いさりび鉄道96
道南いさりび鉄道線の続きです。


その1(木古内駅━上磯駅)はこちら



いさりび鉄道97
上磯駅から木古内方面は上り線となっていますが、
7時台の始発列車が出た次の次発は11時台となっており、
実に3時間の間が開いています(2018年3月改正ダイヤ)。
いさりび鉄道98
木古内駅から上磯駅への列車は午前中4本設定されていることから
朝のダイヤは函館へと向かう通勤通学客を想定していると思われます。
実際に上磯駅には折り返し専用のホームがありますし、
木古内━上磯間が「沿岸の漁村」といった光景だったのに対して
上磯駅以北は函館のベッドタウン的に住宅が増える印象があります。



いさりび鉄道99
こちらは北斗市総合文化センター「かなで~る」という施設で、
コンサートが行われるホールや図書館などが入った公共施設となります。
いさりび鉄道移管後に駅の副名称に含まれている施設です。
いさりび鉄道a01
そのかなでーるの前の道を南へと進むと
まもなくいさりび鉄道の踏切があり、その脇に駅があります。
いさりび鉄道a02
こちらが清川口駅の駅舎となります。
1956年(昭和31年)に国鉄江差線の駅として開業した駅であり、
現在の駅舎は1979年(昭和54年)に改築されたものだそうです。
外壁補修中で足場と幕があるのが残念ではありますが。
いさりび鉄道a03
駅舎入口付近の光景です。
いさりび鉄道a04
中の待合室の様子。
かつての券売窓口であろう場所はありますが、
現在は無人駅ですので待合スペースのみとなっています。
いさりび鉄道a05
ホームの様子です。
単式ホーム1面1線の棒線駅となっています。
いさりび鉄道a06
そしてこちらがホームの裏手に見える建物で、
副駅名にある北斗市役所の建物となります。
駅の南隣に1983年(昭和58年)に上磯町役場として完成したもので
現在は北斗市役所の本庁舎として使用されています。
いさりび鉄道a07
市役所前から駅方向を見ると、踏切の先にかなでーるが見えます。



いさりび鉄道a08
こちらは次の久根別駅の駅前の光景です。
駅の前で道道456号線が直角に曲がっており、
南に鉄道と並走している国道228号線(松前国道)へと合流しています。
いさりび鉄道a17
駅側から見た駅前交差点付近。
いさりび鉄道a09
そして交差点前にある駅舎です。
1913年(大正2年)に国鉄上磯軽便線の駅として開業した駅ですが
駅舎は1979年(昭和54年)に改築されて現在に至っています。
いさりび鉄道a10
駅舎の中の様子。
1986年(昭和61年)に無人化されるまでは駅員がいたので
券売窓口の跡が残っています。
いさりび鉄道a11
駅舎からホームへはご覧の階段で上がります。
ホームは単式1面1線と島式1面2線の計3線となっています。
いさりび鉄道a12
1番線ホームです。駅舎のあるホームとなります。
木古内方面行きの上り線ホームで単式ホームです。
いさりび鉄道a13
ホーム間を連絡している跨線橋です。
この跨線橋はホーム同士の他に駅の南北を繋ぐ自由通路をも兼ねています。
いさりび鉄道a14
島式の2、3番線ホームです。
函館方面行きの下り線ホームですが
列車交換時の退避や行き違いにも使用される為、
木古内方面の上り列車が入線することもあります。
いさりび鉄道a15
そして駅の北側へもご覧の跨線橋の階段があって出る事ができます。
いさりび鉄道a16
駅の北側には特に広場などはなく、
直接住宅地へと通じています。



いさりび鉄道a18
こちらは久根別駅から東へ1.2kmほど進んだ
北斗市の市営久根別団地の北側付近です。
いさりび鉄道a19
いさりび鉄道の線路が団地と隣接して走るこの場所に次の駅があります。
いさりび鉄道a20
こちらが東久根別駅の駅舎の外観です。
1986年(昭和61年)に国鉄江差線の臨時駅として開業した駅で、
「国鉄最後のダイヤ改正で誕生した道内15駅のうちの1つ」なのだそうです。
ご覧の通り駅舎はワフ29500形貨車を改造した貨車駅舎となっています。
いさりび鉄道a21
東側からみた駅と駅前の様子です。
いさりび鉄道a22
この付近の線路は築堤上を走っており、
駅舎の前へ構内に通じる踏切へと上がる階段があります。
いさりび鉄道a23
踏切を抜けて線路の北側の住宅地へも抜けることができ、
こちらは北側から見た踏切付近の様子です。
いさりび鉄道a24
そして駅舎の前の通路を抜けるとホームへと入れます。
いさりび鉄道a26
駅舎の中には自動券売機もありますが
扉が開いているのは7時から20時までとなります。
いさりび鉄道a25
ホームの様子です。
仮乗降場が出自だけあり単式ホーム1面線の棒線駅となっています。



いさりび鉄道a27
こちらは東久根別駅から東へと2.7kmほどの付近です。
国道228号線や海岸と並走してきたこちらに次の駅があります。
いさりび鉄道a28
七重浜駅の駅舎の外観です。
こちらの駅は見ての通り橋上駅舎となっています。
いさりび鉄道a29
駅前の広場の横には北斗市役所七重浜支所「れいんぼー」の建物が。
いさりび鉄道a30
正面から伸びるこちらの道は道道1067号七重浜停車場線で
400mほどで国道227号線と駅を連絡をしています。
また国道の先は噴火湾(内浦湾)があり、
駅は津軽海峡フェリーの函館側の最寄り駅となっています。
いさりび鉄道a31
跨線橋を上がると中ほどに待合室への入口があります。
いさりび鉄道a35
この駅の跨線橋も駅の南北を連絡する自由通路を兼ねており、
駅裏側の線路北側の出口へと出られます。
いさりび鉄道a36
北側の駅出口前はご覧の通り住宅地の真っ只中となっています。
いさりび鉄道a32
そして跨線橋へと戻り、橋上の待合室の様子です。
いさりび鉄道a33
階段を下りるとホーム側にも扉が設けられており
風雪をしのぐベンチが置かれていました。
いさりび鉄道a34
こちらがホームとなります。
島式ホーム1面2線となっています。
1番線が上り木古内方面、2番線が下り函館方面となります。



いさりび鉄道a37
こちらは国道5号線の五稜郭駅前交差点です。
いさりび鉄道a38
七重浜駅から南東に2.7kmほどのこの交差点の前には
名前の通り駅と駅前広場が隣接しています。
いさりび鉄道a39
こちらが五稜郭駅の駅舎の外観です。
1911年(明治44年)に国鉄函館本線の駅として開業しており、
いさりび鉄道の前身にあたる国鉄上磯軽便線が
1913年(大正2年)にできて乗り換え駅となっています。

駅舎は1977年(昭和52年)に改築されたものですが、
2011年(平成23年)にリニューアルが行われて
正面の駅名標が星型になるなどしています。
いさりび鉄道a40
駅前の広場はご覧の通り広く、
中央部をバスやタクシーの停留スペースとして
その周囲を一方通行のロータリーとしています。
いさりび鉄道a41
国道を挟んだ駅の正面にあるビックカメラ。
いさりび鉄道a42
その脇には交差点から「五稜郭駅前通り」という道が
正面へと伸びています。
いさりび鉄道a45
再び駅舎へと戻り入口へ。
いさりび鉄道a43
駅舎の入口は風除室が作られており、
脇には喫煙ルームがありました。
いさりび鉄道a44
中の待合室の様子です。
JR北海道と道南いさりび鉄道共同使用駅ですが、
駅の管理はJRが行っており券売機も改札脇にはJRのものが設置されています。
いさりび鉄道a46
そしてJRの券売機の横にはいさりび鉄道の券売機もあります。
いさりび鉄道a47
改札前の券売窓口に張られたホームの案内図。
いさりび鉄道a48
図の通り改札を入ると右手に通路が延び跨線橋への階段があります。
いさりび鉄道a49
跨線橋の中の様子です。
いさりび鉄道a50
五稜郭駅は島式ホーム2面4線となっており
跨線橋が駅舎とそれぞれのホームを連絡しています。
いさりび鉄道a51
まずはこちらが島式の3、4番線ホームです。
4番線が函館方面行きの上り線ホームとなります。
いさり火鉄道では函館方面が下りでしたが、
五稜郭駅より先はJR函館本線となりますので函館方が上りとなります。
いさりび鉄道a52
駅舎に近い方が3番線となりますが、
こちらは待避線となっているので駅名標も3番線側は空白になっています。
いさりび鉄道a53
跨線橋の北側にもホームが延びていますが、
旅客に使っている4番線ホーム側のみ継ぎ足されて延長されています。
いさりび鉄道a54
ホーム北端から見返した光景です。
いさりび鉄道a55
跨線橋へと戻って隣のホームへ。
いさりび鉄道a56
こちらが島式の5、6番線ホームです。
5番線が函館本線の下り札幌方面、
およびいさりび鉄道の上り木古内方面行きホームとなります。
6番線は臨時ホームとなり通常使用はしていない様です。
いさりび鉄道a57
そして6番線の跨線橋階段前付近には
ご覧の「0K000m」の表示がレールに書き込まれいます。
これはこの五稜郭駅を起点とするいさりび鉄道のゼロキロポストとなります。
かつては江差線の0kmの表示がホームに書かれていたそうですが、
最近新しく書き直されたらしくホームにペンキがこぼれていました


そして道南いさりび鉄道としてはこの五稜郭駅で終わりとなりますが、
いさりび鉄道の列車は全列車が函館駅まで乗り入れ運転をしています。
いさりび鉄道a58
こちらが函館駅の1、2番線ホームです。
いさりび鉄道a59
頭端式4面8線のホームを持つこの駅ですが、
1、2番線ホームのみは電化がされておらず気動車のみが入線できるホームとなります。
その為気動車で運行されているいさりび鉄道の列車がこのホームに入線しています。
いさりび鉄道a61
ホームを連絡している通路。
いさりび鉄道a60
こちらが改札の光景です。
改札の左脇にいさりび鉄道の券売機が置かれています。
いさりび鉄道a62
函館駅の駅舎の外観です。



以上で道南いさりび鉄道の全駅のご紹介となります。
駅メモでは「道南いさりび鉄道」として木古内駅━五稜郭駅間が収録されているほかに
「JR江差線」としても路線の一部として収録がされています。
これは江差駅━木古内駅間の廃線を扱う都合上、いさりび鉄道の区間が重複したものと思われます。


いさりび鉄道a63
こちらはau 4G LTEによる電波エリアマップです。
函館市街の区域だけに全域が電波圏内となっています。
トンネルなどもこの区間はありませんので駅へのアクセスには全く問題がありません


道南いさりび鉄道自体は全線で37.8kmであり、
全線でちょうど一時間程度の所要時間の路線です。
新幹線停車駅の木古内駅と、函館本線のターミナルである函館駅間を走っているだけに
路線までのアクセスは悪くない、というか良好だと思います。

ただ木古内駅━上磯駅間のいさりび鉄道は一日上下線ともに9本であり、
一時間から一時間半の列車間隔があります。
いさりび鉄道自体は一度乗れば難なくコンプできると思いますが、
廃線の江差線が近くにあることなどを勘案すると
それなりの計画が必要になる路線だと思います。


いさりび鉄道a64
新幹線も走る青函トンネルから貨物列車が乗り入れるという路線の性格上
木古内駅構内が新幹線同様に電圧が昇圧されている事などから、
全線電化されているにもかかわらずいさりび鉄道で運行している列車は気動車のみです。

通常の在来線交流列車入れないため、この路線を走る電車は
貨物を曳くEH800形電気機関車と四季島のみとなっています。


新幹線の並行在来線として切り離された路線ではありますが、
本州と北海道を繋ぐ青函連絡路線というその性格から
ローカル線ではありますがすぐに無くなってしまうことは無いでしょう。

ただ、北海道では現在唯一の第三セクター路線、
「北海道新幹線オプション券」を買えば18きっぷでも乗れますので
一度は乗ってみてはいかがでしょうか。


では。