上野懸垂線00
さて。お次は上野懸垂線についてです。

こちらは上野動物園の園内を走っているモノレールの事で、
路線の全長は331.42mという路線です。


なぜこのような動物園のアトラクションのようなモノレールが
他の鉄道と一緒にリストアップされているのか、といいますと。

上野懸垂線01
ごらんの通り、その路線のちょうど中間点で
公道の上を通過する部分があるからです。

この為上野動物園のモノレールは、
「鉄道事業法に基づく交通機関」として扱われ、
東京都交通局の管理する路線となっています。




まあ、私も上野公園の周囲を巡って、
乗車せずに駅を奪取したのですが、
やはりいつかは乗車をしておかねば、と思っていました。

そして、たまたま上野駅で仕事で1時間予定が空いたので、
「よしチャンス!」とばかりに今回乗ってきました。


博物館動物園10
まずは上野動物園の正門前に。
上野懸垂線は上野動物園の中を走っているので、
当然のことながら動物園に入場をしないと乗れません

上野動物園の入場料は大人で600円取られました…


上野懸垂線03
上野懸垂線04
正門を通過すると、正面には案内所が。
とりあえず奥へと抜けて行きます。



上野懸垂線05
案内所の裏手の象の前を通り、

上野懸垂線06
ニホンザルのサル山の前を通過します。
上野懸垂線07



上野懸垂線08
するとその先に「モノレール乗り場」と書かれた建物が見えてきました。
これは上野動物園のモノレールの「東園駅」です。
上野懸垂線09


上野懸垂線10
さっそく切符売り場に。
150円取られましたw


上野懸垂線11
モノレールのホームに。
乗車口は車両の反対側にあります。

上野懸垂線31
上野懸垂線12
どうやら停車中のモノレールが出発をしてからでないと、
乗降用の反対側のホームへが行かせてくれない様子です。
つまり駆け込み乗車はできません。
なのでモノレールをお見送り。

上野懸垂線13
モノレールが出発したので、反対側の乗降ホームが見えました。

上野懸垂線14
乗降用のホームより。

上野懸垂線15
上野懸垂線16
駅名表示と、東園駅の駅長室。


そしてモノレールが戻ってきたので乗車します。
前回出発してから、戻るまでおよそ8分程度でしょうか。


上野懸垂線17
モノレールの運転台。

上野懸垂線18
モノレールの車内は結構狭いです。
ごらんの通り、ゆりかもめなどよりも全然狭く、
他の都市のモノレールよりも小さいです。

上野懸垂線19
車内の表示。



上野懸垂線20
モノレールが出発し、車窓の光景が動き出します。
かなりゆっくりとした速度で進みます。
おそらく歩いた方が早い速度です。
上野懸垂線32



上野懸垂線21
そしてここが公道をまたぐ箇所です。
左が動物園東園、右手が西園で不忍池もこちら側にあります。
上野懸垂線27
下の道は、上野駅前の京成上野駅から、不忍池と動物園の間を抜けて
言問通りへと抜ける道です。


上野懸垂線22
モノレールは進んで不忍池が見えてきます。
上野懸垂線28


上野懸垂線23
上野懸垂線24
そして西園へと到着。
乗車時間はおよそ一分半でした。
上野懸垂線29


上野懸垂線25
駅構内を出て、

上野懸垂線26
こちらが西園駅の外観です。



上野懸垂線30
駅前ではペンギンさんがポーズとってました。




仕事の戻り時間が迫っているので、走って正門方向へ。
正直な話、モノレールより徒歩のほうが早かったというw




このモノレール、乗るには
動物園入場料600円+運賃150円で750円が確実に掛かります。

しかし、かなりお手軽に乗車できる路線でもありますので、
近くに来たら乗ってみるのも一興だと思います。



あ、パンダ見るの忘れた。

では。