越後線36
さて。越後線の続きです。


その1(越後線 柏崎━吉田駅間)はこちら



越後線37
こちらは吉田駅
越後線という一本の路線ではありますが、
この吉田駅を通過して、新潟駅から柏崎駅まで全線直通の列車は1本のみ。
ほぼ全ての越後線の列車がこの吉田駅を終点として発着するダイヤで運行されています。

朝8時台の列車の次は12時台という柏崎━吉田間のダイヤに対して
吉田駅以東の列車はほぼ1時間に1本以上のペースでコンスタントに運行されています。
また、途中の内野駅から新潟駅間に関しては
20分に一本のペースで列車が走っており、完全に都市近郊路線の体を成しています。



越後線38
北吉田駅



越後線39
岩室駅
かつては直営駅だったそうですが現在は無人駅です。
越後線40



越後線41
巻駅
2面2線のホームを持つ駅であり、
簡易委託駅として駅務を行う人員が配置されています。



越後線42
越後曽根駅
この駅も2面2線ホームの簡易委託駅です。



越後線43
越後赤塚駅
島式ホーム1面2線の無人駅です。



越後線44
内野西が丘駅
2005年に新興住宅造成地に解説された比較的新しい駅です。
1面1線の棒線無人駅です。



越後線45
内野駅です。
相対式ホーム2面2線を持つ駅で、
この駅と新潟駅との間の越後線は20分間隔程度で運行され、
内野駅発着の列車が多数設定されています。



越後線46
新潟大学前駅



越後線47
寺尾駅
島式1面2線のホームの駅で、日中の列車はほとんどが
この駅で列車交換を行います。



越後線48
小針駅



越後線49
青山駅
1面1線の棒線駅ですが業務委託の有人駅であり、
JRになった後の1988年に設置された新しい駅だそうです。



越後線51
ここで信濃川の関屋分水路を橋梁で渡ります。


越後線50
関屋駅
この駅も島式ホームで2線あり、ほとんどの列車が交換を行う駅です。



越後線52
白山駅
新潟駅の信濃川対岸にある駅です。



越後線53
そして終点の新潟駅です。
越後線54
まあ説明は不要の新潟県の一大ターミナル駅で、
上越新幹線の終着駅を始め、信越本線、白新線などの起点終点駅でもあります。




越後線の吉田駅以西がほとんど無人駅で
ホームが1線のみの棒線駅なのに対し、
吉田駅以東はほとんどの駅が交換可能であり、
駅務を行う職員も居る駅
となっています。
この様に吉田駅を境に西はローカル線、
東は近郊都市路線と考えて良いと思います。

吉田駅━新潟駅の所要時間はほぼ1時間ちょうどとなっています。
吉田━内野間はほぼ1時間に一本ペースで列車があり、
内野━新潟間に関しては20分に1本ペースで列車が運行しています。
ですのでこの区間の踏破は比較的やり易いと思います。


越後線55
こちらがau 4G LTEでの電波サービスエリアのマップです。
吉田駅━新潟駅の全線がエリア圏内となっていますので
駅のGPS位置情報アクセスに困る事はほぼ無いでしょう。



吉田駅以東の越後線自体は攻略はさほど難しい路線だとは思いません。
新潟駅というターミナル駅を起点としていますし、
本数も比較的多いですから。

むしろこの区間の周辺の路線をどう乗り継ぐかの方が
なかなか悩ましいと思いますので
計画に工夫が必要となるでしょう。



では。