茨城県

水戸線00
はい。次はJRの水戸線です。


茨城県の友部駅と栃木県の小山駅を東西に結ぶ路線で
常磐線と東北本線とを横に繋ぐ路線です。

全線で単線となっており、
およそ一時間に1、2本程度の列車が運行されているという状況です。




水戸線01
こちらが水戸線の起点の友部駅です。
名前が水戸線ですから水戸駅発の列車も走っていますが、
水戸駅━勝田駅間は常磐線なので、分岐するこの駅からが水戸線となります。
水戸線02
駅の跨線橋から線路を見ると、多くの留置線が見えます。
水戸線03
駅に入り、水戸線のホームへと降りる階段の前に。
水戸線04
こちらが水戸線のホームです。



水戸線05
宍戸駅
単式ホーム1面の単線駅です。
見ての通りホームは大きくカーブを描いています。


水戸線06
笠間駅


水戸線07
稲田駅


水戸線08
福原駅


水戸線09
羽黒駅


水戸線10
岩瀬駅


水戸線11
大和駅


水戸線12
新治駅


水戸線13
下館駅
関東鉄道常総線と真岡鉄道という二つの路線の起点駅でもあります。


水戸線14
玉戸駅
単式単線ホームの駅です。


水戸線15
川島駅


水戸線16
鬼怒川を渡る水戸線。



水戸線17
東結城駅
単式単線ホームの駅ですが、
なんと言っても
待合室が電話ボックスみたいな透明なのがポツンとあるだけの駅でして。


水戸線18
結城駅


水戸線22
小田林駅
水戸線23
ご覧の通りの単式単線ホームの無人駅です。
水戸線19
駅の目の前には中学校しかありません。



水戸線20
そして終点の小山駅です。
東北本線の駅ですが、両毛線の起点駅でもあり
また東北新幹線も停車をするという大きな駅です。

水戸線の中でこの小山駅だけが栃木圏内の路線であり、
他の駅は全て茨城県内にあります。




水戸線21
ご覧の通りau 4G LTEでの電波サービスエリアは
全線がサービスエリア内となっています。
実際に乗った感想からも、GPS位置情報の取得状況は良好でした。

全線の所要時間はほぼ1時間ちょうどとなっています。
全長で50.2kmある路線なので運賃は970円掛かります。

ただ、全線が東京近郊区間のエリア内であり、
また東北本線と常磐線を連絡する路線で
両毛線を使えば高崎線まで到達できる事もあり、
東京近郊の大回り乗車(選択乗車)の周回のルートとしては
比較的ポピュラーな路線
でもあります。
特に沿線にこれといった名所がある訳でもない通勤通学路線ですので
大回りで通過するのみといった方も少なくないと思われます。



運行本数が1時間に1、2本程度なので
小山や友部での乗り換えにだいたい30分程度は待ち時間が発生してしまいます。
周辺に私鉄路線が何本もあるので下館あたりで区切って攻略されるケースも
少なくないとは思いますが、時間の効率だけを考えるならば
一気に小山━友部間を制覇してしまった方が良い
とは思います。



まあ、乗ってしまえば駅の奪取にはさほど苦労もしないと思います。
スケジュールと相談をして攻略をして下さい。


では。

常磐線の日暮里駅━取手駅間の各駅詳細です。


先にご紹介していた常磐線の記事については、
帰宅困難区域の代行バスに主眼を置いた紹介になっていましたので、
通常運行をしている東京寄りの区間について、改めて整理しました。

参考
【攻略】JR・常磐線、日暮里駅~竜田駅間とJR代行バス区間(竜田駅━原ノ町駅)
【攻略】JR・常磐線、原ノ町駅~相馬駅、~浜吉田駅(代行バス)、~仙台(終点)まで。



列車の運行については、優等列車については上野東京ラインの開通によって 最近は品川駅から発車の列車が走っています。
一方、いわゆる常磐緩行線については綾瀬駅から取手駅までの運行がされており、
綾瀬より前については東京メトロとの相互直通運転が行われています。

ですが、路線としては起点は日暮里駅となりますので、
こちらも日暮里駅からご紹介をします。



常磐線420
まず常磐線起点の日暮里駅


常磐線418
三河島駅
この駅は改札口が西の端一箇所しかありません。
常磐線419



常磐線423
南千住駅
常磐線424



常磐線425
北千住駅



常磐線421
綾瀬駅
常磐線422



常磐線416
亀有駅
亀有と言えばこち亀の両さん。


常磐線411
金町駅
常磐線412



常磐線417
松戸駅



常磐線403
馬橋駅



常磐線404
北小金駅



常磐線405
南柏駅



常磐線409
柏駅
東武野田線がスイッチバックで折り返す実質的な起点駅です。
常磐線410



常磐線406
北柏駅
常磐線415



常磐線413
我孫子駅
常磐線414



常磐線408
天王台駅



常磐線401
取手駅
常磐線402




常磐線426
常磐線の路線については、日暮里駅━取手駅間に関しては
全線がau 4G LTEではサービス圏内であり、
GPSの受信については良好です。
位置情報の取得に困る事はまず無いでしょう。


取手以北についても、追って詳細にご紹介する予定ですが
とりあえずは取手まで。


では。

つくばエクスプレス00
次はつくばエクスプレスです。


2005年に開業した比較的新しい路線で、
正式には「首都圏新都市鉄道常磐新線」だそうですが、
ほとんどの乗客は全くこの名前は聞いたことが無く、
通称の「つくばエクスプレス」として認識をしています。



つくばエクスプレス01
こちらが起点の秋葉原駅の地上入口です。
JR秋葉原駅の中央改札口の南側にあります。
つくばエクスプレス02
こちらは中央改札口の北側の入口。
つくばエクスプレス03
入口を2フロア下ります。
つくばエクスプレス04
改札を入り、さらにエスカレーターを下ると。
つくばエクスプレス05
秋葉原駅ホームです。
かなりの深度のあるホームです。
つくばエクスプレス07
つくばエクスプレスの秋葉原駅構内でGPSの位置情報を取ると
ご覧の通り南千住付近を取ってしまいます。
この路線は基点の秋葉原駅から南千住駅を過ぎるまでは
地下を走る路線となっています。
ですのでこの区間は基本的にGPSでは南千住付近を取得してしまう状態です。



つくばエクスプレス06
次の新御徒町駅です。
都営地下鉄大江戸線との乗り換え駅となっています。
地下区間にある駅なので、この駅もGPSでは南千住付近を取得してしまいます。

都営地下鉄大江戸線ホームなどでは取れますので、
どうしてもつくばエクスプレスから取りたい方でなければ
無理に地上に出なくても大江戸線で取れば良いと思われます。



つくばエクスプレス25
浅草駅です。
ご覧の通り、浅草の和風をイメージした駅構内にデザインされています。
つくばエクスプレス27
改札前もご覧の通り。
つくばエクスプレス28
こちらがつくばエクスプレスの浅草駅の地上入口です。

つくばエクスプレス26
このつくばエクスプレスの浅草駅は、
昔からある東武伊勢崎線(スカイツリーライン)や
都営地下鉄浅草線の浅草駅とは、ご覧の通り徒歩で12分の距離があります。

駅メモではつくばエクスプレス浅草駅は別駅扱いとなっており、
浅草駅は二つありますので注意をして下さい。

この駅も地下駅で、引き続きホームからは南千住付近を取ってしまいますので
地上に出るか、近辺からレーダーの必要があるでしょう。




つくばエクスプレス24
南千住駅です。
つくばエクスプレス44
常磐線や東京メトロ日比谷線はこの駅から北に併走していきます。



つくばエクスプレス23
このあたりはご覧の通り住宅や建物が密集している地帯で。



つくばエクスプレス22
北千住駅です。
先の南千住駅より、JR常磐線、東京メトロ日比谷線、
東京メトロ千代田線、東武スカイツリーライン(伊勢崎線)は
この駅まで併走状態です。

日比谷線などはこの駅が起点であり東京北方のターミナル駅で、
つくばエクスプレス線は、JRや東京メトロ、東武線の走る地上の隣を
高架路線として一段高い位置で併走しています。



北千住駅からJR常磐線と併走をしたつくばエクスプレスは
荒川の鉄橋を渡ります。
つくばエクスプレス19
つくばエクスプレスの荒川橋梁から見た
JR常磐線の荒川橋梁。
つくばエクスプレス15
この荒川を渡ってしばらく進むと
つくばエクスプレスは再び地下へと潜り地下路線となります。



つくばエクスプレス14
青井駅
つくばエクスプレス45
こちらが駅の外観。
つくばエクスプレス16
地下ホームとなったので、若干電波がホームや車両内からは入りづらいですが。
つくばエクスプレス17 つくばエクスプレス18
ホームの階段付近で、ご覧の通りGPSが青井駅の位置情報を取得しました。
うまくすれば、車両から降りないで青井駅を取る事は可能かもしれません。
つくばエクスプレス20
ただ、ご覧の通りホームの両端は地下路線のトンネルですから、
階段に近い真ん中付近の車両の乗らないと電波が届かない可能性も大きいでしょう。




つくばエクスプレス46 つくばエクスプレス48
六町駅
この駅も地下駅となりますので
GPSの位置情報取得が列車内やホームからは
基本的にはできない駅
となっています。
アクセスをするとご覧の通り北千住駅付近へと飛ばされてしまいます。
つくばエクスプレス47
こちらが駅の外観。
周辺は区画整理の最中ですのでまだまだ開発途上です。
つくばエクスプレス21
この駅にアクセスをするには
ホームのあるB2FからB1Fに上がって
改札付近へと行けばGPSの位置情報が受信可能
です。
つくばエクスプレス49
こちらがホームから上へ上がる階段ですが
つくばエクスプレス50 つくばエクスプレス51
途中のこのあたりでご覧の通りに
六町駅の位置情報を取得することができました。


この六町駅を出て地下を進んだつくばエクスプレスは、
次の八潮駅の手前で再び地上へと出ます。



つくばエクスプレス10
八潮駅です。
この駅から埼玉県内に入ります。

駅メモの「八潮みらい」というキャラクターの
名前由来駅となっています。
つくばエクスプレス12




つくばエクスプレス09
三郷中央駅



つくばエクスプレス08
南流山駅
JRの武蔵野線との交点にあり、乗り換え駅となっています。
つくばエクスプレス29



つくばエクスプレス41
流山セントラルパーク駅
つくばエクスプレス39
こちらが駅の外観。
完全に高架駅となっています。
つくばエクスプレス42
改札前にはご覧の通り、この駅が乗り換え駅ではないとの注意書きが。
確かに一般乗客には乗り換え駅ではありません
まあしかし、流鉄流山線の終点の流山駅には17、8分くらい歩けばつきますので、
乗り鉄的な方には十分に乗り換え駅です。



つくばエクスプレス38
流山おおたかの森駅
東武野田線(アーバンパークライン)との交点にある乗り換え駅です。



つくばエクスプレス37
柏の葉キャンパス駅



つくばエクスプレス35
みらい平駅
つくばエクスプレスがネタ元と言われるでんこの
八潮みらいの名前の由来と言われる駅です。
つくばエクスプレス36
改札付近。
つくばエクスプレス40
ホームの両端を見ると分かりますが、
ご覧の通り直線の地下路線に作られた駅です。



つくばエクスプレス34
万博記念公園駅




つくばエクスプレス31
そして終点のつくば駅です。
つくばエクスプレス30
地下路線ですので、地上部分は単なる入口があるだけです。
つくばエクスプレス33
入口から階段を下りると。
つくばエクスプレス32
改札があって、こんな感じです。




つくばエクスプレス43
路線については、地上を走る南千住駅~北千住駅近辺と、
八潮駅以北に関しては電波状況は全く問題がありません


地下を走る部分に関しては先にも書きましたが、
南千住以南の都内地下部分に関してはGPSは基本的に南千住駅を取得します。

八潮の南の地下部分に関しては繰り返しますが、
青井駅は比較的電波が入るものの
六町駅は地下ではほぼGPS位置情報取得は無理です。


新しい路線ですので、都市部では結果的に大深度の地下を走らざるを得ず、
結果的にほぼ地下鉄同様の電波状況となってしまいました。

ただ、秋葉原、新御徒町、浅草といった駅は他の路線が近辺を数多く走っており、
つくばエクスプレスに乗車しないうちに取得できてしまうケースも多々あるはずです。
ですので注意すべきは、六町、青井の地下二駅と、
東武や東京メトロとは別駅扱いの浅草駅の取り忘れ
ではないでしょうか。




体感より距離が長い(58.3km)路線で、全線でおよそ1時間掛かります。
全線片道で1190円の運賃の盲腸線で、踏破には2000円近くかかりますが、
くれぐれ折り返し無賃乗車の無き様に


では。

鹿島線02
はい。次は鹿島線です。

千葉県の北東部の路線で、成田線から分岐して鹿島神宮駅方面へと向かい、
鹿島臨海鉄道と接続をしているJRの路線です。



鹿島線06
こちらが鹿島線の普通列車の起点発着駅である佐原駅です。
運行している鹿島線の旅客列車はこの佐原駅までを「鹿島線」として走っています。
ですが実際はこの佐原駅は成田線の駅であり、鹿島線は隣の香取駅からとなります。




鹿島線09
こちらが鹿島線の起点駅となる香取駅
路線としてはこの香取駅が起点となります。
鹿島線10
こちらが香取駅ホームにある鹿島線の0キロポスト。
鹿島線07
この駅は成田線の駅でもありますので高架駅ではなく地上駅となっています。
香取神宮の最寄駅でもあり、駅舎もご覧の通り神宮をイメージした作りとなっていますが、
実際にはこの駅は無人駅であり、駅員も改札も無く簡易Suicaの機械があるだけです。
駅にはトイレと自動販売機一台しかなく、駅から離れないと何もありません。
鹿島線自体も隣の佐原駅まで走っていますが、
合流する成田線も佐原以東は本数が少ないので
乗り換えでこの駅で降りてしまうと列車がなかなか来ないので注意が必要です。
私はこの駅ではいつも30分~1時間は待っているイメージがあります。



鹿島線11
香取駅を出て進むと利根川の鉄橋を渡ります。
下流のこのあたりに来ると利根川の川幅はかなり広くなっています。
鹿島線12
水郷地帯を走る鹿島線。
鹿島線13
続けて旧利根川である湖の与田浦を渡ります。


鹿島線14
するとまもなく次の駅である十二橋駅に到着です。
鹿島線15
ご覧の通り高架線の途中に設けられた駅で。
鹿島線16
無人駅で駅舎は無く、ご覧のホーム上の待合室が駅施設としてあるのみの駅です。
鹿島線17
駅前には佐原消防署十六島出張所と。
鹿島線18
駅前広場というか駐車場に併設されたトイレ、そして公衆電話。
鹿島線19
明らかに現在は営業をしていないラーメン屋。
鹿島線20
後は田んぼしかありません。

一部には「秘境駅」として分類されるこの駅
同じく貨物線として作られた埼玉の武蔵野線には
かつてこの十二橋駅のような周囲に何も無い駅がいくつもありましたが、
武蔵野線の駅周辺はみな開発されてしまいました。
鹿島線21
しかしこの十二橋駅に関しては
ご覧の通りこのあたりが国定公園として開発が制限されている様子であり、
であるが故にこの駅は開業当時からの姿を残した駅となっている様子でした。



鹿島線22
そして霞ヶ浦から流れ出る常陸利根川を渡ると。


鹿島線23
潮来駅です。
この駅は周辺に建物があり、日中は駅員が居ます。



鹿島線24
次の延方駅。この駅は無人駅です。
ホームの階段二つのうちの一つが封鎖されていました。



鹿島線43
延方駅を出ると北浦を通過します。



鹿島線25
そしてこちらが旅客列車の終着駅である鹿島神宮駅です。
本来はこの先にまだ鹿島線のJRの路線は続くのですが、
臨時駅で通常は営業をしていないので、
実質的にこの鹿島神宮駅が旅客列車の起点となっています。
鹿島線03
名前の通り、鹿島神宮の最寄り駅であり、徒歩10分弱程度です。
鹿島線04
駅から2、3分歩くとご覧の通り、
剣豪塚原卜伝の像があったりします。
鹿島線05
こちらは鹿島神宮駅から、佐原駅方向の光景です。
鹿島線はそのほとんどが高架路線となっています。




さて。鹿島線のJRの列車はこの鹿島神宮駅までで終点ですが、
路線としての鹿島線はここからさらに3.2km北に伸びています。
鹿島線26
こちらは鹿島神宮駅に停車する鹿島臨海鉄道の列車。
鹿島線28
鹿島神宮駅の改札前には時期によってこのような掲示がされます。
鹿島線27
この鹿島線には、JRの路線であり駅でありながら
鹿島臨海鉄道に乗らないと行けない駅がある
のです。
ですのでこれから乗車して向かいたいと思います。
鹿島線30
鹿島神宮駅を出発する鹿島臨海鉄道。
鹿島線29
列車に乗って進むと跨線橋が見えてきます。
通常は列車が通過してしまう場所ですが、今日は列車が停まります。
鹿島線31
こちらが鹿島サッカースタジアム駅です。
駅名標を見てもJRの駅であることが分かると思いますし、
実際にJRと鹿島臨海鉄道の境界駅で運賃もこの駅を起点に算定します。

ですが実際にはJRの旅客列車は一切この駅には停まりません
目の前にある県立サッカースタジアムで主に鹿島アントラーズの試合がある日のみ、
鹿島臨海鉄道の列車がこの駅に臨時停車をするという臨時駅なのです。
鹿島線32
列車を降りて跨線橋の方向へと進むと。
鹿島線33
階段の前にパイプ椅子と長机で臨時の駅務を行う駅員が居て、
その奥に臨時の改札が設けられていました。
実際に改札業務を行っているのは鹿島臨海鉄道の職員でJR職員ではありません。
鹿島線34
改札を通り階段を昇ると。
鹿島線35
駅の入口できっぷの販売業務を行っている駅員が立っていました。
鹿島線36
ちなみにこちらが鹿島サッカースタジアム駅で買った切符。
要は車掌が車内で精算をする携帯端末で発券されたものです。
鹿島線37
入口の前の跨線橋の上からは県立サッカースタジアムがご覧の通り。
鹿島線38
スタジアムへの道です。
鹿島線39
道を渡るともうサッカースタジアムの敷地内で、
チケットが無いと入れません。
この駅周辺にはスタジアム以外には何もありませんので
サッカーを見ない人間が降りてもほぼする事は有りません(笑)
鹿島線40
跨線橋から見た駅南方の光景です。
JR鹿島線、鹿島臨海鉄道大洗線、そして鹿島臨海鉄道臨港線という
3路線が交差する一大ターミナルの光景なのですが…単なる線路だけです。
鹿島線41
駅の横には鹿島臨海鉄道の職員の詰所と、
JRの駅長事務室なるものがありました。
鹿島線42
こちらが上から見た鹿島サッカースタジアム駅の全景です。




鹿島線08
この鹿島線、電波に関してはご覧の通り全線がエリア圏内ですので
問題なく駅の奪取ができると思います。

路線も高架線で列車も新型の車両が走っていますが、
基本的に鹿島線は単線であり旅客列車の本数はさほど多くはありません。
また千葉北東部は列車の本数が県央部に比べて少ないので
鹿島線との乗り換えには思わぬ時間を取られることがままあります。
ですから例えば関東地方からの出発ですら
鹿島線を実際に乗りに行くと一日仕事になってしまいます
なので短い路線ではありますが、できれば折り返しではなく
片道の通過で制覇したいところでしょう。



では。

鹿島臨海鉄道大洗鹿島線01
続いては鹿島臨海鉄道大洗鹿島線です。

茨城県の鹿島灘に沿って走る第三セクター線で、
臨海鉄道という名前のわりには路線から全く海が見えない
という路線でもあります。



鹿島臨海鉄道大洗鹿島線02
こちらはJR常磐線の水戸駅
この水戸駅で、鹿島臨海鉄道が接続をしています。


鹿島臨海鉄道大洗鹿島線03
ホームを繋ぐ跨線橋の、鹿島臨海鉄道ホームへ降りる階段の前に
設置をされているSuica簡易型改札機。
第三セクター線である鹿島臨海鉄道へ乗り継ぐJRの乗客は、
ここでSuicaをタッチして出場記録を記録します。


鹿島臨海鉄道大洗鹿島線04
こちらが水戸駅の鹿島臨海鉄道大洗鹿島線のホーム。


鹿島臨海鉄道大洗鹿島線05
車内はこんな感じです。



鹿島臨海鉄道大洗鹿島線06
こちらは水戸の次の東水戸駅
鹿島臨海鉄道大洗鹿島線07
早速駅で列車の交換(すれ違い)がありました。


鹿島臨海鉄道大洗鹿島線08
元々が貨物路線だっただけに、沿線の光景はこんな感じです。



鹿島臨海鉄道大洗鹿島線09
駅名の表示を撮り逃してしまいましたが、
次の常澄駅の光景です。



鹿島臨海鉄道大洗鹿島線11
駅間を走行する列車の車内。
高架線で障害物も無く、夕日の日差しがダイレクトに入ってなかなか綺麗です。



鹿島臨海鉄道大洗鹿島線10
その次が、この路線のメインの駅と言って良い大洗駅
鹿島臨海鉄道の本社もこの駅の駅舎にあるとか。



鹿島臨海鉄道大洗鹿島線12
そして列車が大洗駅を出て進み、
車窓から大きな沼が見えてくると。

鹿島臨海鉄道大洗鹿島線13
涸沼駅に到着です。


鹿島臨海鉄道大洗鹿島線14
次の鹿島旭駅は、ホームと跨線橋があるだけの無人駅で、
列車から車掌が降りて、跨線橋の階段前で切符の改札を行います。


鹿島臨海鉄道大洗鹿島線15
その次の徳宿駅もホームと階段のみの無人駅。


鹿島臨海鉄道大洗鹿島線16
新鉾田駅。この駅は周辺に家や建物が見える駅です。


鹿島臨海鉄道大洗鹿島線17
そして再び大きな湖が見えてくると。

鹿島臨海鉄道大洗鹿島線18
北浦湖畔駅です。


鹿島臨海鉄道大洗鹿島線19
大洋駅



鹿島臨海鉄道大洗鹿島線20
そして鹿島灘駅です。
鹿島臨海鉄道大洗鹿島線21
交換ですれ違った列車がラッピングしてありました。



鹿島臨海鉄道大洗鹿島線22
鹿島大野駅


鹿島臨海鉄道大洗鹿島線23
そしてその次は長者ヶ浜潮騒はまなす公園前駅となります。
なんでもこの駅は読み仮名が22文字で、日本一長い名前の駅名だそうです。


鹿島臨海鉄道大洗鹿島線24
荒野台駅



鹿島臨海鉄道大洗鹿島線25
この荒野台駅を出発して、しばらく列車が進むと、
なにやら通過をする駅が見えます。
駅名表示も通過でちょっと見えないですね。

こちらが、サッカーをやる日だけ営業をしている臨時駅の
鹿島サッカースタジアム駅です。
鹿島臨海鉄道大洗鹿島線27
臨時駅ではありますが、路線のデータには含まれていますので
取り逃しの無い様にご注意下さい




鹿島臨海鉄道大洗鹿島線26
こちらは終点となる鹿島神宮駅です。
正確には鹿島臨海鉄道は鹿島サッカースタジアム駅までですが、
実際の旅客列車はこの鹿島神宮駅まで運行していますので、
実質的にこの駅が終点となります。




鹿島臨海鉄道大洗鹿島線28
こちらは鹿島臨海鉄道大洗線の、au 4G LTEでの電波状況です。
ご覧の通り、全線がエリア圏内となっています。
路線も高架線と地上の平地を走るのがほとんどで、トンネルもほぼありません。
ですのでどこからでも電波の受信に困る事は無いと思われます。



路線自体の攻略は難しくはありませんが、
茨城県を南北に縦貫する路線で、水戸駅から鹿島神宮駅まで
およそ一時間半かかる路線となっています。

水戸駅方面は常磐線に接続をしており、
特急も走る駅ですので比較的アクセスは悪くありませんが、
南の鹿島神宮駅方面は列車の本数が少なめですので、
接続には注意と工夫が必要でしょう。



では。

↑このページのトップヘ