相模線00
お次はJR相模線です。


東海道線の茅ヶ崎駅から、横浜線の橋本駅までの間を走っており、
相模川に沿って南北を縦貫して東海道線と中央本線とを繋ぐ路線です。

この路線は全線に渡って単線の路線であり、
列車に乗っているとしばしば駅で交換(すれ違い)があります。
その為、ダイヤでも駅の停車時間が長めの印象があります。




相模線01
こちら起点の茅ヶ崎駅です。
相模線02



相模線03
北茅ヶ崎駅


相模線04
寒川駅


相模線05
宮山駅


相模線06
社家駅




相模線07
海老名駅
小田急小田原線、相鉄本線と乗り換えのできる駅です。
相模線18
こちらが駅の外観。
小田急の海老名駅は1941年開業で、
海老名駅としての駅周辺開発は
小田急の駅を中心に行われていました。
一方相模線は前身となる相模鉄道の路線が海老名付近を開通したのが1931年。
つまり相模線の線路はあったのですが、長らく駅はありませんでした。

JR相模線の海老名駅が、全て海老名市の建設費負担で作られたのは1987年の事で、
駅周辺の土地は小田急の所有地であり、小田急の海老名駅からは200mほど離れていた為
市街化調整区域とされて開発ができず、駅周辺はずっと殺風景な田畑や更地でした。
2009年にやっとJRの駅周辺が市街化区域に編入され開発ができるようになった結果。
相模線19
小田急とJRの駅の連絡通路も綺麗に整備されて。
相模線20
JR海老名駅前にはららぽーとができましたよ。




相模線08
下溝駅


相模線09
原当麻駅


相模線10
番田駅


相模線11
上溝駅


相模線12
南橋本駅



相模線13
そして終点の橋本駅です。
京王電鉄相模原線の終点駅でもあります。

朝夕のラッシュ時間帯などは、
この橋本駅から八王子駅まで相模線の列車が直通で運転をしていますが、
相模線の路線としてはこの橋本駅が終点となります。
相模線14
相模線ホームから。奥のホームに停車しているのは横浜線の列車です。
相模線15
橋本駅の改札を内側からと、
各ホームへと向かう駅の跨線橋通路。
相模線16
橋本駅の外観です。




相模線17
相模線の走る地域は、全線に渡ってau 4G LTEの対応エリアになっていますので
問題なくGPSでの位置情報取得が可能となっています。

単線の路線ながら、北は八王子駅や橋本駅、南は東海道本線の茅ヶ崎駅に接続をしていますので、
アクセスはさほど悪くはありません。
全線で所要時間は50分(茅ヶ崎━橋本間)で、八王子までを入れても1時間15分です。

茅ヶ崎━橋本間は単線で交換の時間が長いので、時間帯によっては
藤沢━町田間を小田急江ノ島線を使って迂回した方が速い場合もあります
が、
乗り換えなし直通というメリットもありますので、一長一短でしょう。
このあたりの路線は一筆書きでは乗れないので、
乗車の計画が悩ましいところです。


駅のコンプリート自体は難しく無い路線だと思いますので、
ゆっくりとGPSの位置情報を取得して下さい。


では。