2019年04月

北丹鉄道00
さて、お次は京都北部の北丹鉄道についてです。


1923年(大正12年)に福知山駅━河守駅間が開業した路線は
当初は計画中だった国鉄宮津線への福知山からの短絡を目論んで建設されましたが、
内陸部を回る予定だった宮津線が計画変更で海岸部経由へと変更。
長大な路線敷設を賄う体力が無かったことから北丹鉄道は河守以北の延伸を断念します。

すでに開通していた福知山駅━河守駅間でも建設予算の都合によって
路線の多くの区間を由良川の河川敷に敷設するという状態で、
区間によっては堤防に内側を列車が走る区間もあったほどでした。

結果、洪水の多い由良川の増水によって幾度となく浸水し運休。
常に経営難に見舞われる事となり、保線へと予算が回らず線路が荒廃します。
その為列車の最高速度はわずか25km/hに制限されるなどし、更なる利用者減を招く事態となります。

1966年(昭和41年)には河守駅━宮津駅間を日本鉄道建設公団が宮守線として着工。
北丹鉄道は鉄道路盤の国の買い上げに一縷の望みを託し運行を続けます。

そして1969年(昭和44年)の河守鉱山の閉山によって貨物輸送が激減。
とうとう持ちこたえられなくなった北丹鉄道は1971年(昭和46年)に休止し、
そのまま廃止となり会社も解散となりました。


その後紆余曲折があって1988年(昭和63年)に第三セクターの宮福鉄道が開業。
北丹鉄道の為し得なかった福知山と宮津の連絡が成し遂げられました。



北丹鉄道01
こちらはJR西日本の福知山駅の北口です。
JRとしては山陰本線と福知山線の乗り入れる駅であり、
WILLER TRAINS(京都丹後鉄道)もこの駅を起点としています。

そして今回廃線跡を巡る北丹鉄道も、この福知山駅を起点としていました。
駅は1923年(大正12年)の北丹鉄道の開業によって設置されたものです。
北丹鉄道02
駅の北口には大きなロータリーのある広場がありますが、
その広場の西側に建っているのがこちらのJR西日本福知山支社のビルです。
福知山は北近畿の鉄道の要衝ですのでこのように支社が置かれていますが、
かつての北丹鉄道の福知山駅はこの福知山支社のビルの南側にあったそうです。



現在は立体交差事業によって高架線となっているJRの線路に沿って
北丹鉄道は福知山駅前から線路の北側を西へと併走して進みます。
北丹鉄道03
こちらは駅の北を東西に走る府道523号福知山停車場篠尾線の交差点です。
駅からは西へおよそ350mほどの場所にある信号の交差点となります。
すぐ西側には京都府福知山総合庁舎がある付近です。

山陰本線と併走をしてきた北丹鉄道の廃線跡は
この交差点へと向かって北にカーブを描いて走っていました。
北丹鉄道04
府道の交差点を横切った廃線跡は、そのまま北へと道なりに右カーブを描いて進みます。
写真の道路はかつての廃線跡だそうです。
北丹鉄道05
ごらんの交差点から先は、廃線跡は住宅地の開発に飲み込まれており
全く痕跡が残っていません。ですが前後の位置関係から
赤線で示した通りに廃線跡は直進をしていたと考えられます。
北丹鉄道06
裏手に回りこむと川が流れていました。
廃線跡は赤線のように進んでいたと思われます。
北丹鉄道07
廃線が消えた交差点から北におよそ130mほどの
昭和通りと新広小路通りの交わる交差点です。
廃線跡は交差点を斜めに横断して北へとまっすぐに進んでいたと思われます。
北丹鉄道08
交差点の先は廃線跡は住宅地に消えている為、
100mほど北の裏手へと回りこみます。
廃線跡の敷地は私立幼稚園の敷地となっており、
その幼稚園の敷地の真ん中を鉄道は通っていた様です。


北丹鉄道09
幼稚園を背に北側を見るとご覧の光景です。
この先が駅のあった場所なのですが、
駅ホームの他に機回し線と車庫への引き込み線が1本づつあったそうで
敷地の幅はそれなりにあったと思われます。
北丹鉄道10
北へと進んでみるとご覧の通り、
同じ形をした家が一列に並んでいてなんとも壮観な光景となっています。
恐らくこの付近は引き込み線のあったあたりであり、
ある程度幅のある細長い土地をハウスメーカーが開発分譲した結果だと思われます。
北丹鉄道11
同じ形の家の分譲地から一本東側の道へと進み、
北に進むとまもなく公園が見えてきます。
こちらの公園が北丹鉄道の福知山西駅の駅跡となります。
北丹鉄道12
公園の外観です。この公園には「西駅公園」という名前がつけられており
かつての駅跡であったことを示しています。
北丹鉄道13
公園の中の様子です。北丹鉄道では一番規模の大きな駅だったそうで、
駅舎の他に北丹鉄道の本社も置かれていたので
それなりの広さの敷地の公園となっています。
北丹鉄道14
公園の北西の一角にある「北丹鉄道本社跡」の石碑です。
1983年(昭和58年)に福知山市によって建立されたそうです。
北丹鉄道15
そしてこの公園が駅跡であることを示すのがこちらの蒸気機関車です。
北丹2号と呼ばれる蒸気機関車で開業より走っていましたが
1956年(昭和31年)に廃車となっています。
こちらに展示されているのは実車では無く、
2004年(平成16年)に福知山市によって復元されたレプリカです。
北丹鉄道16
機関車の脇には駅名標を模した石碑が。
北丹鉄道46
ちなみにこのレプリカが静態保存されている線路は営業当時の位置に作られています。
北丹鉄道47
公園となった後の写真のあるこちらこちらの写真を参照すると
営業当時の駅の位置関係が良く分かります。
駅の北に伸びる道路が廃線跡と言われていますが、
実際には道路の西側に並ぶ住宅のあたりまでが線路だった様です。
ですのでレプリカの横のホーム状の部分は
実際に営業当時に使われたホームの一部
であることが分かります。
北丹鉄道17
横から見た、駅跡を出る廃線跡。



廃線跡は北へと向かい、由良川にぶつかるとカーブを描き
河川敷の左岸(東岸)を北東方向へと進みます。

鉄道を河川敷に敷設したのは建設資金の都合からと言われており、
結果洪水の多い由良川の出水の影響を何度も受ける事となります。
北丹鉄道18
河川敷に近い田んぼの中の光景ですが、
こちらがかつての下川駅の駅跡となります。
二車線の市道がかつての廃線跡で、写真中央を奥へとまっすぐに伸びる道は
あぜ道に見えますが宮津街道の旧道だそうで、
街道と鉄道が交差するこの地が駅設置場所に選ばれた様です。
北丹鉄道20
福知山西駅からは北東に直線で3km、営業距離で3.4kmの地点のこの駅は
開業当初からあった駅では無く、戦後の1948年(昭和23年)に住民要望で設置された駅だそうです。
なんでも住民が自分で駅を作る事を条件に設置されたそうで、
土を運んで3ヶ月かけてホームを作り上げた
そうです。
そのため地面に単式ホーム1面1線があるのみで駅舎も無い無人駅でした。
北丹鉄道19
駅跡の目の前に設置されている下川バス停です。



北丹鉄道21
下川駅跡を背に廃線跡と北へと進むと450mほどで牧川を渡ります。
かつては牧川橋梁が架かっていたそうですが、市道の自動車橋へと架け替えられています。
北丹鉄道23
小高くなった橋から南の下川駅跡方面を見た光景。
北丹鉄道22
こちらは逆に橋から北へと廃線跡の市道を500mほど進んだ地点で、
右へと分岐している道路は府道527号筈巻牧線の起点です。
もう少し北へと進むと次の駅の駅跡となります。


北丹鉄道24
写真の左中央に見える白い建物は天津小学校の校舎です。
この小学校の南側付近にかつての駅があったそうです。
北丹鉄道25
こちらのT字の交差点付近がかつての上天津駅の駅跡付近となります。
廃線を転用した市道の東縁付近が駅跡と思われますが
遺構が全く残っていないので正確な位置は不明です。
当時の写真を見ると駅舎はホームの西側にありました。
北丹鉄道26
ただ、こちらの小学校の南を東西に走る道路は
かつての駅への取り付け道路だったそうで、
この道の正面付近の市道付近が駅跡であることは当時の写真からも間違いありません。



下天津駅跡を北に進むと、市道はすぐに国道175号線の宮津街道へと合流します。
廃線跡は国道と由良川の間を進んでいた様で、用水路を跨ぐ小さい橋梁跡などが
国道の東脇に点在している様です。
北丹鉄道27
こちらは国道上の下天津バス停。
上天津駅からちょうど2kmほど北上したこのバス停付近に
次の駅の駅跡がありました。
北丹鉄道28
こちらが下天津駅の駅跡付近となります。
1923年(大正12年)の北丹鉄道の開業時に作られた駅で、
福知山西駅に次ぐ大きさの駅だったそうです。
北丹鉄道29
交差点前にはかつての駅へと下りる舗装された道が
現在でも荒れながらも残っていました。
北丹鉄道30
駅跡へ西から伸びている道路。
現在は市道に交差点で合流していますが、かつては駅へと通じる道でした。
北丹鉄道31
北丹鉄道の下天津駅跡から西に250mほどの場所には
京都丹後鉄道の下天津駅が設置されています。
北丹鉄道32
高架駅のホームから西側を見ると、北丹鉄道の下天津駅跡付近を
ご覧の様に俯瞰で見下ろすことができます。


北丹鉄道33
国道175号線を北上し、こちらは国道176号線が分岐する下天津交差点です。
名前が同じですが下天津駅跡からは北に700mほどに位置します。
北丹鉄道34
下天津交差点から北にすぐの場所にあるのがこちらの丹後国標柱です。
大きい方に「従是北丹後国加佐郡」、小さい方には「従是南京都府天田郡」とありますので
ここが宮津街道の京都と丹後の境だったようです。
北丹鉄道35
標柱を過ぎるとまもなくご覧の付近へと差し掛かります。
この付近で北丹鉄道の廃線跡は国道に東側から西側へと道を跨いでいた様です。
北丹鉄道36
そしてすぐに目の前に現れるのがこちらのトンネルです。
これは北丹鉄道の日藤第一トンネルで、国道と同じ高さに嵩上げされて
歩道へと転用されている鉄道遺構となります。
北丹鉄道37
日藤第一トンネルの北側の出口。
北丹鉄道38
そしてトンネルを抜けるとご覧のように道を渡ってすぐに
再びトンネルが現われます。
北丹鉄道39
日藤第二トンネルです。こちらのトンネルは嵩上げされていませんので、
第一トンネルに比べると隧道が縦長なのが分かります。
北丹鉄道40
第二トンネルの北側出口付近の光景です。
北丹鉄道41
トンネルを抜けるとご覧のように廃線跡の国道と由良川はかなり接近しています。
北丹鉄道42
国道から由良川の堤防が分かれているこのあたりで
北丹鉄道の廃線跡は再び国道の東側へと道を跨ぎます。
北丹鉄道43
国道を跨いでいる京都丹後鉄道の跨道橋。
北丹鉄道の廃線跡は国道と堤防の間付近と思われます。
北丹鉄道44
引き続き国道脇の田んぼとの間を廃線跡が北上すると、
まもなく廃線跡は国道脇の舗装された小路となります。
北丹鉄道45
その先には、市の体育館の南の小川に架かる
北丹鉄道のガーター橋の遺構がまだ残っていました。
この橋梁を渡るとまもなく次の駅跡となります。


北丹鉄道48
国道175号線沿いのこちらが北丹鉄道の公庄駅付近となります。
駅は1923年(大正12年)の路線開業時に開設されました。

川西体育館の西側を通った廃線跡が、
体育館の北側に差し掛かったグラウンドあたりがかつての駅跡だったそうです。
国道沿いの黒田商店という雑貨店の斜向かいあたりに公庄駅の駅舎があったそうで、
単式ホーム1面1線の東側には貨物の引込み線があったそうです。
北丹鉄道49
そして北丹鉄道の公庄駅跡のすぐ北隣の目の前には
京都丹後鉄道の公庄駅があります。
北丹鉄道50
位置的には京都丹後鉄道の公庄駅の駅前ロータリーが
北丹鉄道の廃線跡であったことは間違い無いでしょう。


北丹鉄道51
公庄駅跡を出て引き続き国道の廃線跡を北へ。
駐在所の前と通過します。
北丹鉄道52
京都丹後鉄道と併走する国道を北上。
廃線跡は国道と京都丹後鉄道の間付近とも
京都丹後鉄道の敷地が廃線跡を利用したとも言われますが、
遺構が断片的にしか残っておらず正確なところは分かりません。
北丹鉄道53
左手にお寺や神社のある前を通過します。
北丹鉄道54
引き続き右手に京都丹後鉄道の築堤が見える国道を北上。
北丹鉄道55
国道と京都丹後鉄道の間に「緑の一里塚」なる休憩施設が見えてきます。
北丹鉄道56
そして右手に側道が現れ、その先にガソリンスタンドが見えると
次の駅の駅跡となります。公庄駅跡からは1.7kmほどの距離にあたります。


北丹鉄道57
こちらのガソリンスタンドのある信号の交差点が
北丹鉄道の蓼原駅のあった場所となります。
北丹鉄道58
国道175号線の東側、ガソリンスタンドの看板の下付近に
小屋が見えますがこちらは野菜の無人販売所だそうで、
この小屋付近に駅があったとのことです。

1923年(大正12年)の路線開業で出来た駅ですが
単式ホーム1面1線のみの無人駅だったそうで、
国道と鉄道に廃線跡が飲み込まれており痕跡は残っていません。



北丹鉄道59
蓼原駅跡を出た廃線跡は国道沿いに北へと向かいます。
この付近では国道と京都丹後鉄道がぴったり併走状態となっていますので
どちらかに廃線跡は飲み込まれてしまっていると思われます。
北丹鉄道60
駅跡から400mほど進むと国道と鉄道は左右に別れます。
廃線跡は左手の国道に沿って伸びており、
国道の東側沿いに北丹鉄道の路盤の跡が現在でも残っているのが分かります。
そしてまもなく北丹鉄道の終点が見えてきます。


北丹鉄道62
こちらは国道175号線(宮津街道)の河守交差点です。
府道493号西坂蓼原線が東へと分岐をしています。
この交差点の東側の真横がかつての河守駅の駅跡となります。

駅は1923年(大正12年)の北丹鉄道開業によって終着駅として設置されました。
ホームは1面1線でしたが、東側には機回し線が、ホーム裏手の西側へは留置線が延びていました。
北丹鉄道63
河守交差点の南東角にある砂利敷きの空き地です。
かつてはここにタクシー会社があってプレハブの事務所がありました。
この空き地が河守駅の駅構内の南端付近となります。
北丹鉄道64
そして旧タクシー会社敷地から県道を挟んだ北隣には
こちらの大江駅前商店街があります。この商店街は行政主導で作られたもので、
河守駅の跡地だった旧大江町の町有地が提供
されて
宮福鉄道(現・京都丹後鉄道)大江駅開業翌年の1989年(平成元年)に
書店や電気店、雑貨店など9店舗で開業しました。
北丹鉄道66
店舗の建物が立ち並ぶあたりがかつての線路の場所で、
その西側の商店街の通りになっている付近にホームがありました。
北丹鉄道61
おおよその図を書き込むとご覧のような感じで駅はありました。
ホームは現在の県道を跨いでおり、県道の場所付近に駅舎があったそうです。
北丹鉄道67
駅舎があったとされる県道付近。
北丹鉄道68
そして駅跡である商店街の東側には
京都丹後鉄道の大江駅があります。



北丹鉄道69
こちらは北丹鉄道の区間のau 4G LTEでの電波エリアマップです。
国道沿いの福知山市内の路線だったということもあり
全線が電波エリア圏内となっています。
駅へのアクセスに困る事はまず無いでしょう。


元々国鉄宮福線への転換を目論んでいた北丹鉄道は、
その廃線跡に併走するようにWILLER TRAINS(京都丹後鉄道)宮福線が走っています。
日本鉄道建設公団が建設した宮福線は高規格な為、
途中にいくつものトンネル箇所があります


しかしそれを考慮しても尚、京都丹後鉄道宮福線に乗ってレーダーを飛ばせば
基本的に北丹鉄道は全てコンプが可能
となります。
レーダーを使わなくても宮福線から直接チェックインできる駅もいくつもありますので
わざわざ現地へと出向かなくてもコンプできるという訳です。


まあ、福知山自体が京都や大阪などから結構な時間がかかる地であるという事もありますので
北丹鉄道を実際に現地まで行く人はそれなりの物好きだと思います。
北丹鉄道70
しかし、福知山には北丹鉄道の資料の集まった
「福知山鉄道館ポッポランド」もありますし、是非一度は行ってみてほしいなと。
北丹鉄道71
資金難でポッポランド、事実上の廃館になっちゃってますけど。


では。

森松線51
さて、次は四国は愛媛県の廃線である伊予鉄道森松線についてです。


1988年(明治21年)に松山駅━三津駅間6.8㎞を開業した伊予鉄道は
その旅客輸送成績の好調から、松山市近郊へ路線の延長へと乗り出します。
こうした路線の一つが1896年(明治29年)に開業した森松線で、
立花駅(現・いよ立花駅)から森松駅までの4.4kmの路線でした。

開業当初は軌間762mmの軽便鉄道規格でしたが
1931年(昭和6年)に1067mmに改軌。
沿線の椿神社の例大祭には臨時列車が出るなどしました。

しかし戦後になり併走する国道33号線が拡張整備されると
バス路線に乗客を奪われ旅客輸送成績が低下

一時間に4~5本走るバスに対し、一時間1本の鉄道は勝負にならず乗客は半減します。
結局乗客を挽回する方策は見つからず、森松線は1965年(昭和40年)に廃止となりました。

しかし皮肉な事に廃止後は森松線の沿線の宅地化が急速に進んで住民が増大。
森松より南の砥部も大きく発展した結果、あまりのモータリゼーションの進み具合に
国道33号線の渋滞が慢性化する事態となります。

ここで定時輸送のできる森松線が走っていれば乗客の受け皿になったと思われ、
「早計だった廃線」の一つに数えられるケースとなっています。



森松線01
こちらは伊予鉄道横河原線のいよ立花駅の駅外観となります。
1893年(明治26年)に伊予鉄道が横河原線を開業した際に設置された駅で、
開設当初は伊予立花駅という駅名でした。

現在の駅舎とホームは1967年(昭和42年)に改修された時に作られたものです。
元々伊予立花駅は単式ホームの1番線が一番北にあり、
その南に島式の2、3番線ホームがありました。
対面している1、2番線が横河原線ホーム、一番南の3番線が森松線ホームだったそうです。
そして1番線の北側には、道後鉄道の道後駅だった建物を移築した駅舎が建っていました。
森松線03
森松線が1965年(昭和40年)末に廃止となり、
ちょうど横河原線の電化も進められていたことから
1967年(昭和42年)に伊予立花駅の大規模改修が行われました。

駅構内で横河原線の本線を南側へと寄せて旧森松線跡地が空き地にならない様にし、
その北側に有効長60mの島式ホームを設置。これが現在のいよ立花駅のホームとなります。
ホームの北側には下り本線の線路を敷いて駅構内の線路は二本とし、
北側に残っていた旧駅舎は解体されて駅前広場となりました。
ですので現在のいよ立花駅付近の線路の線形を地図でみると
不自然に南に湾曲している
改修の名残りが見て取れます。
森松線04
駅北側の広場の様子です。
かつては駅構内に4本の線路が走っていましたので
こちらの広場まで線路が走り旧駅舎が建っていました。

駅前には1970年(昭和45年)に鉄道が所有する伊予鉄立花ビルが建てられていましたが、
老朽化によって2016年(平成28年)にビルは建て替えられました。
広場前の1階にコンビニの入るビルが伊予鉄立花ビルです。
森松線02
現在のいよ立花駅の改札付近です。
有人窓口と簡易ICカード改札機がある通路状となっています。
森松線05
ホームの様子です。
先に述べた通り1967年(昭和42年)の改修で島式ホーム1面2線となっています。
森松線06
ホーム東端に駅舎が設けられ、島式ホームには上屋の屋根が設けられています。

森松線08
ここでひとつ、重要な点があるのですが、
駅メモでは伊予鉄道横河原線の「いよ立花駅」と
森松線の「伊予立花駅」は別駅扱い
となります。

これは伊予鉄道森松線が廃止されたのが1965年(昭和40年)、
伊予立花駅がいよ立花駅へと改名されたのがその後の1980年代であるという事情によります。
「森松線のいよ立花駅」というのは存在しない為、
廃線を登録するにあたって同一駅ながら別駅扱いとしたのだと思われます。

ですのでこの付近には駅の座標が二つあり、駅のホームの中ほどに境界線があります。
現役路線の伊予鉄道横河原線でいよ立花駅に到着すると
廃駅しか取れない事態も起きますが、
駅到着前あたりで廃駅の伊予立花駅が普通に取れますので
地図を参照して両方ともチェックインして下さい。
森松線07
こちらは現・いよ立花駅の1番線の松山市方面行きホームの東端です。
森松線のあった時代とは若干線路の位置が変えられていますが、
おおよそこの1番線から写真右手へと向かって森松線が分岐していたと考えて良いでしょう。
森松線09
駅の東の踏切付近を俯瞰で見た光景です。
赤線で示したのが森松線のおおよその廃線跡となります。
森松線10
線路南側の廃線跡のうち、
市道に面した付近は伊予鉄バスの停留場となっています。
そしてその奥となる東側は駐車場となっていました。
森松線11
駐車場を奥に進んだ光景です。
廃線跡は写真を右手へとカーブを描いていましたが、
駐車場脇の建物が廃線後に沿って斜めに建っているので
かつてここに鉄道が走っていた痕跡を見ることができます。
森松線13
切り返して廃線跡から駅方向を。
森松線12
駐車場の奥のこちらの物置のある家の敷地がかつての廃線跡です。
森松線はこの奥を南へと進んでいました。

森松線14
駐車場南の廃線跡にある家を南側から。
森松線15
家から切り返して南側を見ると、
ご覧の廃線跡が転用された公園があります。
カーブの具合がかつて鉄道が走っていた痕跡をはっきりと示しています。
森松線16
廃線跡の公園を、南側に回ってみるとご覧の光景となります。
「立花三丁目遊園地」と看板があり、公園沿いには地元の公民館があります。

森松線17
廃線跡の公園から、市道を挟んだ南側には
こちらの愛媛銀行立花支店の裏門があります。
廃線跡は銀行の建物の東側の裏手を走っていましたので
この通用口ともいえる細長い道が廃線跡と思われます。

森松線18
こちらは銀行裏門から100mほど南の地点の駐車場で、
伊予銀行からは70m南にあたります。
写真は北へと向いて撮っていますが、
立っているあたりがかつての廃線跡と思われます。
森松線19
ご覧の様に廃線跡は南へと進み
駅前踏切から南下してきた二車線の市道へと合流していきます。
森松線20
こちらの自転車店の裏手あたりが廃線跡と思われます。
森松線21
その自転車店の南の目の前を見ると、
市道と駐車場の境界が切り欠きホームのようになっているのが分かります。
これは廃線跡を利用して市道が拡張された際に生まれた境界で、
この場所に森松線が通っていた事を示す遺構とも言えるものです。

森松線22
廃線跡の市道を南へ。
ここから南は廃線跡は完全に道路整備に飲み込まれており
その痕跡はほぼ残っていません。
森松線23
廃線跡へと出るイオンスタイル松山の駐車場出口。
森松線24
市道を進むと天山町交差点へと差し掛かります。
こちらは国道33号線が直角に曲がり、
松山南環状線へと通じている大きな交差点です。
森松線25
天山町交差点の北東角にあるイオンスタイル松山。

森松線26
森松線は国道33号線砥部道路となって南下します。
恐らく国道の東縁あたりが廃線跡と思われ、
記録によると国道拡張によって廃線跡が飲み込まれた様子です。
当然ながらこれだけの道路となった今では鉄道の痕跡は分かりません。
森松線27
引き続き国道を南下。
森松線28
森松線の代替となる路線バスが走っていました。
このバス路線は森松線廃止前から走っています。
森松線29
更に国道を南下。
いよ立花駅(伊予立花駅)からおよそ2km、天山交差点からは1.5kmほど進むと
次の駅の跡地が見えてきます。


森松線30
国道33号線で「椿神社」の案内標識が見えると
まもなく椿神社入口交差点となります。
伊予鉄道森松線の石井駅はこの椿神社入口交差点の北東付近にあったとされています。
森松線31
椿神社入口交差点は国道33号線と県道190号久米垣生線が交差しています。
森松線32
この交差点は名前の通り、椿神社と通称される伊豫豆比古命神社の参道入口でもあります。
ここから西の県道は神社までが参道とされています。
森松線33
駅は1901年(明治34年)に仮駅として設置されたのが最初で、
その後正式に駅へと昇格しています。

椿神社の例祭の参拝客を見込んで作られた駅である事、
国道33号線の東側付近が廃線跡とされることなどから
交差点北東角の焼肉店近辺が駅跡地ではないかと思われるのですが、
遺構が全く無い状態ですので、交差点付近が駅跡と思って十分でしょう。
森松線34
旧石井駅の最寄バス停の椿前停留場。



森松線35
旧石井駅跡を過ぎた廃線跡は、引き続き国道33号線を南下します。
森松線36
松山自動車道の高架橋をくぐる国道。
森松線の廃止より30年以上経った1997年(平成9年)開通の自動車道ですので
鉄道の営業当時には高架橋はありませんでした。

高架をくぐるとまもなく国道33号線は森松交差点でY字に分岐をします。
分岐の左手の一車線の道は県道194号久谷森松停車場線であり、
1982年(昭和57年)まで国道33号線であった旧道にあたります。
森松線の廃線跡も旧国道に沿って東へと逸れます。
森松線37
そして旧国道を300mほど南下すると森松線の終点の駅跡が見えてきます。
この300mは県道194号県道194号久谷森松停車場線と
県道193号森松重信線の重複区間でもあります。


森松線38
県道194号線と県道193号線が分岐するT字の交差点。
南東の角にあるのが伊予鉄バス森松営業所です。
そしてこちらが森松駅のあった駅跡となります。
森松線39
こちらが伊予鉄バス森松営業所の建物です。
廃線の翌年の1966年(昭和41年)に森松バスターミナルとして整備され、
駅舎のあった場所には森松出張所(当時)の建物が建てられました。

旧駅舎は1896年(明治29年)の路線開業時に作られた瓦葺屋根の和風の建物で
廃止後に取り壊されています。
森松線40
森松営業所の中の様子です。
バスターミナルながら出札窓口が作られており、
ベンチの置かれた待合室は鉄道駅を意識した作りとなっています。
森松線41
営業所の裏手のバスターミナルの敷地です。
現在は車庫としてバスが展開や滞留をしていますが、
森松線の営業当時にはこちら側に単式ホーム1面があり、
またその外側には列車が留置できる引き上げ線もありました。
森松線43
この裏手にも乗降の乗り場があり、乗客用のベンチが置かれています。
森松線42
敷地の奥には車庫の建物があり、
その奥は県道へと面して出入りができる様になっていました。
森松線44
県道193号線側から見た、ターミナル裏手の出入口の光景です。
森松線45
ターミナル裏手から県道を北に進むとすぐに森松営業所の表側に。



森松線46
こちらは森松線の区間のau 4G LTEでの電波エリアマップです。
ご覧の通り現在では全線が松山市内ですので全区間が電波県内となります。
ですのでどこからでも駅へのアクセスに困る事は無いでしょう。


そして廃線ですので現在列車が走っていないため、
アクセス及びチェックインの方法です。
森松線47
国道33号線(砥部道路)沿いに走っていた森松線には
営業当時から走っていたバスの並行路線があります。
森松線48
伊予鉄バスの森松・砥部線というのがそれで、
いよ立花駅から椿前(石井駅跡)を経て森松営業所(森松駅跡)まで走っています
いよ立花駅前から森松までで所要時間が13分、片道運賃310円で
ほぼ廃線跡をそのままバスが走ってくれています。
バスも15分間隔程度で運行していますので、いよ立花駅から実乗しても
往復で一時間弱で戻ってこれる
と思います。


どうしてもレーダーで取りたい、という場合は
伊予鉄道横河原線に乗る必要があります。
ここで注意をしたいのは、森松線の起点だったいよ立花駅でレーダーを飛ばしても
終点の森松駅はおろか石井駅にもレーダーは届かない
という点です。
4.4kmという短かい路線なのにレーダーが届かない理由は、
松山市の近郊という立地から、伊予鉄道の市内線の路面電車の電停が
石井駅よりも近くに大量にある為
です。

石井駅に関して言えば、いよ立花駅━福音寺駅間で
すぐにレーダー射程圏内(4~6駅程度)となります。
森松線49
そして森松駅までレーダーを届かせるには、
福音寺駅━北久米駅間でやっと射程圏内となります。
森松線50



近県の方でなければ、四国を攻略する場合には
JR四国の3日間有効のフリー切符を使うケースが多いと思います。
その場合、3日間で四国全県を制覇するにはかなりカツカツの行程となる為、
伊予鉄道を悠長に実乗している暇は無いと思います。

しかし、「また来る」とう選択肢を入れれば伊予電で松山市内を巡れますし、
周辺の観光や散策をする時間までできるでしょう。
ただの道路しか無い森松線をわざわざ森松駅まで行く方はそう多くは無いと思いますが、
せっかく駅メモに収録されいるのですから一度くらいは訪問してみるのも良いかと思います。


では。

三木鉄道三木線00
さて、お次は兵庫県の廃線である三木鉄道三木線についてです。


駅メモでは「三木線」と表記されているこの路線は
1916年(大正5年)に播州鉄道の支線として貨物輸送を目的として
厄神駅━別所駅間が開業したのが始まりとなります。
ちなみに播州鉄道の本線は現在のJR加古川線であり、
近隣の北条鉄道なども播州鉄道の支線でした。

翌年の1917年(大正6年)には三木駅までの全線が開業し、
播丹鉄道、国鉄三木線を経てJR西日本の三木線となります。


しかし元々が貨物を想定して作られた路線だけに
旅客の移動の流れとは当初からズレがあり、
近隣での神戸電鉄粟生線の開業、モータリゼーションの波などを受けて
元々少なかった旅客営業は更に減少します。

戦後にはメインとも言えた貨物取り扱いが廃止されて更に収益が悪化。
1968年(昭和43年)には赤字83線に早々に選定され、
国鉄の赤字増大を受けて1981年(昭和56年)には第一次特定地方交通線に指定。
1985年(昭和60年)に三木鉄道へと第三セクター転換されます。

しかし唯一の軸とも言えた国鉄時代の加古川線直通列車の加古川駅への旅客が
第三セクター転換によって無くなってしまい、
また転換によって運賃も倍加した結果、
転換初年の旅客輸送数は半減に近い数字に落ち込み劇的な減少となりました。
第三セクター転換は三木線にとっては完全に裏目となった訳です。


地元自治体の三木市が主体の三木鉄道は、乗客の利便性を図って経営の改善を目指し
宗佐駅、下石野駅、西這田駅、高木駅の4駅を新たに新設します。
しかし乗客の利用は伸びず転換交付金で赤字を埋める経営が続き、
交付金を使い果たした1996年(平成8年)以降は三木市の補填などで赤字を賄っていました。

そして三木市自体の収支も芳しく無い中で2006年(平成18年)には
三木市長選挙で三木鉄道の廃止を公約に掲げた候補が市長に当選
2008年(平成20年)4月1日に全線が廃止となりました。



また、冒頭の車両の写真はかつて三木鉄道を走っていた車両ミキ300-103ですが、
2009年(平成21年)に茨城のひたちなか海浜鉄道へと譲渡されて
現在も現役車両として稼動をしています。



三木鉄道三木線01
こちらはJR加古川線の厄神駅の西口駅舎の外観です。
駅は1913年(大正2年)に播州鉄道の開業によって国包駅として設置されたもので、
1916年(大正5年)に三木線の前身となる播州鉄道の支線が開業したことにより
駅名を厄神駅に改称しています。

駅名の由来は宗佐厄神八幡神社という厄除けの神社に因むものですが、
駅から神社までは徒歩で30分の距離があります。
三木鉄道三木線02
現在の駅舎は1999年(平成11年)に橋上駅舎に改築されたもので、
メインとなるこちらの西口の駅前も住宅地が迫っています。
駅舎の正面の道は県道207号厄神停車場線という県道ですが
ご覧の通り道幅こそあるものの生活道路の様相です。

駅のロータリーは東に150mほど離れた場所にあり、
恐らくは駅前の再開発が容易ではなかったのだと思われます。
三木鉄道三木線04
こちらは線路の反対側の南口です。
橋上駅舎となった為、通路と階段が新設されて作られた出口ですが
ご覧の通り階段の目の前は完全な住宅地となっています。
三木鉄道三木線05
その南口の目の前の道を東へと進むと、30mほどで
こちらの厄神駅を示す手書きの看板が設置されています。
看板の指し示す先はご覧の完全な路地です。
三木鉄道三木線06
路地を進むと線路際の広くなった場所に。
三木鉄道三木線07
開けた場所に出てすぐ左を見ると
こちらの厄神駅の東口があります。
先ほどの南口とは階段の上でつながっています。
三木鉄道三木線08
東口の前は舗装された広場のようになっており、
100mほど先に駅前のロータリーが設けられていました。
三木鉄道三木線03
駅の橋上へと上がってコンコースの様子です。
橋上駅舎ですので東西を連絡するコンコースの途中に改札があります。
三木鉄道三木線09
改札内も橋上のコンコースとなっており、
各ホームを連絡しています。
JR加古川駅の管理駅で業務委託の駅務員が駅務を行っています。
三木鉄道三木線10
橋上から見たホームの様子です。
駅はJR加古川線の相対式ホーム2面2線として運用されています。
三木鉄道三木線11
こちらが1番線ホームです。
加古川線下りの西脇市方面行きホームとなっています。
三木鉄道三木線12
そしてこちらが2番線ホームで、
加古川線の上りの加古川方面行きとなっています。
三木鉄道三木線13
この2番線ホームには、ホームの中央部に茶色のフェンスが
ホーム全体にわたって設置されています。
これはかつて2番線の反対側にあった3番線を区切る為のものです。
三木鉄道三木線14
橋上から2番線ホームを見ると、かつてはこのホームが島式であったことが分かります。
そして現在は線路が撤去されている旧3番線ホームこそが
かつて三木鉄道三木線が発着していた三木鉄道ホームだった
のです。
三木鉄道三木線15
旧3番線ホームの加古川方を見ると、枕木で車止めをされた線路が残っています。
これは三木鉄道が国鉄三木線だった当時、加古川線との直通運転を行っていた名残です。
三木鉄道三木線16
旧3番線から発着していた三木鉄道三木線は
西へとカーブしていく加古川線とは離れ、
まっすぐに北へと線路を伸ばしていました。
三木鉄道三木線18
駅構内の旧三木鉄道ホームの線路は撤去されています。
道床の砂利は残っているものの雑草が生えてしまっていました。
三木鉄道三木線17
旧三木鉄道ホームの3番線の北端です。


三木鉄道三木線19
厄神駅を出た三木鉄道の廃線跡はまっすぐ北に線路沿いを進みます。
廃線跡の左に併走する線路はJR加古川線の厄神車両基地です。
三木鉄道三木線20
車両基地脇に残る三木鉄道の0.5kmのキロポスト。
三木鉄道三木線21
厄神車両基地の北端の先には道路が東西に走っていますが、
その北端の目の前に三木鉄道の廃踏切の跡が残っていました。
三木鉄道三木線22
150mほど北に進むとご覧の廃線跡を横切る道が。
ここもかつての踏切跡でしたが、綺麗に舗装し直されて痕跡は残っていません。
しかしそのすぐ脇の用水には橋梁の基礎が残っていました。
三木鉄道三木線27
田んぼの中を進む三木鉄道の廃線跡。



三木鉄道三木線24
こちらは県道20号加古川三田線で、
神姫バスの国包東バス停付近の光景です。
三木鉄道三木線25
バス停脇の横道を南東へと入るとすぐに三木鉄道の廃線跡の築堤が見えます。
やや開けた築堤の手前にかつての国包駅の駅舎がありました。
隣の厄神駅からはちょうど1kmの距離にあたる場所です。
三木鉄道三木線23
営業当時は赤線で示したコンクリート製の小さな駅舎が置かれていました。
「カプセル駅舎」と呼ばれ1980年代に全国の無人駅で見られた形の駅舎ですが、
そのプロトタイプがこの国包駅の駅舎だったのだそうです。
三木鉄道三木線26
駅の開設は1916年(大正5年)の播州鉄道の厄神駅━別所駅間に開業によるもので、
鉄筋コンクリートの駅舎が作られたのは国鉄時代の1976年(昭和51年)のことでした。


三木鉄道三木線28
国包駅跡から東に80mほどで、
県道20号線と三木鉄道の廃線跡が交差をしています。
三木鉄道三木線29
廃線跡の築堤は北へと伸びているものの、
田畑の真っ只中であったり雑草が覆い茂っていて
直接廃線上を辿ることが難しくなってきます。
三木鉄道三木線30
廃線上に残る三木鉄道の跨道橋の橋台跡。
「宗佐避溢橋」というガーター橋が架かっていました。
このあたりは田んぼの中を鉄道の築堤が横切っている為、
増水時に田んぼの水位が上がった際に築堤が堤防として水を堰き止めてしまいます。
すると決壊や浸水の危険がある為、
水の逃げ道として切れ目を作る橋が「避溢橋(ひえつきょう)」なのだそうです。



三木鉄道三木線32
こちらは隣の国包駅跡からはほぼ直線で北東に550mほど進んだ付近です。
この場所に残る廃踏切の脇が次の宗佐駅の駅跡となります。
三木鉄道三木線31
駅はご覧の場所にありました。
鉄骨で組まれたホームに待合の上屋の屋根があるのみの駅で、
単式ホーム1面1線のみの棒線駅でした。

この付近の線路は1916年(大正5年)の播州鉄道開業時からありましたが
その後国鉄時代にもこの場所に駅は設置されていませんでした。
1985年(昭和60年)に国鉄三木線が第三セクターの三木鉄道へと転換されると
利用客の利便の為にいくつかの駅が新設。
こちらの宗佐駅も1986年(昭和61年)に新たに設置されました。
  三木鉄道三木線33
踏み切りを挟んだ駅と反対側の三木駅方面の廃線跡です。



三木鉄道三木線34
宗佐駅跡から東へと150mほどを走る県道84号宗佐土山線。
この県道と三木鉄道の廃線跡が交差しており、県道が跨線橋で廃線を跨いでいます。
この付近は小高い丘となっており、三木鉄道は切り通しを走っていました。
三木鉄道三木線35
県道から200mほど東の、切り通しの反対側からの光景です。
写真奥が県道のある厄神方となります。
この切り通しを境として加古川市と三木市の市境となります。
三木鉄道三木線38
その切り通しの出口からすぐの、道路を挟んだ北東側に次の駅がありました。


三木鉄道三木線37
こちらが下石野駅の駅跡です。赤線で示した付近にホームがありました。
(註:実際は築堤上に線路とホームがあったので、もう少し位置が高くなります)
三木線が第三セクター転換した翌年の1986年(昭和61年)に新設された駅で、
隣の宗佐駅と同日に設置されました。宗佐駅跡とは500mの距離にあります。
三木鉄道三木線36
駅は鉄骨のホームのみで駅舎は無く、
上屋があるのみの単式ホーム1面1線の棒線駅でした。
営業当時はこの付近の三木鉄道は築堤の上を走っており、
駅の南側の写真の道路付近には跨道橋が架かっていました。



三木鉄道三木線39
駅跡を背にして廃線後は引き続き北へと進みます。
三木鉄道三木線40
三木市に入った三木鉄道の廃線跡はご覧の通り舗装された遊歩道となります。
三木鉄道三木線48
この遊歩道は「別所ゆめ街道」と名づけられたもので、
三木鉄道の廃線跡を三木市が整備して2018年(平成30年)に完成したものです。

加古川市内の区間の廃線跡が線路をはがしただけの放置状態なのに対し、
三木市内の区間は築堤も削り取って道路として整備が成されています。
三木鉄道三木線41
そしてかつて三木鉄道の2.5キロポストのあった付近のすぐ先に、
踏切跡である市道を廃線跡の遊歩道が跨ぐ地点があります。
廃踏切跡には三木市のコミュニティバスの石野バス停が。
三木鉄道三木線42
その廃踏切跡の先へと遊歩道を進むとすぐに
レールが歩道脇に残された場所が現れます。
こちらはかつての三木鉄道の駅のあった付近となります。


三木鉄道三木線43
こちらは三木鉄道の廃線跡と併走するように走る
県道20号加古川三田線の三木市別所町下石野付近の光景です。
ご覧の場所がかつての石野駅の駅前となります。
三木鉄道三木線44
県道からの路地がかつての駅への連絡道路で
奥の線路沿いに駅舎がありました。
三木鉄道三木線45
こちらは三木市が2018年(平成30年)に作った旧石野駅休憩所です。
旧石野駅の駅舎を模して同じ場所に建てられたもの
現在は遊歩道の休憩所となっています。
三木鉄道三木線46
休憩所の中は土間にベンチが置かれているのみで
営業時の駅舎の様に券売窓口の跡などはありません。
三木鉄道三木線47
休憩所の壁には、石野駅の営業当時の航空写真が掲示されていました。
三木鉄道三木線49
ホーム側から見た休憩所の様子です。
営業当時と同じ位置に同じ長さであることから、
どうやらホームは現役時代のものを転用した様子です。
駅舎の外観は細かい点は違いますが営業当時に似せてはありました。
三木鉄道三木線51
ホーム前には駅の開業当時に建てられたという記念碑が。
三木鉄道三木線52
そして営業当時のホームの向かい側には、
列車が走っていた当時から廃ホームだった場所に
同じ形でレプリカのホームが設けられていました。
三木鉄道三木線50
三木駅方の東側から見た休憩所の様子です。
ホームからのスロープは営業当時には無かったものですが、
駅の外観はそれなりに似せて復元されていると思います。



三木鉄道三木線53
廃線跡の遊歩道は引き続き北東に向かってほぼまっすぐに続きます。
このあたりになると県道20号線は廃線跡からおよそ60~70mほどの距離で併走をしており、
県道から廃線の跡がよく見えます。
三木鉄道三木線54
田んぼの中を進む廃線跡。
三木鉄道三木線55
石野駅からはちょうど1kmほどの場所を流れる花尻川に架かる遊歩道の歩道橋です。
この場所には三木鉄道が走っていた時には花尻川橋梁というガーター橋が架かっていましたが
廃線後に遊歩道に整備された際に架け替えられています。
三木鉄道三木線56
引き続き田んぼの中を進む廃線跡。
遊歩道の舗装が復活し、緑色のテント倉庫が見えてくると次の駅跡となります。


三木鉄道三木線57
こちらが西這田駅の駅跡となります。
緑のテントの脇の赤線で示した場所にホームがありました。
駅は国鉄時代には設置されておらず、三木鉄道に第三セクター転換した後の
1986年(昭和61年)に新設された駅の一つとなります。
三木鉄道三木線58
こちらが駅付近の光景です。
二車線の広めの市道の踏切脇に駅は設置されていました。
三木鉄道三木線59
駅跡と市道の境にあるこちらの円形の手すりは
営業当時の駅ホームの入口にあったものです。
ホームは撤去されているものの、駅の遺構は残っていました。
三木鉄道三木線60
またスロープ状のコンクリートの脇にある手すりですが
こちらも駅の営業当時の写真にある手すりです。
この手すりが残っている事で、コンクリートのスロープとその奥の擁壁が
駅のホームの一部を残した転用
であることが分かります。


三木鉄道三木線61
引き続き県道20号線と併走しながら田んぼの中を進む廃線跡。
三木鉄道三木線62
登り12.5パーミルの勾配標が廃線跡の脇に残されています。
三木鉄道三木線63
こちらは営業時には這田川橋梁という橋が架かっていました。
現在は遊歩道用に歩道橋となっています。
三木鉄道三木線64
そして橋梁のすぐ東に次の駅の駅跡があります。
西這田駅跡からはちょうど1kmほどの距離の場所です。



三木鉄道三木線65
こちらが別所駅の駅跡に作られた旧別所駅休憩所です。
駅は1916年(大正5年)の路線開業時に設けられており、
2008年(平成20年)に鉄道が廃止された後も廃駅舎が残っていました。
そして三木市が2018年(平成30年)に廃線跡に遊歩道を整備した際に
石野駅と共に現役時代の駅舎を模した休憩場として建て替えられています。
三木鉄道三木線67
休憩所と旧歩道の間にあるホームは現役時代に使われていたものです。
整備が行われた際に残されており、ホーム前後にスロープが新設されています。
ホーム前の線路も現役時代のものが残されました。
三木鉄道三木線69
線路にある構内踏切は営業当時のものでは無く、
遊歩道として整備された際に休憩所と遊歩道の連絡用に設けられました。
三木鉄道三木線66
県道20号線沿いに生木神社という小さなお社があり、その真裏に駅跡があります。
営業当時は神社脇の民家との間の狭い路地から駅の敷地へと入る状態で
どこに駅があるのか分かりづらいと言われていたそうですが、
駅敷地も舗装されて駐車スペースとなり、
県道から車の出入りができる様に道も連絡され整備されています。
三木鉄道三木線70
休憩所の中の様子です。
土間にベンチのみが置かれているのは石野駅の休憩所と同じです。
三木鉄道三木線71
こちらの休憩所にも、壁に営業当時の航空写真が掲示されていました。
三木鉄道三木線72
そして駅前駐車場の駅舎の西の一角にある「旧播州鉄道 別所駅跡」の記念碑。
旧駅舎が解体される前から建っていました。
三木鉄道三木線68
三木駅方面へ東に続く廃線跡。



三木鉄道三木線73
これまで田んぼの中を進んできた廃線跡ですが、
別所駅跡を過ぎたあたりから沿線に民家が増え始めます。
国道175号線の高架橋をくぐる廃線跡。
三木鉄道三木線74
再び遊歩道の舗装が復活すると次の駅までもうすぐです。


三木鉄道三木線75
写真手前を横切る道路にはかつて踏切があり、
その向こう側が高木駅の跡地となります。
第三セクター転換後の1986年(昭和61年)に新しく作られた駅の一つであり、
単式ホーム1面1線で駅舎の無い上屋とホームのみの駅でした。
その為、隣の別所駅からは700mという駅間距離となります。
踏切脇からホームへはスロープで連絡されていました。


三木鉄道三木線76
高木駅跡から東の廃線跡は住宅地の中を進みますが、
道はアスファルトで舗装されています。
三木鉄道三木線77
そして高木駅跡から200mほどの位置にある橋梁の遺構です。
営業当時は高木川橋梁というガーター橋が架かっていました。
細いU字溝の川の脇にはもう一つ橋脚がありましたが橋と共に撤去されていました。
廃線跡の遊歩道では、他の橋は歩道橋に架け替えられていますが
この橋だけは撤去のみで遊歩道が途切れています。
三木鉄道三木線78
川を迂回して反対側へと回りこみ、引き続き廃線跡を東へ。
三木鉄道三木線79
高木川橋梁から250mほどで新たな橋が現れますが、
こちらは営業当時に三木橋梁が架かっていた場所です。
現在は歩道橋が架け替えられて設置されています。
三木鉄道三木線82
三木橋梁を渡ると廃線跡の両側はフェンスで囲われ、
レールの真ん中をコンクリートで舗装した通路が現れます。
橋の東側はかつての終点駅の駅構内にあたり、
敷地が橋から扇状に広がっていきます。
三木鉄道三木線80
フェンスには三木鉄道の廃止時の各駅の駅名標を模したミニチュアが
全駅分掛けられています。
三木鉄道三木線81
三木橋梁の東側は2010年(平成22年)6月に三木鉄道記念公園として整備され、
公園内には標識や信号機などが残されていますが
ミニチュア駅名標もその一環として展示されています。
三木鉄道三木線86
公園内に植樹されたエドヒガン桜に関する説明版。
三木鉄道三木線83
東に進むにつれて敷地の幅が広がって施設が揃い
公園の体裁が整っていきます。
ゲートボールのできるグラウンドはかつてのホームの跡地だそうです。
三木鉄道三木線85
信号機についての説明版です。
三木鉄道三木線84
こちらは公園に設置運営されている「三木鉄道サイクルトロッコ」です。
廃線のレールの上を走行できる遊具で、ボランティアスタッフで管理運営されています。
公園内の三木橋梁手前まで走行が可能となっています。


三木鉄道三木線87
こちらが三木駅の駅舎となります。
営業当時の駅舎が残されており、現在は鉄道公園の「三木鉄道ふれあい館」として
2010年(平成22年)より物産の販売や飲食休憩施設、展示などが行われています。
尚、鉄道公園として駅構内跡が整備された際に
旧駅舎の建物は15mほど南へと曳屋されています。

駅としては1917年(大正6年)の播州鉄道の終着駅としての開業で、
木造瓦葺平屋建ての駅舎は開業以来のものだそうです。
三木鉄道三木線88
駅舎の前は現在は公園内となりますがロータリーが整備されています。
三木鉄道三木線89
ロータリーには三木鉄道記念公園前バス停が。
三木鉄道三木線90
旧駅舎の西側に隣接してあるこちらの上屋は
鉄道公園の休憩場となっていますが、
元々は三木駅の駐輪場兼鉄道荷物取り扱い場でした。
上屋は営業当時のものがそのまま転用されているそうです。
三木鉄道三木線91
そして旧駐輪場のすぐ西隣にはこちらの車止めがあり、
その前に先ほどのサイクルトロッコの車庫があります。



三木鉄道三木線92
こちらは三木鉄道の沿線区間のau 4G LTEでの電波エリアマップです。
ご覧の通り神戸近郊の路線だった為、全区域が電波圏内となっています。
三木鉄道にトンネルがはありませんでしたので全区間でアクセスに支障はありません


また三木鉄道の近隣にはJR加古川線や神戸鉄道粟生線が走っていますので
これらの駅からレーダーを飛ばせば全線を取ることが可能
となっています。

しかし神戸近郊という比較的アクセスしやすい場所にある廃線で、
全長も6.6kmと短いことから徒歩でも1時間強あれば全線が巡れる路線となります。
せっかく位置ゲームをやっているのですから
比較的現地に行きやすいこちらの路線で廃線巡りデビューなどしてはいかがでしょうか。

では。


【写真撮影:2017年10月】

三岐鉄道北勢線b17
さて、三岐鉄道北勢線の続きです。

その1(西桑名駅━穴太駅)はこちら



三岐鉄道北勢線a15
こちらは穴太駅から西へ営業キロで1.1kmの場所で周囲は住宅地ですが、
ご覧の付近に踏切があり、その脇にかつての六把野駅(駅メモ未収録)がありました。
1914年(大正3年)の路線開業時からの駅でしたが、
三岐鉄道の営業改善による駅の統廃合によって2005年(平成17年)に
新設の東員駅に統合される形で廃止となっています。
三岐鉄道北勢線a16
写真の踏切手前の右(南)側にかつてのホームがありました。
営業当時の写真を見ると駅舎はホームの上屋と言っても良い形のものでした。
この写真を撮るのに立っているあたりがかつての駅の駐輪場の跡です。



三岐鉄道北勢線a18
六把野駅跡から線路に沿って西へと進むと
600m先の田んぼの中に次の駅が見えてきます。
三岐鉄道北勢線a17
駅の横を南北に走る道路は県道142号桑名東員線で、
三岐鉄道との踏切の横が駅となります。
三岐鉄道北勢線a20
踏切の南側へと渡ると目の前に東員消防署があり、
田んぼの中を県道がまっすぐ南へと伸びています。
徒歩で10分ほど進むと東員町役場や公共施設群があります。
三岐鉄道北勢線a20
そして消防署を背に県道の反対側を見ると
こちらの東員駅の駅舎が見えます。
この駅は2005年(平成17年)に近隣の六把野駅と北大社駅を統合して
新たに新設された駅となります。
三岐鉄道北勢線a21
この駅の開設によって、それまで北大社駅で行われていた北勢線の管制業務や
西桑名駅で行っていた運転の現業業務(運転士や車掌関係などのいわゆる運転区)、
更に全駅の集中監視業務も東員駅での集中管理となりました。
いわば北勢線の心臓部とも言える駅です。
三岐鉄道北勢線a22
駅の南側に面する町道の様子です。
元々は1車線の道でしたが、駅の開設にあたって整備が成され
2車線に拡張され歩道も設けられています。
三岐鉄道北勢線a23
駅前のロータリーの様子です。
バスの大きさを対比して見れば分かりますが、
かなり広めに作られた広場となっています。
三岐鉄道北勢線a25
ロータリーの東側に設けられたバスの乗降場です。
三岐鉄道北勢線a26
駅舎の中に入ると自動改札機と券売窓口、
自動券売機があるのは他の駅と変わりません。
ただ三岐鉄道の改札はほぼ全てこの駅で集中管理していますので
こちらの窓口は有人窓口となっています。
三岐鉄道北勢線a27
左手奥にある待合室です。
L形に奥に広くなっておりテーブルが置かれていました。
三岐鉄道北勢線a28
ホーム側から見た改札付近です。
三岐鉄道北勢線a29
構内踏切で駅舎とホームが連絡されています。
三岐鉄道北勢線a30
ホームへと上がるスロープです。
駅舎のある東端に設置されています。
三岐鉄道北勢線a31
こちらがホームの様子です。
島式ホーム1面2線となっています。
南側が下り線の阿下喜方面行き、北側が上り線の西桑名方面行きです。
三岐鉄道北勢線a32
列車交換が可能な駅となっていおり、
上下線ともに安全側線が設置されているので
列車の同時進入が可能となっています。
三岐鉄道北勢線a33
下り線の更に南側には留置線があり
列車が留置されていました。
三岐鉄道北勢線a34
その留置線の西側には保線車両が。



三岐鉄道北勢線a35
こちらは東員駅から西へと600mほど進んだ踏切から見た光景です。
かつてここには北大社駅(駅メモ未収録)がありました。
車両基地のある大きな駅だったそうですが、
2005年(平成17年)に三岐鉄道の事業合理化によって東員駅に統合され旅客営業は廃止。
基地の設備は残されて駅から信号場へと格下げとなりました。
三岐鉄道北勢線a36
踏切の南西の線路脇の砂利敷きの付近がかつての北大社駅の駅跡となります。
その西の白い建物は北大社変電所で現在も稼動しています。
三岐鉄道北勢線a37
駅跡から更に西へと進むとご覧の車庫があります。
こちらの車庫も現役で車両の整備などが行われています。
三岐鉄道北勢線a38
西側にまわって車庫の裏手の様子です。
三岐鉄道北勢線a39
車庫裏の道をさらに進むと三岐鉄道の本線の踏切があります。



三岐鉄道北勢線a40
こちらは田んぼの中の農道のように見えますが、
県道555号大泉東停車場線という立派な県道です。
かつて2004年(平成16年)まであった大泉東駅(駅メモ未収録)の駅前から伸びて
県道611号へと連絡をしている道路で、駅廃止に伴って住民の利便の為に拡張されたものです。
三岐鉄道北勢線a41
この県道は写真の場所でいなべ市の農産物販売施設「うりぼう」の敷地に
ぶつかってクランク状に曲がっているのですが、
こちらの農産物販売施設の敷地内に次の駅が設けられています。
三岐鉄道北勢線a42
大泉駅の駅舎の外観です。
東員駅からは2.7km、大泉東駅跡からは300mの位置にあります。
2004年(平成16年)の開業の駅で、近隣の大泉東駅と長宮駅を廃止統合して
新たに設けられた駅となります。
三岐鉄道北勢線a43
駅舎の置かれた農産物販売施設の敷地です。
元々は駅単独で作られる計画でしたが、当時の員弁町(現いなべ市)が
既存の農産物販売施設をこの地に移設し、
駅と合わせた総合的な施設として整備しました。
三岐鉄道北勢線a45
駅舎の西隣に隣接して立つ農産物販売施設「うりぼう」です。
三岐鉄道北勢線a44
こちらは駅舎の中の様子です。
窓口の施設はありますが、東員駅集中管理の無人駅なので
駅員は常駐していません。
三岐鉄道北勢線a46
こちらはホーム側からの改札前の様子です。
三岐鉄道北勢線a47
駅舎からホームへは構内踏切を経て
連絡通路で結ばれています。
三岐鉄道北勢線a48
こちらがホームの様子です。
島式ホーム1面2線となっており、西側のホームが下り阿下喜方面行き、
東側の駅舎側が上り西桑名方面行きとなっています。
三岐鉄道北勢線a49
駅の周辺には一面の田んぼが広がっており、
駅周辺の施設や店舗は軒並み駅改札後に設けられたものです。
三岐鉄道北勢線a51
駅の改札外へと戻ってこちらは
ホームの南側の西桑名方にある踏切です。
三岐鉄道北勢線a53
踏切からはホームの全景を望むことができます。
三岐鉄道北勢線a52
駅舎と道路を挟んだ向かいにあるこどもクリニック。
この病院も駅開設後にできました。
三岐鉄道北勢線a50
駅と農産物販売所の敷地の東を南北に走る
県道555号大泉東停車場線。



三岐鉄道北勢線a54
大泉駅付近から県道555号を500mほど進むと
その県道の終点である大泉交差点があります。
そして大泉交差点の西に100mほどの場所にこちらの長宮公園があります。
ここが2004年(平成16年)まで営業していた長宮駅(駅メモ未収録)の駅跡となります。
三岐鉄道北勢線a56
線路の向こう側に見えるのは員弁東小学校で、
こちらから見た小学校の裏手に大谷神社があります。
この神社は南北に社地が長く長宮とも称され、これが駅名の由来となりました。
長宮公園に鳥居があるのは境内が長かった名残りの様です。
線路脇にはかつて使われていた駅名標が。
三岐鉄道北勢線a55
公園と小学校の間にあるこちらの踏み切りの、
小学校側(公園と反対側)の写真右側の阿下喜方の線路脇が
かつてのホーム跡となります。
三岐鉄道北勢線a57
公園の踏切からは一つ北西側の隣の大泉第三踏切。
こちらの踏切まで、写真の右手にホームがありました。



三岐鉄道北勢線a58
こちらの道は県道557号楚原停車場線という県道で、
かつての街道である濃州道の旧道です。
員弁郵便局のある写真の付近は大泉駅から2kmほど西へと進んだあたりとなります。
三岐鉄道北勢線a59
その県道が濃州道から外れ左折をし、ご覧の道を南下すると
次の駅の駅舎が見えてきます。
三岐鉄道北勢線a62
切り返して見た駅前の停車場線です。
三岐鉄道北勢線a60
こちらが楚原駅の駅舎となります。
1914年(大正3年)の路線開業時に北勢鉄道の駅として開設され、
現在の駅舎は近鉄時代の1992年(平成4年)に建てられたものです。
三岐鉄道北勢線a61
駅舎前から西側へと広がる駅前の広場です。
線路沿いに駐輪場が設けられています。
三岐鉄道北勢線a63
駅の西側に隣接する踏み切りです。
三岐鉄道北勢線a64
踏切と反対側の北側へと切り返して見ると
楚原神社がありました。
三岐鉄道北勢線a65
駅舎へと戻り改札付近をホーム側から。
三岐鉄道北勢線a66
こちらがホームの様子です。
相対式ホーム2面2線となっており、駅舎のある北東側が
上り線の西桑名方面行きホームとなります。
三岐鉄道北勢線a67
列車交換の可能な駅ですが、
安全側線が無い為、列車の駅への同時進入はできません。
三岐鉄道北勢線a68
ホームの南東端の西桑名方にご覧の構内踏切があります。
遮断機がありますが、階段のみでスロープ等は無く
バリアフリーに対応はしていません。
三岐鉄道北勢線a69
南西側の下り線阿下喜方面行きのホームです。
三岐鉄道北勢線a70
下りホームの北西端の阿下喜方にはご覧の出入口があります。
しかし門が閉ざされており、現在は使用されていない様子でした。
三岐鉄道北勢線a71
この楚原駅では当駅折り返し発着の列車が設定されています。
その場合の当駅始発列車はこちらの下り線ホームから発車します。



三岐鉄道北勢線a72
楚原駅から西へおよそ800mほど進むとこちらの用水路が南北に流れています。
これは六把野井水(ろっぱのゆすい)という用水で、
江戸時代の三代家光の時代の1635年に、当時桑名に封じられた本多忠勝によって作られました。
この用水の橋に、三岐鉄道のカラーの「ねじり橋 めがね橋」の看板があります。
三岐鉄道北勢線a73
ちょうど住宅地と田んぼの境界のように流れる用水路の脇の道を
案内看板に従って南へと進みます。
三岐鉄道北勢線a74
すると現れるこちらの橋が、三岐鉄道の六把野井水拱橋です。
通称「ねじり橋」と呼ばれる橋梁です。
三岐鉄道北勢線a75
名前の由来は実物を見れば明らかで、石積みの橋の石がねじれて積まれているからです。
「ねじりまんぽ」(「まんぽ」は鉱山の坑道の意と言われる)という工法となります。
橋上の道と橋下のトンネルが直交しない時に用いられる方法であり、
構造力学上最も強い積み方の一つで鉄道橋などで強度が必要な時に用いられます。
三岐鉄道北勢線a76
全国でもおよそ30例ほどしか残っていないねじりまんぽのうち
コンクリートブロックで作られているのはこの橋1例のみだそうで、
1916年(大正5年)竣工の橋はご覧の通り土木学会の土木遺産に指定されています。


三岐鉄道北勢線a77
こちらはねじり橋をたんぼの側から見た光景です。
三岐鉄道北勢線a78
そのねじり橋から西へと200mほどの位置に、
もう一つの名物の橋である明智川拱橋があります。
三岐鉄道北勢線a79
反対側の南から見た明智川拱橋です。
通称「めがね橋」と呼ばれる三連のアーチのコンクリートブロック橋で
員弁川の支流の明智川に架かる橋は三岐鉄道の有名撮影スポットでもあります。


三岐鉄道北勢線a80
楚原駅から西へ2.3km、ねじり橋からは1.5kmほどの距離にある踏切です。
この踏切の脇にかつて2006年(平成18年)まで営業していた駅がありました。
三岐鉄道北勢線a81
踏切の南東側がかつての上笠田駅(駅メモ未収録)のホーム跡となります。
1916年(大正5年)の路線延伸によって開業した駅でしたが
三岐鉄道となった後の2006年(平成18年)に廃止となっています。



三岐鉄道北勢線a82
こちらは県道609号東貝野南中津原丹生川停車場線という県道です。
三重県道5号北勢多度線との麻生田交差点から南へと進むと
ご覧の写真の光景となり、三岐鉄道の次の駅が見えてきます。
三岐鉄道北勢線a83
踏切の手前で県道に隣接する駅前の広場。
三岐鉄道北勢線a84
広場の東側には県道に面して小高くなった駐輪場があります。
三岐鉄道北勢線a85
こちらが麻生田駅の駅舎となります。
1916年(大正5年)の路線延伸によって設置された駅で
長らくホームに上屋のみの駅でしたが、
三岐鉄道の各駅で遠隔制御を行う事業の一環として
2004年(平成16年)に駅舎が新設されました。
三岐鉄道北勢線a86
駅舎の前を抜けると南側には砂利敷きの駐車場があります。
これは元々は三岐鉄道の麻生田変電所があった場所で
2009年(平成21年)に変電所が撤去された跡地が駅駐車場となりました。
三岐鉄道北勢線a87
駅舎の中はご覧の通りです。
自動改札が入退場それぞれ一基づつ、
それに自動券売機とベンチがあるのみのこじんまりとした駅舎となっています。
三岐鉄道北勢線a88
ホーム側から見た改札前付近の様子です。
三岐鉄道北勢線a89
こちらがホームの様子です。
単式ホーム1面1線の棒線駅となっています。
三岐鉄道北勢線a90
棒線駅となっていますが現行ホームの向かいには廃ホームが残っており、
かつては交換設備があったであろう痕跡が残っています。
三岐鉄道北勢線a91
そしてホーム北端に隣接している県道の踏み切りです。
三岐鉄道北勢線a92
西側から見た踏切付近。
三岐鉄道北勢線a93
西桑名方の南を見ると駅ホームの全景が見れます。
三岐鉄道北勢線a94
北方の阿下喜方面を見ると阿下喜方面へと向かって
線路は登り勾配となっています。
三岐鉄道北勢線a95
踏切を渡ってすぐにカーブを描く県道609号線。



三岐鉄道北勢線a96
麻生田駅から900mほど線路に沿って登り道を進むと
ご覧の光景となります。
こちらにかつての三岐鉄道の終着駅がありました。
三岐鉄道北勢線a97
線路脇にバラスト(砂利)が敷かれて色が変わっているあたりが
かつての六石駅(駅メモ未収録)のホーム跡です。
駅は1916年(大正5年)に当時の北勢鉄道がこの地まで延伸して設置されたもので、
開業当時は阿下喜東駅という名前でした。
三岐鉄道北勢線a98
緑のフェンスの前の空き地が駅前の敷地で、
写真の見えるコンクリートの基礎のようなものの手前に駐輪場がありました。
計画されていた路線の阿下喜までの延伸が難航した為、
開業してから14年あまりの間この駅が終着駅となっていました。
その為駅構内には折り返しの転車台もあったそうです。
1931年(昭和6年)に阿下喜駅までの延伸が完成すると
駅名も六石駅へと改められました。
三岐鉄道北勢線a99
駅跡のすぐ北にはバスの六石停留場がありました。
三岐鉄道北勢線b01
さらに道を北へと進むとすぐに交差点へと差し掛かります。
設置されている青看板の案内標識には廃止された六石駅がまだ表記されていました。
三岐鉄道北勢線b02
切り替えして交差点から駅跡方面を。



三岐鉄道北勢線b03
旧六石駅跡を抜けて線路と併走し道を北へと進むと
下り坂へと転じて一帯が開けた光景となります。
三岐鉄道北勢線b04
終点への信号機が見えるとまもなく駅となります。
三岐鉄道北勢線b05
南側から見た駅の光景。
三岐鉄道北勢線b06
コンビニが見えると向かい側に駅があり、
赤川の小さな橋で駅前の広場へと渡ることができます。
三岐鉄道北勢線b08
駅前広場側から見た赤川の橋です。
三岐鉄道北勢線b07
こちらが阿下喜駅の遠景となります。
1931年(昭和6年)の路線延伸によって北勢鉄道の終着駅として開業しました。
駅舎と駅周辺は2006年(平成18年)に地元自治体によって整備されたものです。
ニナ29
現在の駅舎の外観です。
三岐鉄道北勢線b09
駅前広場の様子です。
こちらの広場も2006年(平成18年)に駅舎と同時に整備されました。
改修前はこの広場まで線路が延びていて旧駅舎もありましたが、
西桑名方へとホーム位置を後退することで、駅舎跡地が広場となりました。
三岐鉄道北勢線b10
駅前に隣接している市道の南側の様子です。
三岐鉄道北勢線b11
同じく駅に面する市道の北側の光景。
コンビニの北西角が信号の交差点になっています。
三岐鉄道北勢線b12
その信号の交差点の、駅と斜向かいの角にある
いなべ市の施設である阿下喜温泉。
三岐鉄道で入場料込みの企画切符を販売している施設でもあります。
ニナ36
駅舎へと戻り、入口付近の光景です。
ニナ03
中に入ると吹き抜けのホームへの通路となっており
自動改札機が入退場共に二基づつ設置されています。
時間帯で駅員がいる駅ですので券売窓口も稼動しています。
三岐鉄道北勢線b13
駅舎の中の左手にある待合室です。
エアコンがあり冷暖房が効いています。
ニナ05
ホーム側から見た改札付近の光景です。
ニナ40
こちらがホームの様子です。島式ホーム1面2線となっています。
かつては単式ホーム1面のみの駅でしたが、
2006年(平成18年)の改修によって構内2線化が行われて島式ホームとなりました。

尚、駅名標は他の駅の様にプラスチック製のものが無く、
掲示パネルに画鋲で留められた紙製でした。
ニナ41
写真の列車が停まっている側が1号線、反対が2号線ホームとなります。
ニナ07
ホーム西端の西桑名方の光景。
ニナ10
こちらは駅舎手前で止まっている1号線の車止め付近です。
ニナ09
同じく2号線の車止め付近。
三岐鉄道北勢線b14
そして1号線の外側にはご覧の車庫と電車、そして転車台があるのが見えます。
これはボランティアで運営されている軽便鉄道博物館の施設となります。
三岐鉄道北勢線b15
車庫に「軽便鉄道博物館」の看板が掛かっており、
中には北勢線の過去の資料が展示されています。

また停まっている電車はモニ226で、1983年(昭和58年)に廃車になるまで
北勢鉄道時代から現役で走っていた車両です。
また転車台は阿下喜駅の北側で埋もれていたもので
かつては木材運搬の為に活躍をしていたものを2004年(平成16年)に
この場所に復元したものです。



三岐鉄道北勢線b16
こちらは三岐鉄道の穴太駅━阿下喜駅間のau 4G LTEでの電波エリアマップです。
全線がこの区間も電波エリア圏内となっていますので駅へのアクセスはどこからでも良好です。


三岐鉄道の北勢線は、同じ三岐鉄道の三岐線と併走しており
乗らずに三岐線からレーダー等で取る事は一応可能です。
ですが北勢線と三岐線のどちらかをアイテムで取るには
もう一方に乗車しばければ不可能
です。

三岐鉄道では「三岐鉄道1日乗り放題パス」という
北勢線と三岐線の両方が乗れるフリーパスを発売していますので、
わざわざ片方のみを乗ってもう一方を乗らないというのは
私はナンセンスな方法だと思います。
ニナ21
三岐線の伊勢治田駅と北勢線の阿下喜駅は2.1kmの距離にあり
徒歩移動でも30分弱での移動が可能ですので、
どうせ北勢線を攻略するのであれば三岐線とセットで実乗するのが
実は一番スマートだと思うのですがいかがでしょうか。


日本で現在4路線しか残っていないナローゲージの路線、
是非とも一度は乗ってみて下さい。

では。

三岐鉄道北勢線a14
つづいては三岐鉄道北勢線についてです。

北勢線は1913年(大正2年)に北勢鉄道として開業した路線で、
当時日本全国で生まれた軽便鉄道の路線です。

軌間762mmといういわゆるナローゲージの路線で、
三重交通、三重電気鉄道を経て1965年(昭和40年)に近鉄の路線となり、
およそ40年にわたって近鉄の路線として営業を行ってきました。

しかし近鉄が事業改善の為に不採算路線の廃止を進めるようになり、
北勢線も廃止を表明。これを受けた地元住民や自治体が三岐鉄道へ運行を依頼。
これを受けて路線は地元自治体の支援を条件に10年間の約束で、
2003年(平成15年)に三岐鉄道北勢線となります。

近鉄が不採算で投げ出した路線でしたが、
地元自治体が経営改善へと積極的に協力。
駅の統廃合にあたって用地取得や駅周辺整備を積極的に行い、
協力姿勢を見せて乗客数の向上へとつなげます。
結果、10年を過ぎた現在でも三岐鉄道は北勢線の運行を継続し現在へと至っています。


かつて隆盛をほこった軽便鉄道もほとんどが廃止となっており、
現在日本で運行しているナローゲージ路線は4路線のみとなっています。


三岐鉄道北勢線01
こちらは近鉄とJRが同居する桑名駅の東口駅前の光景です。
2017年 (平成29年) 8月より桑名市による駅周辺の再開発事業が行われており、
駅東口の階段を降りた目の前には乗用車とタクシーの駅前ロータリーがあります。
その前には新設される駅の自由通路の工事の為の仮囲いが設けられてていて
仮囲いに沿った南への歩道には西桑名駅への案内表示がされています。
三岐鉄道北勢線02
一般者のロータリーから、駅前交番を挟んでさらに南側にはバスロータリーがあり、
そのバスロータリーの西側に三岐鉄道の起点となる駅があります。
三岐鉄道北勢線03
こちらが西桑名駅の駅舎の外観となります。
駅は1914年(大正3年)に北勢鉄道の駅として作られ、
当初の駅名は大山田駅でした。
1931年(昭和6年)に西桑名駅に改名され、三重交通、近鉄を経て
事業譲渡により2003年(平成15年)より三岐鉄道の駅となっています。
三岐鉄道北勢線05
現在の駅舎は1977年(昭和52年)の桑名駅前再開発によって
バスロータリーの位置から若干南西の現在位置へと移転しています。
駅の入口はロータリーの歩道から数段高くなっており、
バリアフリーの施設は設けられていません。
三岐鉄道北勢線04
駅舎の壁に掲げられた北勢線の看板です。
三岐鉄道北勢線06
入口付近の駅舎の中の様子です。
北側の桑名駅寄りと東のバスロータリー側の二ヶ所の入口があります。
三岐鉄道北勢線07
改札前の様子です。
券売窓口の前に自動改札機が4台設置されています。
三岐鉄道北勢線08
ホーム側から見た駅舎内の様子です。
三岐鉄道北勢線11
そしてこちらがホーム側の改札前の光景となります。
三岐鉄道北勢線09
駅のホームの様子です。
単式ホーム1面1線となっており、
到着した列車はこの駅で折り返し運転をする事となります。
三岐鉄道北勢線10
近鉄とJRの「東」側にあるのに「西」桑名駅であるのは
設置当時の駅名だった大山田村が町制施行で西桑名町となったからです。
三岐鉄道北勢線13
1977年(昭和52年)の駅舎移転前には車庫が置かれた駅だったそうですが、
現在では線路の終端に車止めの置かれた折り返し駅となっています。
三岐鉄道北勢線14
ホーム中ほどの改札のすぐ北側には
ご覧のホーム待合室があります。
三岐鉄道北勢線15
中には木製のベンチが設置されており、
ホーム反対側の窓からは改札外の駅の入口が見えます。


三岐鉄道北勢線17
駅から100mほど南へと下るとこちらの踏切があります。
三岐鉄道北勢線16
JRや近鉄の線路と併走してナローゲージの北勢線の線路が敷かれています。
三岐鉄道北勢線18
そしてこちらが西桑名駅の南方600mほどにある関西線跨線橋です。
1913年(大正2年)に作られたというこの橋は
供用されて既に100年以上が経過しているといういわば歴史遺産です。


三岐鉄道北勢線19
JR関西線を渡る跨線橋を過ぎて300mほど住宅地の中の進むと
次の駅が見えてきます。
駅自体は住宅地の真っ只中にありますが、
南に150mほどを国道421号線が走っています。
三岐鉄道北勢線20
駅の真東にあるこちらの踏切は市道の踏切ですが
相対式ホームである駅の構内に連絡路が無い為、
実質的にホーム同士を連絡する通路を兼ねています。
三岐鉄道北勢線21
南側のホームにあるこちらが馬道駅の駅舎となります。
駅は1914年(大正3年)に北勢鉄道として開業したもので、
駅舎も開業当時のものが現役で使われていますが
2005年(平成17年)にリニューアル工事が行われて改装されています。
三岐鉄道北勢線22
駅舎を裏手から見た様子です。
ホームに沿って用水路が流れており、駅舎はその上に建てられています。
三岐鉄道北勢線23
駅舎の中の様子です。
三岐鉄道の駅は東員駅からの遠隔監視となっており、
馬道駅も無人で自動改札機とカメラによる管理となっています。
三岐鉄道北勢線24
こちらが駅舎のある南側のホームの様子です。
下り線の阿下喜方面行きホームとなります。
三岐鉄道北勢線25
待合室の様子です。
下りホームの中ほどにあります。
三岐鉄道北勢線26
木造の上屋が設けられており、 木枠の窓に年代が感じられます。
三岐鉄道北勢線27
そしてこちらは踏切脇の北側にある上りホームの入口です。
三岐鉄道北勢線28
駅の北側にある上り西桑名方面行きのホームです。
三岐鉄道北勢線30
こちらのホームには改札は無く、入口のあるホーム東端には
乗車駅証明書発行機とインターホンが設置されています。
三岐鉄道北勢線29
上りホームには駅舎が無いので
上屋のみが設置されています。

三岐鉄道北勢線31
こちらは駅の西側の踏切です。
踏切を渡ると石段の階段があります。
三岐鉄道北勢線32
石段を登った上には走井山(はしりいざん)公園という
戦国時代の矢田城の城跡に作られた公園があります。
三岐鉄道北勢線33
城跡に桑名藩主松平(久松)定重が作ったという勧学寺。
桑名市内で一番古い寺だそうです。
三岐鉄道北勢線34
そして勧学寺の手前を西へと石段を登ると
桜の植えられた城跡の公園があります。
三岐鉄道北勢線35
公園の説明板です。
三岐鉄道北勢線36
一方こちらは城跡の公園への石段の途中にある「村正屋敷」跡を示す案内看板です。
そのあまりの切れ味からマンガや物語などで「妖刀村正」としてしばしば登場するほどの、
まさしく「名刀」を作る伊勢国の刀鍛冶の名工の名跡が「村正」となります。
その村正の住んでいた屋敷の場所が
この走井山であったことが書物に残っているそうです。
三岐鉄道北勢線37
案内板によると馬道駅の北隣にあるマンションの場所が
かつての村正屋敷の跡地
なのだそうです。



三岐鉄道北勢線38
こちらは馬道駅から西へ0.9kmの地点にある
三岐鉄道の踏切付近です。
三岐鉄道北勢線45
踏切から100mほどの場所には国道258号線が走っており、
国道の下をくぐって列車は次の駅へと至ります。
三岐鉄道北勢線39
住宅地の中にある次の駅の様子です。
三岐鉄道北勢線40
西別所駅の駅舎の外観です。
1914年(大正3年)に北勢鉄道の駅として開業したもので、
駅舎は2004年(平成16年)に改築されたものです。
三岐鉄道北勢線41
こじんまりとした駅舎の中にはベンチと自動券売機があります。
改築された時には既に無人駅でしたが、
自動改札の前には有人用の窓口も作られていました。
三岐鉄道北勢線44
ホーム側から見た改札前付近です。
駅舎の屋根が待合スペースを兼ねておりベンチが置かれ、
改札脇には自動精算機があります。
三岐鉄道北勢線42
ホームの様子です。
単式ホーム1面1線の棒線駅となっています。
三岐鉄道北勢線43
かつてはこの駅からの折り返し列車の為に信号があったそうですが
2005年(平成17年)には信号は撤去されています。
三岐鉄道北勢線46
駅舎から駅前の道へと出ると、
南側には鋳物の鉄工所の建物と敷地が広がっています。
この鉄工所は、1677年(寛文7年)に春日神社の青銅の鳥居を鋳造した
辻内氏の子孫にあたり、桑名における機械鋳物生産の先駆けなのだそうです。
三岐鉄道北勢線47
道路を横断している鉄工所の軒をくぐってさらに南へと進むと
駅前商店ともいうべき店があります。
この店のすぐ裏手には県道63号星川西別所線が走っています。



三岐鉄道北勢線48
こちらは西別所駅からは県道63号星川西別所線を1.2kmほど西に進んだ
蓮花寺交差点付近の光景です。
三岐鉄道北勢線49
歩道橋のある交差点を北へと入ると、
すぐに県道と併走する市道があります。
その市道を西に120mほど進むと
桑名市在良地区市民センターの敷地前となります。
三岐鉄道北勢線50
市道に隣接する市民センターの敷地です。
中には広い駐車場が広がっています。
三岐鉄道北勢線51
その敷地の北東にある市民センターの建物。
三岐鉄道北勢線52
市民センターから敷地の西側を見ると
駐車場の北側に三岐鉄道の駅があるのが見えます。
三岐鉄道北勢線53
こちらが蓮花寺駅の駅舎の外観です。
1914年(大正3年)の北勢鉄道開業時に設置された駅ですが、
元々は現在より130mほど東の在良小学校の体育館の北側付近にありました。
2008年(平成20年)に三岐鉄道が利便性の観点から
現在の市民センター敷地へと駅を移転。
駅前にコミュニティバスも停まれるようになりました。
三岐鉄道北勢線54
駅南側の市道から見た、市民センターと駅舎です。
三岐鉄道北勢線55
駅舎の西側方面にも駐車場の敷地がひろがっており、
ホームに沿って駐輪場も設けられていました。
三岐鉄道北勢線56
西側の市道へと通じる敷地の出入口。
すぐ北には蓮花寺駅の真西の踏切が見えます。
三岐鉄道北勢線57
駅舎に戻って改札付近の様子です。
東員駅からの遠隔管理の無人駅ですので自動改札のみで
窓口などは設置されていません。
三岐鉄道北勢線58
改札内に入るとホームへの通路がスロープ状となっています。
三岐鉄道北勢線59
ホームの様子です。
単式ホーム1面1線の棒線駅です。
三岐鉄道北勢線60
現在の駅は作られて10年ほどと比較的新しく、
100年の歴史のある北勢線の中では近代的な印象の駅となっています。



三岐鉄道北勢線61
蓮花寺駅から県道63号星川西別所線を700mほど西進すると、
県道の上を東名阪高速道路の高架が跨いでいます。
三岐鉄道北勢線62
この高速道路の高架の側道に駅への案内板が立てられています。
三岐鉄道北勢線63
側道を100mほど北上すると三岐鉄道の線路につきあたります。
三岐鉄道北勢線64
そして左手を見ると高架の向こう側に駅が見えます。
三岐鉄道北勢線75
高架下にはご覧の小さなお社があり
公園が設置されていました。
三岐鉄道北勢線65
こちらが在良駅の駅の外観です。
駅の設置は北勢鉄道の開業した1914年(大正3年)ですが、
現在の駅舎は2006年(平成18年)に新築されたものです。
東名阪高速道路の高架が駅の真上を通っています。
三岐鉄道北勢線66
駅前の市道は住宅地の生活道路の様相で
北側には用水が流れています。
三岐鉄道北勢線67
駅舎の前には砂利敷きの広場があり、
屋根つきの駐輪場が設けられています。
三岐鉄道北勢線68
駅舎の入口へと戻ると建物に扉は無く、
代わりに入口前に風雨の吹き込みを防ぐガラス張りの暴風壁が立てられていました。
三岐鉄道北勢線69
中はさながら通路の一部といった様相で、
自動改札機が出場用と入場用それぞれ一基づつのみ設置されています。
三岐鉄道北勢線70
駅舎の東側改札内には連絡通路が延びており
構内踏切を渡ってホームへと入ります。
三岐鉄道北勢線72
こちらが駅の全景です。
島式ホーム1面2線となっており列車交換の可能な駅となっています。
三岐鉄道北勢線74
列車交換の様子です。
三岐鉄道北勢線71
そしてこちらがホームの様子です。
屋根の上屋とベンチが設置されているのみで、
南側が下り阿下喜方面、北側が上り西桑名方面行きとなっています。
三岐鉄道北勢線73
駅の東端の上を走る東名阪高速道路の高架が
さながら構内踏切の屋根の役割を果たしています。



三岐鉄道北勢線76
こちらは在良駅からは東に900mほど進んだ
県道63号星川西別所線の坂井橋交差点です。
名前の通り坂井橋が架かっており、
川はこの橋の上流が員弁川、下流が町屋川と名前と変えています。
三岐鉄道北勢線77
この坂井橋の北詰から50mほど北の、
三岐鉄道の踏切脇にかつて駅がありました。
三岐鉄道北勢線78
踏切の南東にかつて坂井橋駅(駅メモ未収録)という駅がありました。
2005年(平成17年)まで80年以上営業していた駅でしたが、
事業合理化によって500m西に駅が新設されたことから廃止となっています。


三岐鉄道北勢線79
旧・坂井橋駅跡からは西に300m、在良駅からは1.2kmほどの地点に
こちらの県道63号星川西別所線の跨線橋があります。
跨線橋を渡り終えると県道は国道421号線へと合流します。
三岐鉄道北勢線80
その跨線橋の北西、国道沿いのT字路角にこちらの
大型ショッピングセンターの敷地があります。
三岐鉄道北勢線81
こちらがショッピングセンターの敷地の入口です。
元々は大型スーパーのユニーが運営する「ピアゴ (PIAGO)」でしたが、
ユニー・ファミリーマートとドンキホーテの提携によって
「ダブルネーム業態転換店舗」が作られる事となりました。
三岐鉄道北勢線82
その転換第一弾の5店舗の一つに選ばれたことから、
2018年(平成30年)3月にピアゴが「MEGAドン・キホーテUNY星川店」となりました。
三岐鉄道北勢線83
敷地の駐車場は車は左回りとなっており、
いったん東縁を南に下って、書店の店舗前から駐車場へと入る仕組みとなっています。
三岐鉄道北勢線84
その書店の横、敷地の南東の角に三岐鉄道の駅が設けられています。
三岐鉄道北勢線85
こちらが星川駅の駅舎の外観となります。
駅の開業は2005年(平成17年)3月と比較的新しい駅で、
三岐鉄道存続にあたって地元自治体の考案した事業合理化の一環で設置されました。
形としては500m東に開業当時からあった坂井橋駅を引き継いだもので、
星川駅の開業と同日で坂井橋駅が廃止となっています。
ユニーの敷地に駅舎が建てられており、駅舎の土地はユニーからの借地だそうです。
三岐鉄道北勢線86
ひときわ目を引く駅舎の大きな星。
三岐鉄道北勢線87
こちらが駅舎の中の様子です。
入ってすぐに改札があり、左手に券売窓口と券売機があります。
三岐鉄道北勢線88
奥に設置されている待合室です。
三岐鉄道北勢線89
改札は自動改札機が設置されています。
平日日中は駅員が配置されていますが、
その他の時間は東員駅からの遠隔管理となっています。
三岐鉄道北勢線90
ホームの様子です。
単式ホーム1面1線の棒線駅となっています。
三岐鉄道北勢線91
ホームから見える駅の南側は田畑や住宅が見えるローカルな光景で
駅舎前の商業施設のにぎやかさとは対照的です。
三岐鉄道北勢線92
南側から見た駅の全景。



三岐鉄道北勢線93
星川駅の次の駅は西に1.4kmほど進んだ場所にありますが、
線路は住宅地の中を進んで行き、近くに県道や国道は走っていません。
北側に500mほど離れたところを国道421号線が走っていますが、
国道から駅へと向かう道はご覧の通り完全に生活道路です。
三岐鉄道北勢線94
道を進むと三岐鉄道の踏切が見えてきますが、
自動車のすれ違いも難しい踏切の脇に駅が設置されています。
三岐鉄道北勢線95
駅の目の前の道路の様子です。
三岐鉄道北勢線96
こちらが七和駅の駅舎の外観となります。
1914年(大正3年)の路線開業時からの駅で、
現在の駅舎は2005年(平成17年)に改築されたものとなります。
三岐鉄道北勢線97
中に入ると自動改札のみで有人の窓口は設置されておらず、
待合用の長いすが置かれていました。
三岐鉄道北勢線98
ホーム側から見た駅舎です。
構内踏切でホームと駅舎は連絡していますが、
無人駅のため改札前の右手に自動精算機が置かれていました。
三岐鉄道北勢線99
ホームの様子です。
島式ホーム1面2線で南側が1番線の下り阿下喜方面行き、
北側が2番線上り西桑名方面行きとなっています。
三岐鉄道北勢線a01
ホーム中央部には上屋が設置されており、
屋根の下に壁と一体となるベンチが設けられています。



三岐鉄道北勢線a02
こちらは県道623号線四日市東員線の北端の終点近くの
三岐鉄道の踏切付近です。
七和駅からは西にちょうど1kmほどの場所となります。
三岐鉄道北勢線a03
切り替えして南側からみた県道623号線の踏み切り付近。
この踏切脇に次の駅があります。
三岐鉄道北勢線a04
こちらが穴太駅の駅舎となります。
駅自体は1914年(大正3年)の路線開業時に作られたものですが、
現在の駅舎と駅周辺の設備は2005年(平成17年)に大規模な駅改修によって作られたものです。
三岐鉄道北勢線a06
現在の駅のホームと駅舎は線路の南側にありますが、
開業から90年あまりの間は旧駅ホームは線路の北側に設置されていました。
今使われているホームの線路反対側の道路が
かつての駅ホームのあった場所だそうです。
三岐鉄道北勢線a05
駅舎前の広場です。
車が60台停められる広大な駐車場となっており、
歩道が駅の車寄せを兼ねています。
三岐鉄道北勢線a07
他の駅もそうですが、三岐鉄道の駅の改修には地元自治体が関わっており、
広場の夜灯にも鉄道の意匠が施されています。
三岐鉄道北勢線a08
駅舎の中の様子です。
この駅も遠隔監視による無人駅となっており
改札は自動改札となっています。
三岐鉄道北勢線a09
切符も自動券売機での販売となっていますが、
将来的に見越してなのか有人用の窓口も設置されていました。
三岐鉄道北勢線a12
ホーム側からみた改札付近の様子です。
三岐鉄道北勢線a10
こちらがホームの様子です。
単式ホーム1面1線となっています。
三岐鉄道北勢線a11
ホーム自体は比較的新しい為、PCコンクリート板を使った造りとなっています。
駅舎前付近には屋根があります。



三岐鉄道北勢線a13
こちらは三岐鉄道の西桑名駅━穴太駅間の
au 4G LTEでの電波エリアマップです。
ご覧の通り全線で電波県内となっていますので
路線上で駅へのアクセスに困る事はありません



西桑名駅から七和駅までが三岐鉄道では桑名市の市内区間となります。
穴太駅からは東員町となり、さらにその先はいなべ市を路線は走っています。
比較的民家や市街地の中を走ってきた桑名市内を抜けましたので、
この後は次第に線路は田んぼや山間部を走る事となります。

つづきはその2にて。
では。

↑このページのトップヘ