2016年01月

西武国分寺線00
さて。西武国分寺線です。



なんでも西武鉄道の路線では一番古い路線だそうで、
元々は国分寺駅━川越駅(現在の本川越駅)が西武鉄道の本線だったそうです。
1927年に東村山駅━高田馬場駅が開業すると、
国分寺線は分離されて支線となってしまったそうで。



西武国分寺線01
こちらが起点の国分寺駅の国分寺線ホームです。
西武国分寺線02
ホームからは隣のJR国分寺駅がご覧の通り見えます。
西武国分寺線03
西武鉄道の国分寺駅からは様々な路線へと列車が出ているので、
乗客に行き先を注意する張り紙も。



西武国分寺線04
恋ヶ窪駅

余談ですが、武蔵野線の小平トンネル内でGPSを飛ばすと
なぜかこの駅に飛ばされます。



西武国分寺線05
鷹の台駅
付近に大学など学校が多い為、朝夕は通学客であふれかえる駅です。



西武国分寺線06
小川駅
西武拝島線も乗り入れています。



西武国分寺線07
こちらが国分寺線の終点の東村山駅
国分寺線内のみを走る列車はこのホームへと到着します。




西武国分寺線08
東京都下を走る路線であるだけに、電波は全線がエリア圏内です。
全線が5駅で所要時間が13分の路線ですので、
踏破自体は難しくありません

むしろこの国分寺線は、西武拝島線、西武多摩湖線、西武西武園線などが接続しており、
また少し離れて西武多摩川線もあります。
西武鉄道の路線全体をコンプリートする場合には、細かい路線が入り組んでおり、
他路線との制覇の兼ね合いに一考の余地があるかと思われます。



とりあえずご参考までに。
では。

東武大師線00
さて。次は東武大師線です。


東武大師線07
西新井駅と大師前駅という二駅しかない全長1kmのこの路線。
東武スカイツリーラインの竹ノ塚駅━西新井駅間で、
レーダーを使わず通常GPSで大師前駅が取れてしまうことから
わざわざ乗車する人があまり多くないと思われる路線です。



東武大師線01
こちらは東武スカイツリーラインの西新井駅。

東武大師線02
改札へ向かう階段を見ると、「大師線」の文字が見えます。

東武大師線03
階段を上り、大師線のホームに向かおうとすると、
なにやら自動改札が。
東武大師線04
なんでも大師前駅が無人駅の為、
この西新井の駅の乗り換え通路で改札を行っている様子です。


東武大師線05
こちらが大師線の西新井駅ホーム。
東武大師線06
大師線の終端です。

東武大師線08
車両の中は、結構乗客がいる感じです。



全線を高架線で走る大師線。

東武大師線09
終点の大師前駅に到着です。
西新井駅を出る前に無人駅と聞かされていたので、
正直こんなに立派な駅だとは予想外でした。

東武大師線10
改札へ向かってみると、無人駅ですので
誰もいない改札口がフリーパス状態となっていました。
東武大師線11
この駅で切符売ってないんですって。

東武大師線12
駅の前に出てみると、バスの折り返し所になっていました。
東武大師線13
横を見ると、西新井大師の参道らしきものが。
東武大師線14
進むと大師前駅の、おそらくメインと思われる入口が。
出口を出て右に出ると、もう西新井大師の境内です。

東武大師線15
ホームに戻ると入線してくる列車。
東武大師線16
西新井駅方向の線路です。



東武大師線17
一応23区内ですので、携帯の電波状況は申し分無い状態です。
駅の奪取に問題はありません。


東武大師線18
また、大師前駅からは、日暮里舎人ライナーの西新井大師西駅まで、
1.7kmで徒歩17分の距離です。十分に歩いての乗り換えが可能です。

大師線自体は10分間隔で運行していますので、
わざわざ歩いて日暮里舎人ライナーに乗り換えるメリットは薄いでしょう。
ただ、盲腸線である日暮里舎人ライナーから東武線へと乗り換えるメリットは有ると思います。
ご参考までに。では。

ゆりかもめ00
お次はゆりかもめです。



正式には「東京臨海新交通臨海線」という名前なのですが、
臨海線と紛らわしいのもあってか、ゆりかもめという名称で定着しています。



ゆりかもめ37
まずはこちらは、ゆりかもめの豊洲駅です。
東京メトロの出口から地上に出ると、目の前にあります。

ゆりかもめ02
エスカレーターを上がると、
豊洲のららぽーとが見えます。
ゆりかもめ03
改札を通ってホームへ。
ゆりかもめ17
とりあえず、豊洲から終点の新橋までの切符を買って、
各駅のホームに降り立ちつつ進んでみたいと思います。
ゆりかもめ04
こちらが豊洲駅のホームです。


ゆりかもめ05
ゆりかもめの車内はこんな感じ。



ゆりかもめ06
こちは新豊洲駅
目の前に晴海大橋があり、渡ると勝どきのトリトンスクエアがあります。


ゆりかもめ07
その次は市場前駅
現在築地にある東京卸売市場が豊洲に移転されてできる「豊洲新市場」の建設予定地です。
ですが現在はまだ建設中の為、ご覧の通り単なる埋立地の建設現場です。
一般の乗降客はほぼ居ない状態です。


ゆりかもめ08
有明テニスの森駅
目の前にディファ有明があり、その向かいには有明コロシアムがありますので
イベント時には多くの乗降客が降りる駅です。


ゆりかもめ09
有明駅
りんかい線の国際展示場駅の目の前にあり、乗り換えができます。
コロシアムブリッジが目の前にあり、渡ると有明コロシアムです。


ゆりかもめ10
その次は国際展示場正門駅です。
ゆりかもめ11
名前の通り、東京ビッグサイト(国際展示場)の目の前の駅です。


ゆりかもめ12
続いて青海駅
ゆりかもめ13
ヴィーナスフォートをはじめとして、
お台場のレジャー施設の集まる駅です。


ゆりかもめ14
テレコムセンター駅


ゆりかもめ15
船の科学館駅
ゆりかもめ16
駅から線路を見るとこんな感じでした。



ゆりかもめ18
台場駅
フジテレビの社屋の目の前の駅です。
ゆりかもめ19


ゆりかもめ20
お台場海浜公園駅


ゆりかもめ21
お台場海浜公園駅と芝浦ふ頭駅の間にはレインボーブリッジがあり、
ゆりかもめも渡るので駅間が一番長い区間となっています。
ゆりかもめ22
レインボーブリッジに差し掛かる車窓から。

ゆりかもめ23
臨海線のレインボーブリッジの芝浦ふ頭駅側はループになっており、
ゆりかもめ24
お台場海浜公園駅側から来ると、
ご覧の通りレインボーブリッジをくぐります。



ゆりかもめ25
芝浦ふ頭駅


ゆりかもめ26
日の出駅
このあたりは東京湾沿いの首都高羽田線の横で、
日の出桟橋以外にはほぼ何もありません。
まあ、JRの山手線の浜松町駅━田町駅間から普通にGPSで取れる駅なんですが。


ゆりかもめ27
このあたりに来ると、さっき通ったお台場が海の向こうに見えます。


ゆりかもめ28
竹芝駅
島式がほとんどのゆりかもめのホームで、
この竹芝駅だけは相対式ホームとなっています。

ゆりかもめ29
ちょうど反対側のホームの車両に運転士が乗っていたので。




ゆりかもめ30
汐留駅です。
日本テレビの社屋の目の前の駅ですが、
ゆりかもめ31
ご覧の通り、終点の新橋駅までは僅か260mです。
都営大江戸線が開通した際に連絡駅として、お互いに駅が新設されました。



ゆりかもめ32
そして終点の新橋駅です。
ゆりかもめ33
JR新橋駅の烏森口の向かいにご覧の通りの駅舎があります。
ゆりかもめ35
ゆりかもめの駅舎から烏森口へと向かう乗客。
ゆりかもめ34
ゆりかもめの駅の階段から改札まではご覧の通り。




ゆりかもめ36
言うまでもありませんが、東京湾の臨海部のレジャースポットを走るゆりかもめは、
当然ながら全線が携帯GPSのサービスエリア圏内です。
位置情報の取得は、レインボーブリッジの海上部分以外で困る事は無いでしょう。


全16駅で所要時間は31分。非常に駅数の取り易い路線だと思います。

では。

京成金町線00
さて今回は京成金町線です。



京成金町線01
こちらは京成本線の京成高砂駅ホーム。

京成金町線02
改札に行くと、京成金町線は一旦改札を出て乗り換えとの案内があります

京成金町線03
京成本線の改札の目の前の向かいに、京成金町線の改札がありましたので
入場して通路を進むと、金町線のホームが見えてきました。

京成金町線04
こちらが金町線の京成高砂駅ホームです。




京成金町線05
こちらは中間の柴又駅
柴又帝釈天の最寄駅で、観光地としても有名な駅です。



京成金町線06
そして3駅の路線ですので、次が終点の京成金町駅となります。
京成金町線07
改札を出ると、すぐにご覧の出口に出ます。



全長2.5kmの路線で、全線の所要時間が5分、運賃が140円という路線ですが、
両端をJR常磐線と京成本線に連絡しており、通勤客が多く利用をしている路線でした。

京成金町線08
ご覧の通り、携帯の電波エリアも、23区内の路線ですから
全く問題がありません

JR常磐線と京成本線を間一駅で繋ぐ路線ですので、
普段利用をしていない人の多くが、
実際に乗車をしないでレーダーなどを使用してコンプリートしていると思われます。
京成高砂駅では改札外乗換えでもありますから尚更でしょう。

ただ、運賃も安く15分間隔で運行している路線でもありますから、
できれば実乗して頂きたいと思う次第です。


では。

流鉄流山線a02
お次は流鉄流山線です。



流山の名産である味噌や醤油などの輸送を主な目的として
流山市民の出資によって設立された流山軽便鉄道として
1916年(大正5年)に営業を開始している路線です。




流鉄流山線47
馬橋駅
流鉄流山線の起点となっている駅です。
馬橋駅の開業は1898年(明治31年)ですが、
流鉄としては1916年(大正5年)の営業開始となります。
島式ホーム1面2線の駅となります。
流鉄流山線51
こちらは2番線の様子。
基本的に馬橋駅では1番線が使用され、
2番線は通勤時間のみ列車が発着するそうです。
流鉄流山線48
ホームの北端にある観光案内図。
流鉄流山線49
案内図の先のホーム下にはトイレが設置されています。
流鉄流山線55
ホーム南端にある改札。
出入口はここの一箇所のみとなります。
流鉄流山線56
外側から見た改札付近の光景。
流鉄流山線57
改札前にはご覧の跨線橋へと上がる階段があります。
流鉄流山線58
跨線橋の外観。
流鉄流山線59
跨線橋の中の様子です。
1971年(昭和46年)の常磐線複々線化以前は
常磐線下り線と総武流山電鉄(当時)がホームを共用していたそうで
この跨線橋はその当時の構内跨線橋でした。
現在は改札外の通路となっています。
流鉄流山線50
JR馬橋駅のホームから見た流鉄の馬橋駅ホームの全景です。
流鉄流山線52
JR常磐線ホームから、流鉄のホームの南側をみると、
跨線橋の先にもまだ線路がつながっています。
流鉄流山線53
ホームからは5、60mほど南の場所がこちらです。
流鉄流山線54
この場所の線路と建物の間にゼロキロポストが設置されています。
こちらが流鉄流山線のゼロキロポストとなります。
場所的に流鉄の構内からは見ることができず、
JR常磐線のホームからしか眺めることができません。



流鉄流山線60
幸谷駅
1961年(昭和36年)開業の駅で単式ホーム1面1線の棒線駅です。
1982年(昭和57年)に流鉄が「流鉄カーサ新松戸」というマンションを
線路脇に建設した際に1階部分に駅を併設し、300mほど北へと
駅の位置が現在の場所へ移動しています。
流鉄流山線69
こちらの写真を見ると、駅のホームが
マンションの1階に設けられているのが分かると思います。
流鉄流山線61
ホームの改札付近。
流鉄流山線62
改札外から見た駅の入口付近です。
流鉄流山線63
駅の出口前にある流鉄の踏切。
幸谷駅を利用する乗客はこの踏切を渡る事となります。
流鉄流山線64
踏切はJR武蔵野線の高架下にあり、
新松戸駅前のロータリーへと通じる道は
武蔵野線の高架脇を進む形となります。
流鉄流山線65
新松戸駅前の横断歩道。
流鉄流山線66
横断歩道から新松戸駅前までの武蔵野線高架下には
「あかりのボックス」という鳥居風の赤いオブジェが並んでいます。
流鉄流山線67
オブジェから振り返ると高架下にJR新松戸駅の入口が。



流鉄流山線68
小金城趾駅
1953年(昭和28年)に開業した駅で、
現在の場所へは1967年(昭和42年)に移設されました。
流鉄流山線76
島式ホーム1面2線を持つ駅で、
流鉄の途中駅では唯一の列車交換可能駅となっています。
流鉄流山線70
駅ホームの上には跨線橋が架かっており、
改札や券売窓口なども跨線橋上に設けられた橋上駅となっています。
流鉄流山線71
橋上の改札付近の様子。
この改札前からはかつては駅に隣接して「大金平県営住宅」という
千葉県の県営住宅が建てられていました。
これは流鉄の土地に地上権を設定し、3階以上を千葉県が県営住宅としたもので、
その下は駅の出入口が併設されていた建物でした。
流鉄流山線72
この「大金平県営住宅」は老朽化によって2015年(平成27年)秋ごろから解体工事が始まりました。
上の写真は2016年(平成28年)1月のものですが、県営住宅と連絡していた部分は
ご覧の通りベニヤのコンパネで塞がれていました。
流鉄流山線73
その後2016年3月には解体工事も終わって
住宅と連絡していた場所には階段が新設されました。
流鉄流山線74
こちらが県営住宅跡地に新設された階段。
現在の駅の出入口であり大金平側(北東側)の外観です。
流鉄流山線75
2017年(平成29年)1月現在の駅前の様子。
県営住宅跡地は更地となり、
階段から駅前の道路までが新たに舗装されました。
流鉄流山線77
こちらは駅の南西側(横須賀側)の駅前の様子と
駅の外観です。



流鉄流山線78
鰭ヶ崎駅
1916年(大正5年)開業の駅で、単式ホーム1面1線の棒線駅です。
流鉄流山線79
こちらは駅舎の外観。
駅舎の前に小さな駅前広場があります。
流鉄流山線81
駅前にある駅周辺の案内図。
流鉄流山線80
駅前広場と通じている道。
ホームの北側にあり踏切があります。
流鉄流山線29
この鰭ヶ崎駅からも、JRとつくばエクスプレスの南流山駅までは
徒歩で1km、12分と十分に乗り換えが可能な距離にあります。



流鉄流山線82
平和台駅
1933年(昭和8年)に赤城駅として開業した駅で、
その後赤城台駅、平和台駅と名前が変遷しています。
流鉄流山線84
単式ホーム1面1線の棒線駅となっています。
流鉄流山線83
ホーム中央やや北寄りにある改札口。
流鉄流山線85
駅舎の外観です。
流鉄流山線88
駅舎の前の駅前の光景。
流鉄流山線86
この駅は南側、馬橋方面側すぐが踏切となっており、
線路を挟んで駅舎の反対側に出ることができます。
流鉄流山線87
踏切を渡った反対側には駅前広場が設けられています。
流鉄流山線89
駅前広場側から見た駅のホーム。
流鉄流山線90
ホームから流山方面を見た光景です。
写真ではちょっと分かりづらいですが、
隣の流山駅までは距離で600mなので
肉眼だと駅に留置されている列車がはっきりと見えます。



流鉄流山線91
流山駅
1916年(大正5年)開業の駅で、流鉄流山線の終点となる駅です。
島式ホーム1面2線を持つ駅で、ほかに側線が一つあります。
流鉄流山線92
島式ホームのうち、2番線は駅舎の手前で車止めとなっています。
流鉄流山線93
1番線はホームの奥へと線路が続いており、
その先には流鉄の検車区があります。
流鉄流山線99
ホーム上にある流鉄のペイントの施された自販機。
流鉄流山線94
ホーム北端にある改札の光景。
流鉄流山線95
改札前にはご覧の立て看板が置かれています。
このキャラクターは「普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。」という
4コママンガ作品のもので、
流山市をモチーフとした「流川市」を舞台としたローカルアイドルの物語です。
2014年(平成26年)にはアニメ化されており、TBS系で放映されています。
流鉄流山線26
流山にちなんだ作品ということで
この作品と流鉄が開業100周年記念でコラボをしており、
2015年秋から2016年春にかけて車内アナウンスを登場キャラが行ったりしていました。
コラボ当時の列車内にはこんな吊り広告も。
 ※画像をクリックすると拡大します。
参考
animeate.tv「開業100周年記念☆ 流鉄流山線×『ろこどる』コラボプロジェクト始動!」

http://www.animate.tv/news/details.php?id=1440161782
流鉄流山線96
こちらは流山駅の駅舎の外観。
開業時の1916年(大正5年)に建てられた駅舎であり、
1937年(昭和12年)の改修をはじめ修理や改造が加えられています。
流鉄流山線97
駅舎の中の様子。
流鉄流山線98
1998年(平成10年)には関東の駅百選の第2回選定駅となっており、
出札窓口には関東の駅百選のプレートが掲示されています。
流鉄流山線a01
駅の裏手にある流山市役所。



流鉄流山線46
au 4G LTEによる流鉄の路線区間の電波範囲のマップです。
ご覧の通り、流鉄の全線が電波サービス圏内ですので
GPSによる駅の奪取には全く問題がありません。


流鉄の駅のうち、馬橋駅はJR常磐線の駅と同じ駅です。
幸谷駅は新松戸駅と至近距離にありますので
JR武蔵野線や常磐線で新松戸駅付近を通る際に取得ができてしまいます。
そして小金城趾駅はJR武蔵野線の新松戸━南流山間から、
平和台駅は南流山━三郷間からそれぞれ直接のチェックインで取得が可能です。

すると残るのは流山駅と鰭ヶ崎駅ですが、
こちらもJR武蔵野線およびつくばエクスプレス線から
レーダーで容易に取る事が可能となっています。

こういった状況もあり、多くのプレイヤーからはは
この流鉄には乗車しないでレーダー使用でコンプをされてしまっています。
近年はつくばエクスプレスに乗客を奪われて
乗車人員が減少している流鉄。
是非とも乗ってあげてほしいものです。


では。

↑このページのトップヘ