でんこの元ネタ
■No.78 海部なる(Kaifu Naru)
 ■タイプ:アタッカー
 ■誕生日:3月26日

■出身駅: 阿佐海岸鉄道 阿佐東線 海部駅(徳島)
なる01

駅の開業は1973年(昭和48年)10月で、
当時の国鉄牟岐線の牟岐駅━海部駅間の延伸によって終着駅として開業しました。


元々は改正鉄道敷設法の別表第107号による
「高知県後免ヨリ安芸、徳島県日和佐ヲ経テ古庄附近ニ至ル鉄道」の一部という
鉄道敷設の計画があり、1942年(昭和17年)には国鉄牟岐線として牟岐駅までが開業しています。

そして牟岐駅から西の区間は阿佐線として1959年(昭和34年)に建設線に昇格。
1964年(昭和39年)3月に発足した日本鉄道建設公団(鉄建公団)が建設を進めることなります。

こうして1973年(昭和48年)に牟岐駅━海部駅間 (11.6km)が開業。
既にあった牟岐線に組み込まれて海部駅が牟岐線の終着駅となります。

翌年の1974年(昭和49年)には海部駅より西の区間の工事が阿佐東線として着工。
1980年(昭和55年)2月には海部駅から宍喰駅までの区間でレール敷設までが完了します。
しかし同年10月に国鉄再建法の施行によって阿佐東線の工事が凍結
甲浦駅までの区間がほぼ完成した状態で線路は宙に浮く事となりました。


そして8年後の1988年(昭和63年)に
徳島県などが阿佐東線の第三セクター会社での引き受けを決定。
阿佐海岸鉄道が設立されて工事が再開され、
1992年(平成4年)3月26日に海部駅━甲浦駅間が阿佐海岸鉄道阿佐東線として開業をしました。
これによって海部駅はJR牟岐線と阿佐海岸鉄道の接続駅となります。

ちなみに駅メモのでんこ「海部なる」の誕生日が3月26日に設定されていますが、
これは阿佐海岸鉄道の開業日が元ネタとなっていると思われます。

なる02
こちらが海部駅の外観となります。
高規格の鉄道路線建設をする鉄建公団の作った駅だけに
1973年(昭和48年)にできた当時は四国初の高架駅として誕生しました。
その為駅のホームも町道を跨いだ高架上に設けられています。
なる03
ホーム上から見た駅の南側の光景です。
駅から80mほどの場所を鉄道と併走するように国道55号線(土佐東街道)が走っています。
また駅から800mほど先は鞆奥漁港があり太平洋が広がっています。
なる04
高架駅ですので駅舎は高架と一体となったもので、
駅南側の広場から階段でホームへと上る造りとなっています。
なる05
階段下にはご覧の、高架下の建屋に入る入口のガラス扉があります。
なる06
中の様子です。
入ってすぐの手前のスペースはいわば駅のロビーだった場所で、
右手にはトイレが設置されています。
奥にあるガラス扉の中はかつての券売窓口のスペースで、
待合のベンチも設置されていました。
現在は地区の交流施設の一部となっており、
半ば倉庫となって備品が収納されていました。
なる07
階段下には阿佐海岸鉄道の開通記念碑があります。
揮毫は海部郡海陽町出身の国会議員、森下元晴・元厚相によるものです。
閉まっている階段前のシャッターは
1995年(平成7年)に作られたかつての海部町観光案内所で、
その後2015年(平成27年)に改装され「あまべの杜」という青少年交流施設となっています。
なる08
階段下には屋根が設けられており、
公衆電話ボックスと町営バスのバス停が置かれていました。
なる09
ホームへと上る階段を下から見上げた光景です。
鉄建公団が鉄道を建設した当時はバリアフリーの概念が無かった為、
高架駅にエレベーターもエスカレーターも無い例が全国で散見されますが
この駅も例に漏れず高架ホームへ昇る手段は階段のみとなっています。
なる10
こちらが1番線ホームです。
JR四国の牟岐線のホームとなっていて駅名標もJR四国仕様となっています。
開業当初は単式1面1線の駅だった為、こちらの1番線ホームのみの駅でした
阿佐海岸鉄道の開業時にホームが増設されて相対式2面2線となっています。
なる16
ホーム上の待合室の中の様子です。
建屋の壁はコンクリートブロックで作られておりベンチが置かれています。
なる12
海部駅は高架駅ですが、ご覧の様に駅には
ホーム同士を連絡する構内踏切があります。
1992年(平成4年)に阿佐海岸鉄道が開業した際に2番線ホームが増設されたのですが、
高架上に新たに連絡通路を作るには予算が厳しかった為
直接線線路を横断する安価な構内踏切が作られたと言われています。
なる11
2番線ホームです。
阿佐海岸鉄道のホームとなっており、
駅名標も阿佐海岸鉄道の仕様のものが設置されています。
なる14
ホーム上には待合の上屋があるのみで、
駅外へと出る階段などは設けられていません。
2番線への出入りはホーム北端から構内踏切を通じてのみとなります。

なる15
そしてこちらは海部駅のすぐ北側のJR牟岐線にある町内トンネルです。
全長44mで、全国で2番目に短い鉄道トンネルなのだそうですが、
1973年(昭和48年)に竣工した際には小山をくぐる普通のトンネルでした。
しかしトンネル周囲の宅地造成の為に小山が削られた結果、
3年後の1976年(昭和51年)にはすっかりと山の土が無くなってしまい
トンネルのコンクリートの構造物のみが残る形となった
のです。
以来「トンネルだけのトンネル」という珍しい光景
海部駅の名物の一つとなっています。



■モデル車両: 阿佐海岸鉄道 ASA-100形気動車
なる13

ASA-100形気動車は1992年(平成4年)3月に
阿佐海岸鉄道阿佐東線が開業した際に新規製造された車両となります。
開業時に阿佐海岸鉄道が保有していたのは
ASA-100形が1両とASA-200形が1両の計2両でしたので、
このASA-100形は1両しか存在しないということになります。

ASA-100形の運行開始日は1992年(平成4年)3月26日ですが、
これは上でも書いた通り阿佐海岸鉄道の路線自体の開業日でもあり、
すなわち駅メモのでんこ「海部なる」の誕生日と同日でもあります。

なる17
【上写真:土佐くろしお鉄道TKT-8000形気動車】
車両製造は新潟鐵工所で、
土佐くろしお鉄道TKT-8000形をベースに作られているので
基本的な構造はTKT-8000形とASA-100形は同一
となっています。

なる18
こちらがASA-100形の外観となります。
並べてみると土佐くろしお鉄道TKT-8000形とそっくりなのが分かると思います。
ディーゼルエンジンを搭載した気動車で車体はステンレス製となっています。
なる19
車体には室戸阿南海岸国定公園の美しい海岸線と
太平洋の打ち寄せる波と砂浜をイメージして赤、青、緑のカラーリングが施されており、
一両しか無いASA-100形には「しおかぜ」の愛称がつけられています。
なる20
車内の様子です。
セミクロスシート車両となっており、車両の両端部の座席はロングシート、
中央部の座席は転換クロスシートとなっています。
なる21
車端部の光景を見ると運転席は左側に置かれており、
全面の貫通扉があります。
乗降の折り戸が右側は最前部、左側は運転席の後ろに設けられています。
なる22
車両の南側の甲浦方には
ご覧のブラウン管のテレビモニターが設置されています。


なる23
また阿佐海岸鉄道では利用促進策に積極的で、
定期的に列車に装飾を施す列車を走らせるなど
「お金をかけずにできるアイデア」を実施しています。
こちらは私が訪れた2017年(平成29年)夏に実施していた「天の川列車」。
トンネルの多い阿佐東線の特性を生かし天井をLEDで埋め尽くしています。

なる24
そして阿佐海岸鉄道では2020年(令和2年)の営業運行開始を予定して
DMV(Dual Mode Vehicle、デュアル・モード・ビークル)の準備が進められています。

このDMV導入によって阿佐海岸鉄道の阿佐東線は全線がDMV専用路線に転換され、
JR四国と阿佐海岸鉄道の会社境界が海部駅から阿波海南駅へと変更、
阿佐東線とJR牟岐線のレールも分離される予定なのだそうです。

全線がDMV化される阿佐東線は鉄道用の信号機も撤去してスタフ閉塞に切り替えるそうで、
これによって従来の鉄道車両が走る事はできなくなります
どのような影響がこれによって生まれるのかというと、
でんこのモデルとなったASA-100形の車両があと1年で不要となる
ということになります。

不要となったASA-100形の車両は運が良ければ
他社への車両譲渡や静態保存などの道もありますが、
引き取り先が無ければ廃車解体への道をたどる事も十分に考えられます。
つまり、せっかくでんこのモデルとなった車両が
最悪あと1年で見られなくなる可能性がある
という事です。


ASA-100形と同じ1992年(平成4年)3月26日に導入されたASA-200形は
その導入日から「海部なる」のモチーフの一つの可能性がある車両なのですが、
2008年(平成20年)6月の車庫での脱線事故によって廃車解体となり
現在ではその姿を見ることはできません。

ですからASA-100形も営業運転をしている今見ておかないと
遠くない将来に見ることができなくなると思われます。
なので今のうちに一度は阿佐海岸鉄道を訪れてASA-100形に乗車される事をお勧めします。

【写真撮影:2017年8月】