流鉄流山線a02
お次は流鉄流山線です。



流山の名産である味噌や醤油などの輸送を主な目的として
流山市民の出資によって設立された流山軽便鉄道として
1916年(大正5年)に営業を開始している路線です。




流鉄流山線47
馬橋駅
流鉄流山線の起点となっている駅です。
馬橋駅の開業は1898年(明治31年)ですが、
流鉄としては1916年(大正5年)の営業開始となります。
島式ホーム1面2線の駅となります。
流鉄流山線51
こちらは2番線の様子。
基本的に馬橋駅では1番線が使用され、
2番線は通勤時間のみ列車が発着するそうです。
流鉄流山線48
ホームの北端にある観光案内図。
流鉄流山線49
案内図の先のホーム下にはトイレが設置されています。
流鉄流山線55
ホーム南端にある改札。
出入口はここの一箇所のみとなります。
流鉄流山線56
外側から見た改札付近の光景。
流鉄流山線57
改札前にはご覧の跨線橋へと上がる階段があります。
流鉄流山線58
跨線橋の外観。
流鉄流山線59
跨線橋の中の様子です。
1971年(昭和46年)の常磐線複々線化以前は
常磐線下り線と総武流山電鉄(当時)がホームを共用していたそうで
この跨線橋はその当時の構内跨線橋でした。
現在は改札外の通路となっています。
流鉄流山線50
JR馬橋駅のホームから見た流鉄の馬橋駅ホームの全景です。
流鉄流山線52
JR常磐線ホームから、流鉄のホームの南側をみると、
跨線橋の先にもまだ線路がつながっています。
流鉄流山線53
ホームからは5、60mほど南の場所がこちらです。
流鉄流山線54
この場所の線路と建物の間にゼロキロポストが設置されています。
こちらが流鉄流山線のゼロキロポストとなります。
場所的に流鉄の構内からは見ることができず、
JR常磐線のホームからしか眺めることができません。



流鉄流山線60
幸谷駅
1961年(昭和36年)開業の駅で単式ホーム1面1線の棒線駅です。
1982年(昭和57年)に流鉄が「流鉄カーサ新松戸」というマンションを
線路脇に建設した際に1階部分に駅を併設し、300mほど北へと
駅の位置が現在の場所へ移動しています。
流鉄流山線69
こちらの写真を見ると、駅のホームが
マンションの1階に設けられているのが分かると思います。
流鉄流山線61
ホームの改札付近。
流鉄流山線62
改札外から見た駅の入口付近です。
流鉄流山線63
駅の出口前にある流鉄の踏切。
幸谷駅を利用する乗客はこの踏切を渡る事となります。
流鉄流山線64
踏切はJR武蔵野線の高架下にあり、
新松戸駅前のロータリーへと通じる道は
武蔵野線の高架脇を進む形となります。
流鉄流山線65
新松戸駅前の横断歩道。
流鉄流山線66
横断歩道から新松戸駅前までの武蔵野線高架下には
「あかりのボックス」という鳥居風の赤いオブジェが並んでいます。
流鉄流山線67
オブジェから振り返ると高架下にJR新松戸駅の入口が。



流鉄流山線68
小金城趾駅
1953年(昭和28年)に開業した駅で、
現在の場所へは1967年(昭和42年)に移設されました。
流鉄流山線76
島式ホーム1面2線を持つ駅で、
流鉄の途中駅では唯一の列車交換可能駅となっています。
流鉄流山線70
駅ホームの上には跨線橋が架かっており、
改札や券売窓口なども跨線橋上に設けられた橋上駅となっています。
流鉄流山線71
橋上の改札付近の様子。
この改札前からはかつては駅に隣接して「大金平県営住宅」という
千葉県の県営住宅が建てられていました。
これは流鉄の土地に地上権を設定し、3階以上を千葉県が県営住宅としたもので、
その下は駅の出入口が併設されていた建物でした。
流鉄流山線72
この「大金平県営住宅」は老朽化によって2015年(平成27年)秋ごろから解体工事が始まりました。
上の写真は2016年(平成28年)1月のものですが、県営住宅と連絡していた部分は
ご覧の通りベニヤのコンパネで塞がれていました。
流鉄流山線73
その後2016年3月には解体工事も終わって
住宅と連絡していた場所には階段が新設されました。
流鉄流山線74
こちらが県営住宅跡地に新設された階段。
現在の駅の出入口であり大金平側(北東側)の外観です。
流鉄流山線75
2017年(平成29年)1月現在の駅前の様子。
県営住宅跡地は更地となり、
階段から駅前の道路までが新たに舗装されました。
流鉄流山線77
こちらは駅の南西側(横須賀側)の駅前の様子と
駅の外観です。



流鉄流山線78
鰭ヶ崎駅
1916年(大正5年)開業の駅で、単式ホーム1面1線の棒線駅です。
流鉄流山線79
こちらは駅舎の外観。
駅舎の前に小さな駅前広場があります。
流鉄流山線81
駅前にある駅周辺の案内図。
流鉄流山線80
駅前広場と通じている道。
ホームの北側にあり踏切があります。
流鉄流山線29
この鰭ヶ崎駅からも、JRとつくばエクスプレスの南流山駅までは
徒歩で1km、12分と十分に乗り換えが可能な距離にあります。



流鉄流山線82
平和台駅
1933年(昭和8年)に赤城駅として開業した駅で、
その後赤城台駅、平和台駅と名前が変遷しています。
流鉄流山線84
単式ホーム1面1線の棒線駅となっています。
流鉄流山線83
ホーム中央やや北寄りにある改札口。
流鉄流山線85
駅舎の外観です。
流鉄流山線88
駅舎の前の駅前の光景。
流鉄流山線86
この駅は南側、馬橋方面側すぐが踏切となっており、
線路を挟んで駅舎の反対側に出ることができます。
流鉄流山線87
踏切を渡った反対側には駅前広場が設けられています。
流鉄流山線89
駅前広場側から見た駅のホーム。
流鉄流山線90
ホームから流山方面を見た光景です。
写真ではちょっと分かりづらいですが、
隣の流山駅までは距離で600mなので
肉眼だと駅に留置されている列車がはっきりと見えます。



流鉄流山線91
流山駅
1916年(大正5年)開業の駅で、流鉄流山線の終点となる駅です。
島式ホーム1面2線を持つ駅で、ほかに側線が一つあります。
流鉄流山線92
島式ホームのうち、2番線は駅舎の手前で車止めとなっています。
流鉄流山線93
1番線はホームの奥へと線路が続いており、
その先には流鉄の検車区があります。
流鉄流山線99
ホーム上にある流鉄のペイントの施された自販機。
流鉄流山線94
ホーム北端にある改札の光景。
流鉄流山線95
改札前にはご覧の立て看板が置かれています。
このキャラクターは「普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。」という
4コママンガ作品のもので、
流山市をモチーフとした「流川市」を舞台としたローカルアイドルの物語です。
2014年(平成26年)にはアニメ化されており、TBS系で放映されています。
流鉄流山線26
流山にちなんだ作品ということで
この作品と流鉄が開業100周年記念でコラボをしており、
2015年秋から2016年春にかけて車内アナウンスを登場キャラが行ったりしていました。
コラボ当時の列車内にはこんな吊り広告も。
 ※画像をクリックすると拡大します。
参考
animeate.tv「開業100周年記念☆ 流鉄流山線×『ろこどる』コラボプロジェクト始動!」

http://www.animate.tv/news/details.php?id=1440161782
流鉄流山線96
こちらは流山駅の駅舎の外観。
開業時の1916年(大正5年)に建てられた駅舎であり、
1937年(昭和12年)の改修をはじめ修理や改造が加えられています。
流鉄流山線97
駅舎の中の様子。
流鉄流山線98
1998年(平成10年)には関東の駅百選の第2回選定駅となっており、
出札窓口には関東の駅百選のプレートが掲示されています。
流鉄流山線a01
駅の裏手にある流山市役所。



流鉄流山線46
au 4G LTEによる流鉄の路線区間の電波範囲のマップです。
ご覧の通り、流鉄の全線が電波サービス圏内ですので
GPSによる駅の奪取には全く問題がありません。


流鉄の駅のうち、馬橋駅はJR常磐線の駅と同じ駅です。
幸谷駅は新松戸駅と至近距離にありますので
JR武蔵野線や常磐線で新松戸駅付近を通る際に取得ができてしまいます。
そして小金城趾駅はJR武蔵野線の新松戸━南流山間から、
平和台駅は南流山━三郷間からそれぞれ直接のチェックインで取得が可能です。

すると残るのは流山駅と鰭ヶ崎駅ですが、
こちらもJR武蔵野線およびつくばエクスプレス線から
レーダーで容易に取る事が可能となっています。

こういった状況もあり、多くのプレイヤーからはは
この流鉄には乗車しないでレーダー使用でコンプをされてしまっています。
近年はつくばエクスプレスに乗客を奪われて
乗車人員が減少している流鉄。
是非とも乗ってあげてほしいものです。


では。