三江線a97
JR三江線の続きです。

その1(三次駅━口羽駅)はこちら
その2(口羽駅━浜原駅)はこちら



さて、浜原駅から先は三江線の中でも歴史の古い
三江北線の区間に入ります。
浜原駅以南の高規格近代路線とはうってかわって
歴史ある風情の駅舎が並ぶ区間でもあります。
三江線a99
それではご覧の浜原駅から、先の区間に進みます。



三江線a96
粕淵駅
1937年(昭和12年)に開業した駅で
駅自体は単式1面1線の棒線駅となっています。
三江線a98
元々は島式1面2線のホームだったそうですが、
現在は単式1面となっており、
潰された線路の土地は新しい駅舎や駅前の駐車場などに転用されています。
三江線b01
こちらが駅舎の外観。
建物の大部分は美郷町商工会館となっており、
右脇の一部分がJR粕淵駅として合築となっています。
三江線b02
駅待合部分の内部はこんな感じで。
美郷町商工会が受託をしている簡易委託駅となっています。
三江線b04
待合を出るとご覧の通りタイルの通路があり、
単式ホームの端へと通路が続いています。
三江線b05
待合室の壁には、粕淵駅のある美郷町のゆるキャラが。
この駅の丸い植え込みにもこのキャラがふんだんにあしらわれていました。
三江線b06
この駅の神楽愛称は「神武」です。



三江線b07
明塚駅
1967年(昭和42年)開業の駅で単式1面1線の棒線無人駅です。
鉄道マニアには「秘境駅」に数えられている駅の一つでもあります。
三江線b08
駅前の光景。
県道は江の川の対岸を走っており、駅へと至る道は生活道路のみです。
三江線b12
ホーム側から見るとこんな感じで。
三江線b09
駅前は民家も数少いもののあって道も広めですが、
ここに至るまでの道はご覧の感じで車の離合(すれ違い)もままならない感じです。
三江線b10
こちらが駅の外観。
三江線b11
列車内から駅を見るとご覧の様な光景です。
三江線b13
駅の神楽愛称は「黒塚」



三江線b14
石見簗瀬駅
1935年(昭和10年)に三江線が石見川本駅から延伸した際の
終着駅として開業した駅です。
現在は単式1面1線の駅ですが、
見れば分かる様に元々は島式1面2線のホームの駅で
現在でその施設をほぼそのまま転用して使っています。
三江線b15
こちらはホーム側から見た駅舎。
三江線b16
駅舎の目の前にはかつて線路のあった場所がバラスト(砂利)敷きで残っており、
その向こう正面にはホームがあります。
三江線b17
かつて線路があった名残として、バラストの中に所々枕木がご覧の通り残っています。
この部分の線路が撤去されたのは国鉄時代の1999年(平成11年)だそうです。
三江線b18
駅の東端にはかつての構内踏切であった
ホームと駅舎との連絡路があります。
駅舎からホームへと渡る道はここだけですので
大きく迂回をしないと駅舎からホームへは行けません。
三江線b20
構内踏切とは反対側のホーム西端の先を見ると
かつて交換設備としてあった線路が断片的に残っていました。
三江線b19
こちらが駅舎の外観。
開業当時の駅舎がそのまま残っています。
三江線b21
待合スペースの様子。
三江線b22
待合室の隣の駅舎内が窓から見えたので
つい覗いた一枚がこちら。
かつての駅務スペースでしょう。
三江線b23
こちらの駅の神楽愛称は「岩戸」でした。



三江線b24
乙原駅
1935年(昭和10年)開業の単式1面1線の棒線無人駅です。
三江線b25
こちらは駅に至る町道。
江の川沿いに走る三江線ですが、
この駅付近だけはやや内陸部へとルートを取っています。
三江線b26
駅の外観。
ホームは築堤上にあり階段を上ります。
三江線b27
ホーム上から見た駅前の光景。
三江線b28
広場には待合室と同じブロック造りの駐輪場がありました。
三江線b29
待合室の中です。
三江線b30
駅の神楽愛称は「帯舞」とありました。



三江線b31
竹駅
1958年(昭和33年)開業の単式1面1線の棒線無人駅です。
三江線b32
駅の前を走る県道40号線。
県道ながら竹駅近辺は道幅が狭い狭隘区間となっています。
三江線b33
駅の南の目の前には湊橋という青い橋梁が江の川に架かっています。
三江線b34
橋の袂には竹駅前のバス停が。
三江線b35
県道から見た駅の外観です。
駅の背後は斜面になっており民家が一軒あります。
三江線b36
背後の民家は道に出るには竹駅ホーム南端のご覧の道を通るしかないのですが、
通り道の線路にはJR西日本のご覧の立て看板が。
…いやあ、ここしか出入口無いですから。
ここを通って線路跨がなきゃ家に入るのは絶対無理ですって。
三江線b37
ホームから道を挟んだ反対側の目の前には江の川が。 三江線b38
駅に駅舎は無くホームにご覧の待合室があるのみです。
三江線b39
そしてここは竹駅なので、ホームの柵には竹人形や竹の箕(み)、竹箒、すだれなど
様々な竹製品がくくりつけてありました。
三江線b40
こちらの駅の神楽愛称は「鹿島(国譲り)」です。



三江線b41
木路原駅
1962年(昭和37年)に新設された駅で、
こちらも単式1面1線の棒線無人駅となっています。
三江線b42
駅前の道路の様子です。
県道40号線から集落の中に一本入った道で、
ご覧の通りの生活道路です。
三江線b43
こちらが集落の中で駅へと至る道で、
斜面の一段高い場所を通る三江線へは階段で上がる事となります。
三江線b44
こちらが駅の入口の外観です。
三江線b45
駅入口から見た集落方向。
三江線b46
そしてこちらが駅の南東100mほどのところにある
木路原天満宮です。
三江線b47
天満宮のムクノキ。高さ25m、周囲8.3mで、
平成元年度の第4回自然環境保全基礎調査において環境庁より
「全国巨木ベストテン」樹木のムクの木の部第9位(島根県では1位)に選ばれているそうです。
三江線b48
駅の神楽愛称は「天神」でした。




三江線b49
石見川本駅
1934年(昭和9年)開業の駅で相対式ホーム2面2線を持つ
列車交換の可能な駅です。
川本町の中心駅であり、三江線の駅としても運行上の中核となる駅です。
この駅を最後に上り方向は終点の江津駅まで列車交換の出来る駅はありません
また業務委託駅として駅務員が配置されているのも
起点終点ではない三江線の途中駅としてはこの駅だけです。
三江線b50
ホームを連絡している跨線橋。
三江線b51
こちらは駅舎から遠い方の下り線ホームです。
三江線b52
駅舎の外観。
三江線b55
待合室はご覧の感じで、
一角には硬貨が戻るコインロッカーもあります。
三江線b53
駅前広場から左手にはご覧の商店街が続き、
すぐ目の前には三江線目当ての乗客には有名な新栄寿司があります。
三江線b54
そして広場右手には普通の理容店がありますが、
建物の裏側に回って見るとご覧の通りメーテルが。
石見川本駅で知る人ぞ知るローカルスポットです。
三江線b56
この石見川本駅では、昼の上り列車が
下り列車の待ち合わせの為に正午近くにおよそ1時間半停車します。
正確には石見川本終点の車両が一時間半後に江津行きとして出発するのですが。
同じ車両なのですが、停車の間車両のドアは閉められてて施錠され、
乗客は一旦降りなければなりません。
三江線b57
その昼の一時間半を利用して、
マスコットキャラクター「石見みえ」の立て看板が写真撮影用に出されたりもします。
三江線b58
看板はお手製感満載ではありますが。
三江線b59
この昼停車の列車では、川本町の商工会が法被を着て
ランチの案内を配ったりするなど観光客を出迎えていて、
再度江津行きとして列車が出発する際にはご覧の通り見送りまでありました。
三江線b60
駅の神楽愛称は「八幡」です。



三江線b61
因原駅
1934年(昭和9年)開業の駅で
現在は単式1面1線の棒線無人駅となっています。
三江線b64
こちらは駅舎の外観。
かつては木炭や米などの貨物で賑わった駅だそうです。
ですので駅舎右手の倉庫が駅前広場と違和感無く一体化しているのですが。
三江線b65
駅入口の右を見ると、
かつての駅務室が運送会社の事務所に転用されて使われていました。
扉を見るとその名も「三江線運輸」と。
駅舎右手の倉庫もこの会社の倉庫の様です。
三江線b69
駅舎の待合スペース。
三江線の写真の展示スペースがあったり。
三江線b70
駅舎からホームはご覧の通り一段低くなっていて
階段が設けられています。
三江線b71
ホームから見た駅舎。
昭和9年の開業当時からの駅舎はいい味出しすぎです。

元々はこの因原駅は相対式2面2線の駅で列車交換が可能でしたが、
1999年(平成11年)に三江線の他の数駅と一緒に交換設備が撤去されて
単式の棒線駅となりました。
三江線b62
こちらが相対式だった時の下り線ホーム。
現在は使われず線路も撤去されているので
ご覧の通り草が覆い茂る状態となっています。
三江線b63
2面だった時にはホームの江津側に跨線橋もあったそうですが、
現在は撤去されたその残存の基礎部分が残るのみです。
三江線b66
こちらは廃ホームの裏手にある道の駅インフォメーションセンターかわもと。
駅裏手を走る国道261号線に面しています。
三江線b67
この道の駅の駐車場の一角には
因原駅の廃ホームへと通じる通路がありました。
三江線b68
無人駅ですので廃ホームもご覧の通り出入りが可能です。
三江線b72
駅の神楽愛称は「剣舞」です。
なぜか廃止の廃ホームに設置されていた神楽看板。
なんでそこに付けたの…




三江線b73
こちらは浜原駅━因原駅間の
au 4G LTEでの電波エリアマップです。
この区間はほぼ江の川の川べりに沿って線路が走っているので
トンネル区間もほぼありません。
地上では電波が入らない場所もありませんので
基本的に駅へのチェックインについては問題無いでしょう。



三江線も南の三次駅から北への登ってきましたが
残すは江津市内を走る区間のみとなりました。
続きはその4でまとめたいと思います。


では。