でんこの元ネタ
■No.50 豊栄なほ(Toyosaka Naho)
 ■タイプ:ディフェンダー
 ■誕生日:9月28日

■出身駅: JR白新線 豊栄駅(新潟)
なほ01
この駅は1952年(昭和27年)12月23日に白新線の駅として開業しており、
当初の駅名は「葛塚駅(くずつかえき)」という名前でした。
これは駅の所在地の自治体が当時は新潟県北蒲原郡区葛塚町であったことからです。

その後葛塚町が周辺2村と合併して1955年(昭和30年)3月31日に豊栄町となっており、
1970年(昭和45年)に豊栄市として市制施行がされ、
葛塚駅の名称も1976年(昭和51年)4月1日には「豊栄駅」に改称されています。

その後豊栄市は2005年(平成17年)3月に新潟市に編入合併となって
現在は新潟市の一部となっています。
なほ02
こちらが豊栄駅の駅構内の様子。
この駅には単式ホーム1面1線、島式ホーム1面2線の計3線のホームがあります。
まずは南側にある島式の2番線と3番線の光景を。
なほ03
島式ホームの東端、新潟方面側です。
こちらのホームは2番線が9両分の有効長があるのに対して
3番線は4両分しかありません。
ですので2番線ホームは後から長さを足した様子で
3番線の端が切り欠いた様になっていました。
なほ04
上から構内を見下ろしてみると様子がよく分かります。
一番左が3番線で右へ2、1番線となっています。
1番線と2番線がそれぞれ本線として使用されており、
3番線は豊栄駅折り返しの普通列車や貨物列車の退避に使われています。
なほ05
同じく島式ホームの、こちらは西端の新発田方面側。
やはり3番線が屋根のある部分まででカットされているのが分かります。
なほ06
島式ホームの新潟側から見た豊栄駅の跨線橋。
この駅は橋上駅舎となっていて、
2006年(平成18年)3月25日に旧駅舎を全面改築して供用されています。
なほ07
こちらは単式ホームの1番線。
駅の南側にあるホームですが、旧豊栄市の市街地は駅の南側にあり
かつてはこの駅も南口しか無かったそうです。
なほ08
単式の1番線の西の新発田方面側にあった貨物の施設。
引込み線があって、どうやら貨車へとあおり板を渡して
荷物を積み込む施設の様です。
現在は使われていないのでしょうが、新潟県内の他の駅でも見かけました。 なほ09
こちらは駅の南口から見た駅舎の光景です。
元々あった駅前はこちら側ですが、
2006年(平成18年)の駅舎改築後に駅前ロータリーも整備されたそうです。
なほ10
南口の駅前の光景です。
なほ16
南口の広場の右手を見ると、
ホーム沿いの場所に何やら列車の車輪が見えます。
なほ17
近づいてみるとSLの動輪でした。
なほ18
D51の動輪の横には「歓天喜地」と書かれた石碑がありました。
こちらは白新線開通を記念して建立された石碑のようです。
なほ11
こちらの駅は橋上駅舎ですので、
跨線橋が東西駅前を繋ぐ自由通路となっていて
自転車も通行可能だそうです。
自由通路の中央部には駅の改札が。
なほ12
こちらは駅の北口から見た駅舎の様子です。
なほ14
駅の北側には元々出口はありませんでしたが、
1970年代以降に急激に宅地開発が進んで人口が増えた地域でもあります。
ですのでご覧の通り、駅前からは住宅地が広がっています。
なほ13
改築後に整備された駅前広場にも、立派な駐輪場が設置されていました。
なほ15
こちらは北口にもありましたが、
駅舎の壁に取り付けられている鳥のレリーフです。
これは国の天然記念物であるカモ科の渡り鳥であるオオヒシクイであり、
豊栄駅最寄の福島潟が日本一のオオヒシクイの越冬地であることから
駅舎の壁にあしらわれています。
なほ19
改札を入った内側の駅舎内の光景です。
橋上駅舎なので跨線橋の上にご覧の施設が設けられています。
なほ20
きらきらうえつの最初の停車駅でもあるので
リゾート列車のアピールに余念の無い豊栄駅。
なほ21
こちらは改札横にある駅の待合室なのですが。
なほ22
待合室の右の壁に何やら小窓があります。
なほ23
駅の改札外の自由通路の、改札脇に売店としてコンビニが設置されているのですが
この小窓はなんと売店の買い物が待合室内からもできるという。
芸というか小技が利いています。

【※以上写真撮影:2017年1月】


■モデル車両: JR東日本E653系
なほ24
【写真:2016年1月豊栄駅にて撮影】
元々は常磐線の特急ひたちとして走っていた485系列車の
老朽置換えの為に開発された列車だそうで、
1997年(平成9年)に1次車、1998年に2次車、2005年2月に3次車が製造され
おもに「フレッシュひたち」としてこのE653系列車は走っていたそうです。

その後2012年3月ダイヤ改正でE657系電車(勿来メイのモデル列車)
上野駅━いわき駅間の「スーパーひたち」「フレッシュひたち」として
投入される事が決定。
E653系はそれまで特急の定期運用が行われていなかった
いわき━仙台間に新設される特急列車に転用される予定となります。

ところが2011年3月の東日本大震災によって
ご存知の通りいわき━仙台間の常磐線は寸断されてしまいこの計画は頓挫。
2012年9月に羽越本線特急いなほで運用される485系の置換えとして
このE653系が投入される事が発表されました。
なほ25
【写真:2016年1月新潟駅にて撮影】
羽越本線へと転用されるE653系1000番台は郡山総合車両センターで
仕様変更改造が実施されて特急いなほへと変身。
現在のいなほのカラーリングもここで実施されたもので、
「日本海に沈む夕日に輝く波とあかね空をゆるやかな曲線で表現」
しているそうです。
なほ26
普通車の座席は新潟を代表する織物「小千谷ちぢみ」をモチーフにしているとか。
なほ27
グリーン車の方はご覧の感じで
一列ごとに間仕切りが設けられ、またフリースペースも設置されていました。
なほ28
でんこ的に重要なパンタグラフも一枚。
なほ29
こうして「フレッシュひたち」から「いなほ」へと生まれ変わった列車は
2013年(平成25年)9月28日のダイヤ改正で「いなほ7号・8号」として
正式に羽越本線での定期運用を開始
しています。
豊栄なほの誕生日が9月28日に設定されていますが、
これはこのE653系1000番台の「特急いなほ」としての羽越本線デビューの日付
です。



元々は常磐線を走っていた「豊栄なほ」が、
「勿来メイ」と交代をして常磐線から羽越本線へと転属となり、
現在は「象潟いろは」や「粟生津しいら」などと一緒に日本海沿岸を走っている訳です。
このあたりは駅メモ的に元ネタを調べるとなかなか面白い話かと。


では。