下津井電鉄00
さて、お次は下津井電鉄についてです。

この鉄道は、日本の鉄道の多くが1067mmの狭軌であるのに対して
軌間762mmのナローゲージ(特殊狭軌)で走っていた鉄道です。


元々下津井は瀬戸内海の要港であり、海運や軍事の重要拠点として発展してきました。
また漁港としても「下津井直送」がブランドになるほどであり、
そして本州と四国の往来は岡山側の下津井と四国の丸亀を結ぶ航路が中心でした。

しかし1910年(明治43年)に国鉄宇野線の全通と宇高連絡線の開設によって
本四間の人と物流は宇野━高松ルートへとシフト
この事に危惧を覚えた下津井や丸亀の有力者が中心となり
四国渡航客を取り戻すために、下津井から国鉄線までの鉄道路線が計画されました。
これが下津井電鉄の起こりとなります。

早速1911年(明治44年)に鉄道の工事が着工されるも
鷲羽山付近の岩盤開削の難工事の影響もあって
1913年(大正2年)に下津井軽便鉄道として
茶屋町駅━味野町駅(児島駅)が先に開業しました。
そして1914年(大正3年)には味野町駅(児島駅)━下津井駅が開業。
茶屋町駅から下津井駅までの21kmが全通となりました。


しかし乗客は宇野線で岡山から宇野、そして宇高連絡線へと直通しているのに
わざわざ途中駅の茶屋町で下津井電鉄に乗り換えるはずもなく、
本来の目的であった本州四国連絡の利用者はほとんどいませんでした。

戦中戦後の燃料難を電化への転換で乗り切り、
鷲羽山近辺への観光客も増え始めたものの、
1972年(昭和47年)の山陽新幹線の岡山開通と、
それにあわせた道路網整備によって乗客数は一気に激減してしまいます。
皮肉な事に下津井周辺の岡山行きの乗客は下津井電鉄には乗らず、
時間も短く直通で便利な下津井電鉄バスへとシフトしたのです。
この結果、茶屋町駅━児島駅間の14.5kmは1972年(昭和47年)3月末で廃止となりました。

本来の電鉄敷設の目的であった下津井━丸亀航路への連絡の為、
児島駅━下津井駅間の6.5kmは存続。
徹底的な合理化や観光路線への転換を目指すなどして経営をスリム化した結果、
収益のあるバス事業で鉄道の赤字を補填してなんとか路線は存続をしてきました。

しかし1988年(昭和63年)の瀬戸大橋開通によって
四国への乗客は完全に瀬戸大橋線へとシフト。
バス事業の乗客も激減して鉄道の赤字を補填できなくなり、
1990年(平成2年)末で鉄道は全線が廃止となりました。



下津井電鉄01
こちらはJR宇野線の茶屋町駅です。
1910年(明治43年)に国鉄宇野線の駅として開業しました。
下津井電鉄02
宇野線(宇野みなと線)と本四備讃線(瀬戸大橋線)の分岐しているこの駅は
1988年(昭和63年)の瀬戸大橋開通に伴って高架されています。
下津井電鉄03
こちらは現在のJR茶屋町駅の西口駅前ロータリーです。
高架化事業によって区画整理と整備が行われて
下津井電鉄の遺構は残っていませんが、
現在はバスが発着しているこの広場がかつてのホーム跡の北端付近となります。
下津井電鉄04
その駅前広場を南へと進むと、
備品倉庫らしき建物があり、その奥には
西口広場よりもひとまわり小さい広場があります。
下津井電鉄05
営業当時の写真や、JRの高架化事業の工事時の写真などから見比べても
この広場が下津井電鉄の茶屋町駅の跡地でほぼ間違いありません。
駅舎風の屋根が設けられているのもおそらくは駅跡地を意識して整備されたものなのでしょう。
下津井電鉄としての茶屋町駅
1913年(大正2年)に開業しています。

駅メモでは茶屋町駅はJR宇野線の現役駅として登録されており、
下津井電鉄の茶屋町駅とは同一駅となっています。

下津井電鉄06
駅跡地のすぐ南に建つ茶屋町郵便局。
下津井電鉄07
郵便局の南隣の線路跡はコインパーキングとなっていました。
下津井電鉄08
道を挟んだ向かい側には丸屋根の駐輪場がありますが、
この長細い駐輪場が下津井電鉄の線路跡となります。
下津井電鉄09
駐輪場の先を更に南に線路跡を進みます。
線路は右の車道では無く、左の歩道付近だったようです。
下津井電鉄10
そしてその先にはご覧のサイクリングロードの入口があります。
これは倉敷市が下津井電鉄の線路跡地を整備したものです。


下津井電鉄11
遊歩道を2kmほど進んだところにある、
こちらが天城駅の跡地となります。
1913年(大正2年)の路線開業時に設けられた駅で、
見ての通り花壇かと思ったここがプラットフォームの跡地です。
下津井電鉄12
反対方向からみた駅付近。
かつては民家の敷地に廃駅舎がそのまま残っていたそうですが
近年解体されてしまったそうです。
下津井電鉄13
ホーム付近から南の児島方面をみた光景。
下津井電鉄71
こちらが天城駅の座標の地図ですが、
現実の駅跡に駅メモの座標もピンポイントで設定されています。
この駅に関しては座標のズレはありません。


下津井電鉄16
天城駅を出て南へと進むと倉敷川に差し掛かります。
川に架かる塩干橋はかつては鉄道橋でしたが
現在は遊歩道用に架け替えられています。
下津井電鉄17
橋に残る鉄道橋時代のものと思われる橋脚跡。


下津井電鉄15
天城駅からは川を隔てて500mほどの距離で次の駅が見えてきます。
こちらが藤戸駅の駅跡です。
ご覧の通り営業当時のプラットフォームが現存しています。
駅が開業したのは1950年(昭和25年)で、
下津井電鉄の駅としては比較的新しい駅でした。
下津井電鉄18
ホームの様子です。
下津井電鉄19
残っている営業当時の駅名標です。
下地の白い塗装もほぼ無くなっている状態で、写真では分かりませんが
肉眼で近寄って見るとうっすら微かに「ふじと」の文字が見えます。
下津井電鉄37
こちらは藤戸駅の座標を示す地図ですが、
実際の駅跡と駅メモの座標が30mほどずれています。
ゲームをやる上ではほぼ影響はありませんが、
実際に現地へと行く方はご注意下さい。



下津井電鉄26
駅跡を出て引き続き廃線跡のサイクリングロードを南下します。
下津井電鉄27
県道165号線と廃線跡が交差する地点。
下津井電鉄28
郷内川に架かっている串田西橋を渡ります。


下津井電鉄20
そしてまもなく林駅の跡地が見えてきます。
駅間はおよそ2kmほどです。
下津井電鉄23
線路跡の遊歩道に面して建っている犬渕公民館。
この公民館の南側がかつての林駅のあった駅跡となります。
下津井電鉄21
線路跡にそって駐車場として使われているスペースがありますが、
ここにかつての駅舎やロータリーがあったそうです。
駅は1913年(大正2年)の路線開業時に開設されており、
相対式2面2線で列車交換のできる駅だったそうです。
下津井電鉄22
こちらがかつての駅へと通じる駅前の通りです。
下津井電鉄25
駅跡から切り返すとご覧の光景です。
突き当たりの左すぐには県道165号線の犬渕交差点があります。

いろいろなサイトなどを見ると、みなさん林駅のあった場所については
遺構が無いので確信が持てていない様子です。
ですが私が確認したところ、ここが間違い無く駅前の道と広場だったそうです。
下津井電鉄24
写真の軽トラの停まっている駅前の建物は作業場になっていました。
そしてこのあたりで、頭にタオルを巻いたガタイのいいガテン系の男がうろうろしていたので
不審に思われたのか、男はここのつなぎを着た方に「何か下見ですか?」と声掛けをされました。
恐らくは車上荒らしの類だと思われたのでしょう。

男は言いました。「昔ここに駅があったと聞いて写真撮りに来ただけッス」と。
そして言われました。「ああ、ここです。このあたりがロータリーです」と。

という訳でここが林駅の跡地だと地元の方の確認が取れました(笑)
下津井電鉄36
こちらは林駅の座標を示した地図です。
赤が実際の林駅の跡地の位置ですが、
青が駅メモで設定されている林駅の座標となります。
実際の駅は県道21号の北側にあったのですが、
駅メモではなぜか県道の南側に座標が置かれています。
距離にしておよそ600mのずれが生じてしまっているのです。
座標の付近にはそもそも下津井電鉄は走っおらず、
全く無関係の住宅地ですのでご注意下さい。



下津井電鉄29
林駅跡を過ぎて廃線跡のサイクリングロードを進むと、
まもなく道は県道21号線へと合流します。
下津井電鉄30
県道21号線と並走する遊歩道。
ご覧の場所は第一農協交差点付近ですが、
このあたりの県道から瀬戸中央自動車道の水島インターにかけてが
かつての下津井電鉄の走っていた場所となります。
サイクリングロードの区間は線路跡がそのまま道でしたが、
この付近は道路やインターとして再開発されてしまい
廃線跡の痕跡は全く残っていません

下津井電鉄31
県道と並走したサイクリングロードは
水島インターをかわす為に北側に弧を描いて迂回します。
そして再び県道と並走状態となり、
すぐに瀬戸中央自動車道と県道21号線の下をくぐって抜けます。
下津井電鉄32
県道をくぐるとサイクリングロードは
再び下津井電鉄の廃線跡を進みます。
下津井電鉄33
こちらは相引池の南東角にある相引池南交差点です。
信号もあるこの交差点のすぐ南側付近がかつての福田駅跡だったそうです。
駅は1913年(大正2年)の路線開業時に設置されました。
下津井電鉄35
こちらは福田駅の座標を示した地図です。
赤の四角が現実の下津井電鉄・福田駅の跡地です。
そして青の四角が駅メモでの福田駅の座標位置です。
ご覧の通りおよそ500mほど位置がずれてしまっています

レーダーなどで行かずに取る方には関係ありませんが、
実際に廃駅跡を見たい方は、駅メモの座標は全く違う場所なので注意が必要です。



下津井電鉄34
福田駅を出て南下すると、山の中腹を通過する為
等高線に沿う形で蛇行しながら山を越えていきます。
このあたりの勾配はおよそ20パーミルもあったそうです。
下津井電鉄38
瀬戸中央道の下をくぐる廃線跡のサイクリングロード。
下津井電鉄39
高速道路を潜り抜けると、池の手前をカーブしていき
県道21号線へと徐々に並走状態となります。
下津井電鉄40
県道21号線と並走状態となると、
ご覧の様に道路脇が公園となっている場所に差し掛かります。
県道の反対側には福林湖があり、下電バスの福南山バス停が設置されています。
湖のほとりには木華佐久耶比咩(このはなさくやひめ)神社もあり、
かつてはこの付近に下津井電鉄の福南山駅があったそうですが
現在はその痕跡を見ることはできません。
また駅メモ的には福南山駅は登録されていませんので関係ありません

下津井電鉄42
県道を並走するサイクリングロード。
下津井電鉄43
300mほどでサイクリングロードは県道と分かれて進みます。
下津井電鉄44
左手に見える大池のほとりを走る廃線跡。
下津井電鉄45
坂道を下りながら進みます。
下津井電鉄46
そしてご覧のピンク色のカフェの前で
県道276号線にサイクリングロードが突き当たります。
ここから下津井電鉄の廃線跡は県道に転用されてしまった様子で
東にむかって県道として進む事となります。
下津井電鉄47
稗田西交差点から稗田南交差点方向へ
400mほど県道を廃線跡として進むと
再びサイクリングロードへと分岐する地点となります。
下津井電鉄48
再度自転車専用道となる廃線跡。


下津井電鉄49
こちらが稗田駅の跡となります。
1913年(大正2年)の路線開業時に琴浦駅として開業し、
その後1920年(大正9年)に稗田駅と改称されました。

現在の駅跡地に営業時のプラットホームなどは残っていませんが、
ご覧の通り自転車道の傍らに模擬プラットホームと模擬駅名標が復元されています。
下津井電鉄52
駅名標の下には駅と下津井電鉄の由来が。
(クリックすると拡大します)
下津井電鉄50
ホームの反対側にある「稗田さくら公園」がかつての駅舎の跡地だそうです。
下津井電鉄51
公園から道路へと連絡するこの道はかつての駅舎への道なのでしょうか。
下津井電鉄41
こちらは稗田駅の座標についての地図です。
駅メモで登録されている稗田駅は、実際の駅跡地からは
北に600mほどずれた位置に設定
されています。
ゲームをする上ではさほど影響のあるズレでは無いのですが
実際に駅跡へと向かわれる方はご注意下さい。



下津井電鉄55
稗田駅を出てサイクリングロードを進みます。
廃線跡は次第に住宅地の中へと差し掛かります。
下津井電鉄56
1.4kmほど進んだところに次の柳田駅の跡があります。


下津井電鉄57
こちらが柳田駅の駅跡となります。
営業時の駅の構造物は残っていませんが、
駅跡にはプラットホームを模した花壇が設置されており
模擬駅名標も設けられています。
下津井電鉄58
こちらが柳田駅の座標の地図です。
実際に柳田駅のあった場所からは
駅メモで設定されている柳田駅の座標は西に500mほどずれています
下津井電鉄53
ちなみに駅メモ座標での柳田駅の場所の光景です。
私も最初は駅メモ座標を信用してここが駅跡だと思ってしましました。
実際には下津井電鉄の廃線跡からもかなり外れてしまった場所で
駅があったはずなど無い場所です。
なぜこんなに座標がずれて設定されているのかは分かりません。



下津井電鉄59
こちらはローソン倉敷小川七丁目店です。
中央を用水が走る市道に面したこのコンビニの裏手に
かつての下津井電鉄の児島小川駅がありました。
下津井電鉄60
コンビニのすぐ北にはご覧の歩道橋があります。
この歩道橋の南側一帯がかつての駅の敷地でした。
下津井電鉄61
歩道橋から南側を見た光景です。
横断歩道の向こう側が駅敷地となります。
下津井電鉄62
児島小川駅の跡地です。
中央の道に挟まれて木の生えている場所の向こう側あたりが
かつての駅舎の跡地のようです。
1913年(大正2年)の路線開業時に小田駅として開業し、
相対式ホーム2面2線の駅でした。
下津井電鉄63
そして駅舎跡地と細い道を挟んだ北西の向かい側、
コンビニ駐車場の北隣に隣接してあるのがこちらの「小川駅前集会場」です。
名前から分かる通り、かつての駅跡を示す貴重な存在です。
下津井電鉄64
そして駅跡の北の歩道橋の脇にある、市道沿いのご覧の民家には
非常に興味深い遺構が残っていました。
下津井電鉄65
それがこちらの橋脚です。
民家の庭に明らかに不必要な石柱が立っている光景がここにはありました。
小田川を渡る橋梁の橋脚の遺構だと思われます。
東京の京王御陵線の廃線跡には民家の庭に残る有名な橋脚がありますが、
まさか倉敷でもこんな光景が見られるとは。
下津井電鉄66
(上写真:民家の庭先に残る京王多磨御陵線の橋脚遺構)
下津井電鉄69
こちらは児島小川駅の座標についての地図です。
駅メモでの駅座標と実際の駅舎跡は50mほどずれていますが
これは誤差の範囲と言って良く、基本的には同じ場所だと考えて良いと思います。



下津井電鉄67
そして児島小川駅の駅跡からさらに廃線跡のサイクリングロードは南下しており、
カーブを描きながら小田川に突き当たるところで自転車専用道は終わっています。
下津井電鉄68
小田川の大正橋の北隣にはかつては下津井電鉄の橋梁があったのですが
現在はわずかに橋台の一部らしき跡が見られるのみです。
川の対岸の廃線跡は文化センターと公園として再開発されており
鉄道の痕跡は全く残っていません

そして文化センターの南側に、ご覧の児島駅があります。
下津井電鉄70
下電の児島駅は初代は小田川の大正橋の南詰付近にあり、
1972年(昭和47年)に路線の部分廃止に伴って
現在の児島図書館の前付近へと移転。
そして1987年(昭和62年)の市の区画整備事業によって
上の写真の駅舎となりました。
駅メモでの下津井電鉄・児島駅は1987年以降の場所に設定されています。


ここまでが下津井電鉄の1972年(昭和47年)の部分廃止区間となります。
廃線はまだまだ続きますが、とりあえず一旦ここまでで区切りたいと思います。



下津井電鉄72
こちらはau 4G LTEでの下津井電鉄の茶屋町駅━児島駅間の電波状況のマップです。
詳細を書く必要が無いほど全域が電波エリア内である事が分かります。

下津井電鉄73
こちらは茶屋町駅からレーダーを飛ばした範囲です。
下津井電鉄の廃駅には林駅までが届くことが分かります。
下津井電鉄74
そしてこちらは茶屋町駅から3駅南の
上の町駅からのレーダーの範囲図です。
茶屋町駅からは届かなかった福田駅━児島駅間が取れる事が分かると思います。

つまりJRの瀬戸大橋線からレーダーを飛ばせば
茶屋町━児島駅間の廃線区間は乗らないでも取れる
という事です。



それでは児島駅以南の1991年(平成3年)廃止区間については
その2として続きたいと思います。

では。