下津井電鉄a36
さて、廃線である下津井電鉄の続きです。

その1(茶屋町駅━児島駅間)の記事はこちら


先にその1でご紹介した区間は1972年(昭和47年)に廃止されています。
しかし今回ご紹介する児島駅━下津井駅間の区間は
1991年(平成3年)の全線廃止に至るまで更に20年近く営業を行っていました。



下津井電鉄81
こちらはJR児島駅から西へ800mほどの場所にある
文化センター交差点付近です。
この交差点の近くにかつての駅が現在も残っています。
下津井電鉄75
こちらが下津井電鉄の児島駅の駅舎跡です。
1987年(昭和62年)の倉敷市の再開発事業によって改築移転された駅舎が
廃線となった後も観光案内所などが入って残されています。
下津井電鉄77
下津井電鉄の廃線跡は倉敷市に譲渡されており、
児島駅以南は「風の道」としてサイクリングロードに整備されていて
この旧駅舎がその起点となっています。
下津井電鉄76
駅舎の入口から中に進むとご覧の通り
営業当時のモダンな作りが残されています。
下津井電鉄78
駅舎内の光景です。
屋内にプラットホームが設けられています。
下津井電鉄80
駅舎の二階部分はご覧の通りテラスとなっており
かなりおしゃれな駅だった事が分かります。
下津井電鉄79
ホームの様子です。
かつては頭端式2面1線の駅でした。
下津井電鉄82
そして児島駅のホームの先にはスロープが設けられており、
下電バスの児島営業所の脇を抜ける廃線跡へと降りられる様になっています。
下津井電鉄83
駅脇の下電バス児島営業所の様子です。



下津井電鉄84
児島駅の駅跡は日中しか開放されていない為、
廃線跡のサイクリングロードの起点にはご覧のゲートがあります。
下津井電鉄85
架線柱の残る廃線跡を進むとすぐにある
遊歩道の案内板です。
下津井電鉄86
廃線跡地を利用したサイクリングロードです。
架線柱が残されており廃線だと分かるようになっています。
児島以北の区間は40年以上前に廃線になった区間なので
普通の道路として整備されていましたが、
児島駅以南のこちらのサイクリングロードは
平成になってからの廃止区間なので
同じサイクリングロードでもコンセプトが感じ取れます。
ちなみに地面はアスファルトではなく、
コストの安い真砂土による土系舗装がされていました。
下津井電鉄87
そして児島駅から1.1kmで次の駅が見えてきます。


下津井電鉄88
こちらが備前赤崎駅の駅跡となります。
1914年(大正3年)に児島駅━下津井駅間の開業に伴って開設された駅です。
開業時は相対式ホーム2面2線の駅で、
廃駅となった現在でもその遺構が残っています。
駅名標は営業時のものはありませんが、
サイクリングロード用に模した看板が設置されています。
下津井電鉄89
ホーム南端のこちらは明らかに構内踏切の跡であり、
かつてはここにあった構内踏切でホームが連絡していたと思われます。
下津井電鉄90
そして東側のホームの上が、かつての駅舎のあった跡地となります。
下津井電鉄91
駅前の道から駅敷地への光景です。



下津井電鉄92
駅跡を背に南へと廃線跡を進みます。
下津井電鉄93
駅跡から200mほど進むと廃線跡は国道430号線へと差し掛かります。
下津井電鉄94
電車は国道を垂直に横切っていたのでしょうが、
廃線跡のサイクリングロードを進んできた自転車は
信号のある交差点まで大きく迂回する必要があります。
下津井電鉄95
国道を越えて進む廃線跡のサイクリングロード。
下津井電鉄96
廃線跡と道路が並走状態となる付近、
前の駅跡からは500m、国道からも300mほどの
呉服店の先あたりに次の廃駅跡が見えてきます。


下津井電鉄97
こちらが阿津駅の駅跡です。
児島駅━下津井駅間の開業は1914年(大正3年)ですが
この駅は1949年(昭和24年)に新設されて開業した駅となります。
単式ホーム1面1線の駅だった様子で駅舎は無かった様です。



下津井電鉄98
駅跡を出るとご覧の通りで
このあたりの区間は花が植えられるなどかなり手入れのされている区間となります。
下津井電鉄99
そして鷲羽山の麓を登り始めると、土系舗装だった廃線跡は
アスファルトの舗装へと変わって上り坂となります。
下津井電鉄a01
1988年(昭和63年)に開業したJR瀬戸大橋線(本四備讃線)の高架をくぐる廃線跡。
3年ほどは高架下を電車が走っていました。
下津井電鉄a02
瀬戸大橋線をくぐると瀬戸内海と瀬戸中央道に挟まれた場所を
廃線跡が進みます。
下津井電鉄a03
海の方をみると児島競艇場が眼下に見下ろせます。
下津井電鉄a05
この付近に次の廃駅跡があります。


下津井電鉄a04
琴海駅です。
1914年(大正3年)の路線の区間開業時に設置された駅です。
島式ホーム1面2線の駅だったそうで、当時のホームが現在でも残っています。
駅名標は廃線跡がサイクリングロードに整備された際に設置されました。
下津井電鉄a06
ホームからは瀬戸内海の児島の大畠漁港が見下ろせます。
漁港のすぐ北が児島競艇場です。
下津井電鉄a07
そして駅の北側の隣にはご覧の変電所の設備が。
「本四連絡橋公団 児島変電所」とありますが、
こちらは鉄道では無く瀬戸中央道の高速道路の変電所となります。
下津井電鉄a08
ホームの北側が広場のようになっていますが
駅舎はこちらではなく、ホームから線路を挟んだ海側に
ご覧のような位置関係であったそうです。



下津井電鉄a09
鷲羽山の等高線に沿うように山の中腹をクネクネと走る廃線跡。
下津井電鉄a10
そして瀬戸中央道の下を廃線跡が潜ります。
瀬戸大橋の開業が1988年(昭和63年)ですので
このトンネルも建設時には下津井電鉄が走っていました。
下津井電鉄a11
廃線跡の高架下。
下津井電鉄a12
高速道路の下を抜けると切り通しの先に
次の駅の駅跡が見えてきます。


下津井電鉄a13
こちらが鷲羽山駅の駅跡です。
1931年(昭和6年)に臨時駅として新設開業し、
すぐに正式な駅へと昇格した駅です。
単式ホーム1面1線の棒線駅だったそうで、
現在公衆トイレのある付近にかつての駅舎があったそうです。
下津井電鉄a14
駅跡の東端には鷲羽山の山頂へと至る道と、
県道へと下って連絡する坂があります。
下津井電鉄a15
そしてホームの西側へと進むと
西端にはご覧の展望台が設置されています。
下津井電鉄a16
展望台からは、鷲羽山の先に瀬戸大橋のうちの一つである
下津井瀬戸大橋が至近に一望できます。
路線の末期にはこの瀬戸大橋へのビューを売りに
観光路線への脱却を目指したほどの景色が見れます。



下津井電鉄a17
鷲羽山駅を出るとご覧のの下りを進み、
県道393号線(鷲羽山スカイライン)とX状に交わります。
下津井電鉄a18
県道と廃線跡の交点付近です。
下津井電鉄a19
県道脇の築堤下を進む廃線跡。
アスファルトだった舗装は再び土系舗装へと戻っています。
下津井電鉄a20
跨道橋の下を潜るとすぐに、
次の駅の駅跡となります。


下津井電鉄a21
東下津井駅の駅跡です。
1914年(大正3年)の路線開業時に開設された駅です。
駅跡は雑草が覆い茂る状態となっていました。
下津井電鉄a22
駅の南側のかつては踏切であったであろう道路。
廃線跡と並走するのは県道393号線(鷲羽山スカイライン)で、
その左の小高くなった上には下津井中学校があります。
下津井電鉄a23
その踏切跡の前にはハマダベーカリーがあります。
下津井電鉄の営業時からあったパン屋で
たまごパンを始め田舎とは思えないクオリティの知る人ぞ知るパン屋だったそうです。
ご覧の通り店は開いておらず、もしかすると現在はもう営業していないのかもしれません。
下津井電鉄a24
駅跡から東に一本はいった裏手の道路です。
かつてはこの先に木造の駅舎があったそうです。
下津井電鉄a29
駅舎のあった場所は当時の写真などを参考にすると
おおよそご覧のあたりだった様子です。



下津井電鉄a25
駅跡を出て県道を並走する廃線跡。
下津井電鉄a26
進むと道は序々に下がり始め切り通しを進みます。
下津井電鉄a27
獣道の様になっている廃線跡のサイクリングロード。
このあたりの左手は瀬戸大橋架橋記念公園となっています。
下津井電鉄a28
車道と交わる廃線跡。
この先廃線跡のサイクリングリードは大きく左手へとカーブを描きます。
下津井電鉄a30
下津井の集落の外周を抜ける廃線跡。
このあたりでは右手は山ろくの県道、左手には住宅地が広がっています。
下津井電鉄a31
そして県道21号線の跨線橋の下を潜ると次の駅が見えてきます。
下津井電鉄a32
獣道のようになったサイクリングロードの終端と
その先に現れる廃線跡のレールです。



下津井電鉄a33
下津井駅の廃駅跡です。
1914年(大正3年)の下津井軽便鉄道(後の下津井電鉄)の全通時に
終着駅として開業した駅で、
単式1面1線、島式1面2線の計3線のホームを持つ駅でした。
他の下津井電鉄の敷地が倉敷市に無償譲渡されたのに対して
こちらの下津井駅の駅跡は今も下津井電鉄の所有地だそうです。
下津井電鉄a34
ご覧の単式ホームの上に木造平屋の駅舎と事務所棟がありました。
廃線後もしばらくは駅舎は残されていましたが、
老朽化が進んだ為現在は取り壊されています。
下津井電鉄a35
そして島式ホームの駅舎から一番遠かった番線側は
フェンスで仕切られていたものの、
下津井電鉄で走っていた電車が留置保存されていました。
下津井電鉄a37
こちらはホーム南端にある構内踏切の跡です。
下津井電鉄a38
駅舎のあった単式ホームのフェンスにある掲示板。
こちらの電車の保存活動をしている「下津井みなと電車保存会」の
活動紹介が掲示されていました。
下津井電鉄a39
かつての駅前であった場所の様子です。
商店跡がありましたが、現在は営業している様子はありません。
下津井電鉄a40
商店と駅前の道を挟んだ反対側には
下津井電鉄の初代社長である白川友一氏の銅像が。
この下津井の選挙区で代議士となり「軽便鉄道助成法」に尽力した人物です。
下津井電鉄a41
駅前通りの様子です。
下津井電鉄a42
通りの目の前にはご覧の下津井港が。
本州と四国とを結ぶ「四国往来」のメインルートとして
下津井━丸亀間航路の本州側の拠点だった港
です。
この場所へと連絡をする為に下津井電鉄は作られました。



以上で下津井電鉄の廃線跡については全てとなります。
その2でご紹介した児島駅━下津井駅間は
1972年(昭和47年)の児島駅以北の廃止以降も営業を続け、
観光路線としての脱皮を試みるなどして悪戦苦闘をした区間です。
当時としてはめずらしいワンマン運転などで努力をしたものの
瀬戸大橋の開通によって1991年(平成3年)に廃止されています。


下津井電鉄a43
こちらは児島駅━下津井駅間のau 4G LTEでの電波エリアマップです。
下津井のある児島半島は全域が電波圏内ですので
廃線跡で電波に困る事は基本的に無いでしょう。
下津井電鉄a44
そしてこちらは児島駅以南の下津井電鉄付近のボロノイ図です。
児島半島を縦に貫いてJR瀬戸大橋線(本四備讃線)が走っており、
この瀬戸大橋線から下津井電鉄の阿津駅、琴海駅、鷲羽山駅の三つの廃駅が
直接チェックインで取れる
事が分かります。

鷲羽山駅付近に記した赤い太線は瀬戸大橋線のトンネル区間ですが、
琴海駅と鷲羽山駅を取るのに影響は少ないことは分かると思います。
下津井電鉄a45
そしてJR瀬戸大橋線の児島駅からのレーダー範囲を見てみると、
ご覧の通り児島駅(下津井電鉄)から下津井駅までの区間の全駅が
射程8で届く
ことが分かります。

つまり瀬戸大橋線の児島駅で児島駅(下津井電鉄)、備前赤崎駅、
東下津井駅、下津井駅の四つをレーダーで取り、
そこから瀬戸大橋を渡るまでの間で阿津駅、琴海駅、鷲羽山駅の三駅を直接チェックインすれば
児島駅━下津井駅間の廃線廃駅は全て揃うということです。


駅メモの他の廃線もそうですが、
この下津井電鉄も近くの現役路線からレーダーを使えば乗らずに取れてしまいます。
しかしこれも他の駅メモと廃線と同様なのですが、
廃線跡がサイクリングロードとして残されており
比較的駅や廃線の遺構が残っていて実際に見ることが可能です。

是非とも時間があれば廃線跡を巡ってみて下さい。

では。