越美北線_九頭竜線00
さて。お次は越美北線です。


元々は福井県の福井駅から岐阜県の美濃太田駅までの間を結ぶ
「越美線」として建設をされた鉄道となります。

このうち美濃太田駅から建設された「越美南線」は
1934年(昭和9年)に北濃駅まで開通したものの、
その後延伸される事なく1986年(昭和61年)に長良川鉄道へと
第三セクター転換が成されました。

そして福井県側の「越美北線」も越美南線同様に計画が成されたものの
1937年(昭和12年)の日中戦争の勃発など様々なあおりを受けて着工が遅れてしまい、
実質的に工事が始まったのは1956年(昭和31年)のことでした。

そして1960年(昭和35年)に南福井駅━越前花堂駅━勝原駅間 (43.1km) が開業。
1972年(昭和47年)に勝原駅━九頭竜湖駅間 (10.2km) が延伸開業し
現在の越美北線が全通しました。

この路線は正式名称は「越美北線」ですが
「九頭竜線」の愛称が付けられており、
旅客案内上はこの愛称が用いられ一般にもこちらが定着している状況です。


越美北線_九頭竜線01
こちらは九頭竜線のほぼ全ての列車が出発をする福井駅の駅舎内ですが、
ご覧の通り九頭竜線の案内表示があります。
越美北線_九頭竜線02
階段を上がったこちらが北陸本線の下り線ホーム。
島式ホームとなっていますが、表示を見ると1番線と3番線となっています。
越美北線_九頭竜線03
そして越前花堂方面へホームを南下すると
3番ホームの先が切り欠きホームになっているのが分かります。
越美北線_九頭竜線04
こちらが切り欠きホームの2番線。
九頭竜線の専用ホームとなっており、この2番線のみが非電化となっています。
2番線の外側には3番線(北陸本線下り線)の線路が並走しており、
またホームの反対側は特急の使用する1番線(北陸本線下り線)が伸びています。



越美北線_九頭竜線05
こちらは越前花堂駅の駅舎の外観です。
駅前はパークアンドライド用の無料駐車場スペースとなっています。

駅は1960年(昭和35年)に越美北線(九頭竜線)の開業によって設置されました。
1896年(明治29年)にはこの場所に北陸本線が開通していましたが
開設当初は越美北線のホームしか作られず北陸本線のホームはありませんでした。
ですので現在でも、この駅は北陸本線では無く九頭竜線所属の駅となっています。
越美北線_九頭竜線06
駅舎の中の様子。
1984年(昭和59年)に無人化されて以来無人駅となっています。
越美北線_九頭竜線07
こちらは駅舎側の1番線ホーム。
北陸本線の福井・金沢方面行き下り線となっています。
越美北線_九頭竜線08
こちらは1番線ホームと2番線ホームを繋ぐ跨線橋。
越美北線_九頭竜線09
こちらが2番線ホームです。
北陸本線の敦賀方面行き上り線となります。
越美北線_九頭竜線15
跨線橋から見た北陸本線上下線ホームの俯瞰。
越美北線_九頭竜線10
そして2番線の跨線橋の階段下には
ご覧の九頭竜線への案内表示があります。
越美北線_九頭竜線11
その案内表示に従って進むと、
跨線橋の裏手にご覧の連絡通路があります。
越美北線_九頭竜線16
引いて見た連絡通路の全景。
越美北線_九頭竜線12
連絡通路の先にある九頭竜線のホームの入口です。
駅舎からは跨線橋で2番線を渡りこの連絡通路を進まないと入れません。
越美北線_九頭竜線13
こちらが越前花堂駅の九頭竜線ホームです。
単式ホームで待合室が設けられています。
北陸本線ホームには番線が設定されていますが、
こちらの九頭竜線ホームには番号がありません。

1960年(昭和35年)に越美北線(九頭竜線)開通で開業した際には
ここから0.8kmほど福井寄りにある南福井駅が九頭竜線の起点でした。
越美北線_九頭竜線14
南福井駅は貨物駅でこれまで旅客の取り扱いはありません。
この南福井駅構内で北陸本線と九頭竜線が分岐しており、
国鉄時代は南福井駅━越前花堂駅間は北陸本線との重複区間という扱いでした。

そして1987年(昭和62年)に国鉄がJRに転換された際に
九頭竜線の起点が越前花堂駅に改められました。
現在でも駅にゼロキロポストは設置されていません。
越美北線_九頭竜線18
ホームにある待合室の様子です。
越美北線_九頭竜線17
待合室の時刻表はご覧の通り。



越美北線_九頭竜線19
こちらは九頭竜線が北陸本線から分岐して2km少々進んだあたりの
福井市の郊外の光景です。
越美北線_九頭竜線20
ご覧の場所の横道を入って進むと、
奥に九頭竜線の線路があって突き当たりとなります。
越美北線_九頭竜線21
道の奥が六条駅の駅前となります。
砂利の鉄道用地の広場があるだけで、電柱にかろうじて駅名標があるのみです。
越美北線_九頭竜線22
広場からホームへは、ホーム東端のスロープから直接入ります。
越美北線_九頭竜線23
ホームの光景です。
1960年(昭和35年)の越美北線(九頭竜線)開業で設置された駅であり、
単式ホーム1面1線のみの棒線駅でホーム上に待合があるのみです。
越美北線_九頭竜線24
待合室の様子。
越美北線_九頭竜線25
駅の東すぐには踏み切りがあり、
目の前で北陸自動車道が九頭竜線を跨いでいます。



越美北線_九頭竜線26
こちらは六条駅から1.5kmほど東に進んだ田んぼの中。
ここに田んぼの真ん中に踏切があります。
越美北線_九頭竜線27
踏切の目の前にある福井市立足羽第一中学校。
越美北線_九頭竜線28
中学校の前から踏み切りを見ると、
線路と田んぼの間にあぜ道のような道が伸びているのが分かります。
越美北線_九頭竜線29
あぜ道を200mほど進むと駅が。
この農道が駅へと通じる道となっていました。
越美北線_九頭竜線30
こちらが足羽駅の外観です。
九頭竜線の開業の4年後の1964年(昭和39年)に新設された駅で、
駅舎は無く、ホームに待合室があるのみの駅となっています。
越美北線_九頭竜線31
ホーム上の様子です。
単式ホーム1面1線のみの棒線駅で、
周辺は田んぼのみの光景が広がっています。
越美北線_九頭竜線32
ホーム西端からはさきほどの中学校が
田んぼの向こう側に見えます。



越美北線_九頭竜線33
足羽駅から2kmほど離れた、次の越前東郷駅の外観です。
1960年(昭和35年)の九頭竜線開業時に開設されました。
越美北線_九頭竜線34
集落の中心に駅があり、ご覧の通り駅前にはJAや商店などが集まっています。
越美北線_九頭竜線35
駅舎の中の様子です。
現在は無人駅ですが、元々は駅員が終日いる有人駅だったそうです。
越美北線_九頭竜線36
駅構内に入ると構内踏切で駅舎とホームが連絡しています。
越美北線_九頭竜線37
こちらがホームの様子です。
ご覧の通り島式ホームなのですが、駅舎に近い番線側は柵で封鎖されており、
現在は反対側の番線のみを使用する1面1線の駅となっています。
越美北線_九頭竜線38
駅を出る列車。



越美北線_九頭竜線39
こちらは県道31号線。
越前東郷駅を出た九頭竜線は足羽川にぶつかって右にカーブを描き
この付近では足羽川、県道31号線、九頭竜線が並走しています。
越美北線_九頭竜線40
県道から田んぼに挟まれた横道に入ると
突き当たりに駅があります。
越美北線_九頭竜線41
こちらが一乗谷駅の外観です。
1960年(昭和35年)の九頭竜線開業時に開設されました。
一本道の突き当たりにあるので駅前広場などはありません。
越美北線_九頭竜線42
ホームはご覧の通りの1面1線の棒線駅であり、
待合室があるのみとなっています。
越美北線_九頭竜線44
ホームの眼前には田んぼがひろがっており、
その向こう側には山があります。
駅前におそらく農家がある以外は田んぼの中に駅があります。
越美北線_九頭竜線43
離れて駅の全景を見ると、
手前の駅や田んぼと奥の山が空気遠近法で綺麗に分かれた光景を
リアルに肉眼で見ることができてなんとも幻想的でした。
越美北線_九頭竜線45
駅へと入る道から県道を100mほど北にいったところにある
福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館。
駅名からも分かる通り一乗谷城跡の近いこちらには
戦国時代の朝倉氏関連の資料が集められ展示されています。



越美北線_九頭竜線46
こちらは国道364号線で、国道158号線から分岐してすぐの
足羽川を渡った先にある、九頭竜線の踏切です。
越美北線_九頭竜線47
この踏切の手前を左手に入って進みます。
越美北線_九頭竜線48
川を渡ってすぐのT字路を右に曲がると
踏切が見えてきます。
越美北線_九頭竜線49
その踏切の横にホームへの通路があり、
奥に越前高田駅があります。
こちらの駅は九頭竜線開業4年後の1964年(昭和39年)に
新たに追加開業した駅となります。
越美北線_九頭竜線50
こちらがホームの様子です。
単式1面1線のみの棒線駅となっています。
越美北線_九頭竜線51
そしてホームの西端には
旧タイプの駅名標が残っていました。
越美北線_九頭竜線52
その後ろを見てみると、
ホーム裏の農家が鉄道境界杭の中(鉄道用地)まで耕して
畑になっている光景が見れて、なんともおおらかです。



越美北線_九頭竜線53
越前高田駅から1kmほど、国道158号線を東に下ると
市波の集落に差し掛かります。
越美北線_九頭竜線54
写真の場所で国道から北へと横道に入ると
突き当たりに九頭竜線の線路が見えてきます。
越美北線_九頭竜線55
線路まで来て左手を見ると駅前の広場があり
その前が市波駅となります。
1960年(昭和35年)の九頭竜線開設時に作られた駅となります。
越美北線_九頭竜線56
こちらが駅の入口で、
ホームの東端から駅構内へと入ります。
越美北線_九頭竜線57
ホームの様子です。
この駅も単式1面1線の棒線駅となっており、
列車交換はできません。



越美北線_九頭竜線58
市波駅から2kmほど国道158号線を東進した
こちらは福井市の小和清水町付近です。
越美北線_九頭竜線59
この国道沿いに九頭竜線の小和清水駅はあります。
駅は1960年(昭和35年)の九頭竜線開業時に開設されたものです。
越美北線_九頭竜線60
ホームと国道の間が駅の駐車場となっており、
その一角の横断歩道付近が駅構内への通路動線となっています。
越美北線_九頭竜線61
駐車場奥のホーム入口。
越美北線_九頭竜線62
こちらがホームの光景となります。
単式ホーム1面1線の棒線無人駅で、ホーム上に待合室があるのみとなります。



越美北線_九頭竜線63
こちらは小和清水駅から引き続き国道158号線を3kmほど進み、
足羽川の対岸に渡った美山地区の中心部近くの光景です。
越美北線_九頭竜線64
こちらの美山駅も国道沿いに駅施設が設けられています。
広い駐車場の一角にあるこちらの建物は
「美山観光ターミナル」と合築となっている駅舎です。
駅自体は1960年(昭和35年)の九頭竜線開設時の開業ですが、
現在の駅舎は2003年(平成15年)に改築されたものです。
越美北線_九頭竜線65
駅舎の1階待合室の様子です。
越美北線_九頭竜線66
待合前にホームへの通路があり、
構内踏切を渡ってホームと連絡をしています。
越美北線_九頭竜線67
ホーム側から見た通路付近の光景です。
越美北線_九頭竜線68
こちらがホームの様子。
島式ホーム1面2線の駅で列車交換が可能となっています。
九頭竜線では福井駅を出た列車はこの美山駅まで列車交換のポイントはありません



越美北線_九頭竜線69
美山駅からも引き続き、足羽川と国道158号線、九頭竜線が並走して東進。
途中で足羽川は右カーブで逸れ、
九頭竜線と国道に並走する川は上流の羽生川と名前を変えます。
こちらは2kmほど進んだ越前薬師駅付近の国道です。
越美北線_九頭竜線70
国道から見た、川の対岸の越前薬師駅の全景。
この駅も1960年(昭和35年)に九頭竜線の開業で設置された駅です。
越美北線_九頭竜線71
駅の目の前には、国道から羽生川を渡る橋が架かっており
対岸と連絡をしています。
越美北線_九頭竜線72
遮断機の無い踏切の手前左側が駅ホームへの入口となっています。
越美北線_九頭竜線73
ホームの様子です。
九頭竜線の他の駅同様に単式ホーム1面1線の棒線無人駅です。
越美北線_九頭竜線74
駅の対岸の国道には、車が停まれるスペースが設けられており、
バスの停留場としても使われています。



越美北線_九頭竜線75
引き続き羽生川と九頭竜線と並走する国道158号線を東進し、
こちらは福井市大宮町付近です。
越美北線_九頭竜線76
この信号のある横道を奥に入ると越前大宮駅があります。
越美北線_九頭竜線77
駅ホームの入口。
越美北線_九頭竜線78
こちらがホームとなります。
単式ホーム1面1線のみの棒線駅となります。



越美北線_九頭竜線79
越前大宮駅からさらに2kmほど進んだ国道158号線。
国道に沿った川は計石川と名前を変えています。
1960年(昭和35年)の九頭竜線開業時に設置された駅となります。
越美北線_九頭竜線80
国道からこちらの踏切を渡ると計石駅の入口となります。
越美北線_九頭竜線81
ホームへの入口付近。
越美北線_九頭竜線82
こちらがホームの様子です。
単式ホーム1面1線の棒線無人駅です。
越美北線_九頭竜線83
駅前の国道沿いにある雑貨屋。

この計石駅までが福井市内の区間で、
次の牛ケ原駅からは大野市内へと入ります。




越美北線_九頭竜線84
こちらは福井駅から計石駅までの九頭竜線の区間の、
au 4G LTEによる電波エリアマップです。
鉄道の走っている場所は全て電波エリア内である事が分かります。
小和清水駅━美山駅間に短いトンネルがあるくらいで
この区間にほかにトンネルも見当たりませんので
駅へのアクセスに困る事はまず無いでしょう。



ちなみに豆知識となりますが、
この九頭竜線の一乗谷駅付近~計石駅あたりの区間で、
北を並走するように走るえちぜん鉄道永平寺勝山線が、
追分口駅から終点の勝山駅までレーダーで順次取る事が可能
です。
これで盲腸線のえちぜん鉄道の奥の18駅をレーダーで済まし、
およそ1時間半から2時間程度の時間を稼げるでしょう。

ただ代わりにえちぜん鉄道は駅間が短いので
九頭竜線でせわしなくレーダーをばら撒く必要がありますし、
なによりレーダーをそれだけ消費します。
私は乗った方が楽と考えますが、そこはどちらにメリットを感じるかでしか無いでしょう。



越美北線(九頭竜線)の福井県大野市内を走る残りの区間については
その2にて書きたいと思います。


では。