東急世田谷線00
さて次は東急世田谷線です。


この路線は元々は玉川電気鉄道という路線で、
1925年(大正14年)に玉電の支線として三軒茶屋駅━世田谷駅間が開業したのが
現在の東急世田谷線の原型となります。

1938年(昭和13年)に玉電は東京横浜電鉄(現・東急)に
合併して玉川線となりましたが、
1969年(昭和44年)に玉川線の本線(渋谷駅━二子玉川園駅間)が廃止。
残った支線が世田谷線となりました。
東急世田谷線49
路面電車タイプの車両が走る軌道線ですが、
全線が専用軌道ですので自動車が軌道上を走る区間はありません。



東急世田谷線01
こちらが世田谷線の三軒茶屋駅の駅舎。
…都合で夜の写真になったので後日撮り直してきます。
この駅は関東の駅百選にも選出されている駅舎となります。
東急世田谷線46
1925年(大正14年)に玉川電気鉄道の開業によって開設された駅で、
世田谷区域の再開発事業によって1996年(平成8年)に
現在のキャロットタワー1階へと駅が移設されています。
東急世田谷線02
頭端式ホーム2面1線の駅で、
1線の線路の両側に乗車ホームと降車ホームが設けられています。



東急世田谷線03
西太子堂駅
1925年(大正14年)に西山駅として開業し、
現在の西太子堂駅という名前には1939年(昭和14年)に改称されています。
相対式ホーム2面2線の駅となっています。
東急世田谷線04
駅全体の外観です。
東急世田谷線05
駅の西は踏切となっていてホームへの入口がありますが、
踏切脇には1/2kmの距離標があります。



東急世田谷線07
こちらは東急世田谷線と環七の交差する若林踏切です。
交通量の多い環七では唯一の踏切となっています。
東急世田谷線08
この踏切は警報機や遮断機が無い第4種踏切であり、
電車は車と同じように信号機が変わるまで停車して待つ仕組みとなっています。
東急世田谷線09
踏切の線路脇に表示された「電車専用」の標識。
東急世田谷線10
歩道にも踏切の警告がペイントされています。



東急世田谷線06
若林駅
1925年(大正14年)の路線開業時に開設された駅です。
一旦1939年(昭和14年)に玉電若林駅に改称されましたが、
1969年(昭和44年)に元の若林駅に戻されています。
相対式ホーム2面2線の駅です。
東急世田谷線11
駅の外観。
東急世田谷線12
若林踏切から30mほど東に入った一方通行道路の踏切に駅の入口があり、
ホームへはスロープが延びて連絡しています。
東急世田谷線13
駅の東側にも踏切が隣接しており、
下り下高井戸方面行きのホームにのみ出入口が設けられています。



東急世田谷線14
松陰神社前駅
この駅も1925年(大正14年)の路線開業時に開設されました。
相対式ホーム2面2線の駅となっています。
東急世田谷線15
駅の外観。
東急世田谷線17
こちらは駅の東側の目の前にある踏切です。
東急世田谷線16
この踏切から北に250mほど進むと、
駅名の由来となっている松陰神社があります。



東急世田谷線18
世田谷駅
同じく1925年(大正14年)の路線開業時の駅です。
相対式ホーム2面2線の駅となります。
東急世田谷線19
駅の西側、三軒茶屋方面側には50mほど離れて踏切がありますが、
その踏切から下り線ホームまで、線路沿いに連絡通路があります。
この通路は駅構内となっています。
東急世田谷線20
東側の踏切から見た駅の外観です。



東急世田谷線21
上町駅
1925年(大正14年)の開業後、
世田谷駅から下高井戸駅が延伸した際に設けられた駅です。
かつては他の駅同様の相対式の駅だったそうですが、
1969年(昭和44年)に上町に車両区を設けた際に
現在の千鳥式2面2線ホームの駅となっています。
上の写真は下り線下高井戸方面行きホーム。
東急世田谷線23
こちらは下りホームの入口です。
東急世田谷線22
駅は世田谷通り付近でカーブしており
ご覧の踏切を中心に対称にホームが設けられています。
東急世田谷線24
こちらが上り線ホームへの入り口。
上りホーム側には駅舎があるので、駅舎の入口がホームへの入口となります。
東急世田谷線25
駅舎内の上りホーム改札。
この駅はこちらの上りホームのみ改札が設けられており
駅員も常駐しています。
東急世田谷線26
上り三軒茶屋方面行きホームです。
東急世田谷線27
ホームの向かいには車両基地(雪が谷検車区上町班)の建物があります。
東急世田谷線28
駅舎と検車区の建物は駅員専用の跨線橋で連絡しています。



東急世田谷線29
宮の坂駅
1945年(昭和20年)に、付近にあった豪徳寺前駅と旧・宮之坂駅を統合して
新しく現在地に作られた駅です。
相対式ホーム2面2線の駅となっています。
東急世田谷線30
駅の外観。
ホームの北側が踏切となっていて
そちらに駅の出入口があります。
東急世田谷線31
下り線ホームのすぐ脇、駅の西側に隣接して
世田谷区の宮坂区民センターがあるのですが、
その敷地内にホームに並ぶようにして
東急デハ80系電車が静態保存されています。
これは世田谷線の前身の玉電でかつて走り、
その後江ノ島電鉄に譲渡され走った車両だそうです。



東急世田谷線32
山下駅
1925年(大正14年)の路線開業時の駅です。
相対式ホーム2面2線の駅です。
東急世田谷線33
こちらは駅の南側から見た外観です。
目の前に踏切があります。
東急世田谷線34
踏切の、ホームと反対側を見ると鉄道の高架線が見えます。
これは小田急小田原線であり、窓が見えるのは駅のホームです。
東急世田谷線35
山下駅を出て左手に高架に沿って進むと
駅の入口が見えてきます。
東急世田谷線36
小田急小田原線の豪徳寺駅です。
東急世田谷線の山下駅は乗り換え駅となっています。



東急世田谷線37
松原駅
1949年(昭和24年)に付近の駅を移設・統合する形で
現在の場所に玉電松原駅として設置されました。
1969年(昭和44年)に玉川線の廃止に伴って駅名から「玉電」が外されて
現在の駅名となっています。
東急世田谷線38
駅の外観です。



東急世田谷線39
下高井戸駅
1925年(大正14年)に玉川電気鉄道の支線の終着駅として開業した駅です。
ホームは線路の両側にある頭端式ホーム2面2線の構造となっています。
上は乗車ホーム。
東急世田谷線40
こちらが駅の中の様子。
右が乗車ホーム、左が降車ホームとなっています。
東急世田谷線41
降車ホームの様子です。
東急世田谷線42
降車ホームの西側を見ると
京王線との連絡通路の階段となっています。
東急世田谷線43
ホームの東端を見ると車止めの先が改札となっており、
乗車ホームに入る乗客は改札を通過する仕組みとなっています。
降車ホームは改札外となっており、
京王線への連絡通路の役割も果たしています。
東急世田谷線44
こちらが駅舎の外観です。
右手が京王線の下高井戸駅への跨線橋の階段です。
東急世田谷線45
左手を奥に進むと東急世田谷線の乗り場となります。



東急世田谷線47
こちらは世田谷線のau 4G LTEによる電波エリアマップです。
当然23区内、しかも世田谷区内の路線ですので全線が電波圏内となります。
トンネルなどもありませんので路線上でアクセスに不都合は無いでしょう。


東急世田谷線48
またこちらは小田急小田原線の豪徳寺駅からレーダーを飛ばした際の
射程距離についてのマップです。
三軒茶屋駅、西太子堂駅以外の世田谷線の駅は全て射程12で圏内となります。

起点の三軒茶屋駅は東急田園都市線の駅ですし、
終点の下高井戸駅は京王線の駅です。
山下駅で接続する豪徳寺駅の小田急線を合わせて
大手私鉄の路線と交わっていますので、
これらの路線からレーダーを使えば世田谷線は乗らずにコンプリート可能です。


ただ、東京では都電荒川線とこの世田谷線だけが
路面電車タイプの軌道線
です。
東急に一日フリーパスでも乗れますので、
是非一度乗ってみて下さい。


では。