東京の廃駅についての続きです。

東京都で登録されている廃駅のうち、これまで扱ったのは以下の6駅です。


【攻略】廃駅(東京)・京王電鉄多摩御陵線、武蔵横山駅、多摩御陵前駅。
【攻略】廃駅(東京)・西武鉄道、東国分寺駅(多摩湖線)、上り屋敷駅(池袋線)。
【攻略】廃駅(東京)・博物館動物園駅(京成本線)、昌平橋駅(鉄道院中央本線)。


残る東京都の廃駅は2駅。
今回はその残りの、千住方面の2駅を扱いたいと思います。



■中千住駅(東武伊勢崎線)

こちらは現在の北千住駅の南方に、かつて戦前に存在したという駅です。
昭和20年(1945年)休止、昭和28年(1953年)廃止だそうで。


中千住01
まずは北千住駅の東口に降り立ちます。


中千住02
東京電機大学前の東口ロータリー。

中千住03
その右に、東武線に沿った道が伸びています。


中千住04
その道から1ブロック線路側に戻ると、側道とも言うべき道が
線路沿いに伸びていました。

中千住05
振り返ると、左の建物が北千住駅の駅舎で、
奥の突き当りが北千住駅東口の階段です。


中千住06
道を進むと線路が見えてきます。
ここはちょうど北千住駅の南の端っこです。
低い手前が東武線、奥の高架がJRや東京メトロの走る線路ですね。

中千住07
下の線路を走り抜ける、東武線の特急スペーシア。



その先に歩を進めると現れるのが、通称「大踏切」です。

中千住08

JR常磐線の「北千住一丁目踏切」と東武伊勢崎線の「22番踏切」が連なるこの地点。
奥の高架はつくばエクスプレスの線路ですね。

中千住10

こちらの地図で①と記した場所が大踏切です。
中千住09



そしてその「大踏切」から線路を南方に望んだ場所。
中千住11


中千住12
中千住13

ここが、かつて中千住駅のあった場所です。

北千住駅東口から大踏切までがおよそ300mですから徒歩5分ほど。
その大踏切から中千住駅跡まではおよそ50mですから
北千住駅からかなり近い場所に中千住駅があったことが分かります。



現在も東武伊勢崎線(スカイツリーライン)が運行している場所ですので、
普通に北千住駅━牛田駅の間で駅情報を取得すれば奪取は難なく出来るでしょう。
場所さえ把握していればかなり簡単に取れる廃駅だと思います。




ここからは中千住駅の余談ですが。


駅跡からさらに南方に50mほど行った場所、地図で②と記した場所には。
中千住14

ご覧の通りの煉瓦積みの架道橋があります。
イギリス積みと呼ばれる積み方の煉瓦ですので明治大正期あたりだと思われます。

この架道橋の地下道、ちょうど中千住駅の南方に位置しますから、
かつては駅の東西を行き来する人が往来したんでしょうね。

中千住16

こちらは反対の西側から見た架道橋の入口ですが、
中千住17

メッシュだけの部分があり、列車が通過すると真下から見る事ができます。


中千住15

②の架道橋付近から見た、中千住駅跡付近。



この中千住駅は、駅として廃止となった後も信号所や分岐点として存在をしていたそうです。
その先には貨物専用の東武千住線があり、千住貨物駅がありました。

線路に沿って歩いていくと、墨堤通りに出て、地図の③の場所へとたどり着きます。

中千住19

この③の場所の写真がこちらです。

中千住20

中千住21
振り返ると墨堤通りを挟んだ向かいには東武デリバリーの建物が。
その向こうには東武伊勢崎線の線路が見えます。
かつてこの場所には千住線が走っていたそうですから、
跡地はそのまま東武で使用している様子ですね。

中千住22
向き直ると、京成本線の高架の下に、なにやら線路らしきものが。

中千住23
間違いなく線路の跡です。
東武千住線の線路の残骸が今も残っている場所があるとは聞いていましたが、 これがその実物です。

現在は恐らく建築業者と思われる会社の資材置き場となっていて、
中は塀で囲まれて見る事ができません。

門の右側の高架下も線路が走っていた部分だと聞いていたので、
線路のあった場所を伝って敷地の西側を歩くと。

中千住24
たまたま敷地の門が開いていて、中が見えるではありませんか。

中千住25
50tのクローラークレーンと、そのブーム(クレーンの腕)が積み上げられた前に、
はっきりと線路が敷地に残っているのが見えます。

中千住256
左手を見ると、25tラフタークレーン(タイヤで走るクレーン)の横に、
残っていると言われていた郵便車も見えました。

中千住27
こちらは京成本線の車両から撮った敷地内の光景です。

この光景の、線路の伸びた先にかつて千住貨物駅があったそうですが、
1987年(昭和62年)に千住線の廃止の伴い、一緒に廃止になりました。


地図の青線は、今も線路の跡が残っている場所、
そして緑線はかつて線路があったと言われる場所を書き足したものです。




■西千住駅(京成本線)


西千住01
こちらは京成本線の千住大橋駅。

西千住02
駅前の地図を見ると、京成本線と国道4号(日光街道)の交点に作られたこの駅、
地図で青丸の場所ですが、今回の目的地はそこから右に行った、
赤丸の場所となります。

西千住03
京成本線の線路の北側を進み、
千住スポーツ公園を通過したあたりの光景。
この先にもう少し進むと目的地です。


西千住04
こちらの踏切の付近が今回の目的地となります。
この踏み切りは京成電鉄の町谷1号踏切といい、
かつてこの踏切の付近に西千住駅がありました。
西千住05

西千住07
こちらは東側(千住大橋駅側)から踏切の方向の光景。
ここがまさに西千住駅のあった場所だそうです。
以前は電車の架線柱が広がって立っていたので
ここに何かがあったとおぼろげに分かったそうですが、
今はそれも直されてしまっていますので、面影はほぼありません。
西千住08
こちらは昭和34年ころの同じ場所の風景です。


かつてこの踏切の前には千住緑町交番がありましたが、
2014年6月に移築工事が始めらられ、2015年2月には線路の南側100mの交差点前に移築されました。

西千住09
2015年11月現在の踏切西側の光景。

西千住10
更地となった交番の跡地と、その裏にあるお地蔵さん。


西千住11
踏切の道を、踏切を背に南に進むと。

西千住12
100mほど進むと突き当たるT字交差点に、
新しい千住緑町交番が移設されてありました。




西千住13
西千住駅の跡は、京成本線の町谷駅と千住大橋駅の間に存在していました。
京成本線が現在も普通に営業をしていますから、
隅田川の鉄橋を渡った千住大橋駅側で位置情報を登録すれば難なく奪取が可能でしょう。

路線の位置だけを見ると、京成本線に併行して走る東京メトロ千代田線も近いのですが、
千代田線はこの区間は全線地下を走っていますので
西千住駅付近ではGPSの電波が届かず奪取は不可能
です。




以上で東京都内の登録されている廃駅は全て巡った事になります。
また新たな廃駅が登録されることがあれば、
その時はまた現地まで行って調べてみたいと思います。

都内の廃駅は、どの駅も、わざわざ出向かなくても
既存の営業路線の乗車中に奪取が可能でしたが、
直接出向くには手ごろなロケーションの駅がほとんどでしたので、
こうやって現地に行ってみるのも面白いかもしれません。


では。