只見線00
さて、只見線です。


まずは起点の会津若松駅に。
さすがにターミナル駅は大きいです。
只見線03
先に言っておきますが、こんな立派な駅は
只見線ではこれが最後です。
あとは基本的に無人駅ばかりなので駅は待合室のみです。
券売機も改札も無い駅がほとんどですから。



只見線04
まだまだ会津近郊の、会津若松駅から三つ目の会津本郷駅

只見線05
会津近郊の田園地帯を抜けて。

只見線06
四つ目の会津高田駅

只見線07
まだまだ自転車が並ぶ五つ目の根岸駅

只見線08
八つ目の会津坂下駅


この会津坂下駅を過ぎたあたりで
車内に車掌が現れて検札を始めました
乗客が数えるほどしか居ませんので、一人ひとり丁寧に。


只見線09
九個目の塔寺駅

只見線10
只見線の車内はこんな感じ。


只見線11
そして十個目の会津坂本駅に着くと。
只見線12
駅舎がまさかの貨物コンテナ


只見線13
十四個目の会津桧原駅
駅近辺も既に家がまばらです。もうホームに段差はありません

只見線14
会津桧原駅と会津西方駅の中間点の只見川。


只見線15
単線の只見線に引込み線が見えてくると。
只見線16
只見線17
会津宮下駅でした。



さて。この先の只見線には、少々電波の怪しい区域があります。
まず、福島県側、会津川口駅の3駅手前、
会津若松駅から十七個目の早戸駅
只見線_電波状況_早戸駅
ご覧の通り、早戸駅近辺だけ電波が届いていません。

実際に乗車中に位置情報をmapで確認しみても。
只見線18
auの情報と全く同じ場所で電波がロストしました。


只見線19
そして早戸駅に到着しても。
只見線20
ご覧の通り、電波は圏外の状態です。
一応試しましたがGPSの位置情報も取得できませんでした。


隣の会津水沼駅と早戸駅の中間点で、
電波が入り始めた瞬間に位置情報を登録すると、早戸駅が取れました。
ですがそのまま連打すると、続けて会津水沼駅も取れてしまいました。
これは電波が届き始めるのがほぼ両駅の中間点だということで、
かなりのピンポイントでの取得をしないと、
隣の会津西方駅か会津水沼駅でレーダーが必要となりそうです。

ですのでこの早戸駅は、予め会津西方駅でレーダーで取っておくか、
会津水沼駅でレーダーで取る必要がありそうです。

只見線21
ちなみにこのあたり、風景はこんなに綺麗です。


只見線22
只見線23
そしてもはや山中の物置と見分けがつかない
次の会津水沼駅


只見線24
只見川をずっと線路が併走してがら進んで行きます。


只見線25
只見線26
会津中川駅を過ぎて。

只見線27
車掌が終点の案内を始めます。
只見線28


只見線29
着きました。
会津若松駅出発の列車の、最初の執着の会津川口駅に。

只見線30

只見線31
只見川の川辺の駅が、まるで湖畔のごとくで卑怯なくらいナイスなロケーションです。



さて、この会津川口駅より先は、
河川の増水による鉄橋流出などの影響で
長らく不通となっています。
ですから現在、会津若松駅から列車が運行できるのはここまで。 しかし只見線はこの先もまだ存在しています。


当然続きがどうなっているのか、
調べてありますのでご紹介するのですが、
長くなるのでいったんここで切ります。


続きはその2で。