別所線96
上田電鉄別所線の続きです。


その1(上田駅━大学前駅)はこちら。
※その1については加筆予定なので追ってアップします。



大学前駅を出た別所線は南へと進み900mほどで次の駅となります。

別所線01
こちらは県道65号上田丸子線の下之郷付近の光景です。
ご覧の横断歩道の交差点から西側の横道に入ると次の駅があります。
別所線02
反対の南側から見た県道の駅入り口付近です。
別所線03
駅への道を県道から40mほど入るとすぐに駅前の広場となります。
別所線04
こちらが下之郷駅の外観となります。
駅は1921年(大正10年)に上田温泉電軌(現・上田電鉄)川西線(現・別所線)の駅として
路線の開業に併せて設置されました。

1926年(大正15年)に上田温泉電軌の依田窪線(後の西丸子線)が開業すると
二つの路線の分岐駅となりましたが、
1961年(昭和36年)に西丸子線が災害で休止(後にそのまま廃止)となり
モータリゼーションの波の中、駅は単線1面の無人駅となります。

しかし列車交換が再び下之郷駅で行われる事となり駅は再び1面2線となり
駅員配置されて有人駅へと戻ります。
1986年(昭和61年)には車両基地がこの駅へと移転してきており、
前後してホーム上の駅舎も改装されています。
別所線05
駅の東側の駅前広場は舗装された広めのものとなっていますが
これはかつての路線分岐駅だった時代の名残りで、
ホーム脇の駐輪場あたりにはかつての旧駅舎があったそうです。
別所線06
そして駅前広場の南東角にはこちらの生島足島神社の社号標があります。
別所線07
社号標のある道は生島足島神社の北参道となっていて
南に伸びる道を進むと鳥居が見えてきます。
別所線08
250mほど先には諏訪二の宮でもある生島足島神社があります。
式内社という平安時代の延喜式神名帳にも載っている由緒正しい神社で、
下之郷駅のホーム駅舎のモチーフはこの神社の報恩殿なのだそうです。
別所線10
駅前広場からは構内踏切がありホーム南端の階段と連絡しています。
別所線09
ホームの様子です。
南端が入り口となっており、ホームの上ると目の前にご覧の待合室があります。
別所線は車内精算となっており、窓口ではフリー切符などのほか
グッズなどの購入ができます。
別所線11
ホームはご覧の通り島式で、
西側に車庫への引き上げ線が、東側に退避線があります。
駅名標の写真は駅舎のモチーフでもある生島足島神社です。
別所線12
駅舎には待合室のほかに駅務室があり、
北側にはベンチが置かれ屋根が張り出しています。
別所線13
構内踏切の奥、ホームの南西側にはご覧の車両基地の車庫の建物があります。
上田電鉄の本社の登記もこの場所なのだそうです。
別所線14
車庫の裏側には元東急5200系のステンレス車両が留置されています。
この車両は駅メモのでんこ総天ギンカの元ネタ車両のひとつでもあります。
別所線15
そして構内踏切の東側の広場側には小さな建物が二つ並んでいます。
手前は駅のトイレの建物ですが、奥の建物は廃止された西丸子線の下之郷駅ホームです。
別所線16
現在は留置線として使われている本線東側の線路は
かつての西丸子線の線路なので留置線に沿って旧ホームがあるのが分かります。 別所線17
旧ホームの入り口付近にはご覧の説明の看板が。
別所線21
裏手から見た旧西丸子線ホームの様子です。
駅名標も残されているのが分かります。


別所線18
こちらは県道171号塩田仁古田線が別所線と交わる付近の光景で、
踏切に近づくとセンターラインが消えて道幅が狭くなっています。
別所線19
北側から見た県道の踏切付近。踏切は五加踏切という名前で、
駅が近いので踏切付近は商店が並んでいます。
別所線20
南側へと戻ると踏切脇の商店と線路の間に砂利道があり、
その奥へと進むと駅があるのが見えてきます。
別所線22
こちらが中塩田駅の駅舎の外観です。
1921年(大正10年)に川西線(現・別所線)開業で設置された駅で、
開設当初は五加駅という名前でした。
現在の駅舎は老朽化が進んで2009年(平成21年)に修理改装されました。
別所線23
【上写真:別所温泉駅駅舎】
こちらは終点の別所温泉駅の駅舎ですが、
中塩田駅の駅舎と並べると外観がそっくりなのが分かります。
別所温泉駅駅舎は1950年(昭和25年)築のものなので
おそらく中塩田駅の駅舎も同時期のものだと思われます。
別所線24
駅前広場は道路と駅を連絡する砂利道の幅が広くなった程度のもので、
駐輪場が置かれて車が展開する程度の広さはありました。
別所線25
駅舎の前からはホームへと直接入る事ができます。
駅はかつては有人駅で駅員が常駐していましたが、1972年(昭和47年)に無人化されています。
柱にほぞ穴が残っていますので、かつてあった仕切りが撤去された様です。
別所線26
建物の中に入ると待合室となっていますが、
広さはあるものの土間に木製ベンチがあるだけのシンプルなものとなっています。

【上動画はクリックで再生します】
こちらは川嶋あいの『「さよなら」「ありがとう」~たった一つの場所~』のPVですが、
改装前の中塩田駅がロケで使われており当時の様子を見ることができます。
駅は他にもいくつかの映画ロケなどで使われているそうです。
別所線27
構内ホーム側から見た駅舎改札付近です。
木製のラッチが残っており、壁には古い駅名標も残されていました。
別所線28
ホームの様子です。
単式ホーム1面1線となっており、上下線ともに同じホームで発着をします。
別所線29
元々は相対式2面の列車交換可能駅だったので
線路の形もかつての分岐の面影が残っていました。
別所線30
ホームから見た線路の反対側の旧上田方面行きホーム。
上屋などは撤去されていますがホームの土台は残っており、
現在は別所温泉方の線路が外されて保線車両の留置線となっています。
別所線31
反対の上田方を見ると本線の隣に別の引き上げ線があって
踏切の先まで伸びているのが見えます。


別所線32
こちらは中塩田駅から南に直線で600ほどの市道の光景です。
住宅地を進むと別所線の踏切が現れます。
別所線33
踏切の北側には塩田中学校の敷地がありますが、
線路を挟んだ中学校の南側に次の駅が設置されています。
別所線34
市道から駅への光景です。駅前広場は市道に隣接しており
一面が舗装された広場となっています。
別所線36
広場の奥には屋根つきの駐輪場が。
別所線37
市道側の踏切脇付近には駅前のバス停とベンチが置かれていました。
別所線35
こちらが塩田町駅の駅の外観です。
1934年(昭和9年)に川西線(現・別所線)に追加新設された駅となります。
かつてはホームに並行に隣接して木造駅舎がありましたが老朽化が進んでおり、
1993年(平成5年)の駅無人化に併せて解体されています。
現在の駅入り口にある屋根形のアーチはかつての駅舎の妻面付近にあります。
別所線38
こちらがホームへの入口となります。
別所線39
ホーム側から見た入口の階段。
別所線40
そしてこちらがホームの様子です。
単式ホーム1面1線の棒線駅となっています。
別所線41
路線のできた後に追加された駅だけに線路もまっすぐで
余剰の駅敷地のような物は周囲には見当たりません。
別所線42
上屋の屋根はかなり広く作られています。
かつては駅舎とホーム上屋が一体化した建物があって
駅事務室なども設けられた駅舎でしたが、解体後は全てホーム上屋に作り直された為
待合スペースが旧駅舎部分にまで広がった為この広さとなりました。


別所線43
こちらは塩田町駅から南西に400mほどの住宅地の中の市道です。
農地から住宅地へと開発する途上のように間隔の空いた住宅地を進むと
ご覧の別所線の踏切があります。
別所線44
踏切の北側には線路に沿った砂利の空き地が。
こちらは駅の敷地の一部で駐車場の表示がありました。
別所線45
踏切の道を道なりに進むとまもなく交差点があり、
南側に駅への入口があります。
写真の車の止まっている付近にはかつては木造駅舎がありましたが
現在はご覧の通り空き地となっています。
別所線46
こちらが中野駅の駅の入口です。
1921年(大正10年)の路線開業時から設置されている駅となります。
ホームへは階段で上がり、脇にはスロープが設置されていました。
別所線47
ホーム側から見た入口付近と、市道までの連絡道路の様子です。
別所線48
駅入口の脇には駐輪場が。
駐輪場の先は踏切脇の駅駐車場へと通じています。
別所線49
ホームの様子です。
単式ホーム1面1線の棒線無人駅です。
別所線50
かつては列車交換の可能な駅だったそうでホームの反対側には
もう一本分の線路の敷地が今でも残っています。
別所線51
ホームもかつては板張りでしたが、現在はコンクリートのPC板造りに直されています。
別所線52
駅前の道を西へと進むと50mほどにある寺。
なかなか立派な山門のお寺です。


別所線53
こちらは中野駅から南西に1kmほどの市道です。
周囲は田んぼが広がっており農家が散在する散村の光景が広がっています。
別所線の踏切がありその脇に駅が設置されています。
別所線54
踏切の南側から見た光景です。
駅前の広場が踏切手前の道路に隣接しています。
別所線55
こちらが舞田駅の駅全景です。
1921年(大正10年)の川西線(現・別所線)開設当時からの駅ですが
現在に至るまでずっと無人駅であり、一時期は普通列車が一部通過していました。
別所線56
駅前の広場の様子です。砂利敷きの広場の入口には
「舞田駅パークアンドライド駐車場」の看板があります。
別所線57
広場はL形に曲がっており、奥が駐車場となっている様です。
別所線58
踏切脇の広場入口付近にある駅の駐輪場。
別所線59
その隣にホームへと上がる階段がありました。
別所線60
入口の階段上から見た駅前広場の光景です。
別所線61
こちらがホームの様子です。
単式ホーム1面1線の棒線無人駅となっています。
別所線62
駅名標は2016年(平成28年)に現在の鉄道むすめが描かれたものとなっています。
描かれた上田電鉄の鉄道むすめ「八木沢まい」の「まい」は舞田駅が由来の為、
この駅にキャラクター駅名標が設置された様です。
別所線63
駅舎はありませんがホーム上にはこちらの木造の待合室が。
2001年(平成13年)に改築された建物はベニヤが無垢で使われていましたが
ベンチのある中は綺麗に掃除がされていました。
別所線64
ご覧の通り駅周囲は一面のたんぼが広がり遮るものはありません。
駅の北の別所街道まではおよそ500mほど離れています。

【上動画はクリックで再生します】
こちらは1980年代に放送されたマルシンハンバーグのCMで、
ロケ地として舞田駅が使われていますが40年経った今とさほど光景は変わっていません。
また1985年(昭和60年)公開の松竹映画「男はつらいよ 寅次郎恋愛塾」(第35作)では
冒頭で寅さんが目覚めるシーンで舞田駅が使われています。


別所線65
場所は変わって舞田駅から南西に700mほどの市道の光景です。
横に信濃川の支流の湯川が流れており、
別所線の踏切が見えてくるとその手前に駅が見えます。
別所線66
こちらが八木沢駅の駅舎の外観です。
1921年(大正10年)に川西線(現・別所線)の開業時に開設された駅で、
駅舎は開業当時からの木造駅舎が現在も使われています。
別所線67
西側から見た駅の光景です。
駅前に流れる湯川には八木沢橋という橋が架かっています。
別所線68
橋の目の前の線路沿いにはご覧のスペースがあり
車が1台ならば退避することができます。
別所線69
駅の南側にある踏切の光景。
別所線70
駅舎と線路の反対側にはご覧の通り併走して道路があります。
別所線71
南東側から見た駅の全景です。
別所線72
ホームの向かい側には地元有志が手入れをしている花壇がありました。
この花壇の土地は列車交換施設の増設の為の用地ですが、
実際の線路の敷設の予定は未だ未定なので現状では花が植えられています。
別所線73
駅舎前に戻って前のスペースです。
線路に沿って駅の敷地があり駐輪場が置かれています。
別所線74
駅舎の中の様子です。
外からは床が高くなっており入口に階段が数段あります。
中は土間の壁際にベンチが作られています。
別所線76
ホーム側から見た駅舎の出口。
別所線75
こちらがホームの様子です。
単式ホーム1面1線の棒線駅となっています。
開設当初は駅員が居たそうですが、現在は無人駅となっています。
別所線77
2016年(平成28年)交換された駅名標には鉄道むすめが描かれています。
キャラクターの名前の「八木沢まい」の苗字はこの駅から取ったものです。
別所線78
ブルーグリーンに塗られた駅舎は別所線の他の駅にもありますが、
前面が塗られている上に周囲が田んぼで遮るものがなく、
非常に絵になる美しい情景の駅となっています。
その為この駅では頻繁に撮影のロケが行われている様です。

こちらはAKB48のメジャー6作目のシングル「夕陽を見ているか?」のPVです。
屋外ロケが八木沢駅周辺で行われており、映像の中でも駅が登場しています。

また、いきものがかりの13作目のシングル「ふたり」のPVでも
八木沢駅がロケに使われておりファンの間では聖地となっているそうです。


別所線79
こちらは県道177号鹿教湯別所上田線(別所街道)の別所温泉交差点です。
県道82号別所丸子線が分岐しており、
この交差点から西は県道177号と82号の重複区間となります。
別所線80
交差点から西に150mほど進むと左手にあるのがこちらの
「別所温泉あいそめの湯」です。別の場所にあった社会福祉センターが移転して
2008年(平成20年)にできた日帰り温泉施設です。
別所線81
さらに西へと進むと右手にブルーグリーン色の使われた建物が。
別所線82
建物の目の前にはごらんの交差点があり、
県道177号と82号が再び分岐しています。
別所線83
こちらが別所温泉駅の駅舎の外観となります。
駅は1921年(大正10年)に川西線(現・別所線)の終点の別所駅として開業しました。
信濃別所駅への変更を経て1930年(昭和5年)に現在の別所温泉駅となっています。
別所線85
駅舎は県道が坂になっているので南側の正面出口前は
県道よりも低くなっており階段で上る事となります。
別所線84
駅舎の中の待合室の様子です。
他の別所線の駅舎と同様の造りですが、有人駅となっているので
待合室のソファーや備品などが置かれていてにぎやかな印象があります。
別所線89
ホーム側の駅舎の出口付近です。
駅舎の扉が直接改札では無く、ホーム側の外に木製の柵があって
通路部分とホーム部分が区切られ、駅舎出口前の柵に改札があります。
別所線88
駅舎に沿った通路部分。
「駅長室」と「観光案内所」の看板があります。
別所線90
こちらが駅長室の扉。ガラスには「駅務室」と書かれています。
観光協会とは実は中は同じ部屋です。
別所線91
通路から駅舎の北側に。こちらは駅の駐車場となっており
バスの発着場も設けられています。
別所線92
駐車場の駅舎寄りにある屋根つきの駐輪場。
レンタサイクルもここに置かれていて観光協会で借りる事ができます。
別所線93
県道から見た駐車場の様子。
北の端には丸窓電車が保存留置されています。
別所線86
ホームの様子です。
単式ホーム1面1線となっており、入線した列車はそのまま折り返し運行となっています。
別所線87
駅舎寄りのホーム南側には駅舎の軒が延びて屋根となっています。
別所線95
ホーム南端の駅舎前付近を見ると、現在は封鎖されている通路が見えます。
別所温泉駅はかつては頭端式2面2線のホームの駅で、
この通路は当時の2番線への通路が残っているものです。
別所線94
駅舎から線路の反対側に見える旧2番線ホーム。
現在は線路も撤去されて使われておらず、ホームは花壇となっています。
この駅で隣の駅も書かれた駅名標はこの旧2番線にのみあります。



以上で上田電鉄別所線は全てとなります。

レーダーを使用した場合、イベント期間で射程が延びている場合
JR篠ノ井線の上田駅のより北側でなんとか終点の別所温泉まで届くケースはある様子です。
ですが基本的に通常時はなつめスキルを使用しても終点までは届かないので
基本的に普通に乗車してコンプする事になると思います。

ローカル線としては運行本数はそこそこあり、
距離も全線で11.6kmと手ごろな距離なので片道で1時間ほど、
往復で乗車しても3時間はかかりません。
いおりやギンカの車両もありますので是非実際に乗車してみて下さい。

では。