弥彦線00
次は新潟県の弥彦線です。

元々は私鉄によって彌彦神社への参詣鉄道として開業した路線です。
全線が単線で、電化されていますが「直接吊架式」という
JRでも数が少ない低コストの方法でトロリー線が張られています。



弥彦線01
こちらは東三条駅
名前は東三条駅ですが、三条市の中心駅として発展してきた駅です。
信越本線の駅で、弥彦線としては昔は途中駅だったそうですが
現在は終点駅となっています。
弥彦線02
改札からホームに入ると
ご覧の通り弥彦線0番線の案内表示があります。
弥彦線03
こちらが0番線ホーム。



弥彦線04
北三条駅
弥彦線は燕三条━東三条間で1996年に高架化されており、
この北三条駅も1面1線の高架駅となっています。



弥彦線05
弥彦線の橋梁上から見た信濃川。


弥彦線06
燕三条駅
1982年の上越新幹線開通に合わせて
上越新幹線と弥彦線の交差する地点に新設された駅です。
政治的な理由から燕市と三条市の市境に作られました。

燕三条駅自体は駅長配置の直営駅で周辺の駅の管理まで行っていますが、
弥彦線の燕三条駅自体は無人駅扱い
列車のドアも運転席後ろに一箇所しか開きません。



弥彦線07
燕駅



弥彦線08
西燕駅



弥彦線09
吉田駅
越後線と弥彦線が交差する乗換駅で、
弥彦線の列車も直通で越後線に乗り入れています。



弥彦線15
吉田駅を出て、次の矢作駅に到着する少し前になると
車窓から弥彦神社の大鳥居を見ることができます。


弥彦線10
矢作駅
1面1線の無人駅で、駅名標はこの駅には見当たりませんでした。



弥彦線11
そしてこちらが終点の弥彦駅のホーム。
弥彦線14
弥彦線の終端です。
弥彦線12
駅舎は彌彦神社の本殿を模した入母屋造りとなっています。
弥彦線13
弥彦駅前の光景。




弥彦線16
ご覧の通り、au 4G LTEでは弥彦線の全線が電波サービスエリア内です。
GPSでの位置情報取得には申し分ありませんので困る事はありません。


全長が17.4kmというさほど長くは無い路線でもあり、
東三条駅から弥彦駅まで全線を乗車すると
所要時間はおよそ30分となります。

ただ東三条駅━吉田駅間と、吉田駅━弥彦駅で
列車の運行がほぼ分かれていますので
途中の吉田駅での乗り換え時間が発生すると思います。

また、弥彦駅から乗車した場合は吉田駅で越後線に乗り入れて
新潟駅方面へと向かう場合があります
ので
東三条方面へ向かいたい場合は注意が必要です。
まあ私が一回乗り間違えただけですが…



弥彦線自体の攻略はさほど難しくはありませんが、
路線自体が一時間に1本ペースの路線である上に、
周囲の路線も本数がふんだんな訳ではないので
攻略するには多少の工夫が必要だと思います。

東三条駅を通る信越本線や、吉田駅を通る越後線などから
レーダーを飛ばした場合、一回で弥彦線の全ての駅を取るのは無理でしょう。
ただ吉田駅からは弥彦駅━燕三条駅あたりまでは届きますし、
信越本線からも西燕駅あたりまでは届くので
近隣路線乗車の際にレーダーで攻略する事自体は可能です。



まあ個人的には鉄道のゲームで列車に乗らないのはもったいないと思うのですが…

では。