埼玉県

秩父鉄道34
さて秩父鉄道の続きです。


その1(三峰口駅━寄居駅間)はこちら




寄居駅よりも西の秩父鉄道には
長瀞のライン下りや桜、秩父の八十八番札所めぐりをはじめとして
埼玉県内の観光地が路線沿線に集約しています。


対して寄居駅から東に路線が進むと
うって変わって近郊都市のローカル線といった趣きになっていきます。



秩父鉄道74
こちらは寄居駅の次の桜沢駅
島式ホーム1面2線を持つ駅で業務委託駅となっています。
駅の目の前にあるのは寄居町立寄居中学校であり、
1989年(平成元年)の中学校の開設に沿って駅が新設されたそうです。

またこの駅は秩父鉄道の鉄道むすめの「桜沢みなの」の名前の由来駅でもあります。
秩父鉄道75
ホーム西端の屋根の下の光景。
駅の出入口はこちらの西端一箇所です。
秩父鉄道76
ホーム側から見た改札への通路。
秩父鉄道77
外側から見た改札の光景です。
秩父鉄道78
改札を出るとご覧の階段を上がって
跨線橋へと登ります。
秩父鉄道79
駅の出入口となる跨線橋。
秩父鉄道80
駅舎付近の外観です。




そして桜沢駅を出てしばらく列車が進むと、
一部では有名なあるネタに遭遇します。
秩父鉄道36
車掌の車内アナウンスでも
「次はおまえだ~ 次はおまえだ~」
と謎のアナウンスが流れます。


秩父鉄道37
小前田駅に到着です。
1901年(明治34年)開業の駅で単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線の
合計3線のホームを持つ駅となります。
駅務員のいる業務委託駅となっています。
秩父鉄道81
こちらは秩父方面行きの1番線ホーム。
秩父鉄道82
1番線ホームには駅舎があり
改札口付近はご覧の通りです。
秩父鉄道83
改札前にはホームを連絡する構内踏切が。
秩父鉄道84
こちらは構内踏切を渡った島式ホーム。
旅客用としては2番線のみが下り熊谷・羽生方面行きとして使用されています。
秩父鉄道85
こちらが駅舎の外観。
秩父鉄道86
駅舎内の券売窓口付近です。
秩父鉄道87
改札の光景。



秩父鉄道39
永田駅
1913年(大正2年)開業の駅です。



秩父鉄道88
武川駅
1901年(明治34年)に田中駅として開業した駅です。
島式ホーム1面2線の駅となっています。
秩父鉄道89
ホーム西方の端にある、ホームと駅舎を繋ぐ構内踏切。
秩父鉄道96
こちらが駅舎の外観です。

秩父鉄道90
この武川駅からは三ヶ尻線という貨物線が分岐しており、JRへと繋がっています。
写真は武川駅ホームから秩父方を見たもので、
踏切の先に秩父本線と三ヶ尻線の分岐があります。
秩父鉄道91
武川駅構内付近の線路の配置です。
秩父鉄道92
駅の当方の様子。
一番右の合流している線路がが秩父本線です。
秩父鉄道93
武川駅の西方600mほどにある踏切脇の7キロポスト。
この踏切の先に車止めがあります。

三ヶ尻線は武川駅起点のはずなのですが、
この位置は熊谷貨物ターミナル駅からちょうど7kmの地点であり、
どうやらこのキロポストは三ヶ尻線の物の様です。
ここから武川駅までは0.6kmで、三ヶ尻線も全長7.6kmだそうですし。
秩父鉄道94
7キロポストから200mほど西へ進むと
今度は9キロポストがあり、その先で三ヶ尻線が左へと逸れていきます。
この場所は熊谷駅からちょうど9kmの位置ですので
9キロの距離標は秩父本線の距離標で間違い無いでしょう。
(※秩父本線は羽生起点ですが、別の路線が合併してできたので
ゼロキロポストは羽生駅と熊谷駅の二つあります)




秩父鉄道95
明戸駅
1985年(昭和60年)開業と秩父本線では比較的新しい駅です。
島式ホーム1面2線の駅で駅務員のいる業務委託駅となっています。
秩父鉄道97
秩父方から見た駅ホームの様子。
秩父鉄道98
こちらが駅舎の外観です。
秩父鉄道99
駅舎の中の様子。
秩父鉄道a01
この駅も駅舎とホームは構内踏切で繋がっています。
秩父鉄道a02
ホーム側から見た駅舎付近。
駅舎の前には熊谷起点の8キロポストがあります。



秩父鉄道42
大麻生駅



秩父鉄道43
ひろせ野鳥の森駅
2003年開業の比較的新しい駅です。



秩父鉄道a30
石原駅
1901年(明治34年)開業という駅で
島式ホーム1面2線を持つ駅です。
秩父鉄道a31
ホームの眼前に見える地上の線路は4線全てが秩父鉄道の留置線です。
そしてその向こう側に見える高架線は上越新幹線であり、
この駅近辺から熊谷駅まで併走するように路線が走ります。
秩父鉄道a32
ホームと駅舎とを連絡している地下道。
秩父鉄道a33
階段を登って通路を進むと改札があります。
秩父鉄道a34
こちらが駅舎の外観。
駅は住宅地の中にあり、近くを走る国道17号線までは
連絡する県道を600mほど進まないとたどり着きません。



秩父鉄道45
上熊谷駅



秩父鉄道46
そして熊谷駅です。
いわずと知れた上越新幹線の止まるターミナル駅で、
JR高崎線、上野東京ライン、湘南新宿ラインなどが乗り入れています。

秩父鉄道の熊谷駅自体は島式ホームの駅で、
列車の多くがこの熊谷駅を起点に発着しています。



秩父鉄道a27
ソシオ流通センター駅
2017年(平成29年)4月に開設された新駅です。
地元自治体の要望と負担によってできた請願駅となります。
単式ホーム1面1線の棒線駅となっています。
秩父鉄道a28
こちらは駅舎の外観。
秩父鉄道a29
新設された駅前ロータリーから南に50mほどに
国道125号線が走っています。
名前の由来となった熊谷流通センターまでは
国道を越えて直進しおよそ300mの距離です。



秩父鉄道47
持田駅



秩父鉄道a03
行田市駅
1921年(大正10年)に行田駅として開業した駅です。
その後1966年(昭和41年)の国鉄高崎線の行田駅開業に併せて
名前を譲り現在の行田市駅に改称しています。
島式ホーム1面2線の業務委託駅です。
秩父鉄道a05
こちらはホームにある待合室。
秩父鉄道a04
ホームの上をご覧の跨線橋が渡っており、
橋上駅舎となっています。
秩父鉄道a06
跨線橋へと上がる階段。
秩父鉄道a07
橋上の改札付近の様子です。
秩父鉄道a08
跨線橋の中の様子。
改札脇は待合スペースになっています。
秩父鉄道a09
跨線橋の掲示板。
映画「のぼうの城」で有名となった忍城の城跡はこの駅が最寄です。
秩父鉄道a10
駅舎の外観。
1980年(昭和55年)に橋上駅として改築されたものです。
こちらは行田の市街地に近い南口。
秩父鉄道a11
駅前には鐘楼を模した時計台があったり、
交番が城を模した形をしているなど忍城を意識した造りになっていました。
秩父鉄道a12
こちらは橋上駅になって新設された北口です。



秩父鉄道a13
東行田駅
1932年(昭和7年)開業の駅で、
単式ホーム1面1線の棒線駅となっています。
業務委託駅となっており、利用者数は秩父線35駅中5位(2015年度)という駅です。
秩父鉄道a14
こちらはホームの改札付近。
この駅は改札からホームへはダイレクトに入る事ができます。
秩父鉄道a15
駅舎の外観です。



秩父鉄道50
武州荒木駅



秩父鉄道51
新郷駅



秩父鉄道a16
西羽生駅
1981年(昭和56年)に開設された駅で単式1面1線の棒線駅となっています。
秩父鉄道a17
1番線ホームの反対側はフェンスで仕切られていますが、
ご覧の通り用地が確保されており将来的に島式ホームとしての使用が
可能な状態となっています。
秩父鉄道a18
ホームの階段を上がるとすぐに改札があります。
秩父鉄道a19
ご覧の通り跨線橋上の橋上駅となっています。
秩父鉄道a20
駅舎の外観です。



秩父鉄道53
そして終点の羽生駅です。
東武伊勢崎線との接続駅となっていて乗り換えが可能です。
秩父鉄道54
こちらが駅舎の外観。橋上駅舎となっています。
秩父鉄道55
改札は東武と秩父鉄道で分けられており、
こちらは秩父鉄道の改札。




秩父鉄道56
au 4G LTEでの電波のサービスエリアマップがこちらです。
寄居駅から熊谷駅、羽生駅まで秩父鉄道は全線が電波エリア圏内です。


羽生駅━熊谷駅間に関しては通学の乗客を中心に需要がある様子で
およそ15分間隔程度で列車が運行しています。
熊谷駅━寄居駅間は40分~1時間に1本程度の運行間隔なので
こちらのイメージが強いですが、意外と列車の本数はありました。



特に駅の奪取については取りにくいと感じた事はありませんので
安心をして攻略をして結構だと思います。


では。

東武越生線00
次は東武越生線です。


1932年(昭和7年)に開業した越生鉄道が前身の路線であり、
開業当時は貨物営業のみを行っていました。
国鉄八高線が開業すると越生鉄道も
1934年(昭和9年)には越生駅まで延伸し旅客営業を開始しています。

そして1943年(昭和18年)には東武鉄道が越生鉄道を買収し、
この路線も東武越生線となり現在に至っています。


東武東上線の支線の様に坂戸駅から分かれるこの路線は、
森林公園の車両基地から東上線と車両も共有をしています。

その為か、駅のナンバーリングも越生線単独ではなく、
東上線の「TJ」が用いられています



路線は基本的に単線でワンマン運転となっており、
途中駅で交換(列車のすれ違い)をして運行を行っています。
通常は武蔵長瀬駅と一本松駅で交換をする事が多い様です。



東武越生線01
こちらは東武東上線の坂戸駅
この駅から東武線が分岐して東武越生線の起点となっています。
東武越生線02
駅のコンコースから改札へ。
東武越生線03
階段を降りると。
東武越生線04
越生線のホームです。
東武越生線06
越生線はワンマン運転をされている単線ですので
ホームにはセンサーが設置されていて
センターで監視を行って運転をしているそうです。
この形式は同じ東武の亀戸線でも採用されていましたが、
ここ越生線でも採用されていました。



東武越生線17
坂戸駅を出発する越生線の列車。
東武越生線18
関越自動車道の跨線橋をくぐります。
ちなみにこのあたりの高速上からアクセスをすると坂戸駅が取れます
東武越生線19
関越をくぐった後はしばらく線路は直線で進みます。
東武越生線20
そして駅が見えてきて。

東武越生線05
一本松駅に到着です。
1934年(昭和9年)開業の相対式ホーム2面2線の駅です。
こちらの駅では列車交換(すれ違い)ができますので
乗車しているとしばしば列車がすれ違います。



東武越生線21
一本松駅を出ても、そのまま直線のまま線路は続きます。
東武越生線22
そして直線のまま、単線1ホームの駅へと入線。


東武越生線07
西大家駅です。



東武越生線23
西大家駅を出るとすぐに路線は右にカーブ。
しばらく直線で進んだ後、高麗川を渡ると左にカーブします。
東武越生線24
カーブの先に対面式ホームの駅が見えてきて。


東武越生線08
川角駅です。



東武越生線25
川角駅を出ると基本的にはずっと直線で線路が続きます。
東武越生線26
そして対面式のホームが見えてくると。


東武越生線36
武州長瀬駅
1934年(昭和9年)に越生鉄道の延伸によって開業した駅です。
相対式ホーム2面2線を持つ列車交換可能駅であり、
東武越生線の中間点に位置する駅で
列車の交換は基本的にこの駅で行われる運行の様です。
駅長が置かれた駅で、この駅の駅長が越生線全体を管理しています。
東武越生線37
橋上駅舎となっており、ホーム間の連絡は跨線橋で行い
改札も橋上にあります。
東武越生線38
改札外はご覧の通り、駅の南北を結ぶ自由通路となっています。
東武越生線39
北口の駅舎外観。
東武越生線40
同じく北口の駅前広場の様子です。



東武越生線27
線路は大きなカーブを描くことが少なくなり基本直線で。
東武越生線28
島式ホームの駅が見えてきます。


東武越生線10
東毛呂駅



東武越生線29
駅間の様子。
東武越生線30
片側単式のホームの駅が現れます。


東武越生線11
武州唐沢駅



東武越生線31
駅を出て単線を進みます。
東武越生線32
左手にJR八高線の線路が現れて併走状態に。
東武越生線33
駅が見えてきました。
東武越生線34


東武越生線12
こちらが終点の越生駅です。
途中から併走してきたJR八高線との乗り換えのできる駅でもあります。
東武越生線13
こちらがJR八高線ホームから見た光景。
ご覧のホームが2番線でJR八高線ホーム、
左が東武越生線の3番線ホーム、
そしてその左の列車が停車しているのが同じく
東武越生線4番ホームとなります。
JR八高線にも1番ホームがあったのですが
2013年4月よりエレベーター設置の為に廃止となりました。
東武越生線15
東武とJRのホーム、そして改札は跨線橋で連絡しており、
ご覧の通り橋上には簡易ICカード改札機が設置されています。
東武越生線16
跨線橋を降りて改札を内側から。
東武越生線14
こちらが越生駅外観。




東武越生線35
ご覧の通り郊外の単線の路線ですが、
au 4G LTEの電波は全線サービスエリア内です。
路線上にトンネルも皆無ですので
GPS位置情報を取得するのに困る事は基本的に無いでしょう。


レーダーを使った場合ですが、
東武東上線からは坂戸駅近辺からで、川角駅までが取れる限界でしょう。
JR八高線からは、高麗川駅━毛呂駅間で射程によっては一本松駅まで届きます
武州長瀬駅、武州唐沢駅に至ってはレーダー無しでGPSで取得可能です。
また、JR川越線からもレーダーで途中駅はほとんどが射程内です。

ですので実際に乗車することに拘らない人は
レーダーで取って済ましてしまう路線
なのでしょう。

ですが全線乗車で所要時間が20分弱、運賃250円という路線ですので
乗ること自体はさほど手間は掛かりませんし、
制覇も比較的容易な路線だと思います。



実乗派の私としては、一度は乗っていただきたい所ですが。

では。

東武東上線00
さて。東武東上線です。

池袋を起点に埼玉中央部を縦貫して寄居まで延びている路線です。

東京メトロ有楽町線が直接相互乗り入れをしていましたが
同じく東京メトロの副都心線が乗り入れた事によって
東急東横線、横浜高速鉄道みなとみらい線まで直接乗り入れる様になりました。



東武東上線28
まずは起点の池袋駅
東武東上線56
やはりホームの端へ行くと起点駅らしく線路の終端が並んでいます。
東武東上線57
東武の池袋駅は5番線まであり、5番線はTJライナー専用のホームです。
東武東上線58
そして東武東上線池袋駅ホームから反対側を見ると。
東武東上線59
ご覧の通りJR池袋駅が並んでいるのが見えます。



東武東上線25
北池袋駅
右手を通過しているのはJR埼京線です。
東武東上線26
ホームの端で撮り鉄さんが写真を撮っていたので、
私はその後ろから撮り鉄さんを撮り撮り鉄


東武東上線27
下板橋駅


東武東上線24
大山駅


東武東上線23
中板橋駅


東武東上線22
ときわ台駅


東武東上線21
上板橋駅


東武東上線20
東武練馬駅


東武東上線19
下赤塚駅


東武東上線18
成増駅
東武東上線29
南口が駅前広場となっており、駅舎が跨線橋の上にありますが
北口から出ると直接地上へと出る構造になっています。
東武東上線30
成増駅の北側の下り線外側には
ご覧の引き上げ線があり、
成増駅で折り返しす列車の留置場所となっています。



東武東上線17
和光市駅
東京メトロの有楽町線と副都心線の起点駅となっている駅で、
唯一埼玉圏内にある東京メトロの駅でもあります。
でも東武東上線では単なる途中駅ですが。
実際列車は東京メトロの方が本数が多いです。


東武東上線53
朝霞駅


東武東上線54
朝霞台駅
JR武蔵野線の北朝霞駅が目の前にある乗り換え駅です。
東武東上線55



東武東上線01
志木駅


東武東上線63
柳瀬川駅


東武東上線61
みずほ台駅


東武東上線52
鶴瀬駅


東武東上線60
ふじみ野駅


東武東上線51
上福岡駅


東武東上線31
新河岸駅
東武東上線32



東武東上線07
川越駅
JR川越線と乗り換えのできる駅です。
川越線05


東武東上線08
川越市駅



東武東上線10
鶴ヶ島駅
東武東上線65



東武東上線11
若葉駅


東武東上線12
坂戸駅
東武越生線がこの駅から分岐しています。
東武越生線01


東武東上線13
北坂戸駅


東武東上線14
高坂駅


東武東上線15
東松山駅
東武東上線16



東武東上線33
森林公園駅
東上線の多くの優等列車がこの森林公園駅を終点として走っています。


東武東上線34
森林公園駅を出て下り線を北上すると
路線の西側にすぐに車両基地が見えてきます。
こちらは森林公園検修区と言って、東上線と越生線の車両の属する基地です。


東武東上線50
つきのわ駅


東武東上線35
武蔵嵐山駅


東武東上線36
小川町駅
JR八高線もこの駅に停車しており乗り換えが可能となっています。
東武東上線38
武蔵嵐山駅━小川町駅間の信号以北は単線区間となっており、
この小川町駅から終点の寄居駅までの間は単線
列車の運行も切り分けられています。
こちらがワンマン運行されている小川町駅━寄居駅間の列車。



東武東上線37
東武竹沢駅


東武東上線39
男衾駅
小川町駅━寄居駅間の列車はこの男衾駅で交換を行っている様子で、
下り線は反対ホームに上り線列車が入線した後の発車となっています。


東武東上線40
鉢形駅



東武東上線44
こちらは玉淀駅です。
終点の寄居駅からはわずか500mしか離れていない場所にある駅です。
東武東上線45
この駅は単線の線路に片側ホームが一つだけという駅で、
上下線を共に同じこのホームを発着します。
東武東上線ではこのスタイルの駅はここだけです。
東武東上線46
ホームの北側が改札。
東武東上線47
ご覧の通り、駅舎からホームはこの様に高くなっています。
東武東上線48
駅の外観。
東武東上線49




東武東上線41
そして終点の寄居駅です。
東武東上線42
秩父鉄道、そしてJR八高線も停車する駅で
どれも単線路線ですが3会社3路線の乗り換えが可能な駅です。
東武東上線43




東武東上線64
こちらがau 4G LTEでの電波サービスエリアです。
東武東上線に関しては全線がエリア圏内となっています。
実際にやっていても特に電波には困りませんでしたので、
GPS位置情報取得に困る事は無いでしょう。

池袋駅から寄居駅までの所要時間はおよそ100分といったところです。
乗り換えなどを考慮すれば、おおよそ二時間弱と見て良いでしょう。
運賃は池袋━寄居で890円です。

寄居駅からも秩父鉄道や八高線が繋がっており、
また電波状況も良い事から制覇に関しては難しくは無いと思います。


都心へと繋がる路線ですが、
特に小川町以北はローカル色が満載で、
車窓の光景としてもなかなか面白いと思います。

時間に余裕さえあれば制覇の難易度は高く無いですので
ぜひともチャレンジをしてみて下さい。


では。

西武山口線00
次は西武山口線です。

こちらは通称レオライナーと呼ばれ、
かつては遊園地のアトラクション鉄道としてSLが走っていたりしたのですが、
現在はいわゆる新交通システムです。




西武山口線01
こちらは西武球場前駅の改札口です。
西武山口線02
改札を入ってすぐ右を見ると、
西武山口線の通路が有ります。

西武山口線03
通路を進むと。
西武山口線04
西武狭山線のホームが見下ろせます。
西武山口線05
突き当たりを右に曲がると、レオライナーのホームが見えてきます。

西武山口線06
こちらが西武山口線(レオライナー)の西武球場前駅のホームです。
西武山口線07

西武山口線08
駅のホーム端から見た、レオライナーの軌道です。
案内軌条式鉄道(新交通システム)なので、タイヤで走ります。
西武山口線09
こちらはレオライナーの終端。
西武山口線10
だそうです。
西武山口線11
では、列車が入線してきたので、乗車したいと思います。


西武山口線12
西武球場前駅を出発し、西武ドームの横を抜けるレオライナー。
西武山口線13
球場と西武遊園地の間の道の跨線橋をくぐって。
西武山口線14
遊園地の南の外縁、多摩湖のほとりを抜けて行きます。
西武山口線15
さらに進み、遊園地の西端を通る道路をくぐるトンネルを抜けます。
西武山口線16
トンネルを抜け、この三角の橋をくぐると。
西武山口線17
遊園地西駅に到着です。

西武山口線18
せまい車内からは、駅の外観はこれが精一杯。
そのうち写真は撮ってきて差し替えます。


西武山口線19
遊園地西駅を出発した列車は、
すぐにトンネルに入ります。
西武山口線20
トンネルはすぐに抜けますが、ご覧の通り
即座に次のトンネルが迫ります。
西武山口線21
実はこのトンネルは駅の構内へと入るもので、
終点の西武遊園地駅が見えてきます。
西武山口線22
終点に到着です。

西武山口線23
こちらがレオライナーの西武遊園地駅です。



西武山口線24
西武山口線(レオライナー)ですが、携帯のGPSに関しては
ご覧の通り全線がサービス圏内ですので、
問題なく位置情報を取得できます


この山口線、実は結構タイトではありますが、
特に朝夕の通勤時間帯にはノータイムで乗り換えができるように
接続が考慮されている
事が、時刻表を見ると分かります。

接続が取られていない時間帯でも両端の駅からは
列車が数多く発車していますので、
乗り換えのロスに関しては考えないでも大丈夫と言えるでしょう。




はっきりいえば、西武池袋線他から、レーダーを使えば
乗車しなくても取れる路線ではあります。
手間を考えればそれで済ます方も多いでしょう。

まあただ、西武狭山線と併せて、
そして西武多摩湖線の盲腸線部分もありますので、
一度多摩湖のほとりの2路線を乗ってみることをお勧めしますよ。



では。

西武狭山線00
お次は西武狭山線です。


こちらは西武新宿線と西武池袋線が交わる要衝の所沢駅の、
一つ隣の西所沢駅(西武池袋線)を起点として西武球場前まで延びる路線です。
全線で4.2km、所要時間は3駅で5分となります。



西武狭山線01
こちらが起点の西所沢駅です。
西武狭山線02
起点なのでちゃんと0キロポストもあります。
西武狭山線03
駅の様子ですが、早朝なので人影がまばらです。
野球の日や、西武ドームでイベントのある日は
ホームから零れ落ちるくらい人が居る
んですけどね。
西武狭山線04
車内はこんな感じで。



西武狭山線05
単線の線路で住宅地を走って、起点の次の下山口駅に到着です。



西武狭山線06
そして次が、もう終点の西武球場前駅です。
西武狭山線07
とりあえず駅の外観を。
西武狭山線08
隣には名前で当然ですが、西武プリンスドームが。
西武狭山線09
駅と球場の位置関係はこんな感じで。

西武狭山線10
終点ですから、ちゃんと終端もあります。




西武狭山線11
電波の状況はご覧の通り、au 4G LTEでは完全に全線電波圏内です。
他社の携帯でも、ほぼ東京近郊の路線ですので問題無いと思います。


西武狭山線自体は、西武池袋線直通の池袋発着の列車も
一時間に一本程度の間隔で運行されていますので、アクセスは悪くないでしょう。

西武池袋線からもレーダーで届く路線ですし、
西武球場前駅は多摩モノレールの北端の上北台駅からもレーダーが届きます。

ただ、西武球場前駅からは西武山口線(レオライナー)も出ていますし、
さほど手間になる路線でもありませんので、できれば一度乗車をしてほしいものです。



では。

↑このページのトップヘ