山形県

山形鉄道フラワー長井線00
さて。お次は山形県を走る
山形鉄道フラワー長井線です。


1912年(大正2年)に開業したという路線で
国鉄長井線、JR長井線と経た後に
1988年(昭和63年)に第三セクターの山形鉄道へと移管されました。

全長で30.5kmという路線で、複線区間は無く全線単線非電化。
全ての列車が赤湯駅━荒砥駅の全線を往復運行し本数は一日12本
全線の所要時間はおよそ1時間ちょうどという路線となります。


2004年に公開された映画「スウィングガールズ」の舞台となった路線でもあり、
長井線にも「スウィングガールズ列車」が運行していました。




山形鉄道フラワー長井線01
こちらはJR奥羽本線の赤湯駅。
ミニ新幹線である山形新幹線の停車駅でもあります。
山形鉄道フラワー長井線08
JR赤湯駅の駅舎改札前には
山形鉄道の鉄道むすめ「鮎貝りんご」の立て看板が。
この路線もりんごちゃんなんですね。
山形鉄道フラワー長井線02
赤湯駅の跨線橋に上がると、ご覧の通りフラワー長井線への案内表示が。
跨線橋の通路の途中には簡易Suica改札機が設置してありますが
これはJRから私鉄である山形鉄道へと乗り継ぐ際の出場記録の為のものです。
JRと私鉄の乗り継ぎのあるローカル駅ではしばしば見るものですね。
山形鉄道フラワー長井線03
跨線橋を進み山形鉄道のエリアに入ると
ご覧の通り通路の壁も山形鉄道のカラーに塗られていました。
山形鉄道フラワー長井線04
JR側からの跨線橋の階段を降りると
ご覧の木造の駅舎の前に。
後ろには山形鉄道のホームがあります。
山形鉄道フラワー長井線05
改札の駅務員に声をかけて一旦駅舎の外に。
こちらが山形鉄道の赤湯駅の駅舎となります。
フラワー長井線(旧国鉄長井線)は趣のある駅舎の駅が多く
愛好家の間ではそれなりに有名な路線みたいで。
山形鉄道フラワー長井線06
こちらがフラワー長井線の赤湯駅ホームです。
山形鉄道フラワー長井線07
長井線の終端。
山形鉄道フラワー長井線10
ワンマン運転の車両の中はこんな感じでした。
山形鉄道フラワー長井線09
ではフラワー長井線に乗って進みたいと思います。




山形鉄道フラワー長井線11
南陽市役所前駅
赤湯駅からは0.9kmの距離にある駅で、国鉄時代は無かった駅ですが
1988年の山形鉄道への転換時に新設されました。
名前の通り南陽市役所の敷地の目の前にあってアクセス抜群ですが
広い駐車場もあり駅間も近い事から、一日平均利用客数は6人らしいです…



山形鉄道フラワー長井線12
宮内駅
2010年8月の駅の再有人化以降、
うさぎの駅長の「もっちい」がこの駅には常駐しています。



山形鉄道フラワー長井線13
おりはた駅
国鉄時代は「西宮内駅」だったそうですが
山形鉄道への移管に際して、近くを流れる織機川を由来に駅名が変更になりました。



山形鉄道フラワー長井線14
梨郷駅
駅名は「りんごう」と読み、
山形鉄道の鉄道むすめ「鮎貝りんご」の名前の由来駅となっています。
山形鉄道フラワー長井線36
また映画「スウィングガールズ」の劇中で使われているのが
この梨郷駅(劇中では「中央西駅」)となります。
(上写真は劇中の当該ワンシーン)



山形鉄道フラワー長井線15
西大塚駅
1914年開業のこの駅は国鉄時代からの古い木造駅舎の残る駅です。
駅舎は文化財保護法による登録有形文化財に指定されており、
今回は通過のみでしたが、一度降りて散策してみたい駅舎の駅ですね。



山形鉄道フラワー長井線20
列車が進み、国道113号線をくぐるあたりで
車窓からはJR米坂線の線路が迫り見えてきます。
山形鉄道フラワー長井線19
駅到着直前の、フラワー長井線と併走状態の米坂線。

山形鉄道フラワー長井線16
今泉駅に到着です。
先ほどまで併走してきたJR米坂線と線路が接する乗り換え駅です。



山形鉄道フラワー長井線17
時庭駅



山形鉄道フラワー長井線18
南長井駅



山形鉄道フラワー長井線21
長井駅
山形鉄道の本社のある駅でもあります。



山形鉄道フラワー長井線22
あやめ公園駅
長井駅から0.8kmの距離にある駅ですが、
2002年に駅の真正面にある
県立長井工業高の生徒PTAの請願によって開業した駅だそうで。
駅の待合室は高校の生徒や職員の自作だそうです。



山形鉄道フラワー長井線23
羽前成田駅
こちらの駅舎も国鉄長井線開業当時からのもので
西大塚駅とともに登録有形文化財に指定されています。



山形鉄道フラワー長井線24
白兎駅
ご覧の通り駅待合の壁にウサギのペイントがしてあります。
山形鉄道移管後の1989年に開業したこの駅は
駅の所在地が「山形県長井市白兎」にあることで「白兎駅」となりました。
つまり地名そのままなのですが、
駅の読み仮名は「しろうさぎ」であるのに対して
この駅の所在地の地名は「白兎」で「しろさぎ」と読む
そうです。 山形鉄道フラワー長井線25
駅は田んぼのど真ん中にあり、
ご覧の通り田んぼ以外本当に何もありません
なんでここに駅作ったんですかね?



山形鉄道フラワー長井線26
蚕桑駅



山形鉄道フラワー長井線27
鮎貝駅
山形鉄道の鉄道むすめ「鮎貝りんご」の名前由来駅です。




山形鉄道フラワー長井線28
四季の郷駅
2007年に開業したフラワー長井線では一番新しい駅です。

この駅の近辺では区画整理が行われており、
「人口の増加が見込める」と町が設置の要望を出して開設された駅だそうです。
要は建設デベロッパーのニュータウン開発で新駅ができた、という事ですね。

たまたま私は帰りの列車で団体客と乗り合わせ、
山形鉄道の車掌さんが団体客に解説をしていたのを便乗して聞けましたが、
「『四季の郷』というのはニュータウンを造ろう、とできた駅なんですが、
駅ができて8年!去年やっと駅前に1軒家が建ちました!そんなところです(笑)」

とやって笑いを取っていました…
山形鉄道フラワー長井線29
駅前を見ると確かに、
明らかにここ1、2年のうちに建った(建築材料で分かる)と思われる
新しい家がポツンと建っており、車掌さんの話を裏付けていました…



山形鉄道フラワー長井線30
そして終点の荒砥駅
山形鉄道フラワー長井線31
こちらが駅舎の外観です。
山形鉄道フラワー長井線32
駅舎入口脇には駅名の看板と「東北の駅百選」の認定標が。
山形鉄道フラワー長井線33
駅の奥にはフラワー長井線の終端と
車両基地があります。
山形鉄道フラワー長井線34
ホーム前の引込み線にはフラワー長井線の車両が留置されていました。




山形鉄道フラワー長井線35
こちらがフラワー長井線の路線区間の
au 4G LTEでの電波エリアマップです。
全線区間が電波サービスエリア圏内となっており
路線上のどの場所でも問題無く駅へのアクセスが可能となっています。
ローカル線の気動車なので速度もさほどでは無いですので
普通に駅にアクセスをしていれば取り逃しはほぼ無い路線で
単純に路線自体の制覇への難度は高くないと思います。


ただ問題点は冒頭でも書いた通り、
山形鉄道フラワー長井線は一日12本の列車運行となっています。
途中の今泉駅でJR米坂線への乗り換えが可能とはいえ、
米坂線自体も本数が少ない路線ですので
実質的にフラワー長井線は起点からの盲腸線と考えて良いと思います。
全線片道1時間の路線ですから、終点の荒砥駅での乗り換えなども考慮すると
路線の制覇には2時間半~3時間は必要と思って下さい。

またJR奥羽本線とアクセスしている起点の赤湯駅ですが、
奥羽本線は実質的に山形新幹線ありきのダイヤとなっています。
赤湯駅を含む米沢駅━山形駅間は比較的列車本数がある区間ですが
半数は新幹線であり、普通列車は一時間に1本程度の間隔での運行となっています。
山形鉄道への乗車にはこのあたりも注意が必要でしょう。



まあ、路線や駅舎などは非常に趣きがあった点や、
私が乗車した際のフラワー長井線の車掌さんの接客は
非常に対応が素晴らしかった
ので
是非とも一度乗車してみて下さい。


では。

米坂線00
次は米坂線です。

山形県の米沢市の米沢駅と、新潟県村上市の坂町駅を繋ぐ
全線で90.7kmという単線非電化の路線です。


JRの路線名で、特に地名から一文字づつ取った線名の場合
通常は音読みで読むことが通例となっているのですが、
この米坂線の場合は「まいはんせん」ではなく
「よねさかせん」と訓読みになっています。
JRでは他には「大糸線(おおいとせん)」があるくらいで
数少ない例外となっています。



米坂線01
坂町駅
米坂線の「坂」の駅で、新潟県側の米坂線の起点です。

本来は坂町駅は羽越本線の駅で、羽越本線は電化されていますが
米坂線は全線が単線で非電化の路線ですので気動車にて運行がされています。




米坂線02
越後大島駅



米坂線03
越後下関駅



米坂線04
越後片貝駅
駅舎は公民館との合築となっています。



米坂線05
米坂線と併走する荒川と国道113号線。


米坂線06
越後金丸駅
新潟県のJRの駅としては最東端にある駅だそうです。



米坂線07
引き続き荒川と国道113号線と併走する米坂線。
新潟県と山形県の県境を抜けていきます。


米坂線08
小国駅
この駅から米坂線は山形県内に入る事となります。
駅長配置の直営駅で、
米坂線の新潟支社管内はこの駅から運行指令がされています。
米坂線09
そしてこちらは小国駅に遺構として残っている転車台です。
米坂線で新潟方面から乗車してくると小国駅到着直前に見ることができます。
小国駅ホームからでは距離があるので、列車の車窓からがベストポジションかと。
長らく使われておらず、今後も使用の予定は無いとか…



米坂線10
羽前松岡駅
ご覧の通りコンクリートブロック造りの待合のみのの無人駅です。



米坂線11
伊佐領駅



米坂線12
羽前沼沢駅



米坂線13
手ノ子駅



米坂線14
羽前椿駅
米沢駅からこの駅までで折り返す列車が一日3本設定されています。



米坂線15
萩生駅
山形県内の駅ですが、この駅から西がJR新潟支社管内となり
この駅を出ると仙台支社の管内となります。



米坂線16
今泉駅
米坂線17
旧国鉄長井線であった山形鉄道フラワー長井線も乗り入れており、
1、2番線はフラワー長井線のホームとなっています。
米坂線の途中駅では唯一の他線乗り換え駅です。



米坂線18
犬川駅



米坂線19
羽前小松駅



米坂線20
中郡駅



米坂線21
成島駅
この駅から米沢市に入りますが、完全な棒線無人駅です。



米坂線22
西米沢駅



米坂線23
南米沢駅



米坂線24
そして終点の米沢駅
見ての通り米坂線の「米」の字の駅であり、
終点というか、米坂線ではこの駅が起点駅となります。
米坂線25
こちらが米坂線の米沢駅側の起点。

この駅は山形新幹線の開業によって新幹線停車駅となりましたが、
奥羽本線は線路をを新幹線規格である1435mmの標準軌とした為、
日本の普通列車のスタンダードである1067mmの狭軌である米坂線は
奥羽本線との相互乗り入れは不可能となりました。
ですので山形方面からの列車乗り入れができない為、
米坂線の列車は全て新潟の新津運輸区所属の気動車で運行されています。




米坂線26
こちらはau 4G LTEでの電波エリアマップです。
新潟側の坂町駅から越後片貝駅までは
米坂線の路線は全線が電波エリア圏内であることが分かります。
米坂線27
そしてこちらが越後片貝駅から越後金丸駅、そして小国駅という
新潟・山形県境付近の米坂線の電波エリアマップです。
さすがに県境の山間ですので駅間では電波圏外の場所がありますが、
どの駅も駅周辺では電波エリアがカバーされていますので
駅停車中であれば問題なくGPS位置情報は取れるでしょう。
米坂線28
小国駅から羽前松岡駅、伊佐領駅、羽前沼沢駅の区間も
駅間で電波の無い区域がありますが
基本的に駅周辺の電波状況は良好ですので位置情報取得に問題はありません。
米坂線29
阻止羽前沼沢駅から米沢駅までの区間は
米坂線は全線がauの電波サービスエリア圏内ですので
GPS位置情報取得に問題が起きることはありません


結論から言うと、少なくともauでは
米坂線は全線がGPSで普通にアクセスできますので
レーダーなどが必要となる状況は無い
でしょう。
路線アクセスに関しての難易度は高くありませんのでその点はご安心下さい。



米坂線で米沢駅━坂町駅を全線乗車すると
所要時間はおよそ2時間15分前後となります。
ただ問題は米坂線の運行本数で、
米沢駅発の下り列車も、坂町駅発の上り列車も
米坂線全線を通して走る列車はそれぞれ一日5本のみです。

坂町発が7時、9時、13時、17時、18時の5本、
米沢発が5時、10時、12時、16時、18時の5本で
これを逃すと米坂線は途中駅での乗り換えがほぼありませんから
脱出が不可能となってしまいます。

また新潟方面では、坂町駅へとたどり着くには
新発田方面からの羽越本線で2時間程度の間隔でしか列車がありませんし、
山形方面では米沢駅~福島駅間の普通列車は1日6本という本数なので
山形新幹線を使わないとこれまた2時間程度の待ち時間が発生します。


これが現在の地方ローカル線の現状とはいえ、
米坂線を制覇するには結構な一日仕事に近くなることがお分かり頂けると思います。
私は新潟から始発で米沢へと抜けて、
近隣の山形鉄道や左沢線を乗るスケジュールを立てましたが
どちらにしても時刻表とにらめっこは必要となるでしょう。


では。

仙山線01
さて。続いては仙山線です。

仙台駅から羽前千歳駅までを路線区間としているJRの路線で、
全ての区間を仙台市と山形市という県庁所在地のみを走っています。



仙山線03
仙台駅の7・8番線ホームに向かうとご覧の通り仙山線の表示が。
仙山線02
こちらが仙山線ホームとなります。



仙山線04
東照宮駅
この駅は駅から出る道が無く、
構内から外に出るには目の前の公園を通るしか無いという駅です。



仙山線05
北仙台駅
仙台市営地下鉄南北線との交点にある乗換駅です。



仙山線06
北山駅



仙山線07
東北福祉大前駅
この駅は名前の通り東北福祉大学のキャンパスの目の前にあり、
大学側が建設費を全額負担してできた請願駅だそうです。



仙山線08
国見駅



仙山線09
葛岡駅



仙山線10
陸前落合駅



仙山線11
そして愛子駅です。
仙山線12
仙台駅からの仙山線の列車の多くはこの愛子駅止まりの運行となっていて、
東側は近郊都市路線、西側は地方ローカル線の趣きとなる境界となる駅です。
近隣の駅が無人駅や業務委託駅が多い中、この愛子駅は駅長の居る直営駅で
周囲の駅の管理も行っています。
仙山線13
駅前にある案内板。



仙山線14
陸前白沢駅



仙山線15
熊ヶ根駅



仙山線16
次は作並駅です。
仙山線17
こちらが駅の外観。
仙山線18
ホーム側から見た駅舎がこちら。
仙山線19
仙山線は日本初の交流電化路線であり、
駅ホームにはご覧の記念碑があります。
仙山線20
日中のみ係員が居る簡易委託駅ですがホームは3線あり、
仙台寄り側に構内踏切があります。
その先には、かつてあった旧作並機関区の機関庫が残っていて。
仙山線21
機関庫の前には転車台の遺構も残っています。
なんでも土木学会選奨土木遺産に認定されているそうで。




仙山線22
奥新川駅
宮城県内で最も西にある駅だそうです。
仙山線30
こちらはau 4G LTEでのサービスエリアマップですが、
ご覧の通り奥新川駅は電波が圏外となっています。
当然ながらGPSの位置情報は取れません。
ですのでレーダーでの取得が必要な駅となります。
…まあDocomoなら東北の駅は基地局があるので入るのですが。



仙山線23
そして県境をまたぎ山形県に入って最初の駅が
こちらの面白山高原駅です。
この駅の仙台側はトンネルになっていて電波が入りませんので注意が必要です。

面白山高原国定公園の入口で登山客などが訪れる駅となります。
また、この駅に隣接してスノーパーク面白山といスキー場がありますが
スキー場へと通じる道路がシーズン中は積雪通行止めになる為、
「鉄道でしか行けないスキー場」として逆に有名だそうです。
仙山線32
こちらは電波エリアの図ですが、
冬季は道路が通行止めになる区域の割には
電波は駅周辺は良好に入ります。
ただ繰り返しますが仙台側はトンネルですので
駅より山形側でないと電波は取れませんので注意をして下さい。



仙山線24
次は山寺駅
立石寺の最寄り駅であることが由来となっています。
仙山線25
線路脇に見えるこのお寺のような建物は実は山寺駅の駅舎です。



仙山線26
高瀬駅



仙山線27
楯山駅



仙山線28
羽前千歳駅
仙台駅より営業キロ58.0kmのこの駅は、
路線としては仙山線の終着駅となります。
しかし仙山線の列車は全て奥羽本線の山形駅まで運行していますので
この駅が終点となる列車はありません。

奥羽本線が新幹線乗り入れで標準軌となった為、
この羽前千歳駅━山形駅間は
左沢線と仙山線用の狭軌の線路が並行して敷かれています。



仙山線29
北山形駅山形駅です。
こちらは奥羽本線扱いの駅ですので
厳密には仙山線ではありませんが、仙山線の列車が全て乗り入れていますので
参考までに。




仙山線31
仙山線の電波状況ですが、
繰り返しますがauでは奥新川駅が圏外である以外は概ね良好です。
普通にGPSで駅が取れると思いますので
安心して攻略をして下さって結構です。

列車の本数ですが、仙台━愛子間は仙台近郊区間という事もあって
20~30分に1本のペースで列車が運行しています。
ですが愛子以東の山形側は一時間に1本の間隔で列車本数がガタっと減ります。
山形側で接続する奥羽本線も鈍行の本数は非常に少ないですので
時間によっては長時間の乗り換え待ちが発生することでしょう。



関東の私には、実際に乗るまでは正直馴染みの無い路線でしたが、
実際に乗車して、後日各駅を調べると結構エピソードの多いおもしろい路線でした。
改めてゆっくり沿線を散策してみたいと思った路線でした。


では。

↑このページのトップヘ