次は東急東横線です。

こちらは東急田園都市線と並ぶ、東急電鉄の基幹路線となります。



東急東横線01
東急の渋谷駅の入口です。
かつては渋谷駅の地上にあった東横線のホームですが、
東京メトロ副都心線の開業、そして2013年の相互乗り入れの開始に伴ない、
かなりの深度の地下に駅が移設されました。

東急東横線02
渋谷の地下道を歩いて改札に。
東急東横線03
改札を入ってからも、結構何度も階段を降ります。
地上を走る路線から渋谷で東横線に乗り換えると
階段に次ぐ階段の為、都民の多くは
渋谷駅での東横線への乗り換えを避ける
ほどの距離を
地下へと潜る必要があるのです。
東急東横線04
とりあえず東急東横線渋谷駅のホームです。




東急東横線21
中目黒駅です。
東京メトロ日比谷線の終点駅でもあり、
この駅を起点に折り返す列車も数多くある駅です。



東急東横線05
自由が丘駅
東急大井町線との乗換駅です。



東急東横線06
田園調布駅



東急東横線07
多摩川駅



東急東横線08
武蔵小杉駅です。
JRの南武線や横須賀線、東急目黒線の乗り入れがある乗換接続駅です。



東急東横線09
日吉駅
横浜市営地下鉄グリーンラインの起点駅でもあります。



東急東横線10
綱島駅



東急東横線11
菊名駅です。
JR横浜線との乗換駅です。



東急東横線13
反町駅です。
元々は地上にあったそうですが、みなとみらい線の開通と、
それの伴う東横線の相互乗り入れに際して
横浜の隣の反町駅も地下駅化されました。

結果として、この駅はホームや列車内から取れない駅となりました
東急東横線14
ホームからワンフロア階段を上がってB2Fでも電波は反応せず。
東急東横線15
東急東横線16
更にエスカレーターを上がり1Fへと向かいます。
東急東横線17 東急東横線18
エスカレーターをほぼ上ったこの位置で、
ご覧の通りやっと反町駅近辺の位置情報を取得できました。
東急東横線19
エスカレーターの先はもう改札です。
つまり、ほぼ地上まで出てこないとGPSの電波を拾わないと言う事になります。
東急東横線20

東急東横線23
まあこの反町駅、東横線からは取れませんが、
地図を見れば分かる通り、JRの東海道本線や京浜東北線、
京急本線などから取れる位置にある駅
です。
ですので他路線から取れるときに取っておく事をお勧めします。




東急東横線12
そして東横線の終点の横浜駅です。
みなとみらい線と直通乗り入れ運転を実施していますので、
この先元町・中華街駅まで東急の列車が走っています。
みなとみらい線は基本的に地下を走る路線ですので、
必然的に東横線の横浜駅も地下ホームとなります。

この東横線ホームでGPS位置情報を取得すると、
隣のみなとみらい線・新高島駅の位置情報を取得します。
つまり東横線の横浜駅ホームでは横浜駅が取れないという事です。

この横浜駅も神奈川の中心ターミナル駅ですので、
基本的に地上を走っている多路線で簡単に駅が奪取できます。
ですのでよっぽどの事情が無ければ、
東横線での横浜駅奪取に拘る必要性は無い
と思います。

また、この横浜駅の問題は、みなとみらい線を取りに行けば
簡単に解決するのですが、それはみなとみらい線の方で書きたいと思います。




東急東横線22
東横線は大都市を走る路線ですので、
携帯GPS電波を地上で心配する必要は全くありません

反町駅など、地下駅や地下路線部分に注意をすれば、
基本的には非常に取り易い路線と言えるでしょう。



では。