伊豆箱根鉄道大雄山線a30
さて、つづいては伊豆箱根鉄道大雄山線についてです。


足柄の山中に鎮座する道了尊で有名な最乗寺への参詣鉄道として作られた
大雄山鉄道として、1925年(大正14年)に開業したのが起源となる路線です。

経営は当初から思わしくなく、1933年(昭和8年)には
箱根土地(現・プリンスホテル)の経営傘下となり
西武鉄道のグループの一員となります。

その後1941年(昭和16年)には同じ西武グループの駿豆鉄道に吸収合併。
1957年(昭和32年)には会社が伊豆箱根鉄道に改称されて現在に至っています。

近年では沿線に大企業の工場がいくつか立地していることから
通勤路線として収益を上げている他、平日は通学の学生でも賑わっているという路線です。


伊豆箱根鉄道大雄山線15
こちらはJR東日本の東海道線の小田原駅東口の駅舎外観です。
古くから小田原城の城下町として、また東海道の宿場町として発展をした街で
こちらの東口はその表口となります。
伊豆箱根鉄道大雄山線16
商業施設が入った駅ビルとなっているJR小田原駅の建物の北隣を見ると
丸みを帯びた屋根のこじんまりとした建物が並んでいるのが見えます。
伊豆箱根鉄道大雄山線17
こちらが伊豆箱根鉄道大雄山線の小田原駅の駅舎となります。
駅舎は小田原駅全体が改修された2003年(平成15年)に建て替えられたものです。
伊豆箱根鉄道大雄山線18
系列のチケット店が駅舎3階に入居しており
東口ペデストリアンデッキと3階がつながっていますが、
大雄山線に乗るには直接デッキからは入れず地上まで降りる必要があります。
伊豆箱根鉄道大雄山線19
地上のロータリーに面した1階から大雄山線の改札へと連絡する階段。
上ると2階で一旦踊り場となり右手に改札が見えます。
伊豆箱根鉄道大雄山線20
小田原駅は改修の際に橋上駅舎となっており、
東西を連絡する「アークロード」という自由通路が作られています。
この自由通路にJRの他、小田急と箱根登山鉄道の改札も設けられていますが、
大雄山線の改札だけは離れており東側に連絡通路があります。
伊豆箱根鉄道大雄山線21
東口の駅ビル下へと降りる階段の前を表示に従って左へ。
つきあたりの窓からは大雄山線のホームが見えます。
伊豆箱根鉄道大雄山線22
階段を下って駅舎2階の改札階へ。
伊豆箱根鉄道大雄山線23
こちらが大雄山線の小田原駅の改札前の光景です。
自動改札の他に駅員の常駐する窓口があります。
伊豆箱根鉄道大雄山線24
改札上には道了尊の天狗モニュメントが。
伊豆箱根鉄道大雄山線25
大雄山線の改札はこちらの一ヶ所のみとなります。
伊豆箱根鉄道大雄山線26
改札内の様子です。
ホームは頭端式となっており改札前で二手に分かれています。
伊豆箱根鉄道大雄山線27
その頭端式ホームのうち、右手の東側ホームは
旅客ホームとしては使用されておらずご覧の様に封鎖されています。
伊豆箱根鉄道大雄山線28
車止めの柵に設置された駅名標。
駅は1935年(昭和10年)に延伸されて
国鉄小田原駅へと乗り入れた際に設置されました。
伊豆箱根鉄道大雄山線29
こちらが1、2番線ホームの様子です。
頭端式2面2線の駅ですが、実際の運用は島式1面2線と思って良いでしょう。
伊豆箱根鉄道大雄山線30
ホーム北側から大雄山方を見るとJRの線路への連絡線が分岐しているのが見えます。
列車の発着は基本的に1番線と2番線が交互に発着をしています。
伊豆箱根鉄道大雄山線31
ホームの屋根は駅舎に近い部分は鉄骨造りとなっていますが、
遠い北側の屋根は柱に廃レールが用いられています。
伊豆箱根鉄道大雄山線32
1番線の車止め。脇には大雄山線のゼロキロポストがあります。
伊豆箱根鉄道大雄山線33
反対側の2番線の車止めです。


伊豆箱根鉄道大雄山線34
こちらは国道255号線の小田原市栄町付近の光景で、
東海道線の高架から南に100mほどの場所です。
この付近は国道でありながら南から北への一方通行となっています。
伊豆箱根鉄道大雄山線35
この横断歩道のある交差点の横道が
次の駅と国道を連絡する道路となります。
伊豆箱根鉄道大雄山線36
駅への入口の道の反対側にある先町の標柱。
この国道はかつての甲州街道であり小田原城の北東の出口がこの付近にありました。
伊豆箱根鉄道大雄山線37
その旧甲州街道国道から西へ60mほど入ると踏切があり、その脇に駅があります。
伊豆箱根鉄道大雄山線38
こちらが緑町駅の駅外観です。
1935年(昭和10年)に大雄山鉄道が国鉄小田原駅まで延伸した際に
付け替えによって不要となった新小田原駅と相模広小路駅を
まとめる様に新規設置されました。
駅舎は無くホームに上屋があるのみの無人駅となります。
伊豆箱根鉄道大雄山線39
伊豆箱根鉄道大雄山線40
緑町駅から小田原駅前の錦通りへと続く駅前の道は
「うらちょう商店街(旧・栄通り商店街)」という商店街になっています。
伊豆箱根鉄道大雄山線41
切返して商店街を南の小田原方から緑町駅方面へと見た光景です。
伊豆箱根鉄道大雄山線42
駅の北側すぐにあるこちらは緑町第1踏切です。
伊豆箱根鉄道大雄山線43
踏切のすぐ北側を見るとJRの高架と踏切の間が
かなりの急カーブとなっているのが見えます。
半径100mというこのカーブがある為に
大雄山線では車体長20mの大型車両は入線できません
伊豆箱根鉄道大雄山線44
駅の入口からホームへと上がります。
伊豆箱根鉄道大雄山線45
こちらはホーム上の入口付近の様子です。
無人駅なので簡易ICカード改札機が設置されており自動券売機はありません。
伊豆箱根鉄道大雄山線46
ホームの様子です。
単式ホーム1面1線の棒線駅となっています。
伊豆箱根鉄道大雄山線47
駅周辺の名所案内。
伊豆箱根鉄道大雄山線48
ホーム南側の小田原方の大部分はご覧の様にホーム幅はかなり狭くなっています。
壁は波板での簡素な作りとなっており、新設の停留場がそのまま現在まで使われ続けた状態です。
伊豆箱根鉄道大雄山線54
隣の起点、小田原駅までは400mほどの距離であり
ホーム南側から見るとJRの小田原駅が肉眼で見えます。
S字に線路がカーブしているあたりがかつての仮小田原駅跡で
1927年(昭和2年)から1935年(昭和10年)までの8年間大雄山線の終点でした。
伊豆箱根鉄道大雄山線49
大雄山方のホーム入口側の様子です。
伊豆箱根鉄道大雄山線50
駅の脇の踏切から西側へと進むとすぐにJRのガードがあります。
伊豆箱根鉄道大雄山線51
ガード側から見た緑町駅の様子です。
伊豆箱根鉄道大雄山線52
第二緑町架道橋と書かれたガードは駅側手前がJR東海道線、
奥が東海道新幹線となっています。
駅の反対側へとガードを抜けた右手には小田原拘置所の敷地が広がっています。


伊豆箱根鉄道大雄山線53
こちらは国道255号線の井細田交差点付近の光景です。
旧甲州街道(鎌倉往還)の国道沿いには古い屋敷が残っていますが、
この井細田交差点から西側へ入ると次の駅が先にあります。
伊豆箱根鉄道大雄山線55
反対の北側から見た井細田交差点。
伊豆箱根鉄道大雄山線56
この井細田交差点を西へと進むと100mほど先にある井細田八幡神社。
井細田の鎮守様なのだそうです。
伊豆箱根鉄道大雄山線58
相撲場もある八幡神社から国道の井細田交差点方向の光景です。
伊豆箱根鉄道大雄山線57
井細田交差点から150mほどで大雄山線の踏切があり、
その脇の西側に駅が設けられています。
伊豆箱根鉄道大雄山線60
踏切から見た駅のホーム。
伊豆箱根鉄道大雄山線61
反対側の小田原方の様子です。
伊豆箱根鉄道大雄山線59
こちらが井細田駅の駅舎の外観です。
駅は大雄山鉄道開業の翌年の1926年(大正15年)に追加設置されたものです。
伊豆箱根鉄道大雄山線62
駅の西隣にある小田原市立足柄小学校。
伊豆箱根鉄道大雄山線64
駅舎の左側には2006年(平成18年)までは
伊豆箱根鉄道の不動産センターが入っていましたが、
現在はマハロ湘南というハワイアン雑貨のテナントが入居しています。
伊豆箱根鉄道大雄山線65
そして駅舎の左側の小学校との間には狭い路地があり
奥には駐輪場スペースが設けられていました。
伊豆箱根鉄道大雄山線63
こちらは駅舎の中の様子です。
自動券売機と簡易IC改札機が設置されているのみとなります。
伊豆箱根鉄道大雄山線66
ホーム側から改札付近を見ると、自動券売機の裏側が駅事務室となっており
改札脇の通路に面して事務室の扉があります。
通路の奥は駅舎裏側の駐輪場へと続いています。
伊豆箱根鉄道大雄山線67
改札の目の前にはホームへと上がるご覧の階段が。
伊豆箱根鉄道大雄山線68
ホームの様子です。
単式ホーム1面1線の棒線駅となってます。無人駅ですが
近くに工場がある為朝夕通勤時には委託の切符回収員が立つそうです。
伊豆箱根鉄道大雄山線69
北側のホームは細くなっており途中には継ぎ足された跡があります。
伊豆箱根鉄道大雄山線70
ホーム上の屋根は鉄骨作りでレール転用の柱では無いので
駅舎のできた当時からのものと思われます。


伊豆箱根鉄道大雄山線71
こちらは県道720号怒田開成小田原線の小田原市扇町付近の光景です。
伊豆箱根鉄道大雄山線72
こちらの横断歩道のある交差点から西へ伸びる道路は
100mほどで大雄山線の線路を渡った後に天桂山玉宝寺の山門へと通じています。
伊豆箱根鉄道大雄山線73
踏切から北側を見ると大雄山線の次の駅のホームが見えます。
伊豆箱根鉄道大雄山線74
そして踏切から西側を見ると山門が。
伊豆箱根鉄道大雄山線75
こちらが天桂山玉宝寺の山門の外観です。
この寺は五百体の羅漢像が収められた「五百羅漢」がある寺として有名です。
伊豆箱根鉄道大雄山線76
お寺から県道720号線へと戻って再び西へ。
伊豆箱根鉄道大雄山線77
玉宝寺への交差点から100mほど進むと左手にご覧の白いマンションが現れます。
このマンションが大雄山線の次の駅である五百羅漢駅の駅舎となります。
駅は1925年(大正14年)の大雄山鉄道開業時に設置されました。
伊豆箱根鉄道大雄山線78
こちらが駅舎の外観です。
1989年(平成元年)に改築された際に上階を居住区域、
1階部分にテナントが入居できるマンションとして建てられており、
南側の一角に駅入口や通路、事務室や改札が設けられています。
伊豆箱根鉄道大雄山線79
駅舎であるマンション前の県道の様子です。
伊豆箱根鉄道大雄山線80
切返して北側から見た駅舎前の県道の光景。
伊豆箱根鉄道大雄山線81
駅舎のマンションの裏手である北側は駐車場となっており、
ご覧の様に県道から入る事ができます。
伊豆箱根鉄道大雄山線82
その駐車場から建物の中央には貫通通路が設けられており
駐車場から直接改札のある南側へと抜けることができます。
伊豆箱根鉄道大雄山線83
貫通通路の中の様子。
伊豆箱根鉄道大雄山線84
そして通路の入口の右側には
上階の居住階へと入るための入口があります。
伊豆箱根鉄道大雄山線85
こちらは大雄山線の車内にあった
五百羅漢駅の上階の入居者を募集する広告です。
伊豆箱根鉄道大雄山線86
駐車場の線路側には門があり、
線路脇の保線区への出入口となっていました。
伊豆箱根鉄道大雄山線87
一旦県道に戻って駅舎の前に。
伊豆箱根鉄道大雄山線88
駅利用者が使う、南側の県道からの通路へと入ります。
伊豆箱根鉄道大雄山線89
改札前で通路は駐車場からの貫通通路と合流してT字路に。
伊豆箱根鉄道大雄山線90
奥に改札があり、駅窓口と自動券売機、
簡易KC改札機が設置されています。
伊豆箱根鉄道大雄山線91
ホーム側から見た改札付近の様子です。
改札内に入るとすぐに左手へと連絡通路が延びています。
伊豆箱根鉄道大雄山線92
連絡通路は駅の南側の端の構内踏切に連絡しており、
ホームと改札をとを繋いでいます。
伊豆箱根鉄道大雄山線93
こちらがホームの様子です。島式ホーム1面2線の駅となっています。
単線の大雄山線では小田原駅を出た後に一番最初に列車交換の可能な駅となります。
伊豆箱根鉄道大雄山線95
ホーム中央部にはベンチが設置されていますが
他には建屋の屋根があるのみとなっています。
伊豆箱根鉄道大雄山線99
駅の北西側に広がる玉桂寺の裏手の駐車場。
奥には五百羅漢の看板のある寺の墓地も見えます。
伊豆箱根鉄道大雄山線96
反対の北東側の線路脇にある大雄山線の保線支区の施設。
伊豆箱根鉄道大雄山線97
屋根があるのは連絡通路に近いホームの東側のみとなります。
伊豆箱根鉄道大雄山線98
駅の名所案内板。
伊豆箱根鉄道大雄山線a01
ホーム東端からは玉桂寺へと至る山下踏切が見えます。
伊豆箱根鉄道大雄山線a02
駅前の県道720号線へと戻り、西に180mほど進むと
扇町5丁目交差点のY字交差点があります。
県道720号線は右側へと続いており、
左の小田急線の高架が見える道が県道74号小田原山北線となります。
この交差点から先は大雄山線と県道74号線は終点まで併走する事となります。


伊豆箱根鉄道大雄山線a03
五百羅漢駅から駅前の県道を西進し、
およそ900mほど進むと大雄山線の線路を渡った先に
こちらの穴部駅入口交差点の信号があります。
名前の通りこちらが次の駅への入口となります。
伊豆箱根鉄道大雄山線a04
切返して西側から見た県道の駅入口交差点付近。
伊豆箱根鉄道大雄山線a05
こちらの北側への狭い道路が駅への連絡道路で、
進むと15mほどで駅へと到達します。
伊豆箱根鉄道大雄山線a06
こちらが穴部駅の駅の外観です。
大雄山鉄道の開業時に駅はできていたものの設備が間に合わず、
駅の開業は翌年の1926年(大正15年)となっています。
伊豆箱根鉄道大雄山線a07
一見するとホームと上屋のみの駅に見えますが、すこし離れて見ると
駅入口付近に小さな二階建ての駅舎があるのが分かります。
伊豆箱根鉄道大雄山線a08
駅から県道と反対側の東には狩川が流れており
川沿いには田んぼが広がっています。
伊豆箱根鉄道大雄山線a09
東側から見た駅前付近の光景です。
伊豆箱根鉄道大雄山線a10
こちらがホームの様子となります。
単式ホーム1面1線の棒線無人駅となります。
伊豆箱根鉄道大雄山線a13
駅入口近くに設けられた簡易IC改札機。
伊豆箱根鉄道大雄山線a11
小田原方の東半分のホームは狭くなっており
上屋の屋根も途切れています。
伊豆箱根鉄道大雄山線a12
駅周辺には民家がご覧の様に目前まで建ち並んでいます。


伊豆箱根鉄道大雄山線a14
こちらは穴部駅前から県道74号線を西へ1.2kmほど進んだ
飯田岡交差点の信号付近です。
伊豆箱根鉄道大雄山線a15
切返して北側から見た飯田岡交差点付近の様子です。
歩道橋のあるこの交差点の東側に次の駅が設置されています。
伊豆箱根鉄道大雄山線a16
県道から70mほどで大雄山線の踏切があり、その向こう側に駅はあります。
伊豆箱根鉄道大雄山線a17
踏切から見た駅のホーム。
伊豆箱根鉄道大雄山線a19
こちらが飯田岡駅の駅舎の外観となります。
駅は1926年(大正15年)設置とのことなので
大雄山鉄道開通のすぐ後に新設されたものと思われます。
駅舎はご覧の通りブロック造りに改築されています。
伊豆箱根鉄道大雄山線a18
駅前の道路は狩川の堤防を上る坂道がS字を描いており、
幅が広くなっていて簡易的に広場の役割を果たしています。
伊豆箱根鉄道大雄山線a20
目の前の狩川に架かる飯田岡橋です。
飯田岡の集落はこの橋の向こう側に本体があり、
駅のあるこちら側は実は飯田岡の飛び地となっています。
伊豆箱根鉄道大雄山線a21
そして橋の目の前の、駅の北西側に隣接して駐輪場が設けられており
駅前の道路よりも一段低くなっています。
伊豆箱根鉄道大雄山線a22
駐輪場の先は駅の東端となっており
飯田岡第1踏切があって県道へと道が通じています。
伊豆箱根鉄道大雄山線a24
駅舎へと戻り中の様子です。
ブロック造りのこじんまりとした駅舎には自動券売機と
簡易IC改札機が設けられています。
伊豆箱根鉄道大雄山線a23
駐輪場側にも出口があり直接の出入りが可能となっています。
伊豆箱根鉄道大雄山線a25
ホームの様子です。
単式ホーム1面1線の棒線無人駅となります。
伊豆箱根鉄道大雄山線a27
駅周辺の観光案内板。
伊豆箱根鉄道大雄山線a26
他の駅はホームの先端が細くなっていますが
この駅は線路の幅が一定で先端まで同じ幅となっています。


伊豆箱根鉄道大雄山線a28
こちらはau 4G LTEでの電波エリアマップです。
小田原駅━飯田岡駅間の大雄山線に関しては全線が電波圏内であるのが分かります。
駅へのGPSでのアクセスに困る事は無いでしょう。


小田原駅から飯田岡駅の大雄山線については近隣を小田急線が走っているという特性上から
実際に乗車しなくても小田急線から直接アクセスできる駅もあり、
レーダーを使えば全ての駅が難なく取得が可能となっています。

最近ではレーダーブースターなどもありますが、
実は大雄山線はブースターが無くても通常のレーダー射程12駅で
小田急線から全ての駅が取得可能
となっています。

特に大雄山線の小田原寄りの前半の駅は
実際に乗車した方でも印象が薄いのは否めません。
地方から来る方はレーダーで済ます方も多いのでは無いでしょうか。
伊豆箱根鉄道大雄山線a29
しかし大雄山るりの名前由来駅の終点の大雄山駅に行くには
大雄山線に乗らなければたどり着きません。
一度は乗って訪問して見る事をお勧めする次第です。

では。