東武野田線01
お次は東武野田線です。
現在東武鉄道ではこの野田線は、
駅などの案内表示は「東武アーバンパークライン」で統一されています。

首都圏には山手線、そしてその外を
武蔵野線━南武線━横浜線と外郭環状に路線がありますが、
この東武野田線は武蔵野線のさらに外郭を横断する様に走る路線です。




東武野田線24
こちらが埼玉県側の起点である大宮駅です。
JRでは新幹線なども止まる埼玉の一大ターミナル駅ですね。
東武野田線25
東武の大宮駅とJRの大宮駅は並んで作られており、
ご覧の通り東武野田線のホームから、隣の京浜東北線が見えます。
東武野田線26
大宮駅に停車する列車。
東武野田線27
駅の構造上、西の端からしかJRの駅と連絡していないので、
ご覧の通りの広い改札ですが、それでもラッシュ時には大混雑をします。



東武野田線30
北大宮駅



東武野田線31
大宮公園駅
名前の通り県営大宮公園の最寄駅で、
大宮公園サッカー場、大宮公園野球場、大宮競輪場などがあります。



東武野田線32
大和田駅



東武野田線33
七里駅



東武野田線34
岩槻駅
岩槻はさいたま市に編入され岩槻区となった街ですが、
「人形のまち」として岩槻人形で知られ、駅周辺にも多くの人形店があります。



東武野田線35
東岩槻駅



東武野田線36
豊春駅
東武野田線37



東武野田線02
春日部駅です。
東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)と交わる接続駅です。



東武野田線03
南桜井駅


東武野田線04
川間駅


東武野田線21
愛宕駅



東武野田線05
野田市駅
野田線は元々は、野田醤油醸造組合が元となって
醤油を運ぶ為の鉄道として誕生した路線
です。
そして現在のキッコーマンの本社や工場に囲まれた、
その中心にあるのがこの野田市駅です。



東武野田線20
運河駅
近くの利根運河が由来の駅名らしいです。
近くに東京理科大がある割には、駅前にはコンビニくらいで何もありません。


東武野田線19
初石駅


東武野田線29
流山おおたかの森駅です。
元々ここには野田線の駅はありませんでしたが、
つくばエクスプレス線の開業に伴なって、
乗り換え連絡駅として2005年に開設されました。


東武野田線18
豊四季駅



そして柏駅
東武野田線09
この駅は大宮駅━柏駅間と、柏駅━船橋駅間の二つの区間が
スイッチバックで繋がる要の駅です。
東武野田線06
こちらが大宮方面の列車の止まるホーム。
東武野田線07
真ん中を挟んで。
東武野田線08
こちらが船橋方面の列車の止まるホーム。
なんでも元々は別会社の別路線であり柏駅で接続していたのが、
野田線として一つの路線にまとまった事がスイッチバックになった理由のようです。



東武野田線17
逆井駅


東武野田線16
高柳駅


東武野田線15
六実駅



東武野田線13
こちらは新鎌ヶ谷駅
東武野田線14
新京成線、北総公団線と接続をしている駅です。



東武野田線12
こちらが終点の船橋駅です。
東武野田線10
船橋駅の端。
東武野田線11
柏駅方面へと戻る列車です。




実際に東武野田線に乗ってみると分かるのですが、
各駅での停車時間が一駅一駅かなり長いです。
そして大抵、反対側の列車が駅ですれ違って行くのが車窓から見えます。

これは春日部駅より千葉県側に、
現在でもまだ単線の区間が点々と残っているのが原因で、
旅客量に対応する為に列車を可能な限り増発した結果、
ラッシュ時間などは毎駅で列車交換のようにすれ違いをしないと
ダイヤが対応できない為だと思われます。


東武野田線28
電波状況については、首都圏郊外の路線ですから
全線が携帯の電波エリア対応区間となっており、
また東武鉄道にはほとんどトンネル区間はありませんので、
この野田線にもトンネルは皆無ですから電波状況は申し分がありません。


大宮駅━柏駅間でおよそ所要時間は70分、
柏駅━船橋駅間で30分で、全線ではおよそ二時間弱の時間が掛かります。
時間さえ問題が無ければ攻略はやさしい路線だと思いますし、
柏駅や春日部駅などで分けて攻略するのも一つの手だと思います。



では。