青梅線00
さて。お次はJRの青梅線です。


中央線と直通で運行がされていて
快速列車も走っている路線ですが、
青梅駅より手前の、優等列車も走る複線区間と、
奥多摩駅へと向かう青梅駅以奥の単線区間では
沿線の様相も若干変わる、まるで別路線のような路線です。




青梅線01
こちらが青梅線の起点駅である立川駅です。
JR中央本線の駅でもあり、多摩地区の中心的なターミナル駅です。



青梅線02
西立川駅



青梅線03
東中神駅



青梅線04
中神駅



青梅線05
昭島駅



青梅線06
そして拝島駅です。
青梅線07
JR五日市線の起点駅でもあり、また西武拝島線の起点駅でもある
乗り換え駅です。
青梅線12
貨物駅でもあるそうで、この先に横田基地線という
貨物専用路線もあるそうですよ。




青梅線13
牛浜駅



青梅線08
福生駅



青梅線09
羽村駅



青梅線11
小作駅



青梅線10
河辺駅



青梅線14
東青梅駅



青梅線15
そして青梅駅です。
青梅線17
青梅ライナーなどの優等列車はこの青梅駅までで引き返して行きます。
青梅線16
手前の東青梅駅からすでに青梅線は単線区間となっており、
ここから終点の奥多摩駅までは、
まさに奥多摩を走るローカル路線といった風情となります。




この先の青梅線は、青梅街道にほぼ沿って奥多摩へと向かう事になります。
路線は単線区間で、ほぼ全ての駅が無人駅となっています。


青梅線18
宮ノ平駅
青梅線19



青梅線20
日向和田駅
青梅線21
完全に単線のホームです。
青梅線23
改札の光景。住宅地で立川、福生など多摩地区の繁華街に直結しているので
ローカルながら乗客もちらほら見かけます。
青梅線22
日向和田駅に入線してきた上り列車。




さて。青梅街道も片側一車線となった中。
青梅線24
横道の坂を上がって、どんどんと狭くなっていく道を進みます。
青梅線25
石神前駅です。(クリックすると画像か拡大します)
青梅線26
この駅も単線ホームで交換はできません。
青梅線27
駅から青梅街道へ戻る道からの光景です。




青梅線29
二俣尾駅
橋上駅となっていて、跨線橋の上に改札があります。
青梅線28
こちらの駅は島式ホームで、列車交換が可能な様子です。



青梅線33
次の駅も、また青梅街道から横道の坂を上って行く駅です。
青梅線30
だんだんと坂の勾配が急になってきました。
青梅線31
途中で横を見ると、遠くに列車が走るのが見えます。
青梅線32
軍畑駅です。
青梅線68
青梅線34
この駅も単線ホームでした。
青梅線35
駅前の広場。
青梅線36
駅からの光景はなかなか絶景です。




青梅線69
青梅街道沿いに、有名な日本酒の醸造元があるのですが、
青梅線70
その脇の道に入って行くと。
青梅線37
次の駅もまた青梅街道から坂です。
青梅線38
跨道橋をくぐると見えてくるのが。
青梅線39
沢井駅です。
青梅線40
こちらは島式のホームで交換可能な駅です。
青梅線41
ご覧の通り、まるでお寺のような屋根をした跨線橋が駅となっており、
青梅線42
橋の上に改札があります。




青梅線43
次の御嶽駅は青梅街道の目の前にあります。
登山やハイキングの入口となる駅で、
バス10分の距離(2.4km)に御岳登山鉄道というケーブルカーが走っています。
青梅線44



青梅線45
次の川井駅ですが、
階段で上がる駅でなかなかのロケーションだったのですが、
写真が消えてしまったので後日改めて。
目の前に奥多摩大橋が架かっています。



青梅線46
古里駅です。
青梅線48
無人駅ですが中に入ると。
青梅線47
対面式ホームになってました。




青梅線49
次の駅ですが、青梅街道が鳩ノ巣トンネルに入る直前の交差点から横を見ると、
ご覧の通り青梅線の橋が見えます。
この橋の右手に鳩ノ巣駅があります。
青梅線50
横の坂道を上がると。
青梅線51
鳩ノ巣駅の駅舎があります。
青梅線52
立派な駅名の看板。
青梅線53
改札を抜けてホームに上がります。
青梅線54




青梅線55
次の駅も青梅街道から誘導の看板がありまあすが、
まあご覧の通りです。
青梅線56
右の車の止まっている道が、今登って来た道です。
ちょうどこの道の踏切がありまして。
青梅線58
列車が駅に入線して行きました。
青梅線57
こちらが白丸駅です。
青梅線59
単線ホームに、デザインされた待合室が見えます。
青梅線60
駅の施設はこんな感じなのですが。
青梅線61
ちょうどSuicaの簡易改札機の目の前に、
民家の門がありました…
どう見てもこのお宅、
駅のホームに直接降りるしか出入りの方法がありません
この駅のステーションマスターのお宅でしょうか?
家に入るにはSuicaをタッチしないと入れないとか…




青梅線62
そして次が、終点の奥多摩駅です。
青梅線63
さすがに元々はセメントを運ぶ鉄道として開業したという歴史があるだけに、
駅のホームの目の前も石灰石た砂利の採取工場が見えます。
青梅線64
ホームの反対側に見えるのは奥多摩町役場。
青梅線66
階段には案内の看板が。たしか鳩ノ巣駅でも似た看板をみましたね。
青梅線65
駅の駅舎です。




青梅線67
東京都としては異例の山奥を走る青梅線ですが、
さすが近代的な車両が走る路線だけあって
全線でGPSの電波に関しては全く問題がありません


この路線は盲腸線で、拝島駅以降は近くに路線も走っていませんから
基本的には実際に乗車しないと取れないと思います。

立川━青梅間は所要時間30分ですが、
10分から15分間隔で列車が走っていますので
さほどアクセスに困る事は無いでしょう。

青梅━奥多摩間については所要時間が50分かかりますが、
だいたい30分に一本くらいで列車が走っています。
単線で列車交換が必要な為で、何度も途中下車をするのは厳しいでしょう。

立川━奥多摩間を往復すると、時間帯にもよりますが
およそ1時間半から2時間はかかると思って良いでしょう。
拝島駅から五日市線も出ていますので、一緒に攻略することをお勧めします。



では。