東急田園都市線00
お次は東急田園都市線です。

渋谷駅を起点としている路線で、
東横線と並ぶ東急の基軸路線となっている路線です。



東急田園都市線01
JRの渋谷駅のハチ公口の目の前のこの入口が、
東急田園都市線の渋谷駅の入口となります。
東急田園都市線02
こちらが東急田園都市線の渋谷駅の改札です。
東急田園都市線03
田園都市線のホーム。

ここで田園都市線について書かねばならないのは、
この渋谷駅から東京メトロ半蔵門線との直通運転を行い、
相互乗り入れをしていると言う事です。

地下鉄との相互乗り入れ、ということは、
接点の渋谷駅は当然ながら地下駅となりますので、
つまり地下鉄に準じて携帯GPSの電波状況が良くないという事になります。

東急田園都市線は二子玉川駅まではかつて新玉川線と呼ばれた地下路線で、
携帯GPSの位置ゲーム的には地下鉄と思って頂いて間違いありません



ですので、この渋谷駅についても田園都市線のホームでは、
実はGPSの位置情報の受信に関しては良くありません。
取れない事も考慮しなければならないレベルで
GPSの電波状況が悪い
のです。

ただ、渋谷駅に関してはJR山手線を始めとして
地上路線の沢山ある一大ターミナル駅ですので、
恐らく渋谷駅に辿り着くまでに他の路線で既に駅を奪取しているはずです。
ですので、田園都市線のホームや車両内で取れない事に、特に問題は無いかと思います。
半蔵門線から直通で来た人も、別路線で後で取り直せば良いと思いますし。
もう来ない、という場合だけレーダーが必要かもしれません。




東急田園都市線04 東急田園都市線05
渋谷の次の池尻大橋駅です。
国道246号線の地下にあるこの駅は、
はっきり言って地下鉄の駅だと思って下さい

電波状況に関しては、地下駅にしては比較的良好で、
車内やホームからGPSの位置情報がご覧の通り取れました。
階段から遠い位置の場合、GPSが入らない恐れがありますので注意が必要でしょう。




東急田園都市線06
次の三軒茶屋駅です。
東急田園都市線07
この駅はホームや車内からは二子玉川駅を受信してしまいますので、
よっぽど運が良く無ければ基本的にはB2Fのホーム階からは取れないと思って下さい。
東急田園都市線08 東急田園都市線09
ホームから階段を上って、改札のあるB1Fまで来ると、
ご覧の通りGPSの位置情報が三軒茶屋駅を取得しました。
この駅を取るには一旦下車をして取るかレーダーが必要でしょう。




東急田園都市線15 東急田園都市線16
駒沢大学駅です。
前後の駅の電波状況が悪いので身構えていましたが、
この駅は列車内からあっけなくGPSが拾えました。



東急田園都市線10
その次の桜新町駅です。
サザエさんの街として有名なこの駅ですが。
東急田園都市線11
渋谷方面行きの上り線では、車内は駄目で、
降りて上りホームの階段付近まで行ってもGPSは二子玉川駅のままでした。
上り線ではこの駅は取れないと思って下さい
東急田園都市線12
この駅は上り線がB3F、下り線がB2Fという構造となっていて、
上り線のホームは一段深い所にあります。
東急田園都市線13
階段を上って下り線ホーム(B2F)まで上がると、
ご覧の通り上に登る階段と、降りる階段があるのが分かります。
この位置でGPS情報を取得してみると。
東急田園都市線14
ご覧の通り、桜新町駅を取得しました。
B2Fならば地上の基地局の電波が届く様子です。
これらの情報を知っていれば、上手くすれば
下り線車内からこの駅を取る事も不可能では無いでしょう。
ですが一旦降りない場合は、保険としてレーダーは必要だと思います。




東急田園都市線17
続いて用賀駅です。
東急田園都市線の、地下部分である旧新玉川線の各駅は
軒並みGPSの電波状況が悪く、どの駅でも二子玉川駅を取得してしまいます。
そしてこの用賀駅は二子玉川駅の隣の駅ですので、
近いのが理由なのか、駅のどの場所でも二子玉川駅しか取れません
田園都市線の一番の難所の駅と言えると思います。
東急田園都市線18
ご覧の改札前でもGPSは全く駄目ですし。
東急田園都市線19
地上に上がる階段の真下でも位置情報を取得できません。
東急田園都市線20
結局駅でGPSの位置情報を取得できたのはこの場所。
はっきり言ってもう地上です。
東急田園都市線21
やっと用賀駅の位置情報を取得できました。
東急田園都市線22
ここまで来たら、駅の地上外観もせっかくですので。




東急田園都市線36
二子玉川駅です。
この駅に到着する手前で田園都市線は地下区間を終えて地上に出ます。
とにかく渋谷駅━用賀駅までの区間は、駅でGPSの電波の届いていない場所は
全てこの二子玉川駅近辺の位置情報が取得されてしまう状態ですので、
この駅を取るのに困る事は無いでしょう。

東京都はこの駅までで、多摩川を渡ると神奈川県へと入ります。



東急田園都市線37
二子新地駅



東急田園都市線23
高津駅



東急田園都市線35
溝の口駅
JR南武線の武蔵溝の口駅と接続をしている乗換駅です。



東急田園都市線24
宮前平駅



東急田園都市線25
鷺沼駅



東急田園都市線26
江田駅



東急田園都市線27
青葉台駅



東急田園都市線33
長津田駅です。
同じ東急のこどもの国線と、JR横浜線の長津田駅があり
乗り換えの可能な駅です。



東急田園都市線28
つくし野駅



東急田園都市線29
南町田駅



東急田園都市線30
つきみ野駅



東急田園都市線31
そして終点の中央林間駅です。
東急田園都市線32
小田急江ノ島線と連絡をしている乗換駅でもあります。





渋谷駅~用賀駅までの区間は地下を走る区間で、
地下鉄の様にGPSの位置情報の受信が乱れる区間でしたので
個別に駅の電波状況をご紹介しました。

東急田園都市線38
二子玉川駅~中央林間駅までの地上区間については、
上のau 4G LTEの電波サービスエリアを見ても分かる通り、
全線に渡って電波の圏内となっています。
駅の位置情報の取得に困る事はまず無いでしょう。

長い路線に感じますが、渋谷駅~中央林間駅までの所要時間はおよそ50分ですので、
比較的駅の奪取には向いている路線であると思います。

ネックポイントである新玉川線区間、特に用賀駅を事前に対策しておけば、
この路線の制覇はさほど難しくは無いと思います。




では。