江ノ島電鉄01

さて。お次は江ノ島電鉄。いわゆる「江ノ電」です。



この路線で注意すべきなのは、その乗客の多さでしょう。
ローカル線にも関わらず、湘南の海辺と古都鎌倉という
一大観光地を縦貫する路線ですので、平日でも観光客が大勢乗車してきます。
江ノ島電鉄02
半数以上の乗客が立っている状況ですので、
座りたい人は早めの対応をお勧めします。
全線の所要時間は34分です。


切符はJRで「鎌倉・江ノ電パス」というのを700円で発売しており、
JRの藤沢~鎌倉間と、湘南モノレール、そして江ノ電が乗り放題となります。
こちらを購入して、まとめての制覇をお勧めします。
江ノ島電鉄03




江ノ島電鉄04
こちらが江ノ島電鉄、通称江ノ電の起点駅である鎌倉駅です。
JR鎌倉駅の西口方面がご覧の写真の出口で、江ノ電も西口側にあります。
江ノ島電鉄05
こちらが鎌倉駅構内。
観光路線としても盛況な路線ですので
特に休日ともなれば乗客がご覧の通り溢れ返ります。
東京のラッシュ並みに人が乗り、乗客の乗降が原因で電車が遅れるのは
休日の江ノ電では茶飯事です。
江ノ島電鉄06
最近の江ノ電は様々なラッピングをしています。
ではとりあえず乗車して進みましょう。



江ノ島電鉄07
まずは次の和田塚駅
江ノ島電鉄08
駅はどちらかというと「停留所」といった趣きです。



江ノ島電鉄09
次の由比ヶ浜駅
江ノ島電鉄10



江ノ島電鉄11
続いて長谷駅
江ノ島電鉄12
木造のなかなか小洒落た感じの駅構内です。
江ノ島電鉄42
駅のすぐ横が踏切になっており、
車や人の誤侵入防止のトゲトゲが設置されていました。
オフィシャルには「間違ってく車などが入ってこないように」設置されているものですが
実際には改札を経ずに駅構内へと入るキセル防止の為に置かれています



江ノ島電鉄14
こちらは極楽寺トンネルの出口から出てきた江ノ電の列車。
このトンネルの抜けるとすぐにあるのが。
江ノ島電鉄13
極楽寺駅です。
この駅はかつて関東の駅百選で第3回の選定に選ばれています。
江ノ島電鉄15



江ノ島電鉄16
稲村ヶ崎駅
江ノ島電鉄17




江ノ島電鉄18
そしてこの先江ノ電は湘南の海岸沿いを走る区間となります。



江ノ島電鉄19
七里ヶ浜駅
江ノ島電鉄20



江ノ島電鉄21
駅を出て進むと、海岸沿いの住宅地を走っていきますが
ご覧の通り、家の門の目の前が線路という
田舎のローカル線でも見ない光景が続きます。


江ノ島電鉄22
そして海沿いの国道134号線に沿ってあるのが
鎌倉高校前駅です。
江ノ島電鉄23
ご覧の通り目の前には海が広がる駅で。
江ノ島電鉄24
関東の駅百選に第一回選定駅として選ばれています。
確かにホームの目の前に海が広がる光景は絵になります。
江ノ島電鉄25



江ノ島電鉄27
そして海岸沿いの国道を進んだ後、
右手に道を外れて進むとあるのが腰越駅です。
江ノ島電鉄28
こちらがホーム。


江ノ島電鉄29
腰越駅を出た江ノ電は道の真ん中へと出て、
路面電車として市道の真ん中を進みます。



江ノ島電鉄30
そして江ノ電のメイン駅とも言うべき、その名も江ノ島駅です。
江ノ島電鉄31
江ノ電は休日の込み具合は首都圏の山手線など並みですが、
この駅は特に多くの観光客が降りるのでその点は留意が必要でしょう。



江ノ島電鉄32
次は湘南海岸公園駅です。
この駅は住宅地の中にある駅で、海岸までは徒歩10分程の距離があります。
江ノ島電鉄33



江ノ島電鉄34
次は鵠沼駅です。
さっき路面を走っていた江ノ電なのに、
この駅はまさかの半地下高架駅です。
江ノ島電鉄36
改札はこんな感じで。
ホーム階へのエレベーター専用の入口もありました。
江ノ島電鉄35
こちらがホームの光景。



江ノ島電鉄37
柳小路駅
住宅地の中の単式一面ホームの無人駅でした。
江ノ島電鉄38



江ノ島電鉄39
石上駅



江ノ島電鉄43
石上駅を出ると、地上を走っていた線路が
ご覧の通り徐々に高架へと坂を上っていきます。



江ノ島電鉄41
そして終点の藤沢駅です。
江ノ島電鉄40



江ノ島電鉄44
単線ローカル線ながら、全国的に高い知名度を誇るこの路線。
基本的に路面電車に近いイメージの鉄道なので、
電波状況を心配する必要はまったくありません
au 4G LTEの電波状況が上の図ですが、
全線区域がサービスエリア圏内となっていますので
普通に順調に駅が奪取できるでしょう。


最初は全線を江ノ電に乗車して鎌倉から藤沢まで行きましたが、
とにかく乗客が日中でもすし詰め状態でした。さすがは観光地の路線です。

なので後日、自転車で沿線を改めて回ってみたところ、
電車では気がつかなかった様々のものが見れてなかなか面白い体験でした。


まあ、単に駅を取るだけでしたら乗れば十分ですし、
短時間で多くの駅が取れますからなかなかお勧めではあります。

では。