2019年06月

秩父鉄道c70
さて、秩父鉄道の続きです。


その1(三峰口駅━皆野駅)についてはこちら


秩父鉄道b46
こちらは県道37号皆野両神荒川線という県道で、皆野町の中心街を走っている県道です。
皆野駅から北に1.5kmほど進むとご覧の3つの県道が交わる三差路があります。
秩父鉄道b47
その県道のうちの一本が県道205号親鼻停車場線で、
三差路から100mほどで駅まで通じている取付道路となります。
秩父鉄道b48
こちらが親鼻駅の駅舎の外観です。
秩父鉄道が延伸した1914年(大正3年)に開業した駅です。
駅舎はご覧の通り、欧州でよく見掛ける柱や梁が外側にむき出しの
ハーフティンバーと呼ばれる様式となっています。
1992年(平成4年)に現在の新駅舎が供用開始しており、
柱の色は秩父ワインを連想したワインレッドなのだそうです。
秩父鉄道b49
駅舎の中の様子です。
この駅も改札前がそのまま待合室となっています。
秩父鉄道b50
ホーム側から見た改札付近。
秩父鉄道b51
駅舎のある1番線ホームです。
上り線の羽生方面行きホームとなります。
秩父鉄道b52
こちらのホームの屋根も駅舎リニューアルの際に一緒に手が入ったので、
柱はレールの転用ではなく普通の鉄骨が使用されています。
溶接を使わず全てボルト締めでレトロ感を出しているそうです。
秩父鉄道b53
千鳥式に配置された二つのホームは
駅の中央部に位置するこちらの構内踏切で連絡しています。
秩父鉄道b54
この構内踏切は線路を跨いだ駅構外の西と東にも出入口があり
通常の踏切の様に通り抜けも可能となっています。
秩父鉄道b55
島式の2、3番線ホームへの入口のスロープです。
秩父鉄道b56
駅舎側の2番線が羽生方面行きの上り線ホーム、
3番線は主に貨物列車の交換時の待避線となっています。
秩父鉄道b57
ホームが千鳥式の配置になっているのはタブレット交換をし易くする為で、
全国の古い単線の駅で見られる形式です。



秩父鉄道b58
こちらは国道140号線が皆野町から長瀞町へと入る付近で、
皆野駅から北に1.5kmほどにある上長瀞交差点の信号が五差路となっています。
秩父鉄道b59
交差点から東への太い2車線の道へと入るとすぐにカーブを描いており
目の前に駅のホームを見下ろしつつ駅南の踏切へと通じています。
踏切からホーム東側の駅舎へと至る道は県道204号上長瀞停車場線という
長さ140mほどの県道となっています。
秩父鉄道b60
踏切から北に50mほどで駅前の広場が。
県道となる停車場線はここまでです。
秩父鉄道b88
こちらが上長瀞駅の駅舎です。
1916年(大正5年)に国神駅として設置されました。
この駅の誕生でそれまで国神駅だった駅が荒川駅と改称されています。

この付近の鉄道は1914年(大正3年)に旧線から新線への付け替えが行われていますが、
開通した新線上に後から新たに設置されたのがこちらの駅となります。
秩父鉄道b89
駅舎の中の様子です。
この駅も改札前に待合のベンチが置かれているスタイルとなります。
秩父鉄道b63
ホーム側から見た改札付近。
秩父鉄道b64
駅は単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線の合計2面3線となります。
駅舎のあるこちらが1番線で三峰口方面行きの下り線となります。
秩父鉄道b65
ホームは広めに作られており、
トイレの建屋が別にホーム上に設けられていました。
秩父鉄道b90
改札から三峰口方の、上屋の屋根が終わる付近に構内踏切があって
島式ホームとの連絡をしてます。

秩父鉄道b66
こちらが島式ホームの2、3番線です。
どちらも羽生方面行きの上り線となります。
秩父鉄道b67
またこの駅はカーブ上に設けられており、
外側の3番線が一番曲線がきつくホームと車両との隙間が大きくなります。
その為、停車する秩父鉄道の3ドアの普通列車は車両の前後のドアがドアカットされて
車両中央部の扉のみが開閉することとなります。
そして2ドア車の西武線車両は曲線のゆるい2番線に発着をする処置が取られています。
秩父鉄道b91
3番線の更に外側にある側線。
上長瀞駅の近くには初代秩父駅跡がありますが、
そもそもルートが全く違うのでこの側線は別に廃線跡ではありません。



秩父鉄道b68
こちらは長瀞駅の駅前の様子です。
秩父鉄道の観光駅の一つであり、長瀞観光の拠点となるため駅前広場は広くなっています。
秩父鉄道b86
駅舎の前にあるライン下りの舟の発券場や観光情報館。
情報館ではレンタサイクルなども借りられます。
秩父鉄道b69
こちらが長瀞駅の駅舎です。
1911年(明治44年)の上武鉄道(現・秩父鉄道)の延伸によって宝登山駅として開業しました。
その後1923年(大正12年)に現在の長瀞駅へと改名されています。
駅舎は開業当時のもので1997年(平成9年)に関東の駅百選に選定されています。
秩父鉄道b70
中に入って改札前の様子です。
ベンチが改札前に置かれるスタイルは近隣の駅と同様です。
ただ直営駅ですので駅員が常駐しており、券売窓口と改札は有人です。
秩父鉄道b75
ホーム側から見た駅舎の様子。
秩父鉄道b81
1番線ホームの様子です。
この駅は単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線からなっており、
駅舎のある1番線は上り線の羽生方面行きホームとなります。
秩父鉄道b82
この1番線ホームの西端、羽生方の上屋の端には
ご覧の通りチェーンが張られてホーム奥が立ち入り禁止となっています。
秩父鉄道b83
そして1番線の駅名標、この場合は地面から立っている第4種と呼ばれる駅名標ですが
長瀞駅1番線ホームでは立ち入り禁止の区域にしかありません

当然歩いては近寄れないのでこちらの写真は列車の中から撮りました。
秩父鉄道b84
このホームの屋根の下にはベンチが片側一面に設置されていて
かなりの人数が腰掛ける事が可能です。
秩父鉄道b85
そして1番線ホームの東側の三峰口方にはこちらの小さな祠が置かれています。
その名も「ブーメラン神社」という祠で、
祠の中にはご本尊の石の大きなカエルが祭られています。
脇の立て札を読むと「いちどといわずにまたきてくんな」と観光客の安全が祈願されていました。
秩父鉄道b87
ホーム東端の三峰口方にある構内踏切です。
島式ホームと単式ホームとを連絡しています。
秩父鉄道b73
2、3番線のある島式ホームです。
駅舎に近い2番線が下り線の三峰口方面行きホームです。
秩父鉄道c07
3番線は当駅まで乗り入れる西武線の直通電車の折り返しと
SLパレオエクスプレスが使用するホームとなっています。
秩父鉄道b74
観光地の駅らしく様々な看板がホーム上に。
秩父鉄道b76
駅の外に戻り、駅舎の正面を見ると駅前駐車場の向こう側に
まっすぐに道路がの伸びています。
この道路は県道203号長瀞停車場線という100mあまりの県道で、
駅前から国道140号線の長瀞駅前交差点までを連絡しています。
秩父鉄道b77
交差点の北側にはご覧の宝登山神社の一の鳥居が。
秩父鉄道b78
鳥居から500mほどが神社の参道となります。
秩父鉄道b79
こちらが秩父神社、三峰神社と併せて秩父三社の一つに数えられる
宝登山神社です。
秩父鉄道b80
また宝登山山頂には奥宮があり、またロウバイ園があるなど観光スポットでもあるので
こちらのロープウェイが敷設されています。



秩父鉄道b97
引き続き国道140号線と秩父鉄道は併走して北西へと進み、
1.8kmほどで次の駅付近となります。
秩父鉄道b98
野上駅前交差点から北東方向へと伸びる道路は
県道202号野上停車場線という90mほどの県道で
国道と駅までを連絡しています。
秩父鉄道b99
駅前の県道ですが完全に生活道路の様相です。
秩父鉄道c01
こちらが野上駅の駅舎の外観となります。
上武鉄道時代の1911年(明治44年)に本野上駅として開業し、
秩父鉄道となった後の1929年(昭和4年)に現在の野上駅となっています。
秩父鉄道c02
駅前の広場の様子です。
広場から南東へ細い道路が続いており、広場と道路の境界があいまいですが
駐車場を兼ねた舗装された広場となっています。
秩父鉄道c11
そして広場の北側には駅舎と少し離れてトイレの建屋がありますが、
その横には見事な桜の木があり、その下には観光案内の看板が置かれています。
秩父鉄道c12
桜の木の下にある宮沢賢治の句を刻んだ歌碑です。
かつて宮沢賢治が1916年(大正5年)に地質調査研究の為に秩父地方を巡った際に
この駅から盛岡へと帰ったそうですが、旅の名残を惜しんで詠んだ句なのだそうです。
郷土研究家らの手によって2003年(平成15年)にここに歌碑が建てられました。
秩父鉄道c03
駅舎の中の様子です。
改札前に券売窓口とベンチがあるのは他の駅と同様ですが、
「ようこそ花の長瀞野上駅へ」の木看板が掛かっていました。
秩父鉄道c04
駅構内側から見た改札付近です。
秩父鉄道c05
ホームの様子です。
駅舎側の1番線が羽生方面行きの上りホームとなります。
秩父鉄道c06
木造の駅舎は開業以来のもので、ホームの屋根も木造となっています。
秩父鉄道c08
ホーム北西の羽生方にある構内踏切です。
単式ホームと島式ホームとを繋いでいます。
秩父鉄道c09
島式ホームの2、3番線です。
2番線が三峰口方面行きの下り線、3番線は貨物列車などの退避線となっています。
秩父鉄道c10
こちらのホームの上屋はレール転用の鉄骨造りとなっています。



秩父鉄道c13
引き続き国道140号線と秩父鉄道は併走し北上。
2.6kmほど進むとご覧の通り国道沿いに次の駅が現れます。
秩父鉄道c14
駅の西側の国道の向かいにある小学校のフェンスには
ご覧の水位を示した看板があります。
これは小学校の裏手に、江戸時代の大洪水の水位を刻んだ
「寛保洪水位磨崖標」という県指定の史跡があります。
こちらの看板はその水位を同じ高さに示したものです。
秩父鉄道c15
小学校の正門前にある横断歩道。
こちらが駅入口へと渡れる場所となります。
秩父鉄道c16
北側から見た駅への横断歩道付近。
秩父鉄道c17
横断歩道の先は踏切となっており、
上り線と下り線の間に駅への入口があります。
秩父鉄道c23
入口脇に設置された駅営業時間の説明板。
秩父鉄道c18
こちらが樋口駅の入り口となります。
駅は1911年(明治44年)の上武鉄道延伸時に開業しました。
駅の入口がホーム北端にのみあり、
駅舎もホーム北端に設置されています。
秩父鉄道c19
国道側から見た駅の様子です。
秩父鉄道c20
駅舎はスペースの関係で駅務のスペースのみとなっており、
建屋の脇が改札通路となっています。
秩父鉄道c21
ホームの様子です。
この駅は島式ホーム1面2線となっており、
東側にホームの無い通過線が1本設けられています。
秩父鉄道c22
ホーム中ほどに設けられた待合室です。
秩父鉄道c24
西側の目の前は国道140号線が走っており、
また東側100mほどには荒川が流れているという駅です。
秩父鉄道c25
駅入口の踏切へと戻り、国道とは反対側の東側へと出ます。
東の踏切前にはゆるやかな坂に駐輪場がありました。
秩父鉄道c26
東側の駅入口付近を前の道路から。
こちら側は荒川の岸が目の前なのでゆるやかな丘陵となっています。
秩父鉄道c27
前の道を南に進むとすぐに川岸へと降りられる道があります。
秩父鉄道c28
こちらが樋口駅付近の荒川の様子です。
長瀞のライン下りからは下流となりますが、樋口駅も長瀞町内であり
荒川の様子も長瀞の景勝の雰囲気が見て取れます。
秩父鉄道c29
東側から見た駅の全景です。



秩父鉄道c30
渓谷を流れる荒川は右に左にと蛇行をしながら東へと流れ、
国道140号線と秩父鉄道は川に沿う様に併走をしています。
4kmほど進むと長瀞町と寄居町の境界となりますが、
この付近はかつて「破崩」という地名でその名の通りがけ崩れの多発した秩父往還の難所でした。
町の境界から400mほど南下すると次の駅が国道脇に見えてきます。
秩父鉄道c31
国道の東側に見える波久礼駅の様子です。
駅は1903年(明治36年)に上武鉄道が寄居駅からこの地まで鉄道を延伸して設置されました。 秩父鉄道c32
国道沿いの駅舎前にはご覧の砂利敷きの駅前広場があります。
秩父鉄道c38
駅舎の並びの北側にはトイレの建屋があり、
その前には駅付近の遊歩道の案内地図がありました。
秩父鉄道c39
トイレの先の広場奥にはご覧の民家の入口が。
こちらのお宅、どう見ても駅の敷地を通らないと外に出られません
秩父鉄道c33
こちらはトイレの向かい付近の、広場の北の端にある観光案内の地図です。
秩父鉄道c34
その観光地図の隣の駅舎正面付近には
彫刻家の北村西望が詠んだ句の歌碑がありました。
秩父鉄道c35
こちらは西望の代表作である長崎平和祈念像です。
戦争中の3年間秩父に疎開していた西望は上京の折には波久礼駅を使っていたそうで
句もその疎開生活で詠まれたそうです。
秩父鉄道c36
広場の南を見ると、敷地から駅の南側にある踏切が見えます。
秩父鉄道c37
踏切から更に南側にも砂利敷きの駐車場が広がっていました。
秩父鉄道c42
そして駅の南側見えるのが、荒川に架かる寄居橋で
別名を波久礼橋とも言うそうです。
秩父鉄道c43
駅から100mほど南の国道上にある波久礼駅前交差点は
県道82号長瀞玉淀自然公園線の起点となっていて
ご覧の通りすぐに寄居橋を渡る県道です。
秩父鉄道c40
駅へと戻って駅舎の中の様子です。
改札前が待合室となっているのは近隣の駅と同様ですが、
こちらの駅の待合スペースは他の駅に比べて気持ち広めに作られています。
秩父鉄道c41
ホーム側から見た駅舎です。
秩父鉄道c44
改札の目の前は構内踏切となっていてホーム南端と連絡しています。
秩父鉄道c45
ホームの様子です。
島式ホーム1面2線となっており、東の山側にはホームの無い待避線が設けられています。
秩父鉄道c46
駅舎側の西側が1番線で下り線の三峰口方面行き、
東側が2番線の羽生方面行きとなります。



秩父鉄道c47
こちらは寄居駅の南口の駅舎外観です。
1901年(明治34年)に上武鉄道が熊谷駅━寄居駅間を開業した際に
終着駅として開業をしました。
1925年(大正14年)に東武東上線が、1933年(昭和8年)に
当時の鉄道省の八高線が寄居駅まで乗り入れて乗換駅となっています。
秩父鉄道c48
南口の駅前の様子です。
開業時はこちら側に木造の地上駅舎が置かれており、
寄居町の中心街もこちら側にあります。
駅舎が橋上駅舎となったのは1985年(昭和60年)頃だそうです。
かつては町役場も南口から150mほどの場所にありましたが、
1994年(平成6年)に北口側へと移転しています。
秩父鉄道c49
駅前ロータリーの駅向かい側にある観光案内所。
秩父鉄道c50
ロータリーの西側にはコインパーキングが隣接していました。
秩父鉄道c51
コインパーキングとなっている駐車場と、
その目の前の建物は秩父鉄道寄居ショッピングセンターという秩父鉄道所有の建物です。
かつてはライフ寄居店という大規模スーパーがテナントとして入っていました。
20年あまりこの場所で営業していたスーパーは2013年(平成25年)に閉店となり、
現在に至るまで建物はそのまま空き家として残っているものです。
駐車場は2019年(平成31年)4月に、閉店から6年余りでコインパーキングに転用されました。
秩父鉄道c52
スーパーの目の前から南へと延びるこちらの道路は国道140号線へと連絡する
県道190号寄居停車場線という県道となっています。
しかしこの県道は停車場線でありながら、ご覧の通り駅付近は一方通行となっています。
かつての町役場はこの県道の左手すぐにありました。
秩父鉄道c53
駅前へと戻り南口の階段へ。
秩父鉄道c54
秩父鉄道c56
こちらは寄居駅の北口の駅舎外観です。
秩父鉄道c57
北口は橋上駅舎となって新設された出口であり、
目の前は歩道が広くなったスペースが設けられています。
秩父鉄道c58
歩道の広場のすぐ先には駅の北口ロータリーがあります。
ロータリーは寄居町役場の建物にも隣接していて
駅と役場の両方の車寄せの役割を果たしています。
秩父鉄道c59
こちらが寄居町役場の建物です。
元々農地が広がり住宅が点在する北口側にあった寄居中学校の移転跡地に
1994年(平成6年)に建設移転されたものです。
秩父鉄道c60
そしてこちらは役場の前の道路から駅方向を見た光景ですが、
案内標識にあるように役場に並んで体育館やスポーツ施設が併設されています。
秩父鉄道c55
駅舎の橋上の通路へと戻り、改札前の光景です。
3社の路線が乗り入れている駅ですので自動券売機も3社のものが並んで設置されています。
有人窓口は秩父鉄道の管轄となっています。
秩父鉄道c61
駅構内側から見た改札付近。
秩父鉄道にはSuicaの設備が無く使えませんが、
寄居駅はJR八高線と東武東上線が乗り入れている為
改札口には簡易Suica改札機が設置されています。
秩父鉄道c62
中に入ると改札の目の前で通路が
東武東上線、秩父鉄道、JR八高線の3方向に分かれています。
秩父鉄道c63
真ん中の秩父鉄道ホームへの通路を進むと
途中の踊り場に他社線からの乗り換え客用に簡易Suica改札機が置かれていました。
秩父鉄道c64
階段を下りきったホーム入口の光景です。
秩父鉄道から他社線への乗り換え客用の簡易Suica改札機がここにも置かれています。
秩父鉄道c65
こちらが秩父鉄道ホームとなります。
寄居駅は鉄道会社が3社乗り入れており、
それぞれに島式ホームが割り当てられた3面6線の駅となっています。
秩父鉄道c66
秩父鉄道には3、4番線ホームが割り当てられており、
3番線が上り羽生方面行き、4番線が下り三峰口方面行きホームとなっています。
秩父鉄道c67
ホーム上の待合室の中の様子です。
秩父鉄道c68
駅の跨線橋が東側にあり、
それぞれのホームと改札との連絡口もホーム東側に設けられています。



秩父鉄道c69
こちらは皆野駅━寄居駅間のau 4G LTEでの電波エリアマップです。
ご覧の通りこの区間も全てが電波エリア圏内となっています。


寄居駅より西側は観光路線としての性格が強い秩父鉄道ですが、
ここから東の区間は近郊路線としての性格が強くなってきます。

続きはその3にて。

では。

秩父鉄道00
さて。次は秩父鉄道に行きたいと思います。


埼玉県の北辺をなぞるように走るこの路線は
1901年(明治34年)開業の上武鉄道が前身となっている路線で、
1914年には秩父まで開業したという、一世紀以上の歴史のある鉄道です。

元々は秩父の武甲山周辺の良質の石灰石を運搬する為の鉄道であり、
セメント運搬の為に貨物の引込み線が何本も存在していました。
現役で石灰石を運んでいる引込み線もまだあり、
太平洋セメントが株式の三分の一近くを保有している事からも
その事が窺い知れます。

日本の鉄道事業者では唯一、
JASDAQ上場企業として株式が店頭公開
がされています。



路線は埼玉県の羽生駅から秩父の三峰口駅まで
全長71.7 km、全線が単線の路線となっています。
全線直通列車の所要時間はほぼ2時間ちょうどとなっており、
西武秩父線、東武東上線とJR八高線、東武伊勢崎線と
埼玉県を縦に貫く路線を横に繋いています。




秩父鉄道01
こちらは三峰口駅
秩父市の旧荒川村にあり、秩父鉄道の秩父側の終着駅です。
秩父鉄道03
駅の入口には「関東の駅百選」の認定掲示が。
秩父鉄道04
秩父鉄道の鉄道むすめの「桜沢みなの」が立っています。
秩父鉄道05
駅舎の右手の光景。
SL運行時の臨時改札などがあり、駅の外は待合スペースになっています。
秩父鉄道02
こちらが駅のホーム。
2面3線のホームを持っています。
秩父鉄道06
ホーム西端の前にはSLの転車台があります。
これは鉄道遺構などではなく、秩父鉄道でSL運行を行う為に新設されたものです。
秩父鉄道07
転車台の隣には秩父鉄道車両公園があり、
秩父鉄道を走った車両が保存展示されています。
秩父鉄道08
駅からさらに秩父の奥地方向へと延びる線路。
かつては旧大滝村までの延伸計画もあったそうですが叶わず、
秩父鉱山の鉱石などを運ぶ為に活用された線路で
現在は一部を引き込み線としてつかっています。



秩父鉄道a35
国道140号線からは荒川を挟んで350mほどの南の集落の中に
隠れるかのように白久駅があります。

駅は1930年(昭和5年)の秩父鉄道の影森以西の延伸で設置されており、
かつては駅前に秩父スケートセンターがありましたが(1989年・昭和64年廃止)
現在では秩父鉄道で一番乗降客の少ない駅となっています。
秩父鉄道a36
駅前の様子です。
三差路が駅前にあり、南へ進むと徒歩20分ほどで秩父30番札所の法雲寺があります。
秩父鉄道a37
こちらが白久駅の駅舎の様子です。
秩父鉄道a38
改札付近の様子です。
簡易委託駅なのだそうですが毎日常駐している訳では無いようで
いわば半無人駅といったところでしょうか。
秩父鉄道a39
改札脇にある待合室。
有人時は列車別改札を行うようで改札外に待合室があります。
秩父鉄道a40
ホーム側から見た改札の様子です。
秩父鉄道a41
こちらはホームの様子です。
単式ホーム1面1線となっています。
秩父鉄道a42
単線の駅ながらホームは広く、
木製のベンチや駅舎の造りが昭和を感じさせます。
秩父鉄道a43
ホームから見える荒川の河岸の平地に広がる山村の集落。



秩父鉄道a44
国道140号線、そして荒川と併走するように東進する秩父鉄道は
白久駅から2.7kmほどで次の駅となります。
こちらは国道に隣接している駅前の様子です。
駅周辺は旧・荒川村の中心地近くとなります。
秩父鉄道a45
こちらの階段が駅への入口となります。
秩父鉄道a46
武州日野駅の駅舎の外観です。
この駅も1930年(昭和5年)の延伸時に設置されました。
秩父鉄道a47
駅舎の前にはご覧の砂利敷きの駅前広場があります。
広場の西側で国道とつながっており車を停めることも可能です。
秩父鉄道a48
この駅も改札前に待合室が設けられています。
秩父鉄道a49
改札の様子です。
業務委託駅ですが毎日駅員が詰めている訳では無く
半無人駅と言ってよい状況です。
秩父鉄道a50
ホーム側の改札前です。
構内踏切で駅舎とホームが連絡されています。
秩父鉄道a53
踏切を渡るとホーム西端がスロープとなり入口となっています。
秩父鉄道a51
駅のホームは島式1面2線となっています。
ホーム上の上屋は木造で中央にベンチが置かれています。
秩父鉄道a52
駅舎側のホームが1番線で秩父・羽生方面行き、
反対の2番線が三峰口方面行きホームとなります。
秩父鉄道a54
そして駅舎と反対側には車止めのある側線が1線ありました。
秩父鉄道a55
駅ホームの東端からはご覧の神社が見えます。
裏手の山は弟富士山(おとふじやま)と言い
秩父市の無形文化財の浅間神社神楽(日野神楽)が伝わる浅間神社のある山です。
駅から見えるのは浅間神社の分宮でしょうか。



秩父鉄道a56
武州日野駅から旧・荒川村の市街地を抜ける国道140号線を東へ1.5kmほど進むと
秩父鉄道の次の駅付近となります。
国道から駐車場を斜めに横切る道が独特の存在感ですが、
この道の突き当たりに次の駅があります。
秩父鉄道a57
斜めの道路から東に70mほどにある武州中川駅前交差点。
信号の角には上田野郵便局がありますが、名前の通りこの駅から南に進むと駅舎があります。
駅への道としてはこちらが正面と言うべき道でしょう。
秩父鉄道a58
国道から駅まではおよそ60mほど。
秩父鉄道a59
こちらが武州中川駅の駅舎となります。
やはりこの駅も1930年(昭和5年)の秩父鉄道の影森以西への延伸で設置されました。
開業時は木造駅舎だったそうですが、現在の駅舎は旧駅舎の隣に新しく建てられたものです。
秩父鉄道a60
改札前の様子。
この駅は待合室を単独では設けておらず、
改札前にベンチが置かれていました。
秩父鉄道a61
中に入ると右手へと通路が延びており
構内踏切を渡ってUの字を描いてホームへと連絡しています。
秩父鉄道a62
ホーム側から見た駅舎の様子です。
この写真の駅舎左がかつての旧駅舎のあった場所で、構内踏切も元は駅舎正面にありました。
しかし建て替えで今の駅舎が東隣に建った為、ホームと駅舎に距離が出来る事となりました。
秩父鉄道a63
こちらがホームの様子です。
島式ホーム1面2線となっています。
秩父鉄道a64
駅舎のある北側が1番線で羽生方面行き、
南側のホームが2番線の三峰口方面行きホームとなります。



秩父鉄道a65
こちらは武州中川駅付近から2.4kmほど国道140号線を東進した付近で、
次の駅への入口となるコインランドリーのあるカーブの付近です。
秩父鉄道a66
国道から140mほど南へ入るとご覧の秩父鉄道の跨道橋があります。
この橋のすぐ脇に次の駅があります。
秩父鉄道a77
国道から橋梁までを上から俯瞰にて。
秩父鉄道a67
橋梁脇の築堤に設けられた駅への坂を登ります。
秩父鉄道a68
こちらが浦山口駅の駅舎です。
三峰口駅までんの各駅と同じく1930年(昭和5年)の延伸時に開設されています。

駅への坂がいわば駅の正面となるので
駅名標も坂に向かって取り付けられています。
秩父鉄道a69
坂から駅舎脇の軒下を通って進むと改札前となります。
秩父鉄道a70
築堤の上に作られた駅なので
駅前広場もこじんまりとしたものとなっており
車で駅前に入ることはできません。
秩父鉄道a71
ちなみに駅前から西側へと抜ける道です。
秩父鉄道a72
ホーム側から見た改札付近の様子。
秩父鉄道a73
こちらがホームの様子です。
単式ホーム1面1線となっています。
秩父鉄道a74
この駅のホームはご覧の通りカーブに作られている為、
3ドアの車両などでは車両の前と後ろはドアカットされてこの駅では開きません。
秩父鉄道a75
秩父鉄道の車両のドアに貼られているドアカットの注意書き。
秩父鉄道a76
こちらはホーム西端の三峰口方の光景です。
築堤の上に作られた駅なのでホームの中央付近は膨らんで広くなっていますが
端はご覧の通り狭くなっています。
ホームの目の前にあるのは駅のすぐ西にある浦山川橋梁です。



秩父鉄道a78
こちらは県道209号小鹿野影森停車場線の終端付近で、
浦山口駅からは北に1.3kmほどの距離にあります。
この県道の東側に秩父鉄道の敷地があり、駅へ連絡する道への入口があります。
秩父鉄道a79
こちらが影森駅の駅入口の外観です。
ホームへと連絡する地下通路の階段入口に
ご覧の屋根のみの上屋が置かれていました。
秩父鉄道a80
上の写真は影森駅の旧駅舎です。
かつてはこの旧駅舎が木造で地下通路の前に建っていました。
1917年(大正6年)に秩父駅━影森駅の延伸によって開業した駅で、
武甲山のふもとにあるこの駅は石灰石を運ぶ貨物列車の拠点の役割を担っていました。
その為駅の敷地は広く、駅舎のは旅客の入口の他に職員の宿舎が併設されていました。

しかし貨物の取り扱いが減った為、広大な駅舎は不要となり
2016年(平成28年)に建物は解体されてしまいました。
秩父鉄道a81
駅舎の南側のトイレの建物は残されており、
旧駅舎だけが取り壊されて代りに上屋が設けられた様です。
秩父鉄道a82
こちらが地下通路への階段です。
上屋は旧駅舎とつながっていた部分だけが改築時に新しく足された様で
階段付近は廃レールを使った元からの建物が残されていました。
秩父鉄道a83
線路をくぐってホームへと至る連絡通路の様子。
秩父鉄道a84
階段の上のホーム上にご覧の券売窓口が置かれており
改札業務もこちらで行われていました。
秩父鉄道a85
駅のホームです。
島式1面2線のホームとなっています。
駅舎があった西側が2番線の羽生方面行き、
東の1番線が三峰口方面行きホームとなっています。
秩父鉄道a86
こちらは地面に設置されている方の駅名標。
秩父鉄道a87
ホームは2線ですが、駅構内には何本もの側線があり
貨物駅だった名残りは今でも十分に見る事が可能です。
秩父鉄道a88
こちらが駅の南側から見た駅構内の様子。
ご覧の通りかなり広い構内となっています。
秩父鉄道a89
ホーム北端の羽生方にある駅長事務室です。
おそらく駅構内の側線のポイントを制御しているであろう機械が中に見えました。



秩父鉄道a90
こちらは西武秩父駅の北側にある踏切で御花畑No.2踏切という名称の踏切です。
西武秩父駅から御花畑駅へと向かと途中に渡ることになる踏切となります。
秩父鉄道a91
「連絡通路」の看板のある線路脇の駐輪場スペースを抜けると
35mほどでもう一つの踏切となります。
秩父鉄道a92
通称「団子坂下の踏切」と呼ばれるこちらの踏切は
毎年秩父夜祭の際には屋台の通行の為に鉄道架線が外されることで有名で、
ご覧の通り駅のすぐ南側に位置しています。
秩父鉄道b96
団子坂の踏切と坂の様子です。
この坂が夜祭のクライマックスの舞台の一つです。
秩父鉄道a93
この踏切の西側の脇が駅への入口となっており、
ゆるいスロープを登ると駅舎が見えます。
途中には秩父の観光地を案内する看板が。
秩父鉄道60
こちらが御花畑駅の駅舎の入口です。
駅は1917年(大正6年)の秩父鉄道の影森延伸の際に設けられました。
ちなみに西武秩父駅は1969年(昭和44年)の開業ですので
この地の駅としては御花畑駅の方が断然に古い
駅となります。
秩父鉄道a26
駅の駅舎は2004年(平成16年)に国指定の登録有形文化財(建造物)となっています。

参考
文化遺産オンライン「秩父鉄道御花畑駅舎」
http://bunka.nii.ac.jp/heritages/detail/169132

秩父鉄道a94
改札前の様子です。
券売窓口のある南側がメインで使われている改札で
待合のベンチなどもこちらに置かれています。
南側には多客時に使用するであろう改札が別にありますが、
こちらは上屋の屋根があり自販機などが置かれていました。
秩父鉄道a95
駅の北側に隣接する秩父No.8踏切という名称の踏切です。
秩父鉄道a96
この踏切脇に、駅北側から駅舎へと入れる通路があります。
ご覧の通り駅の敷地側に入口を向けた店舗が何軒か並んでいます。
広さとしてはこちら側の方が広いのですが、
西武秩父駅や市役所からは南側が近いロケーションとなります。
秩父鉄道a97
ホームの様子です。相対式2面2線の駅となっています。
駅舎側の1番線は秩父鉄道の通常時の使用ホームであり
上り線の羽生方面行きも下り線の三峰口方面行きも
どちらの列車もこちらに停車します。
秩父鉄道a98
2009年(平成21年)には副駅名として「芝桜駅」の名称がつけられ、
駅名標も桜のあしらわれたデザインに変えられています。
秩父鉄道a99
そして向かいに見えるホームは2番線ホームです。
「西武線直通ホーム」と書かれているのが見えます。
秩父鉄道b92
2番線ホームの様子です。
秩父鉄道の御花畑駅と西武秩父駅は連絡線でつながっており
西武線からの直通電車も乗り入れているのですが
構造上西武鉄道の列車は2番線にしか入線できません。
秩父鉄道b93
ですので2番線は直通列車のみが使うホームとなっています。
なお、乗降客は列車の発着時以外は2番線には入れません
秩父鉄道b94
御花畑駅の跨線橋の様子です。
秩父鉄道b95
西武線直通電車の乗客が跨線橋を渡り終えると
すぐに交代の車掌がチェーンを掛けてしまうので
2番線ホームを見られる時間は僅かです。
秩父鉄道58
ホームに置かれた秩父鉄道の鉄道むすめの立看板。



秩父鉄道65
こちらが秩父駅の駅舎の外観となります。
1914年(大正3年)に宝登山駅(現・長瀞駅)からの延伸によって設置されました。
秩父鉄道b01
駅舎は1985年(昭和60年)に秩父地域地場産業振興センターとして改築されました。
秩父市や県が出資する財団法人が運営するセンターは実質的な公共施設であり、
秩父駅はそのセンターの1階部分に同居する形となっています。
秩父鉄道b02
駅前には広大なロータリーのある広場が。
秩父鉄道b03
この駅が最寄りである秩父神社は
秩父地方の観光や産業の根幹となる神社ですが、
秩父駅が最寄駅であり、駅からはおよそ300mほど南にあります。
秩父鉄道b04
駅舎の中に入って改札付近の様子です。
秩父鉄道b05
こちらが秩父駅のホームの様子となります。
島式ホーム1面2線となっています。
秩父鉄道b07
ホームの目の前にはご覧の通り側線が何本も走っています。
かつてはホーム正面に秩父セメント(現・太平洋セメント)秩父第一工場への
引込線がデルタ線となって引かれていました。
秩父鉄道b06
駅舎とホームとは地下通路で連絡しており
ホーム上からが通路へと降りる階段が設けられています。
秩父鉄道63
こちらが地下通路です。
階段の蹴込には秩父夜祭の絵が描かれていました。
秩父鉄道64
上がった階段の上には改札までの通路が。
有人駅ですので列車別改札となっています。



秩父鉄道b08
こちらは県道207号大野原停車場線の終端付近の光景です。
秩父駅から北へ国道140号線と秩父鉄道が併走をしていますが、
2.4kmほど進んだ愛宕神社の脇から停車場線が延びています。
全長410mの県道はご覧の通り国道裏手の住宅街へと進み駅へと連絡をしています。
秩父鉄道b09
県道から東に入るとすぐに駅が見えます。
秩父鉄道b10
こちらが大野原駅の駅舎の外観となります。
駅は1914年(大正3年)の秩父鉄道延伸によって設置されました。
秩父鉄道b18
裏手にあたる駅の北側から見た駅舎付近の様子です。
歩行者のみが通れる道が北側の踏み切りへと通じています。
秩父鉄道b11
改札前の様子です。
券売窓口の向かいの改札外に待合室が置かれています。
秩父鉄道b12
ホーム側から見た改札前。
秩父鉄道b13
こちらがホームの様子です。
単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線の駅となっており、
駅舎のあるホームは単式の1番線で上り線の羽生方面行きとなります。
秩父鉄道b14
ホーム上屋の柱はレールを転用したもので
古い駅では良く見掛けるものです。
秩父鉄道b15
ホーム北端にはご覧の構内踏み切りがあり
反対側の島式ホームと連絡をしています。
秩父鉄道b16
島式の2、3番線ホームです。
駅舎側の2番線が三峰口方面行きの下り線となります。
秩父鉄道b17
こちらの島式ホームには、行き先の書かれた駅名標が無く
柱の縦長の駅名標があるのみとなっています。
また2番線には表示があるものの、3番線の表示はありません。
これは3番線の線路は現在ホームの前後が途切れており使用されていない為です。



秩父鉄道b19
次の駅も国道140号線沿いにありますが、
直線距離で北に3.2kmなのに対して国道は大きく東にカーブを描いているので
道路を進むと3.8kmほどで次の駅の入口付近となります。
秩父鉄道b20
国道の和銅黒谷駅交差点の信号からは西への取付道路が
60mほど伸びていて奥に駅舎が見えます。
秩父鉄道b21
和銅黒谷駅の駅舎です。
1914年(大正3年)の秩父鉄道延伸で設置された駅で、開設時は黒谷駅という名称でした。

この駅から東に500mほどの山中には和銅遺跡という銅の採掘跡の遺跡があります。
採掘された銅が朝廷に献上され(和銅奉献)日本発の通貨の元となりました。
この和銅奉献から1300年を記念して2008年(平成20年)駅名が和銅黒谷駅へと変更されました。
秩父鉄道b26
駅は袋小路の奥にあり、
ご覧の様に駅舎周辺の敷地が広場の役割となっています。
秩父鉄道b22
駅舎の中へと入り改札前の様子です。
この駅は待合室が別に分けられてはおらず、改札前に木製のベンチが設置されています。
改札のラッチも金属製ではなく昔から使用しているであろう木製のものでした。
秩父鉄道b27
駅舎からホーム側へと出ると右手へと連絡通路が延びています。
ホームへの入口は南端にあるのでU字に迂回して構内踏切を渡って連絡していました。
秩父鉄道b23
こちらがホームの様子です。
島式ホーム1面2線となっています。
秩父鉄道b24
西側の1番線が下りの三峰口方面行き、反対側が2番線で上り羽生方面行きです。
秩父鉄道b25
そして駅ホームの南側の駅舎前付近には
こちらの大きな和同開珎のモニュメントが置かれており、
和銅遺跡の最寄り駅であることを示しています。
秩父鉄道b28
国道へと戻り、北に250mほど進むと和銅遺跡への案内看板が見えます。
案内に従って東への道を入ると神社ののぼりが道端に並んでいます。
秩父鉄道b29
こちらが聖神社で、和同開珎の元となった自然銅を祭る神社です。
「銭神様」と呼ばれて金運のご利益を期待する参拝者が数多く訪れます。
秩父鉄道b30
その神社からさらに東へと進み、
脇道を入って遊歩道を進むと15分弱ほどで和銅遺跡となります。
秩父鉄道b31
こちらが和銅遺跡の露天掘り跡の前にある巨大な和同開珎のモニュメントです。
秩父鉄道b32
露天掘り跡自体はご覧の通りで、
素人が見ても遺跡とは分からない感じでした。



秩父鉄道b33
こちらは県道206号皆野停車場線の起点付近の光景です。
国道140号線と併走してきた秩父鉄道は和銅黒谷駅の北で国道を別れ
皆野町の中心市街地に向けて北西へと進みます。
この停車場線は国道と駅とを連絡する道路として県道指定されています。
秩父鉄道b34
皆野駅の駅舎外観です。
1914年(大正3年)の秩父鉄道延伸にて設置され開業した駅の一つです。
秩父鉄道b35
駅舎の中の改札前です。
この駅も待合室は別室では無く、改札前にベンチが設置されています。
秩父鉄道b36
ホーム側から見た駅舎の様子。
秩父鉄道b37
駅のホームの様子です。
駅舎側の単式ホーム1面1線と島式のホームが1面2線あり計2面3線となっています。
こちらは1番線の下り線三峰口方面行きホームです。
秩父鉄道b38
木造駅舎の軒がホームの屋根となっており、
またこちらのホーム上にはトイレの建屋が設けられています。
秩父鉄道b42
屋根から下げられている照明の内臓された形式の駅名標。
秩父鉄道b39
ホーム南端に構内踏切が設けられていて
二つのホームを連絡しています。
秩父鉄道b40
島式の2、3番線ホームです。
羽生方面行きの上り線ホームとなります。
秩父鉄道b41
ホーム中央ほどに木造の上屋がありベンチが置かれています。



秩父鉄道b43
こちらは秩父鉄道の三峰口駅━皆野駅間の
au 4G LTEでの電波エリアマップとなります。
首都圏近郊の観光地を走っているだけに全区間で電波圏内となっています。
列車に乗っていても基本的に駅へのアクセスはどこからでも可能です。


秩父鉄道b44
開通してから100年以上が経っている路線だけに
古い味わいのある駅舎や施設がまだまだ数多く残っている路線で、
特に西側の秩父方面にはその傾向が顕著です。
秩父鉄道b45
また寺社仏閣や秩父の山々など観光の見所も多い路線ですので
観光路線としての側面も持っています。


皆野駅から東についてはその2にて書きたいと思います。

では。

会津鉄道会津線c30
さて、会津鉄道の続きです。


その1(会津高原尾瀬口━会津田島)はこちら
その2(会津田島━湯野上温泉)はこちら



会津鉄道会津線b06
湯野上温泉郷を後にした会津鉄道は大川ダムのダム湖である若郷湖の南で
これまで併走してきた国道121号線と別れます。

これまでほとんどトンネルの無かった会津鉄道ですが、
ダム湖の東岸を北上するこの区間に入ってトンネルの連続となります。

これは1986年(昭和61年)に阿賀川に大川ダムが完成した為で、
ダム湖の底に線路が沈む事となった国鉄会津線は
1980年(昭和55年)に現在のルートへと付け替えが行われます。

昭和初期に敷設された会津線は
地上を出来るだけ少ない勾配で走るルートが選択されましたが、
付け替えられた新線は土木技術を駆使してそのほとんどがトンネルとなりました。
比較的電波状況の良い会津鉄道でこの区間だけ電波が悪くアクセスしづらい理由はここに有りました。

通常の旅客にとっては最短ルートを走るので非常に好ましいのですが、
駅メモでGPSを使う身としては電波が入らないトンネル区間は鬼門となります。
駅間の区間はほぼトンネルである以上電波は入りにくいのですから
列車が駅に停車している時に確実にアクセスをする事が求められるでしょう。


会津鉄道会津線b07
こちらは若郷湖の東岸にある桑原集落の市道です。
かつて国鉄会津線があった時代の1932年(昭和7年)に桑原駅が開業していますが、
その桑原駅こそが旧桑原集落に作られた駅でした。

ダム湖の湖底に桑原集落が沈む事となり、
1977年(昭和52年)に集落が移転した場所が写真の付近の現・桑原集落となります。
湯野上温泉駅からは北に4kmほどに位置しています。
会津鉄道会津線b08
こちらが駅前の市道と、駅舎の前に広がる駅前広場です。
集落の中心部付近に駅は置かれています。
会津鉄道会津線b09
芦ノ牧温泉南駅の駅舎の様子です。
この場所に駅が移転したのは新線へと付け替えられた1980年(昭和55年)のことで、
国鉄会津線の桑原駅として移転設置されました。
その後第三セクター転換された1987年(昭和62年)に現在の駅名へと変更されています。
会津鉄道会津線b13
駅前広場はかなり広めのスペースが取られていますが、
実は駅舎の目の前を東西に市道がもう一本走っていて
道路に広場が挟まれた状態となっています。
会津鉄道会津線b10
駅舎側から駅前広場の方向を見ると、市道の向かいに建物が見えます。
会津鉄道会津線b11
駅の向かいに見えた建物は大川集会所とあり
この集落の集会場でした。
会津鉄道会津線b12
その集会場の前の敷地には
かつての旧駅の駅名標が移設されていました。
会津鉄道会津線b22
集会場の敷地の南は公園となっており、その一角にご覧の看板があります。
駅の北東には会津若松市最高峰の大戸岳があり、桑原からは桑原口登山道があって
登山客の登山ルートでしたが2010年(平成22年)に廃道となっています。
会津鉄道会津線b15
駅舎の入口の左手にはご覧の待合室があります。
二畳ほどの狭い待合室ですが扉があって風雪をしのぐ事ができます。
会津鉄道会津線b14
入口の右手を見るとホームへと下る階段があります。
国鉄時代の土盛りされたホームの地上駅が多い会津鉄道の中で
この駅は無骨なコンクリートが、同時期に作られた野岩鉄道の駅と雰囲気が似ています。
会津鉄道会津線b16
階段を下りきったホーム入口付近です。
上り口のスペースにはベンチが置かれています。
会津鉄道会津線b17
壁に掛けられた駅周辺の案内図。
会津鉄道会津線b18
ホーム側を見ると目の前に大川ダムの若郷湖が見えますが、
ちょうどこのあたり(実際にはやや左手)がかつての旧・桑原駅の沈んでいる場所となります。
会津鉄道会津線b19
こちらがホームの様子です。
単式ホーム1面1線となります。
ホーム南端からトンネル入口までは500mほどの距離となります。
会津鉄道会津線b20
駅舎からは一段低い位置にホームが作られていますが、
ホーム上には桜の木が植えられており春には見事な光景が見られる駅でもあります。
会津鉄道会津線b21
駅の横断幕には「眼下に広がる若郷湖」とありました。



会津鉄道会津線b23
芦ノ牧温泉南駅を出た会津鉄道は200mほどで再び向山トンネルへと入ります。
ご覧の通り駅間のほとんどがトンネル区間で占めており、
当然ながらトンネル内では電波が届かないので駅へのアクセスができません


会津鉄道会津線b24
駅間の市道から見た大川ダム。
ダム湖の対岸に走る国道118号線とは隔てられた
湖畔の東側に沿って走る山中の道路から見た光景です。
会津鉄道会津線b25
ダムの見える場所から北へ少し進むとご覧のソーラーパネルの発電施設が現れます。
写真の奥中央付近にかすかに見えるのが次の駅となります。
かつての国鉄会津線の旧線もソーラーパネルの奥の方を走っていました。
会津鉄道会津線b26
ダム湖畔を通る道路から分岐しているこちらの道は、
会津鉄道の向山トンネルの北端出口の真上付近にあたりますが
駅前へと通じる道路となっています。
会津鉄道会津線b27
立て看板の立っているこちらの階段が駅への入口となります。
会津鉄道会津線b28
ホーム側から見た駅入口の階段。
会津鉄道会津線b29
階段脇にあるこちらが大川ダム公園駅の駅舎となります。

この駅のルーツは旧線上にあった舟子信号場となります。
付近の舟子集落に交通アクセスが無かったことから
1968年(昭和43年)に信号上に舟子仮乗降場を設置。
これがこの駅の旅客扱いの始まりです。

国鉄時代の駅は、国鉄本社の認可に基づき設置されるものでした。
そして臨時に設置される駅が臨時乗降場(臨時駅)であり、当然国鉄本社に認可されています。
これに対して国鉄時代には、駅を設けるほどではないが利用者の利便性などがあって
地方の鉄道管理局の判断によって設置される「仮乗降場」というものがありました。

正式な駅を作るには費用が掛かる為、簡素な設備で乗降ができる場所を作ったものであり、
国鉄本社には認可されておらず把握もされていなかったといいます。
本社が把握していないので全国版の時刻表にも駅が載っておらず、
それでいて列車は停車して客扱いをするという存在でしたので
鉄道ファンには「幽霊駅」「ヤミ駅」などと呼ばれていました
会津鉄道会津線b30
そして大川ダムの建設によって国鉄会津線は1980年(昭和55年)に新線へと移設。
舟子仮乗降場も仮のまま新線へと移設されました。
現在の駅舎やホームはこの移設時に作られたもので、
正式駅では無いのにこれだけの設備を作ったということになります。

その後1987年(昭和62年)4月の国鉄分割民営化で
JR東日本へと受け継がれると正式に舟子駅として駅に昇格。
3ヶ月後の7月に第三セクター転換されると現在の大川ダム公園駅に改称されています。
ちなみに新しい駅名は移転した舟子集落の住民で決めたそうです。
会津鉄道会津線b35
駅舎の中の様子です。
こじんまりとした建物の中に木製のベンチが置かれた待合室となっています。
会津鉄道会津線b34
駅舎のドアの上には八重桜の記念植樹の銘板が。
ダム建設で駅と一緒に移転した舟子集落の住民が開業時に桜を植えたことが分かります。
会津鉄道会津線b31
ホームの様子です。
単式ホーム1面1線の棒線駅となっています。
会津鉄道会津線b32
ご覧の通り山の中にある駅で周辺も一面の山林となっています。
会津鉄道会津線b33
ホームの目の前の反対側に広がる一面のソーラーパネル。
大川ダム建設の際に出た残土を捨ててできた平地を有効活用したものだそうで
2016年(平成28年)に建設され2.3メガワットの発電量があるそうです。
会津鉄道会津線b36
駅の横断幕にも「山間の太陽光発電所」の文字が。
会津鉄道会津線b37
ホームの階段を登って駅の前の道へと戻ります。
会津鉄道会津線b38
駅の目の前にあるご覧の広場とログハウス風の小屋。
会津鉄道会津線b39
小屋の方は駅の前後に広がるソーラーパネルの関連施設でした。
会津鉄道会津線b40
そして広場の片隅にある看板。
汚れていますが見てみると駅周辺の案内図でした。
しかしこの広場がタクシー乗り場だったとは。
近くに移転した舟子の集落があることも分かります。
会津鉄道会津線b41
こちらは再び大川ダム公園駅近辺のトンネルの配置図です。
南側の目の前に向山トンネルの出口があるのは先に述べた通りですが、
北側も1kmほどで舟子トンネルがあります。
ですので鉄道で駅を取る場合、走行中はほぼトンネル内なので
アクセスできる場所がほとんど無い
という事になります。
列車が駅に停車している時には問題無く取れますので取り忘れに注意をして下さい。



会津鉄道会津線b42
大川ダム公園駅から北へ、国道118号線と阿賀川と併走するように
会津鉄道の線路も北上をします。
山間部を主に通り抜ける為、次の駅までは5.7kmの距離が置かれています。
写真は国道118号線の上三寄郵便局付近で、
ご覧の西への道路で駅と国道が連絡されています。
会津鉄道会津線b43
国道から駅への道は県道213号芦ノ牧温泉停車場線という県道なのですが、
入ってすぐの国道寄りにご覧の牛乳屋食堂があります。
会津のローカル店ながら、全国丼グランプリ金賞のソースカツ丼やラーメンなどで
愛好家には有名な店なのだそうです。
会津鉄道会津線b44
120mほどの停車場線を西へと進むとつきあたりに駅があります。
会津鉄道会津線b45
こちらが芦ノ牧温泉駅の駅舎の外観です。
1927年(昭和2年)に国鉄会津線が最初に開業した際の終着駅で、
開業当初は上三寄駅という名前でした。
入口付近が白く塗られているなどしてはいますが
開業当初の駅舎が現在までそのまま使用されています。
会津鉄道会津線b46
駅舎の前にある上三寄駅時代の駅名標です。
隣駅が桑原駅となっていますが、小さく括弧で(ふなこ)と書かれています。
会津鉄道会津線b47
駅前の広場は駅舎や線路に沿って広がっており
奥は駅の駐車場となっています。
会津鉄道会津線b48
駅舎の南側の広場にあるこちらは会津鉄道神社です。
会津鉄道が企業内神社として2012年(平成24年)に設けた神社で
乗客の安全を祈願して近隣三社のご神体が祭られているそうです。
会津鉄道会津線b57
神社のさらに奥には会津鉄道のAT-301が静態保存されています。
この列車は元々は国鉄のキハ30-18という車両で川越線や八高線で走っていたものです。
1999年(平成11年)より会津鉄道の自走トロッコ列車「会津浪漫号」となり
観光列車として走り2009年(平成21年)に引退。
現在はこの駅の留置線で静態保存されています。
会津鉄道会津線b58
留置線はご覧の通り本線と現在もつながっています。
また列車の前にはベンチが置かれています。
会津鉄道会津線b49
駅舎の入口に戻ると扉の上には「ねこが働く駅」の表記があります。
そして扉の脇にはこの駅で名誉駅長を務める猫たちの写真が飾られていました。
会津鉄道会津線b50
駅舎の中の様子です。
簡易委託駅として有人で駅務が行われていますが、
猫の駅長も勤務している為、待合室はご覧の通り一面の猫グッズが並んでいます。
会津鉄道会津線b51
待合室の一角の丸テーブルの奥には
この駅の初代名誉駅長「ばす」のコーナーがありました。
会津鉄道会津線b56
またこの芦ノ牧温泉駅は、同じ猫駅長が勤めるという縁から
2012年(平成24年)にひたちなか海浜鉄道の那珂湊駅と姉妹駅提携をしています。
(写真上:芦ノ牧温泉駅、下:那珂湊駅)
会津鉄道会津線b52
こちらがホームの様子です。
相対式ホーム2面2線の駅であり列車交換のできる駅となります。
また芦ノ牧温泉駅は簡易委託駅で人間の駅長も勤務しており、
また猫駅長が構内を散歩することなどから列車別改札となっています。
会津鉄道会津線b53
駅舎のあるこちらが下り線の会津田島方面行きホームです。
北側にもホームが延びていますが、駅舎より北側は使用されていません。
会津鉄道会津線b54
ホーム同士は駅の北側にある構内踏切で連絡しています。
会津鉄道会津線b55
こちらが上り線の会津若松方面行きのホームです。
待合の上屋があるのみとなっています。



会津鉄道会津線b59
引き続き国道118号線とほぼ併走する形で北上する会津鉄道。
2.8km進んだご覧の付近が次の駅の駅前付近となります。
会津鉄道会津線b60
反対の北側から見た国道の駅入口付近。
会津バスの宮内バス停があり、入口の道の脇には
単管パイプに下げられた駅入口の案内看板があります。
会津鉄道会津線b61
国道から駅まではすぐで、距離にして90mほどに位置しています。
会津鉄道会津線b66
すぐに目の前に現れる会津鉄道の宮内踏切。
会津鉄道会津線b62
その脇にあるこちらがあまや駅の駅舎となります。
プレハブ作りの簡素な駅舎となっています。
駅は1999年(平成11年)の開業で、路線に後から作られた新駅となります。

元々両隣の駅から3kmほど離れたこの地域では国鉄会津線の時代から
駅設置の請願がたびたびだされていました。
この付近では1990年代に田んぼの区画整理である圃場整備事業が行われており、
その整備によって生じた土地を利用して新駅が設置されました。
会津鉄道会津線b63
西側から見た駅の全景です。
会津鉄道会津線b64
圃場整備がされて設置された駅だけに
目の前は一面の田んぼが広がっています。
会津鉄道会津線b65
駅舎の中の様子です。
小さな駅舎の中はベンチの置かれた待合室のみとなります。
会津鉄道会津線b67
駅舎の目の前にあるホームへの入口。
階段の他にバリアフリーのスロープも設置されています。
会津鉄道会津線b68
ホームの様子です。
単式ホーム1面1線の駅で交換設備はありません。
会津鉄道会津線b69
駅名標は会津鉄道のキャッチフレーズの入った形式の物ではなく
旧国鉄のものに近いシンプルなものだけが設置されていました。
会津鉄道会津線b70
横断幕には「大戸古窯跡群、古きを訪ねて」とあります。
駅周辺の地区には「大戸古窯跡群」(おおとこようせきぐん)と呼ばる
古代から中世にかけて操業した窯跡の史跡があり、東日本最大規模の窯跡群となっています。



会津鉄道会津線b71
こちらは県道212号門田停車場線で、
国道118号線から駅までの700mあまりを連絡している県道です。
会津鉄道会津線b72
切り替えして国道の方向を見ると県道である事を示す標識が。
会津鉄道会津線b73
県道の西端に進むと駅前広場と駅舎が置かれています。
会津鉄道会津線b74
こちらが門田駅の駅舎となります。
1927年(昭和2年)の国鉄会津線開業時に設置された駅で、
国鉄時代には大きな木造駅舎のある駅でした。
第三セクター転換後もしばらくは木造駅舎は残っていた様ですが
解体されて現在のプレハブの待合室に建て替えられました。
駅舎の表側には駅名標は無く、まるで空き地の物置の様です。
会津鉄道会津線b75
駅舎の中の様子です。
待合室のみのこじんまりとした中にベンチが設置されています。
会津鉄道会津線b76
ホーム側から見た駅舎です。
駅名標が壁にあるのでこちら側から見ると駅らしく見えます。
会津鉄道会津線b77
こちらがホームの様子で、元が木造駅舎の駅だけに相対式2面2線となっています。
駅舎のあるこちらが下り線の会津田島方面行きホームとなります。
会津鉄道会津線b78
駅近くには集落があるものの、駅の西側は阿賀川の河川敷なので
田んぼが広がっている景色となっています。
会津鉄道会津線b82
ホームに残る国鉄時代の縦長の駅名標。
非常に味があります。
会津鉄道会津線b79
ホームの南端にある構内踏切。
両方のホームを連絡する通路はここのみです。
会津鉄道会津線b80
上り線の会津若松方面行きホームです。
この駅は1線スルー方式の線形となっています。
会津鉄道会津線b81
こちら側のホームには上屋などは無く、
黄色いベンチが置かれているのみとなっています。
会津鉄道会津線b83
駅の横断幕は下り線の駅舎脇にありますが
「献上身不知柿の里」と書かれています。
門田駅周辺は「身不知柿」(みしらずかき)の名産地で知られ、
漆器や紙器が盛んな会津地方で必要や柿渋(下塗りの塗料として使う)を生みだし
盛んに栽培されるようになったそうです。
多くの実を付けることから「身のほどを知らず」と名がつけられた柿は
現在でも皇室へ献上をしている由緒ある柿なのだそうです。



会津鉄道会津線b85
こちらは県道128号会津若松会津高田線という県道で、
会津鉄道の上下口踏切付近の光景となります。
鉄道と併走してきた国道118号線からは西へ650mほどに位置しています。
会津鉄道会津線b84
会津若松市内から伸びている県道は中央分離帯のある道路で
踏切も上下線の道路それぞれに分かれています。
会津鉄道会津線b86
その踏切の南西の脇に公園があるのですが、
この公園が県道と駅とを連絡する通路の役割となっています。
会津鉄道会津線b87
中央部がインターロッキングで舗装されているこの公園は
会津若松市が管理している一ノ堰2号という緑地でした。
会津鉄道会津線b88
その緑地の南側の出口の前に会津鉄道の駅が置かれています。
会津鉄道会津線b89
こちらが南若松駅の駅舎の外観となります。
国鉄会津線の時代には無かった駅で、
1995年(平成7年)に新しく設置された駅となります。
会津鉄道会津線b90
駅前の線路沿いの道は二車線で広く、
線路脇の鉄道用地が駅の駐車場として利用されていました。
会津鉄道会津線b91
そして駅の目の前にある大きなため池です。
会津鉄道会津線b92
60m×80mの大きさのため池は駅からもよく見える位置にあり、
周辺に用水路が伸びていました。
会津鉄道会津線b93
ため池とつながっている緑地脇の用水路。
会津鉄道会津線b94
駅舎へと戻って中の様子です。
大きめの駅舎の中は待合室のスペースの奥にトイレが設置されていました。
会津鉄道会津線b95
ホームへの入口は駅舎の目の前で、
北側の端からホーム上へと上る様になっています。
会津鉄道会津線b96
この駅のホームは単式1面1線となっています。
路線に後から新設された駅なので交換設備などはありません。
会津鉄道会津線b97
90年代に作られたホームは鉄骨組みで幅も狭めとなっています。
上屋としては屋根のみが設けられていてベンチなどは置かれていません。
会津鉄道会津線b98
駅の横断幕には「会津美里町へようこそ」とあります。
北側を走る県道128号線は西へ800mほどで阿賀川に架かる本郷大橋に差し掛かります。
橋を渡った東側は会津美里町であり、会津若松市の中心部から会津美里町へとつながる県道の
端の西詰に位置する駅はまさしく会津美里町への入口と言えるでしょう。



会津鉄道会津線c01
こちらはスーパーのヨークベニマル城西町店です。
県道211号西若松停車場南町線に位置しており、
駅の東口広場の隣に位置しています。
会津鉄道会津線b99
スーパーの南側を西へと入る道路です。
こちらが駅前広場へと続く道となります。
会津鉄道会津線c02
120mほどでスーパーの裏手へと回りこみ駅前広場へ。
会津鉄道会津線c03
こちらが東口の駅前広場となります。
ご覧の通りバスの待機場、タクシープール、そして駅前駐車場のあるロータリーと
広めの駅前広場が設けられています。
会津鉄道会津線c04
西若松駅の東口の外観です。
駅は1926年(大正15年)に国鉄会津線の会津若松駅━会津坂下駅間、
現在のJR只見線の開通で設置されました。
翌年の1927年(昭和2年)には西若松駅━上三寄駅(現・芦ノ牧温泉駅)が
国鉄会津線の支線として開業しており、これが現在の会津鉄道の路線にあたります。
会津鉄道の列車は会津若松駅まで運行していますが、
起点はこの西若松駅
となっています。

現在の駅舎は2005年(平成17年)に改築されたもので橋上駅舎となっており、
JRと会津鉄道の共同使用駅となっています。
会津鉄道会津線c05
駅舎の北側には県道の跨線橋があり、
先ほどの駅前スーパーの脇から駅を跨いでいます。
会津鉄道会津線c06
東口の駅舎の中の様子です。
会津鉄道会津線c07
階段を上った跨線橋上の自由通路。
会津鉄道会津線c08
こちらが西若松駅の改札付近の光景となります。
JRと会津鉄道の共同使用駅ですが、改札業務は会津鉄道が行っています。
会津鉄道会津線c09
駅構内側から見た改札の光景。
会津鉄道会津線c10
改札を入ると左手に階段が一つだけあり、
一本道でホームへ降りる様になっていました。
会津鉄道会津線c11
こちらがホームの様子です。
駅には単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線の計2面3線となっています。
しかし通常時には島式ホームのみ使用をしていますので
実質的には島式ホームの駅の様に運用されています。
会津鉄道会津線c12
島式ホームは2、3番線となっており、
西側の2番線が只見線ホーム、東側の3番線が会津鉄道ホームで
それぞれのホームに上下線ともに停車をします。
会津鉄道会津線c13
駅の上には2本の跨線橋が架かっていますが、
自由通路の跨線橋は駅の改築された2005年(平成17年)、
県道の西若松跨線橋は2000年(平成12年)に架けられました。
会津鉄道会津線c14
ごらんの様に3番線には会津鉄道の番線表示がありますが、
駅名標はJRの仕様のものだけで会津鉄道仕様のものはありません。
会津鉄道会津線c15
こちらは西若松駅のホーム南端から会津田島方面を見た様子です。
地図を見ると西若松駅の南でJR只見線と会津鉄道は線路が合流しているように見えますが、
実際にはご覧の通り、駅南側では併走しているのみで合流はしていません。
会津鉄道会津線c16
ホーム北端から会津若松方面を見ると
駅の北側すぐでJR只見線と会津鉄道の線路が合流しているのが見えます。
ですので只見線は駅で列車交換ができますが、
会津鉄道は西若松駅構内では列車交換はできません。
会津鉄道会津線c17
そして島式ホームの対面に見えるこちらの単式ホームが1番線です。
只見線のホームであるこちらは夕方の会津若松方面行きの1本のみしか使用しない為、
日中はホームへ立ち入ることができません。
また橋上の改札口と1番線はつながっておらず、西口の専用の入口からしか入れません
会津鉄道会津線c18
こちらは西口の駅舎の外観です。
会津鉄道会津線c19
西口の駅前にも、東口よりは小規模ですが広場とロータリー、
そして駅前駐車場が設けられています。
会津鉄道会津線c20
西口の駅舎内の様子です。
会津鉄道会津線c21
先ほどの1番線ホームへの入口はここに設けられています。
会津鉄道会津線c22
西口駅前の広場から北側を見ると
砂利敷きの駐車場があり、駅利用者が駐車をする事ができます。
そして入口にはご覧の会津鉄道本社への案内看板が立っています。
会津鉄道会津線c23
駐車場の中を進むと左手に建物が。
会津鉄道会津線c24
こちらが会津鉄道の本社の建物です。
会津鉄道会津線c25
本社建物の目の前には会津鉄道のラッセル車が留置されていました。


以上で会津鉄道の駅としては全てとなります。
ただ列車自体は西若松駅からJR只見線へと乗り入れており、
運行上の終点駅は会津若松駅となっています。
会津鉄道会津線c26
こちらは西若松駅の北隣のJR只見線の七日町駅

会津鉄道会津線c27
そして運行上の終点である会津若松駅です。
会津鉄道の列車は5番線へと入線(一部4番線)となります。



会津鉄道会津線c28
こちらは会津鉄道の湯野上温泉駅━西若松駅(━会津若松駅)の区間の
au 4G LTEでの電波エリアマップです。
基本的にほぼ全ての区間が電波エリア圏内となっていますので
駅へのアクセスに困る事はまずありません

会津鉄道会津線c29
ただ、会津鉄道の区間で大川ダム建設による新線付け替えの行われた
大川ダム公園駅周辺のみは若干電波の弱い区間があります。
以前は大川ダム公園駅が電波エリア圏外だったのですが、
auでも電波エリアの改善が行われてご覧の様に駅に電波が入る様になりました
(docomoでは以前から大川ダム公園駅にも電波が届いていた様です)

元々トンネル内は電波が届きませんので、
大川ダム公園駅に関しては駅停車時にアクセスをする、と考えれば
問題なく駅を取る事が可能でしょう。



以上で会津鉄道の記事は全てです。
青春18きっぷが使えない第三セクター路線ということで
運賃も高くなりがちで足が遠のく路線ではありますが、
観光地も多く雪の無い季節はむしろ快適な地域だと思います。

もちろん豪雪地帯なので冬場こそが本領の土地ですので
雪の会津に出向くのも乙なものかと。

では。

会津鉄道会津線a19
会津鉄道の記事の続きです。


その1(会津高原尾瀬口━会津田島)はこちら



会津鉄道会津線a07
会津鉄道の各駅に掲示されている横断幕ですが、
こちらの会津田島駅のものには「会津、南の中心地、日本三大祇園祭」とあります。
これは駅の北400mほどにある田島鎮守の田出宇賀神社で
毎年7月22日~24日の3日間開催される会津田島祇園祭についてのキャッチフレーズです。
祭りは国指定の重要無形民俗文化財に指定されており、
京都市八坂神社の祇園祭、福岡市櫛田神社の博多祇園山笠と並ぶ
日本三大祇園祭の一つとされています。
会津鉄道会津線a08
会津田島駅から北は運行系統が南側とは別となっており
気動車のみが走れる非電化区間となっています。
引き続き会津鉄道の線路を辿って北へと進みたいと思います。



会津鉄道会津線a09
会津田島駅まで会津鉄道と併走し北上してきた国道121号線ですが、
会津西街道(日光街道)としては会津田島駅の南西付近で分岐して
県道347号高陦田島線となります。
国道と県道が分岐してから2kmほど西に進むと
ご覧の県立田島高校への案内標識のある交差点となります。
会津鉄道会津線a10
県道からガソリンスタンドのある交差点を南へ
100mほど下ると会津鉄道の踏切となります。
会津鉄道会津線a11
この踏切の南側の会津田島方に次の駅である
田島高校前駅の入口とホームがあります。
駅は1951年(昭和26年)に、既に開通していた国鉄会津線に田部原駅として新設設置されたもので、
第三セクター転換された1987年(昭和62年)に現在の駅名となっています。
会津鉄道会津線a12
踏切の南側から見た駅への入口付近。
会津鉄道会津線a13
駅前の道路から線路沿いにホームへと連絡する舗装が伸びており、
ホーム入口にはご覧の木造の建屋がゲートの様に建っています。
会津鉄道会津線a14
こちらがホームの様子となります。
単式ホーム1面1線の棒線駅で、駅舎は無くホーム上に待合室の建屋が置かれています。
会津鉄道会津線a16
ホーム上にはごらんの待合室の建屋があります。
木造の建物で中は木製ベンチのある倉庫のような作りとなっています。
会津鉄道会津線a15
無人駅ではありますがホームの幅は広く取られていました。
会津鉄道会津線a17
そして駅前の道路へと戻り南側へと進むと
240mほどで高校の校門があります。
会津鉄道会津線a18
こちらが駅名の由来となっている県立田島高校です。



会津鉄道会津線a20
県道347号線(日光街道)と併走して東へと進む会津鉄道は
2.2kmほどで次の駅となります。
会津鉄道会津線a21
こちらが会津長野駅の駅舎となります。
1934年(昭和9年)に国鉄会津線が延伸した際に設置された駅で
現在の駅舎はログハウス風のものが建てられています。
会津鉄道会津線a22
駅舎の前には砂利敷きの駅前広場が。
会津鉄道会津線a23
駅舎の正面の道は150mほどで県道347号線と連絡しています。
この道路自体も県道349号向山会津長野停車場線という県道なのですが
ごらんの通りの生活道路となっています。
会津鉄道会津線a24
駅舎の中の様子です。
無人駅ですので待合スペースのみとなっています。
会津鉄道会津線a25
ホーム側から見た駅舎の様子。
会津鉄道会津線a26
駅の横断幕には「美味、リンゴの里」とありました。
福島県はリンゴ生産量全国5位(2018年度)という土地であり、
南会津産のリンゴは寒冷高地の特性を生かして蜜が多いという特徴があります。
会津長野駅周辺にはリンゴ園がいくつもあることかこのキャッチフレーズとなったと思われます。
会津鉄道会津線a27
ホームの様子です。
単式ホーム1面1線の棒線駅となっています。
会津鉄道会津線a28
土製のホームはかつては島式ホームだったものを
そのまま片面だけの使用にしたもので、
作りなどに島式の面影が残っています。
会津鉄道会津線a29
ホーム端の先の線路の湾曲具合などを見ると、
現在の駅舎のある場所や隣の工場の建物はかつての線路用地であったことが分かります。



会津鉄道会津線a30
会津長野駅付近を通過した県道347号線は1km半ほど進むと
大きく湾曲してカーブを描きます。
このカーブの付近から日光街道は国道121号線へと戻って行き、
県道347号線は東へと進んで会津鉄道を踏み切りで超えます。
ご覧の場所は踏み切りのすぐ東側にあるT字路の交差点ですが、
この交差点の前に次の駅が設置されています。
会津鉄道会津線a31
養鱒公園駅の駅舎の外観です。
1947年(昭和22年)にすでに通っていた国鉄会津線の線路上に
会津落合駅として新設開業しました。
会津鉄道会津線a32
第三セクター転換時の1987年(昭和62年)に現在の駅名となっていますが、
元となった養鱒公園は駅の南へと2kmほど先にあり
徒歩ではおよそ30分程度かかります。
会津鉄道会津線a37
駅の南の隣には消防団の倉庫があります。
目の前の県道の南の方向を見ると踏み切りが見えます。
会津鉄道会津線a33
駅舎の中の様子です。
この駅も無人駅ですのでログハウス駅舎の中は待合室のみとなっています。
会津鉄道会津線a34
ホーム側からの駅舎の様子です。
スロープ状の連絡通路で駅舎からホームへと上る仕組みとなっています。
会津鉄道会津線a35
ホームは単式ホーム1面1線となります。
線路の途中に新設された駅だけに交換設備などはありません。
会津鉄道会津線a36
目の前は畑となっており、まばらな人家の間を木々が囲んでいます。
会津鉄道会津線a45
この駅の横断幕には「幻想的、猿楽台地、観音沼」とあります。
「猿楽台地」というのは昭和40年代に国営農地開発事業で整備されたそば畑で、
「観音沼」というのは観音沼森林公園の事でかつては秘境と呼ばれた沼のほとりの景勝です。
どちらも最寄り駅は養鱒公園駅となります。



会津鉄道会津線a38
引き続き県道347号線と併走しながら北へと進む会津鉄道。
2.6kmほど進むと大川ふるさと公園への案内標識があり、
踏切の先へと道が伸びています。
会津鉄道会津線a39
この踏切の100mほど南の県道沿いに次の駅のホームが見えます。
会津鉄道会津線a40
県道と反対側の、線路西側の道を南下すると
駅舎と駅前の広場が見えてきます。
会津鉄道会津線a41
こちらがふるさと公園駅の駅舎となります。
国鉄会津線の時代にはこの駅は無く、会津鉄道となった後の
2002年(平成14年)に新設された駅です。
会津鉄道会津線a42
駅舎の前に設置されている駅の見取図です。
会津鉄道会津線a43
待合室となっている駅舎の中の様子です。
会津鉄道会津線a44
駅舎脇にあるホームへと上る階段。
会津鉄道会津線a46
ホームの様子です。
単式ホーム1面1線の棒線無人駅となっています。
会津鉄道会津線a47
平成に作られた駅だけに鉄骨作りの現代的な作りとなっています。
会津鉄道会津線a48
横断幕には「心躍る、下郷ふるさと祭り」とあります。
駅名の元となっているふるさと公園では毎年夏に「下郷ふるさと祭り」が行われており
ステージイベントやよさこい踊りなどが開催されていて
こちらが駅のキャッチフレーズとなった様です。
会津鉄道会津線a49
駅の北側の県道からの踏切に戻り、
ふるさと公園への案内標識に従って西への道を進みます。
するとおよそ90mほどで公園の入口が現れます。
会津鉄道会津線a50
こちらが公園の中の様子です。
下郷町の公共施設である園内には広大な広場があり、
また公園のコミュニティセンターはいわゆるステージのある体育館で
様々なスポーツやイベントの開催が可能となっています。



会津鉄道会津線a51
こちらは会津下郷駅の駅舎の外観です。
国鉄会津線が会津田島駅まで延伸した1934年(昭和9年)に楢原駅として設置された駅です。
駅舎は国鉄会津線の時代ものを引き続き使用しています。

会津鉄道の線路は会津西街道(日光街道)と併走をしてきましたが、
下郷町内で会津西街道の旧道が北西へと反れて行き、
国道121号線と会津鉄道は真北へと進路を取ります。
会津鉄道会津線a52
駅前には奥に広いスペースが広場として使われており、
利用者の駐輪場や駐車場としての役割の他に
下郷地区の会津バスのターミナルとしての役割を果たしています。
会津鉄道会津線a53
駅舎の中の様子です。
下郷町観光公社が受託している簡易委託駅であり
8:30~17:00は窓口が開いて駅務が行われています。
会津鉄道会津線a54
ホーム側から見た改札付近の様子です。
会津鉄道会津線a55
改札前に構内踏切があり、線路を渡ってホームと連絡しています。
会津鉄道会津線a56
構内は島式ホーム1面2線となっており
列車交換の可能な駅となっています。
会津鉄道会津線a57
また駅舎側に側線が1本あってラッセル車が留置されていました。
会津鉄道会津線a58
駅舎側が下り線の会津田島方面行きで、
反対の一番外側が上り線の会津若松方面行きとなっています。
構内踏切の目の前のスロープは国鉄時代のホームを削り取って
作られていました。
会津鉄道会津線a59
駅の横断幕は駅舎のホーム側に掲げられており、
「名勝、戸赤の山桜」とあります。
会津下郷駅の北で国道121号線から分岐している県道131号線(日光街道の旧道)を西へ進み、
2kmほどで県道346号線に入って西進すると下郷町に戸赤という集落があります。
こちらの山桜は明治時代から留め木として残されたもので
毎年春先に山桜まつりが行われる名勝となっています。
しかし戸赤の最寄は会津下郷駅ですが距離で8kmほどあり
車でも20分の距離となります。



会津鉄道会津線a60
真北へと進路を取った国道121号線と併走し北上する会津鉄道。
国道を3kmほど進むと次の駅への道の入口があります。
会津鉄道会津線a61
この国道から駅への120mほどの道は生活道路の様な道路ですが
県道216号弥五島停車場線という県道に指定されています。
そして停車場線の南のつきあたりに次の駅が置かれていました。
会津鉄道会津線a62
弥五島駅の駅舎の外観です。
1934年(昭和9年)の国鉄会津線延伸で設置された駅で
第三セクター転換後の2008年(平成20年)に現在の駅舎の改築されています。
会津鉄道会津線a65
駅前の様子です。
停車場線のつきあたりの駅舎前は広くなっており
車などが転回するには十分な広さがあります。
会津鉄道会津線a63
駅舎からホームへの通路です。
まるで貨車駅舎を思わせるような作りとなっています。
会津鉄道会津線a64
ホーム側から見た駅舎前の様子。
ご覧の通りホームの幅が狭くなっており
真正面からはご覧の角度が精一杯となります。
会津鉄道会津線a66
駅舎の中はご覧の通りの待合室となっています。
会津鉄道会津線a67
ホームの様子です。
単式ホーム1面1線の棒線駅となっています。
会津鉄道会津線a68
国道の方向には建物があるものの、
ホーム前はご覧の通り田んぼや山の風景が広がっています。
会津鉄道会津線a69
この駅の横断幕には「和太鼓体験」とあります。
元々は会津鉄道の開業記念事業の一つとして
1987年(昭和62年)に結成された「大川渓流太鼓」は
下郷町を代表する郷土芸能団体に発展しており、
弥五島駅近くには廃校を利用した太鼓練習場や太鼓工房などがあります。



会津鉄道会津線a70
弥五島駅から引き続き国道121号線と併走し北上する会津鉄道。
勾配を避ける為か若干国道から離れて阿賀川寄りに進路をとった
1.5kmほど先に次の駅があります。
写真は国道から駅方面へと連絡している道路で
つづら折りの道を下るとご覧の踏切があります。
会津鉄道会津線a72
踏切から西側を見ると駅のホームと駅舎の建屋が。
会津鉄道会津線a71
そして踏切の南側の脇に木製の門があり、
屋根の軒に塔のへつり駅と書かれた駅名標が下がっています。
会津鉄道会津線a81
門の脇には塔のへつりが天然記念物であることを示す石標がありました。
会津鉄道会津線a73
山中の遊歩道のような砂利道が
門からホームへと連絡しています。
会津鉄道会津線a74
こちらが駅舎の外観です。
駅は国鉄会津線の時代の1960年(昭和35年)に仮乗降場として設置。
1969年(昭和44年)に一旦廃止となったものの、
第三セクター転換されたすぐ後の1988年(昭和63年)に正式な駅として再設置されました。
会津鉄道会津線a75
駅舎の中の様子です。
待合室の他、トイレも中に設置されています。
会津鉄道会津線a76
駅舎の目の前にホームへの入口があり、
ホーム東端から入る事ができます。
会津鉄道会津線a77
中に入ってホームの様子です。
単式ホーム1面1線で交換設備は無く、カーブに駅が設置されています。
会津鉄道会津線a78
東側のホームは幅が広くなっており、
中ほどから西側は若干ホーム幅が狭い構造となっています。
会津鉄道会津線a79
またホームにはご覧の通りカタカナでマーキングがされています。
これは列車種別ごとの乗降口の位置を示したもので、
●テ:展望車両、●ト:トロッコ車両、●ザ:お座敷車両、○:快速・普通車両
となっています。
会津鉄道会津線a80
こちらの駅の横断幕は「百万年の芸術」となっており、
川岸が浸食と風化によって削られて出来た最寄りの景勝である塔のへつりを指しています。

会津鉄道会津線a82
駅から駅前の道路へと戻って南へと進むと
坂を下って300mほどで塔のへつりへの入口の広場があります。
ロータリー状の広場には茶店やみやげ物店が並んでいます。
会津鉄道会津線a83
広場から塔のへつりへと下る入口。
会津鉄道会津線a84
こちらが塔のへつりです。
「へつり」とは方言で川に迫った断崖や急斜面の意味だそうで、
長い年月で河岸が侵食風化されてできた奇観は国の天然記念物に指定されています。



会津鉄道会津線a85
山間の渓谷を抜ける国道121号線と、併走する会津鉄道。
次の集落までは4km弱あり駅間が離れています。
こちら次の駅近くの国道121号線脇の第2日光街道踏切付近の光景です。
この踏切から北へと向かって県道215号湯野上温泉停車場線という県道が延びています。
会津鉄道会津線a86
踏切から200mほど進むとこちらの三差路となり、
西に曲がってすぐに駅舎があります。
会津鉄道会津線a87
こちらが湯野上温泉駅の駅舎となります。
1932年(昭和7年)に上三寄駅(現・芦ノ牧温泉駅)から国鉄会津線が延伸した際に
当時の終着駅として湯野上駅として開業しました。

第三セクター転換をした1987年(昭和62年)に駅舎を改築。
この駅が最寄りとなる大内宿を模して茅葺き屋根の駅舎が建てられました。
2010年(平成22年)に豊後中村駅が茅葺きとなるまでは全国唯一の茅葺き駅舎でした。
会津鉄道会津線a88
駅前の三差路をさらに北へと下ると
すぐに左手に駅の駐車場があります。
会津鉄道会津線a89
駐車場の奥にはご覧のスロープがあり、
駅北側の駐車場と駅舎とを連絡してます。
会津鉄道会津線a90
駅舎の中の様子です。
茅葺きの建物に合った待合室には下郷町観光公社のみやげ物店が入っています。
この観光公社が簡易委託で駅業務を受託しており
8:30~17:00には有人で駅務が行われています。
会津鉄道会津線a91
17時を過ぎると売店側にはご覧の通りシャッターが閉まります。
また茅葺き屋根の維持に必要な囲炉裏があり、
有人時間帯には実際に使われています。
会津鉄道会津線a92
ホーム側から見た駅舎の改札付近です。
会津鉄道会津線a93
こちらがホームの様子です。
千鳥式に配置された相対式ホーム2面2線の駅で
列車交換が可能な駅となっています。
会津鉄道会津線a94
駅舎のあるこちらは下り線ホームで
会津田島方面行きの列車が停まります。
会津鉄道会津線a95
ホーム同士を連絡する構内踏切。
会津鉄道会津線a96
踏切の先にはスロープがあって反対側ホームへと上ります。
会津鉄道会津線a97
西側にある上り線ホームです。
会津若松方面行きとなります。
会津鉄道会津線a98
駅舎が無いこちらのホームには小さな待合の建屋がありました。
会津鉄道会津線a99
そして待合室の中の様子です。
壁に描かれているのは会津若松市出身のアーティストMHAKの壁画で
「曲線で構築し反復する」という現代アートの壁画が描かれています。
会津鉄道会津線b01
駅舎の前へと戻り南側を見ると時計台があり、
その南側には足湯のある建物が建っています。
会津鉄道会津線b02
この足湯は「親子地蔵尊の湯」という名前で、
旅行客の安全と近隣住民の健康と発展を祈願して
2012年(平成24年)に建てられました。
会津鉄道会津線b03
つかりながら会津鉄道の列車を眺められるこの足湯は
下り線ホームからも直接入れる通路が設けられていました。
会津鉄道会津線b04
駅の横断幕には「大内宿直近の温泉郷」とありました。



会津鉄道会津線b05
こちらは会津鉄道の会津田島駅━湯野上温泉駅間における
au 4G LTEでの電波エリアマップです。
渓谷などを通っている区間ですが全線が電波エリア圏内となっています。
この区間で駅へのアクセスに困ることはまず無いと思って良いでしょう。


湯野上温泉駅を通過した会津鉄道の列車は
いよいよ会津若松市内へと入って行きます。
つづきはその3にて書きたいと思います。

では。

会津鉄道会津線01
続いては会津鉄道についてです。


元々は1927年(昭和2年)に西若松駅━上三寄駅(現・芦ノ牧温泉駅)間で開業した
国鉄会津線が元の路線で、南へと延伸を続け1934年(昭和9年)には会津田島駅まで、
1953年(昭和28年)に会津滝ノ原駅(現・会津高原尾瀬口駅)までが開通しています。

長らく会津地方の盲腸線であった会津線は
1980年(昭和55年)の国鉄再建法によって第2次特定地方交通線に指定。
JR東日本への移管の翌年の1987年(昭和62年)に第三セクター転換されて会津鉄道となりました。


第三セクター転換の前年の1986年(昭和61年)には
野岩鉄道が新藤原駅━会津高原駅(現・会津高原尾瀬口)間で開業。
東武鬼怒川線から野岩鉄道、そして会津鉄道によって
首都圏から会津への短絡路線を形成することとなりました。

その為1990年(平成2年)には会津高原(現・会津高原尾瀬口)━会津田島駅間を電化。
東武鉄道からの直通運転が開始されています。



会津鉄道会津線06
こちらは「会津高原駅プラザ 憩の家」という観光物産館です。
駅前は駐車場となっており、尾瀬高原へと向かう会津バスの発着場も設けられています。
会津鉄道会津線25
この観光物産館の前の駐車場の南側の道を
阿賀川を渡って100mほど西に進むと国道352号線(会津西街道)が走っており
実質的な駅への連絡道となっています。
会津鉄道会津線07
建物の中の様子です。
入るとご覧の通路となっています。
会津鉄道会津線10
通路の右手には観光物産館と食堂が設けられています。
鉄道の切符は販売していませんが、バスのチケットを購入することができます。
会津鉄道会津線08
その物産館の前を抜けると階段があり、
連絡通路となっています。
会津鉄道会津線09
外側から見た連絡通路の様子と
通路から見下ろした光景です。
会津鉄道会津線11
そして連絡通路を抜けると、通路出口の向かいの
軒下に駅の入口があります。
会津鉄道会津線12
こちらが会津高原尾瀬口駅の駅舎の入口です。
会津鉄道会津線16
駅舎の前から見た駅前の様子。
会津鉄道会津線13
北側の駅への道から見た駅舎の様子です。
駅は1953年(昭和28年)に国鉄会津線の延伸によって会津滝ノ原駅として開業しました。
長らく会津線の南端の終着駅としての存在で、
この駅より南に鉄道が開業したのは1986年(昭和61年)の野岩鉄道開業まで
実に30年以上を待つ事となります。
会津鉄道会津線14
駅舎の中の様子です。
有人の券売窓口のある待合室となっており、
改札は鉄製のラッチが設置されていました。
会津鉄道会津線15
冬場は雪が積もる地域だけに
改札のホーム側にも扉が設けられていて雪が吹き込まないようになっています。
会津鉄道会津線17
ホーム側からの駅舎の前の様子です。
駅舎とホームは離れており、構内踏切を渡った後にスロープでホームへと上がります。
会津鉄道会津線22
駅の外側から見たスロープ付近の様子です。
会津鉄道会津線18
構内踏切の南側すぐにある転車台。
これは国鉄会津線でSLが走っていた時代に実際に使用していたものです。
会津線の終端だった会津滝ノ原駅ではSLが転換する施設が必要でした。
会津鉄道会津線19
そしてスロープ脇にあるゼロキロポスト。
こちらは会津鉄道のものではなく、1986年(昭和61年)開業のの野岩鉄道のものです。
会津鉄道会津線24
ホームは島式ホーム1面2線となります。
西側の1番線が野岩鉄道の新藤原方面行き、
2番線が会津鉄道の会津田島方面となります。

会津鉄道は会津若松駅が起点ですので
東京へと近づく会津高原尾瀬口駅方面への南行が下り線、
反対に北へと向かう列車が上り線となります。
会津鉄道会津線20
駅名標は1番線側が会津鉄道の様式、
2番線側が野岩鉄道の様式のデザインとなっています。
会津鉄道会津線21
上屋の屋根からぶらさがっている駅名標は野岩鉄道様式のもの。
会津鉄道会津線23
ホームの様子です。
上屋の屋根がありベンチが置かれています。



会津鉄道会津線26
国道352号線を北上すると国道121号線と合流し、国道の重複区間となります。
国道が合流すると会津鉄道の線路も併走するようになり、
会津高原尾瀬口駅から4kmと少々進むと次の駅付近となります。
会津鉄道会津線27
特に駅への標識や案内表示はありませんが、
国道脇のこちらの側道の坂道を登っていくと次の駅があります。
会津鉄道会津線31
駅への坂道と国道の位置関係はご覧の通り。
会津鉄道会津線28
坂の上にある駅付近の光景です。
会津鉄道会津線29
こちらが七ヶ岳登山口駅の駅舎の外観です。
国鉄会津線が延伸した1953年(昭和28年)に糸沢駅として開設され、
第三セクターに転換した後の1987年(昭和62年)に現在の駅名となっています。
会津鉄道会津線30
駅前には倉庫のような建物が一軒あるのみで
砂利の広場があるだけとなっています。
会津鉄道会津線32
広場からは北側へも、国道へと下る道が伸びていました。
会津鉄道会津線33
駅舎の入口から中の様子です。
無人駅の駅舎ですので中は完全に待合室となっています。
会津鉄道会津線34
ホーム側から見た駅舎前の光景です。
会津鉄道では各駅にキャッチフレーズを書いた横断幕を設置しており、
この駅は「勇壮、連なる七つの峰」となっています。
会津鉄道会津線35
こちらがホームの様子です。
単式ホーム1面1線となっています。
会津鉄道会津線36
駅の周辺はほぼ山中で人家はまばらです。
駅名の由来となっている七ヶ岳の羽塩登山口までは6km弱ほどで、
登山口へと至る林道の入口も駅の南900mほどとなります。
会津鉄道会津線38
ホーム南端の目の前にある会津鉄道の変電所です。
会津鉄道会津線37
また駅の北西にはかつての貨物ホームの跡が残っています。
1963年(昭和38年)に当時の糸沢駅の貨物扱いが荒海駅(現・会津荒海駅)に統合されたそうですから
使われていたのは60年ほど前ということでしょうか。

駅の旧名である糸沢の集落は駅から700mほど北にあり、
江戸時代には会津西街道の大きな宿場があったそうです。
ですので今でこそ秘境駅のようなさびれ具合の駅も
かつては有人駅で貨物扱いもしていたことが分かります。



会津鉄道会津線39
七ヶ岳登山口駅から国道121号線(会津西街道)を3km北上すると
ほぼ国道と同じルートを併走している会津鉄道の次の駅付近となります。
会津鉄道会津線40
交差点の角には天然木で作られた大きな「奥会津博物館」の案内看板があり、
こちらが駅の場所の格好の目印となります。
会津鉄道会津線41
西側から見た交差点付近です。
国道を挟んだ反対の東側が駅となります。
会津鉄道会津線42
駅と国道を結ぶ道路。
駅前の広場を兼ねている状態です。
会津鉄道会津線43
こちらが会津山村道場駅の駅舎の外観です。
駅の設置は2001年(平成13年)となりますので
会津線が第三セクター転換された1987年(昭和62年)よりもかなり後の新設駅となります。

駅名の由来となった会津山村道場とは1937年(昭和12年)に作られた
山村地域の農業技術を伝習する為の地元自治体の施設であり、
駅の場所から西へ1kmほどの場所にあります。
会津鉄道会津線44
この会津山村道場は2001年(平成13年)に大幅なリニューアルが行われており、
「南会津町野外活動センター」としてコテージやオートキャンプ場、
そして体育館や大広間のある森の交流館などが設置されて
農業施設から観光施設へと大幅に作り変えられています。
第三セクターである会津鉄道には南会津町も出資をしていますので、
会津山村道場のリニューアルに際して新駅を作ったということだと思われます。
会津鉄道会津線45
駅舎の中の様子です。
木造ではありますが、無人駅ですので待合室のみの簡素な作りとなっています。
会津鉄道会津線46
駅舎の前にあるホームへの入口の階段です。
昭和のホームは土が盛られて作られた物が多いですが、
平成に作られたこちらのホームは鉄骨作りなのが分かります。
会津鉄道会津線47
ホームの様子です。
単式ホーム1面1線となっています。
会津鉄道会津線48
上屋などはホーム上には無く、ベンチが置かれているのみとなっています。
また駅名標は会津鉄道仕様の絵の入ったものでは無くシンプルなものが設置されています。
会津鉄道会津線49
この駅の横断幕には「昔の暮らし体験」と書かれていました。



会津鉄道会津線50
引き続き会津鉄道は国道121号線(会津西街道)と併走して北上しますが
国道の東側から西側へと併走の位置を変えて走ります。
会津山村道場駅から900Mほど北に進んだ国道のご覧の付近が駅への入口となります。
会津鉄道会津線53
入口の斜向かいには荒海小学校の敷地が。
会津鉄道会津線51
国道から駅舎まではおよそ70Mほどとなります。
会津鉄道会津線52
こちらが会津荒海駅の駅舎の外観です。
1947年(昭和22年)に会津田島駅からこの駅まで延伸した際に設置され、
その後1953年(昭和28年)に国鉄会津線が全通するまで終点だった駅です。
会津鉄道会津線54
駅舎の前の様子です。
T字路の前に駅の敷地が面しており、道路と敷地を合わせると
広い駅前広場の様になっています。
会津鉄道会津線66
南側を見ると除雪車の車庫が。
会津鉄道会津線55
駅舎はかつては農協の施設が同居していて
第三セクター転換後はその農協施設に駅務を委託していました。
しかしほどなく農協の支店が廃止となって委託先な無くなり無人駅となっています。
駅舎には農産物直売所の跡が残っており、
また南側にはJAバンクのATMが現在も設置されています。
会津鉄道会津線56
駅舎の中の様子です。
待合室のスペースは広く、かつて委託で使われていたであろう
窓口の窓も残っていました。
会津鉄道会津線65
待合室に残っていた、駅舎が農協と会津鉄道の合築であったことを記した看板です。
会津鉄道会津線57
ホーム側から見た駅舎の改札付近です。
鉄製のラッチが改札に設置されており
かつて改札業務が行われていた名残りが残っていました。
会津鉄道会津線58
ホームの様子です。
この駅は相対式ホーム2面2線となっており列車交換の可能駅となっています。
駅舎のあるこちらの東側は下り線の会津高原尾瀬口方面行きホームとなります。
会津鉄道会津線59
駅は開設時には荒海駅という名前でしたが、会津鉄道へ第三セクター転換した際に
現在の会津荒海駅へと改称がされています。
会津鉄道会津線60
駅の横断幕には「素朴、田島万古焼」とあります。
これは江戸時代後期に発祥した田島万古焼を焼く窯元、
勝三窯が駅のすぐ近くにあるのが由来なのでしょう。
会津鉄道会津線61
また駅名標には「御蔵入り天領の詩」とあります。
これは南会津が江戸時代に入ってしばらくすると幕府に召し上げられ、
南山御蔵入領という天領(幕府直轄領)となったことからだと思われます。
会津鉄道会津線62
ホームの北側、会津若松方面にはご覧の構内踏切があります。
この踏み切りで二つのホームを連絡しています。
会津鉄道会津線63
西側の上り線会津若松方面行きホームです。
会津鉄道会津線64
会津荒海駅で列車交換をする会津鉄道の普通列車と
東武鉄道の特急リバティ。



会津鉄道会津線67
引き続き国道121号線(会津西街道)と併走を続ける会津鉄道。
3.4km北上した先のご覧の付近が次の駅の入口となります。
会津鉄道会津線68
国道から西へ、駅前に連絡する道が伸びており
90mほどで駅舎が置かれています。
会津鉄道会津線69
こちらが中荒井駅の駅舎の外観です。
駅は1947年(昭和22年)の国鉄会津線の延伸時に開設されました。
会津鉄道会津線70
駅前の広場の様子です。
半分が砂利敷きながらなかなかの広さがあります。
会津鉄道会津線71
駐輪場の脇には史跡を案内する立て看板が。
如活禅師とは「会津の良寛さま」と呼ばれた黄蘗宗の禅僧で
医術にも通じ、中荒井の地に庵を結んだという人物です。
中新井では毎年10月には「如活禅師祭」が行われています。
会津鉄道会津線72
駅舎の中の様子です。
ログハウス風の駅舎の中は無人駅なので待合室のみとなっています。
会津鉄道会津線73
ホーム側から見た駅舎の外観。
会津鉄道会津線74
この駅の横断幕には「景観重要樹木 百年桜」とあります。
駅から南東に200mほどの場所に荒海小学校中荒井分校の廃校跡があるのですが、
この校庭にあるしだれ桜が百年桜と名付けられて大事にされているのが
駅のキャッチフレーズの由来でしょう。
会津鉄道会津線75
こちらがホームの様子となります。
単式ホーム1面1線の棒線無人駅となります。
会津鉄道会津線76
国道沿いに集落が形成されているため
線路の反対側の駅周辺は農地が広がる光景で建物はまばらです。
会津鉄道会津線77
駅舎に掲示された駅の説明板です。
この説明によると駅舎は1987年(昭和62年)に現在のログハウス駅舎となった様です。



会津鉄道会津線78
こちらの道路は県道218号会津田島停車場線です。
会津鉄道会津線79
駅と国道121号線(会津西街道)との間の110mを連絡する県道で
いわゆる停車場線と呼ばれる道路となります。
会津鉄道会津線80
この停車場線の北端の先に駅と駅前広場が広がっています。
会津鉄道会津線81
こちらが会津田島駅の駅舎の外観となります。
1934年(昭和9年)に国鉄会津線が延伸した際に終点として開業した駅で、
新たに南へと延伸するまで13年に渡って終着駅でした。

現在の立派な駅舎は1990年(平成2年)に竣工されたもので、
会津鉄道の会津高原駅(現会津高原尾瀬口駅)━会津田島駅間が電化されたことに
合わせて駅舎および駅構内が整備されたものです。
会津鉄道会津線82
駅舎は半分以上が南会津町の施設である
「会津田島ふれあいステーションプラザ」となっており、
駅として使用されているのは駅舎の北側の一部分となります。
会津鉄道会津線83
駅舎の中の様子です。
鉄道の待合室として使われているスペースも結構な広さがあり、
複数の駅務員のいるオープンカウンターの券売窓口や
ベンチの置かれた待合所、そして売店や土産物の物販コーナーも置かれています。
会津鉄道会津線84
待合室の入口に脇には日本酒の蔵元を示す酒林と呼ばれる杉玉が吊るされており、
その脇には地酒の自動販売機が置かれていました。
会津鉄道会津線85
こちらがホームへの改札口となります。
会津田島駅では列車別改札を採用しており、
乗降の無い時間は鍵が掛けられています。
会津鉄道会津線86
ホーム側から見た改札付近。
雪国の駅らしく風除室が設けられており、
広めのコンコースの様になっていました。
中央には列車到着時に使われる放送設備まである改札ボックスが。
会津鉄道会津線87
ホームの様子です。
会津田島駅は島式ホーム2面4線となっており、
こちらは駅舎のある1、2番線ホームとなります。
会津鉄道会津線88
駅舎に一番近い1番線は改札の手前に車止めが設けられており
頭端式ホームのようになっています。
また南側の会津高原尾瀬口方には車両検修ピットが設置されていました。
会津鉄道会津線89
この駅は会津鉄道の電化区間の北限であり、
1番線は東武鉄道や野岩鉄道から乗り入れてくる電車が入線するホームとなります。
会津鉄道の運行はこの会津田島駅を境に北と南で分けられており、
この駅止まりの気動車も1番線に入線をします。

2番線は東武鉄道から会津若松駅までを直通する
「AIZUマウントエクスプレス」の使用するホームとなります。
会津鉄道会津線90
ホームにはご覧の跨線橋が設置されているものの、
階段にはロープが張られており何年も使用不可の状態の様子です。
会津鉄道会津線91
二つの島式ホームの連絡には
ホーム北端にあるこちらの構内踏切が使用されています。
会津鉄道会津線92
こちらは島式の3、4番線ホームとなります。
会津田島駅より北は非電化区間となりますが、
こちらの島式ホームの番線は電化されておらず架線がありません。
会津鉄道会津線93
非電化ホームは会津若松方面行きの上り線ホームとなり、
駅舎側の3番線に快速、4番線が普通列車の停まるホームだそうです。
会津鉄道会津線94
そして3、4番線ホームのさらに西側には引き上げ線があり、
南側には会津鉄道の車両基地が置かれています。
会津鉄道会津線95
駅の外に戻り、駅舎の中央部付近を見ると
入口に「会津田島ステーションプラザ」と書かれています。
会津鉄道会津線96
駅待合室と隣接しているステーションプラザの物販店。
会津地方の農産物や土産物を販売しています。
また物販店の真上の二階部分には食堂があり食事と取る事ができます。
会津鉄道会津線97
ステーションプラザの入口のすぐ隣の並びには
観光案内所があります。
会津鉄道会津線98
さらに駅舎前を南へと進むと「SL展示場」の表示が見えてきます。
会津鉄道会津線99
ご覧の様に駅舎の南側には、国鉄会津線で活躍をしていた
蒸気機関車のC11-254が静態保存されていました。
会津鉄道会津線a01
駅舎の建物南側の階段前にも機関車の説明板があり、
階段踊り場からC11を見下ろして見ることができます。
会津鉄道会津線a02
機関車の前には藤棚の休憩所があり、
その目の前に会津田島子安観音堂があります。
「子安観音」とは安産や幼児の成長を守護するという観世音菩薩様ですが、
隠れキリシタンが聖母に見立てて崇拝したものも数多くあります。
会津はキリシタン大名の蒲生氏郷が治めた地ですから、
付近に案内板などはありませんでしたが何らかの関係があるのかもしれません。
会津鉄道会津線a03
駅舎の前の駅前広場はかなり広大で、
北側がバスの停留所やタクシーの車寄せなどがあるロータリー、
南側が隣接する郵便局の目の前の駅前駐車場となっています。
会津鉄道会津線a04
広場の大きな黄色いモニュメントは
会津鉄道が会津田島駅まで電化した際に記念で立てられたそうです。
会津鉄道会津線a05
そのモニュメントのすぐ裏の市道沿いには
見事な両足タックルからのリフトをおこなっている銅像が。
レスリング経験者には見慣れた姿のこの像は
ふくしま国体でレスリング競技がこの地で行われた事を記念したものの様です。



会津鉄道会津線a06
こちらは会津鉄道の会津高原尾瀬口駅━会津田島駅間の
au 4G LTEでの電波エリアマップです。
ご覧の通り全線が電波エリア圏内となっていますので
トンネル内などでなければ駅へのアクセスに困る事は無いでしょう。


会津鉄道自体は会津高原尾瀬口駅━西若松駅間で57.4kmという路線です。
しかし実質的には東武鉄道鬼怒川線(16.2km)、野岩鉄道(30.7 km)と合わせて
下今市駅からJRの会津若松駅までを結ぶ107.4kmの一本の路線と言って良い状況です。

大内峠や山王峠などを越えた、会津と日光を結んだ会津西街道に併走して敷設された鉄道は
近くを走る別路線も無く、100kmを走る抜ける一本の路線と思って良いでしょう。
ですから会津鉄道に乗らずにアイテムでコンプするという考えは現実的ではありません
素直に鉄道に乗って駅を埋めていくのが一番楽な方法だと思います。

また、国道121号線や352号線の会津西街道を走って車を使って取る方法もありますが
鉄道とほぼ同じルートを通りますのでどちらを選択するかは好みの問題でしょう。
またこの区間は豪雪地帯ですので冬季は車の利用はお勧めできません

そして会津バスで会津若松駅から会津高原尾瀬口駅を経由して
尾瀬へと至るバス路線もありますが、鉄道でも同じルートを通るので
わざわざバスを使って取るというメリットは感じられません。


やはり結局のところは会津鉄道は鉄道に乗って攻略する路線だと思います。
フリー切符を使う場合はJRの週末パスでは会津田島駅━西若松駅の北半分しか使えませんし、
三連休パスでは会津鉄道自体がフリー区間の対象外です。

会津鉄道の攻略のみを考えた場合は、東武鉄道で発売している
「ゆったり会津 東武フリーパス」が使い勝手が良いと思われます。
4日間有効で浅草駅━下今市駅までの往復切符、下今市駅以北がフリー区間ですので
攻略の際には一考してみてはいかがでしょうか。


会津田島駅より北についてはその2に続きます。
では。

【写真撮影:2019年5月】

↑このページのトップヘ