水戸線00
はい。次はJRの水戸線です。


茨城県の友部駅と栃木県の小山駅を東西に結ぶ路線で
常磐線と東北本線とを横に繋ぐ路線です。

全線で単線となっており、
およそ一時間に1、2本程度の列車が運行されているという状況です。




水戸線01
こちらが水戸線の起点の友部駅です。
名前が水戸線ですから水戸駅発の列車も走っていますが、
水戸駅━勝田駅間は常磐線なので、分岐するこの駅からが水戸線となります。
水戸線02
駅の跨線橋から線路を見ると、多くの留置線が見えます。
水戸線03
駅に入り、水戸線のホームへと降りる階段の前に。
水戸線04
こちらが水戸線のホームです。



水戸線05
宍戸駅
単式ホーム1面の単線駅です。
見ての通りホームは大きくカーブを描いています。


水戸線06
笠間駅


水戸線07
稲田駅


水戸線08
福原駅


水戸線09
羽黒駅


水戸線10
岩瀬駅


水戸線11
大和駅


水戸線12
新治駅


水戸線13
下館駅
関東鉄道常総線と真岡鉄道という二つの路線の起点駅でもあります。


水戸線14
玉戸駅
単式単線ホームの駅です。


水戸線15
川島駅


水戸線16
鬼怒川を渡る水戸線。



水戸線17
東結城駅
単式単線ホームの駅ですが、
なんと言っても
待合室が電話ボックスみたいな透明なのがポツンとあるだけの駅でして。


水戸線18
結城駅


水戸線22
小田林駅
水戸線23
ご覧の通りの単式単線ホームの無人駅です。
水戸線19
駅の目の前には中学校しかありません。



水戸線20
そして終点の小山駅です。
東北本線の駅ですが、両毛線の起点駅でもあり
また東北新幹線も停車をするという大きな駅です。

水戸線の中でこの小山駅だけが栃木圏内の路線であり、
他の駅は全て茨城県内にあります。




水戸線21
ご覧の通りau 4G LTEでの電波サービスエリアは
全線がサービスエリア内となっています。
実際に乗った感想からも、GPS位置情報の取得状況は良好でした。

全線の所要時間はほぼ1時間ちょうどとなっています。
全長で50.2kmある路線なので運賃は970円掛かります。

ただ、全線が東京近郊区間のエリア内であり、
また東北本線と常磐線を連絡する路線で
両毛線を使えば高崎線まで到達できる事もあり、
東京近郊の大回り乗車(選択乗車)の周回のルートとしては
比較的ポピュラーな路線
でもあります。
特に沿線にこれといった名所がある訳でもない通勤通学路線ですので
大回りで通過するのみといった方も少なくないと思われます。



運行本数が1時間に1、2本程度なので
小山や友部での乗り換えにだいたい30分程度は待ち時間が発生してしまいます。
周辺に私鉄路線が何本もあるので下館あたりで区切って攻略されるケースも
少なくないとは思いますが、時間の効率だけを考えるならば
一気に小山━友部間を制覇してしまった方が良い
とは思います。



まあ、乗ってしまえば駅の奪取にはさほど苦労もしないと思います。
スケジュールと相談をして攻略をして下さい。


では。