ヶ崎駅まで届く事は確認しましたが、
内灘駅だけはやはり届きません。
結論から言うと北鉄浅野川線は乗車しないとコンプできないという事になります。
北陸鉄道浅野川線23
北陸鉄道ではご覧の金箔の1日乗車券を1000円で発売しており、
浅野川線だけでなく石川線も含めて北陸鉄道が一日乗り放題となっています。
乗車する所要時間を含めて考えてもさほどの負担にはならないと思うのですが。



駅のほとんどが無人駅であり、
車両は日本中のローカル線で見る京王3000系ステンレス車、
駅の間隔が短かく隣の駅にすぐ着いてしまうという
典型的なステレオタイプのローカル私鉄ではありますが
攻略自体は手軽だと思いますので是非とも内灘駅まで行ってみてはいかがでしょうか。


では。