さて。お次はJR小海線です。
この路線は「八ヶ岳高原線」という別名がついている様子です。


小海線01

JR中央線を小淵沢駅で降りて乗り換え。
小海線のホームへ向かう途中、連絡通路でSuica使用の注意書きが。

小海線02

こちらが小海線の小淵沢駅ホームとなります。

小海線03

こちらがこれから乗る小海線の車両。
本来は終点の小諸駅までの直通列車に乗るつもりでしたが、
ちょうど「八ヶ岳高原列車」と題する、野辺山駅までの臨時普通列車に間に合ったので、
そちらに乗って野辺山駅で待機する事にしました。
小諸駅への到着時刻は変わりませんし。


小海線04
小海線05

小淵沢駅を出るとこんな感じの光景の中をディーゼル車で走ります。
この後清里駅周辺の小洒落た別荘地を抜けて野辺山駅へ。


小海線06

 野辺山駅に到着しました。
後続の小諸駅行きの列車をしばらく待ちます。

小海線07
 
ホームには「JR線最高駅」の表示が。
そういえば小学生の時にクイズの本で見た記憶がありました。
まさか本当に現地に来ることになるとは。

 小海線08
小海線11
小海線10
小海線09

しばし野辺山駅周辺を散策。


そして後続の列車の小諸行きに乗車をします。
小海線12

ご覧の通り、運転士と車掌の二名体制。
無人駅があるので運賃車内精算ですがワンマンではありません。


小海線13
小海線14
小海線15

紅葉目前の高原を走りぬけ、


小海線16

 長野新幹線の停車駅のある佐久平駅です。
この小海線で自然じゃない所は久々に見ましたw 


小海線17

しなの鉄道が間近の区間に差し掛かり、


小海線18

小諸駅へと到着をしました。


小淵沢駅━小諸駅間の所要時間はおよそ2時間20分程度です。
途中で買い物をするチャンスはありませんでしたので、
食料や飲料は事前の購入をお勧めします。

また、こちらが小諸駅での小海線の時刻表です。
小海線19

ご覧の通り、終点の小淵沢駅までの直通列車は2~3時間に一本しかありません。
これは小淵沢駅から小諸駅方面でも同様でした。
途中で他路線と交わるのは佐久平駅での長野新幹線しかありませんので、
基本的にはこの直通列車に乗って終点まで行くしかない、ということです。

GPSの電波状況は、渓谷や田園地帯ばかりの割には
ほとんどトンネルにもあたらず、良好でした
駅の奪取には支障はないと思います。
 

まあ、この小海線に乗る日は小海線をメインにしないと乗れないですね。
さすがローカル線。

では。