京王井の頭線00
さて。京王井の頭線です。


渋谷と吉祥寺という大きな繁華街を繋ぐ路線であり、
1933年(昭和8年)開業という路線ですので
沿線も古い住宅地や町並みが続いています。



京王井の頭線01
こちらが井の頭線の起点の吉祥寺駅です。
京王井の頭線02
吉祥寺駅の南側は京王のビルになっていて。
京王井の頭線03
階段を上がって改札へ。
京王井の頭線04
改札を抜けると目の前がご覧の様にホームです。
京王井の頭線05



京王井の頭線06
井の頭公園駅


京王井の頭線07
三鷹台駅


京王井の頭線08
久我山駅


京王井の頭線09
富士見ヶ丘駅


京王井の頭線10
高井戸駅


京王井の頭線11
浜田山駅


京王井の頭線12
西永福駅


京王井の頭線13
永福町駅


京王井の頭線14
明大前駅
京王京王線との乗り換え駅です。


京王井の頭線15
東松原駅


京王井の頭線16
新代田駅



京王井の頭線17
下北沢駅
こちらの駅は小田急小田原線との乗り換え駅となっています。

小田急の下北沢駅は立体交差化事業によって地下3階の地下駅となりました。
その影響で小田急の下北沢駅ホームからはGPS位置情報が取得できません
しかしながらこちらの京王線の下北沢駅は現在も地上駅のままです。
京王井の頭線18
ですのでご覧の通り、京王ホームからは普通に位置情報が取得できます
ですので下北沢駅については京王線からの奪取をお勧めします。



京王井の頭線19
池ノ上駅


京王井の頭線20
駒場東大前駅



京王井の頭線21
神泉駅
渋谷駅からは距離で500mという位置にあるこの駅。
渋谷の円山町にある駅ですが、
道玄坂に行くにはこちらの駅のほうが近かったりします。
京王井の頭線22
ご覧の通り、一応地上駅ではあるのですが、
京王井の頭線が渋谷駅へと至るトンネルの狭間の地上部分にありますので
半ば地下駅だと思っても良いかもしれません。
京王井の頭線23
こちら神泉駅ホームから吉祥寺方面。
見ての通りトンネルが続いています。
昔の神泉駅は3両分しかホームが無かったので、
この写真の付近は95年9月までホームがありませんでした。
京王井の頭線24
こちらがホーム端から渋谷駅方面。
見ての通り駅ホームのすぐ横が踏切となっており、 その先はすぐにトンネルです。

元々渋谷自体が谷間にできた街ですので、
この神泉駅も山と山の間の谷間に作られた駅なのです。
京王井の頭線25
ですのでほぼトンネル内にあると言ってよい駅で、
ホームの吉祥寺寄りではご覧の通りGPS位置情報も飛んでしまいます。
京王井の頭線26
飛んだ場所は駒場東大前駅と神泉駅のちょうどエリアの境界付近ですが、
ここで駅を取得するとギリギリで神泉駅が取れました。
ですのでトンネルの影響を受けてもこの駅は取れますが、
若干の注意は必要でしょう。




京王井の頭線27
そして終点というか井の頭線の起点の渋谷駅です。
京王井の頭線28
井の頭線の端です。
京王井の頭線29
京王井の頭線渋谷駅の外観。
ご覧の通り渋谷マークシティEASTの2階にあります。
京王井の頭線30




京王井の頭線は全線で所要時間25分という路線です。
京王井の頭線31
ご覧の通り、東京区部の古い街並みを走る路線ですから
GPS電波状況に関しては全く問題がありません。
全線をほぼ地上を走る路線ですが、
唯一神泉駅の前後にだけトンネルが存在します。
その影響で神泉駅での電波が若干乱れますが、
トンネル自体が短い事もあり、
神泉駅自体はGPSで普通に取得できると思います。



全線で運賃は200円ですし、制覇はし易い路線と言えるでしょう。

では。