でんこの元ネタ
■No.35 神畑いおり(Kabatake Iori)
 ■タイプ:ディフェンダー
 ■誕生日:8月1日

■出身駅: 上田電鉄 別所線 神畑駅(長野)
いおり01


いおり03
こちらは県道65号上田丸子線の神畑交差点付近の光景です。
上田市街から国道254号へと連絡し松本・諏訪方面への短絡路となる県道が、
この神畑交差点で南にT字に分岐をしています。
いおり04
この神畑交差点から分岐しているのは別所街道(県道177号鹿教湯別所上田線)で
別所温泉までのおよそ6kmをほぼ南にまっすぐ連絡しています。
いおり05
その神畑交差点から別所街道を南に60mほど進むと
上田電鉄の神畑踏切があります。
いおり06
南側から踏切を見ると、ご覧の通り神畑交差点までの近さが分かります。
いおり07
そしてこの神畑踏切の北西側の線路脇に
駅へと通じる連絡路があります。
いおり08
線路脇を進んだこちらが神畑駅の駅入口となります。
駅は1921年(大正10年)に上田温泉電軌の駅として開業したもので、
何度か路線の所属会社が変わったものの一貫して無人駅として現在に至ります。
いおり09
駅入口の階段前付近の様子です。
踏切脇の道路からの連絡通路の脇には駅の駐輪場があります。
また駐輪場の手前には民家の入口がありました。
いおり10
ホームの様子です。
単式ホーム1面1線の無人駅となっており駅舎はありません。
いおり11
代わりに中央付近に待合室の建屋が置かれています。
いおり12
待合室の中の様子。
奥の壁側がベンチとなっています。
いおり13
ホーム南側が入口となっており、
自動券売機は無いものの自販機が置かれています。
いおり14
ホーム建屋の屋根は待合室部分だけではなく
別所温泉方にも張り出しており、外にもベンチが置かれています。

いおり15
駅ホームの裏手である西側一帯は畑が広がっています。
いおり16
そしてホームの北西側にはりんごの木が並んだりんご畑となっています。
いおり18
畑の側から見た神畑駅の全景です。

いおり17
こちらは神畑駅から県道65号上田丸子線を南におよそ2km離れた
2駅隣りの下之郷駅が最寄りである生島足島神社です。

古来、朝廷に仕えて機を織る職能集団を「服部(はとりべ)」と言いましたが、
神宮に仕えて神の御衣を織る「神服部(かんはとり)」という人たちがいました。
神畑(かばたけ)の地名は生島足島神社の神服部が訛ったものとされています。



■モデル車両: 上田電鉄1000系電車(1001編成・1002編成)
いおり02


丸子鉄道と上田温泉軌道(→上田電鉄)が1943年(昭和18年)に合併して
上田丸子電鉄となったのが現在の上田電鉄のルーツであり、
1958年(昭和33年)に東急の系列会社となって現在に至ります。
いおり37
こちらは列車の車体につけられた上田電鉄の社章です。
1969年(昭和44年)に上田丸子電鉄は上田交通に社名変更されましたが、
その後鉄道部門が上田交通から分離し2005年(平成17年)に再び上田電鉄となります。
社章は1939年(昭和14年)発足の初代の上田電鉄のものが再び使われています


東急系列である為、上田電鉄では東急の払い下げ車両を歴代で使用してきました。
1000系の前任車両である上田交通7200系電車は1993年(平成5年)に
東急から譲り受けて上田交通へと入線しましたが、
その時点で既に26年使用されていた車両であった為、当然老朽化が進む事となりました。
この7200系を置き換える為に導入されたのが上田電鉄1000系電車となります。
いおり19
【上写真:東急1000系1015編成】
置き換え用として上田電鉄へと譲渡されたのは東急1000系電車で、
1991年(平成3年)に東急池上線用に作られた4次車で
「1000N'系」と呼ばれる編成のものです。
いおり20
【上写真:上田電鉄1000系1001編成(旧東急1000系1015編成)】
上田電鉄へと譲渡される事となった1000系のうち、
2008年(平成20年)3月に1015Fと1018Fの2編成が
東急テクノシステム長津田工場で改造が行われました。

運賃箱や整理券発行機などワンマン運行の為の設備の設置や
連結面の転落防止幌の設置などが行われた他、
デハ1000形の運転台寄りにパンタグラフを増設し2基搭載なったのが
主な改造工事の内容となります。

上田電鉄1000系の1001編成と1002編成となった2編成は
2008年(平成20年)8月1日に上田電鉄別所線での営業運転を開始
しました。

駅メモのでんこである神畑いおりの誕生日が8月1日に設定されていますが、
これは上田電鉄1000系の別所線での営業運転開始日が元ネタと考えて良いでしょう。
いおり21
また神畑いおりのコスチュームのカラーリングを見ると
灰色の地色に赤い帯色となっています。
これは上田電鉄で運行開始をした当時の東急色のカラーリング
灰色はステンレス車体の地色、赤(    )は車体の帯色と同じです。
帯色が胴の裾が車両前面と同じ太い一本線、袖が車体横と同じ2本線となっている事からも
元々の東急カラーがモチーフであるが分かります。
いおり22
【上写真:(上)伊賀鉄道200系】(下)一畑電車1000系】
上田電鉄と同じく東急1000系が譲渡されて使用されている例としては
伊賀鉄道200系や一畑電車1000系などがあり、最近では福島交通1000系も同様です。


いおり23
こちらは上田方のモハ1000形です。
モ(電動車)ハ(普通車)でモーターを搭載した車両であることが分かります。
編成略記号ではMcとなりM(動力車)c(制御車)
運転台と動力の制御電動車の意味となります。
東急時代には池上線用4次車の蒲田方先頭車両であるデハ1310形(Mc)でした。
いおり24
屋根の上にはパンタグラフが2基搭載されています。
連結部側のパンタは東急時代から設置されていたものですが、
前方の運転席側のパンタは上田電鉄への譲渡の際に追加されたものです。
いおり25
1000系をモチーフとしている神畑いおりの背中のパンタグラフを
実際の車両と並べてみると、シングルアームの同じ形であることが分かります。
いおり32
上田方の車端部の運転台付近の様子です。
運転席上の壁には車両製造の東急車輛の平成3年(1991年)の製造銘板と
改造工事を行った東急テクノシステムの2008年(平成20年)のシールがあります。
いおり33
運転席のすぐ後ろの乗降扉は上田方面行きの際の
ワンマン運転の乗降口となっており整理券発行機が置かれています。
いおり34
車内の様子です。車端部には4人掛けのシートが、
中央部には9人掛けのロングシートが設置されています。
いおり35
9人掛けシートは座席間に仕切板が設けられており
3人づつのシートが3つ連なる形状となっています。
いおり36
別所温泉方の車端連結部付近の4人掛けシート。
いおり38
連結部付近の様子です。


いおり26
別所温泉方のクハ1100形です。
ク(制御車)ハ(普通車)ですので運転台のある車両となります。
こちらは編成略記号でTcですのでT(付随車)c(制御車)
運転台のある制御車両という意味は同じです。
こちらは東急時代には目黒方の先頭車両でクハ1000形(Tc)でした。
いおり27
別所温泉方車端の運転台付近の様子です。
運賃箱やその上の液晶ディスプレイは上田電鉄への譲渡時に増設されたものです。
いおり28
ワンマン運転用の運賃箱は2008年(平成20年)の上田電鉄入線時には
置き換えた7200系のものを転用していましたが、
順次更新されて現在では新しい型のものに交換されています。
いおり29
3ドアのうち一番運転席寄りの乗降口には
ご覧の整理券発行機が備え付けられています。
こちらも上田電鉄譲渡の2008年(平成20年)に増設されました。
いおり30
車内はロングシートとなっており、
中央部は9人掛けシートとなっています。
いおり31
上田方の連結部付近では片側のみ4人掛けシートがあり、
反対側はフラットな床の車椅子スペースとなっています。
東急時代にはここにも椅子がありましたが
上田電鉄への譲渡の際に撤去されてバリアフリー化され、
壁面にヒーターも増設されています。

【写真撮影:2020年3月】