でんこの元ネタ

でんこの元ネタ
■No.35 神畑いおり(Kabatake Iori)
 ■タイプ:ディフェンダー
 ■誕生日:8月1日

■出身駅: 上田電鉄 別所線 神畑駅(長野)
いおり01


いおり03
こちらは県道65号上田丸子線の神畑交差点付近の光景です。
上田市街から国道254号へと連絡し松本・諏訪方面への短絡路となる県道が、
この神畑交差点で南にT字に分岐をしています。
いおり04
この神畑交差点から分岐しているのは別所街道(県道177号鹿教湯別所上田線)で
別所温泉までのおよそ6kmをほぼ南にまっすぐ連絡しています。
いおり05
その神畑交差点から別所街道を南に60mほど進むと
上田電鉄の神畑踏切があります。
いおり06
南側から踏切を見ると、ご覧の通り神畑交差点までの近さが分かります。
いおり07
そしてこの神畑踏切の北西側の線路脇に
駅へと通じる連絡路があります。
いおり08
線路脇を進んだこちらが神畑駅の駅入口となります。
駅は1921年(大正10年)に上田温泉電軌の駅として開業したもので、
何度か路線の所属会社が変わったものの一貫して無人駅として現在に至ります。
いおり09
駅入口の階段前付近の様子です。
踏切脇の道路からの連絡通路の脇には駅の駐輪場があります。
また駐輪場の手前には民家の入口がありました。
いおり10
ホームの様子です。
単式ホーム1面1線の無人駅となっており駅舎はありません。
いおり11
代わりに中央付近に待合室の建屋が置かれています。
いおり12
待合室の中の様子。
奥の壁側がベンチとなっています。
いおり13
ホーム南側が入口となっており、
自動券売機は無いものの自販機が置かれています。
いおり14
ホーム建屋の屋根は待合室部分だけではなく
別所温泉方にも張り出しており、外にもベンチが置かれています。

いおり15
駅ホームの裏手である西側一帯は畑が広がっています。
いおり16
そしてホームの北西側にはりんごの木が並んだりんご畑となっています。
いおり18
畑の側から見た神畑駅の全景です。

いおり17
こちらは神畑駅から県道65号上田丸子線を南におよそ2km離れた
2駅隣りの下之郷駅が最寄りである生島足島神社です。

古来、朝廷に仕えて機を織る職能集団を「服部(はとりべ)」と言いましたが、
神宮に仕えて神の御衣を織る「神服部(かんはとり)」という人たちがいました。
神畑(かばたけ)の地名は生島足島神社の神服部が訛ったものとされています。



■モデル車両: 上田電鉄1000系電車(1001編成・1002編成)
いおり02


丸子鉄道と上田温泉軌道(→上田電鉄)が1943年(昭和18年)に合併して
上田丸子電鉄となったのが現在の上田電鉄のルーツであり、
1958年(昭和33年)に東急の系列会社となって現在に至ります。
いおり37
こちらは列車の車体につけられた上田電鉄の社章です。
1969年(昭和44年)に上田丸子電鉄は上田交通に社名変更されましたが、
その後鉄道部門が上田交通から分離し2005年(平成17年)に再び上田電鉄となります。
社章は1939年(昭和14年)発足の初代の上田電鉄のものが再び使われています


東急系列である為、上田電鉄では東急の払い下げ車両を歴代で使用してきました。
1000系の前任車両である上田交通7200系電車は1993年(平成5年)に
東急から譲り受けて上田交通へと入線しましたが、
その時点で既に26年使用されていた車両であった為、当然老朽化が進む事となりました。
この7200系を置き換える為に導入されたのが上田電鉄1000系電車となります。
いおり19
【上写真:東急1000系1015編成】
置き換え用として上田電鉄へと譲渡されたのは東急1000系電車で、
1991年(平成3年)に東急池上線用に作られた4次車で
「1000N'系」と呼ばれる編成のものです。
いおり20
【上写真:上田電鉄1000系1001編成(旧東急1000系1015編成)】
上田電鉄へと譲渡される事となった1000系のうち、
2008年(平成20年)3月に1015Fと1018Fの2編成が
東急テクノシステム長津田工場で改造が行われました。

運賃箱や整理券発行機などワンマン運行の為の設備の設置や
連結面の転落防止幌の設置などが行われた他、
デハ1000形の運転台寄りにパンタグラフを増設し2基搭載なったのが
主な改造工事の内容となります。

上田電鉄1000系の1001編成と1002編成となった2編成は
2008年(平成20年)8月1日に上田電鉄別所線での営業運転を開始
しました。

駅メモのでんこである神畑いおりの誕生日が8月1日に設定されていますが、
これは上田電鉄1000系の別所線での営業運転開始日が元ネタと考えて良いでしょう。
いおり21
また神畑いおりのコスチュームのカラーリングを見ると
灰色の地色に赤い帯色となっています。
これは上田電鉄で運行開始をした当時の東急色のカラーリング
灰色はステンレス車体の地色、赤(    )は車体の帯色と同じです。
帯色が胴の裾が車両前面と同じ太い一本線、袖が車体横と同じ2本線となっている事からも
元々の東急カラーがモチーフであるが分かります。
いおり22
【上写真:(上)伊賀鉄道200系】(下)一畑電車1000系】
上田電鉄と同じく東急1000系が譲渡されて使用されている例としては
伊賀鉄道200系や一畑電車1000系などがあり、最近では福島交通1000系も同様です。


いおり23
こちらは上田方のモハ1000形です。
モ(電動車)ハ(普通車)でモーターを搭載した車両であることが分かります。
編成略記号ではMcとなりM(動力車)c(制御車)
運転台と動力の制御電動車の意味となります。
東急時代には池上線用4次車の蒲田方先頭車両であるデハ1310形(Mc)でした。
いおり24
屋根の上にはパンタグラフが2基搭載されています。
連結部側のパンタは東急時代から設置されていたものですが、
前方の運転席側のパンタは上田電鉄への譲渡の際に追加されたものです。
いおり25
1000系をモチーフとしている神畑いおりの背中のパンタグラフを
実際の車両と並べてみると、シングルアームの同じ形であることが分かります。
いおり32
上田方の車端部の運転台付近の様子です。
運転席上の壁には車両製造の東急車輛の平成3年(1991年)の製造銘板と
改造工事を行った東急テクノシステムの2008年(平成20年)のシールがあります。
いおり33
運転席のすぐ後ろの乗降扉は上田方面行きの際の
ワンマン運転の乗降口となっており整理券発行機が置かれています。
いおり34
車内の様子です。車端部には4人掛けのシートが、
中央部には9人掛けのロングシートが設置されています。
いおり35
9人掛けシートは座席間に仕切板が設けられており
3人づつのシートが3つ連なる形状となっています。
いおり36
別所温泉方の車端連結部付近の4人掛けシート。
いおり38
連結部付近の様子です。


いおり26
別所温泉方のクハ1100形です。
ク(制御車)ハ(普通車)ですので運転台のある車両となります。
こちらは編成略記号でTcですのでT(付随車)c(制御車)
運転台のある制御車両という意味は同じです。
こちらは東急時代には目黒方の先頭車両でクハ1000形(Tc)でした。
いおり27
別所温泉方車端の運転台付近の様子です。
運賃箱やその上の液晶ディスプレイは上田電鉄への譲渡時に増設されたものです。
いおり28
ワンマン運転用の運賃箱は2008年(平成20年)の上田電鉄入線時には
置き換えた7200系のものを転用していましたが、
順次更新されて現在では新しい型のものに交換されています。
いおり29
3ドアのうち一番運転席寄りの乗降口には
ご覧の整理券発行機が備え付けられています。
こちらも上田電鉄譲渡の2008年(平成20年)に増設されました。
いおり30
車内はロングシートとなっており、
中央部は9人掛けシートとなっています。
いおり31
上田方の連結部付近では片側のみ4人掛けシートがあり、
反対側はフラットな床の車椅子スペースとなっています。
東急時代にはここにも椅子がありましたが
上田電鉄への譲渡の際に撤去されてバリアフリー化され、
壁面にヒーターも増設されています。

【写真撮影:2020年3月】

でんこの元ネタ
■No.84 汐入みそら(Shioiri Misora)
 ■タイプ:サポーター
 ■誕生日:4月15日

■出身駅: 京浜急行電鉄 本線 汐入駅(神奈川)
みそら02


みそら39
こちらは汐入駅の駅舎の外観です。
駅は1930年(昭和5年)に湘南電気鉄道として開業したもので、
開業時の駅名は横須賀軍港駅でした。

その後1937年(昭和12年)に日中戦争が始まるなど戦時体制が強化されると
防諜上の理由から軍由来の駅名が全国で改称される事となります。
その為横須賀軍港駅も1940年(昭和15年)に横須賀汐留駅へと改称。
現在の汐入駅となったのは戦後の1961年(昭和36年)に
駅所在地の町名改正に伴ってのものでした。
みそら40
こちらは駅の西側に広がる駅前広場を俯瞰で見たものです。
鉄道の高架をくぐる、東西に走る市道に面して駅前ロータリーが設けられています。
みそら42
時計回りの一方通行となっているロータリーには
バス停や車寄せ、そしてタクシープールと乗降場があります。
みそら43
駅前ロータリーの出入口付近の市道の様子。
「汐入駅前広場」という名前の信号の交差点となっています。
みそら44
その目の前に建っている大きな建物は「ベイスクエアよこすか」で、
横須賀芸術劇場やホテルなどがある横須賀市の複合施設ですが、
元々は海軍下士官兵集会所のあった場所でした。
みそら45
戦後は米軍に接収されて米海軍下士官兵集会所(Enlisted Men's Club)として
使われていましたが1983年(昭和58年)に米軍から返還。
横須賀市による再開発によって1993年(平成5年)に複合文化施設エリアとなりました。
現在では建物の裏手の一角に石碑が置かれています。
みそら46
駅ロータリー前の市道から、駅と反対の北西側を見ると
50mほど先に大きな歩道橋があるのが見えます。
みそら47
この歩道橋は本町三丁目という交差点に架かっているもので、
その下には国道16号が走っています。
みそら48
歩道橋を渡って国道16号を駅の反対側へと渡ると
西側にはご覧のヴェルニー公園の入口があります。
みそら49
横須賀本港に面して1946年(昭和21年)に臨海公園として作られた公園で、
目の前には米軍横須賀海軍施設があり軍艦や空母などが見えます。
みそら50
2001年(平成13年)にフランス式庭園にリニューアルした際に、
横須賀の海軍施設建設を指導したフランス人技師レオンス・ヴェルニーの名を冠して
ヴェルニー公園へと名前が変更されました。
みそら51
東西およそ500mほどの長さのあるヴェルニー公園ですが、
汐入駅とは反対側の公園西端にはJR横須賀駅があります。
みそら52
公園内にある園内案内図です。

みそら92
こちらはヴェルニー公園の北側、ベイスクエアよこすかとは
国道16号を挟んだ反対側の、本町三丁目交差点の西側付近の光景です。
駅からの市道の突き当たりにあるこの場所は
かつての横須賀海軍工廠の跡地で長らく横須賀のシンボルだった場所です。
海軍の造船所は戦後米軍に接収されたものの1959年(昭和34年)に返還。
住友重機械の旧浦賀工場となって青函連絡船など数多くの造船がされました。

オイルショック不況などにより1978年(昭和53年)に造船所が閉鎖されると
ダイエーが土地を取得しショッピングセンターを建設。
1991年(平成3年)にショッパーズプラザ横須賀が誕生しました。

2016年(平成28年)に施設はイオンへと継承されており、
現在はCoaska Bayside Stores(コースカベイサイドストアーズ)として
改修工事が行われ2020年(令和2年)4月に開業予定となっています。

みそら53
こちらは米海軍下士官兵集会所(EMクラブ)跡であるベイスクエアよこすかの、
駅と反対側の北側の裏手付近の光景です。
みそら54
この路地が通称「どぶ板通り商店街」です。
日本のジャズの聖地であったEMクラブから米国海軍ベースまでの間の
この通りは米軍兵士も数多く立ち寄る商店街でスカジャン発祥の地とされ、
アメリカテイストに溢れる商店街として栄えました。
みそら55
ベトナム戦争以降は米兵の数こそ減ったものの、
アメリカと日本の文化が融合した街は今でも観光地として
多くの人が訪れる街となっています。
みそら59
側溝の蓋にはトランペットが。
みそら60
EMクラブ跡からおよそ400mのどぶ板通りは
こちらの県道26号横須賀三崎線(三崎街道)が終端となっています。

みそら56
駅前ロータリーへと戻り、前の市道を東へと進んで
京急の高架をくぐります。
みそら62
高架橋の東側はこの地区の古くからの街がある地区で、
歩道にはアーケードがあって商店街となっています。
みそら57
反対側から見た駅前の高架橋付近。
みそら58
高架の手前にはご覧の汐入駅の東側の入口があります。
みそら61
駅入口のすぐ目の前の信号はT字の交差点となっており、
線路に沿った北西側にはおよそ120mほどの汐留通りが延びています。
みそら63
汐留通りを40mほど進んで駅側を見ると
ガード下が駅の駐輪場となっています。
みそら64
駐輪場を抜けたガードの反対側は
ちょうど駅前ロータリーの北東角に。
みそら65
汐留通りに戻って北へと進むとまもなく丘に突き当たります。
丘の上には緑ヶ丘女子高の校舎があります。
みそら66
高校のある丘の下はちょうど汐入駅のホーム北端付近であり、
汐留通りの終端のすぐ脇には線路をくぐるガードがあります。
ガードを抜けるとベイスクエアよこすかの裏手へと出ます。
みそら68
切り返して反対の西側から見たガード付近。
みそら69
汐留通りの「汐留」という地名は汐入駅のある場所の旧町名であり
旧駅名の横須賀汐留駅の由来でもあります。
1961年(昭和36年)に町名が改正されたことで汐入町となって
汐留の名前は無くなっていますが、山側の古い街には今でも汐留の旧町名が残っています。


みそら70
再度駅前のロータリーの広場へと戻ります。
みそら41
駅舎の入口から改札前のコンコースへ。
改札は一ヶ所でコンコースの中央にあり、
東西の通路両端から駅の外へと出る事ができます。
みそら71
コンコース東端にあるコンビニ。
京急ストアが運営しており、元々は駅売店として構内にありましたが
2017年(平成29年)に改札外のこの場所へと移されています。
みそら72
コンコース東側の光景。
自動券売機があるのもこちら側です。
みそら73
改札の正面付近。
広告や案内板が集まっています。
みそら74
こちらが汐入駅の改札です。
自動券売機が並び、有人の窓口が設置されています。
みそら75
改札内に入ると正面にはホームへと上がる階段があります。
みそら76
階段左手には1番線へのエレベーターが。
みそら77
右手には2番線へのエレベーターがあり、
その奥にはトイレが設置されています。
みそら78
階段から見た改札前です。
みそら79
改札正面の階段を登るとすぐに中二階があって
1番線ホームと2番線ホームへの通路を連絡しています。

みそら80
こちらが1番線ホームです。
汐入駅は相対式ホーム2面2線の駅となっており、
こちらの1番線は下り線の浦賀方面行きとなります。
みそら81
浦賀方のホーム北東端にある京急21号トンネル。
みそら82
ご覧の通り京急21号トンネルは丘の上にある
緑ヶ丘女子高の校舎の真下を通過しています。

みそら83
1番線は駅の西側、横須賀港のある海側に位置しています。
ホームの裏側には再開発が行われた駅前ロータリーがあります。
みそら84
地上駅ですがホームの大半が盛土の上にあることから
構造としてはほぼ高架駅のような造りとなっています。
みそら85
品川方に見える京急20号トンネル。
駅はトンネルに挟まれた間に設けられています。
みそら91
ホーム上にはベンチが置かれていますが
仕切られた待合室のようなものは置かれていません。


みそら86
こちらは2番線ホームの様子です。
上り線の品川方面行きの列車が停まるホームとなります。
みそら87
駅の東側の山側にあるホームで、
裏手には旧汐留の町内の住宅が広がっています。
みそら88
ホーム東端の浦賀方の光景。
みそら89
高校の下にある21号トンネルの長さが表示されていました。
駅付近のトンネルは1930年(昭和5年)の路線開業時に作られたものです。
みそら90
ホームには鉄骨スレート造りの屋根の上屋が設けられています。



■モデル車両: 京浜急行電鉄新1000形電車(1次車・2次車)
みそら01

かつて京急では1959年(昭和34年)に登場した1000系は
車両製造数356両と一時は京急保有車両の過半数を占め、
通勤形車両として51年にわたって昭和そして平成の時代を走った
京急の代名詞とも言える電車です。

その旧1000系も長年の運用によって老朽化が進み、
置き換えの車両として2002年(平成14年)より登場したのが新1000系となります。

旧1000系と新1000系は共に名称は「京急1000系」ですが、
2010年(平成22年)まで8年ほど同時に運用されていた時期がある為
新しい1000系電車は区別の為に「新1000形」と呼称
されています。


車体は京急バーミリオン(    )をベースとして
白(    )とのツートンカラーとなっており、
基本的に京急の車両はみなこの配色となっています。
みそら37
新1000系をモチーフとしている駅メモのでんこの汐入みそらの
コスチュームを見ると車体と同じ京急カラーのツートンとなっています。
みそら38
また汐入みそらのスカートの腰まわり部分を見ると
車両の前照灯と標識灯と同じ形をしています。


新1000系の運用開始日は2002年(平成14年)4月15日となります。
駅メモのでんこの汐入みそらの誕生日が4月15日に設定されているのは
この新1000系の営業運転開始日が元ネタであると考えて良いでしょう。

(上動画はクリックで再生します)
こちらは新1000系1033編成の発車シーンです。
音を聞くと発車時に「ドレミファソラシドー」と音階を刻んでいるのが分かります。
(※註:実際の音階は「ファソラシドレミファソ」)
これはドイツ・シーメンス社製のインバータ、通称「ドレミファインバータ」と呼ばれるもので
好事家には「歌うインバータ」などとも呼ばれています。

電車を加速させるときにはモーターに電流を流しますが、
この電流を流す量を適切に調節するのが「制御器」という装置です。
「VVVFインバータ制御(可変電圧可変周波数制御)」という装置を用いて制御をしていますが、
この時モーターからゆがみによる振動で「磁励音(じれいおん)」というノイズが発生します。

この磁励音をシーメンス社の技術者が耳障りにならないように調整し、
遊び心も加わって音階を刻んでいるのがドレミファインバータとなります。
みそら03
京急の車両で使われているドレミファインバータは
「GTO-VVVFインバータ」というもので、
1998年(平成10年)に導入された京急2100系の8両編成10本、
そして2002年(平成14年)に導入された京急新1000系の1次車(8両編成3本・4両編成2本)、
2003年(平成15年)導入の新1000系2次車(8両編成2本・4両編成2本)が
このドレミファインバータを搭載している編成でした。
みそら04
【上写真:京急2100系】
最初にドレミファインバータを搭載した2100系は
コストダウンと車両性能の向上を目的として外国製機器を数多く搭載しており、
インバータにドイツ・シーメンス社のドレミファインバータが
採用されたのもその一環としてでした。
そして2100系の運用での試験データを反映させて改良されたインバータが
新1000系でも引き続き採用されたという流れとなります。

ちなみに新1000系の3次車から5次車もシーメンス社製のインバータを使用していますが、
IGBT-VVVFインバータという物を使っているためドレミファと歌いません


そして外国製機器を採用したが故のデメリットとして
製品故障時の保守に関しての外国メーカーと日本メーカーの
対応姿勢の違いの顕在化
がありました。

故障に関してその原因究明などまできめ細かく行う日本メーカーに対して
外国メーカーは保障期間内での部品交換が基本であり、
また対応は日本から離れた本国で行われるなどという状況でした。
日本製の機器とは仕様が異なる点があるなども理由となり、
結果として車両更新時にインバータは日本製のものに順次交換されていきました。


最初にドレミファインバータを採用した京急2100系では
現在は全ての編成で日本製のものに換装されています。
そして京急新1000系1次車、2次車でのインバータの状況は以下の通りです。

◆新1000系1次車
 ■1001編成(8両編成)・・・2017年(平成29年)9月更新
 ■1009編成(8両編成)・・・2019年(平成31年)2月更新
 ■1017編成(8両編成)・・・2019年(平成31年)12月更新
 ■1401編成(4両編成)・・・2016年(平成28年)3月更新
 ■1405編成(4両編成)・・・2010年(平成22年)2月更新
◆2次車
 ■1025編成(8両編成)・・・2019年(令和元年)7月更新
 ■1033編成(8両編成)・・・ドレミファインバータ車
 ■1409編成(4両編成)・・・2018年(平成30年)8月更新
 ■1413編成(4両編成)・・・2018年(平成30年)12月更新


更新された新1000系のインバータは東芝製IGBTへと置き換わっており、
現在「歌う電車」は1033編成のみとなっています。
GTOサイリスタの製造終了や独シーメンス社の日本市場撤退などという状況や、
他の新1000系の更新のペースなどを鑑みても、
今すぐ京急から歌う電車が消えてもおかしく無い状況であると言えます。

みそら05
新1000系をモチーフとしている駅メモのでんこの汐入みそらは、
「音楽に関することが好きで、特に作曲が大好き」と設定されています。
これは「歌う電車」をモチーフにしていることは明らかであり、
シーメンス社のドレミファインバータを搭載している電車こそが
汐入みそらの元ネタ
であるということになります。
右手に譜面を持っているのもドレミファインバータがモチーフと考えて良いと思われます。

そしてそう考えた場合、現在走っている汐入みそらの元ネタ車両は
京急新1000系1033編成の1編成のみ
ということとなります。



そんな音楽でんこの汐入みそらの元ネタのドレミファインバータは
現実の世界でも数多くのアーティストにフィーチャーされています。

こちらはくるり「赤い電車」という曲です。
京急側からの依頼で作られたタイアップによる京急テーマソングとなります。
ボーカリスト兼ギタリストの岸田繁は鉄道雑誌で連載を持つほどの
鉄道ファンとして知られており、この曲は前奏にドレミファインバータの音が取り入れられています。

こちらは鉄道モチーフの楽曲でおなじみのSUPER BELL"Z MOTOR MAN「京浜急行VVVF」
聞けば分かる通りドレミファインバータ車がモチーフとなっている楽曲です。

そしてこちらはGIRLS4EVERというアイドルグループ(※註:現在は解散)
「けーきゅーでいこう!~恋のロマンスシート~」という曲です。
曲中でドレミファと歌っているのはまさにドレミファインバータが元となっています。

このように現実の世界でも京急のドレミファインバータは
多くのミュージシャンにモチーフとされている
のがお分かりいただけるかと思います。



それでは京急新1000系ドレミファインバータ車について
各車両を見て行きたいと思いますが、ここでは現在唯一のドレミファ車の編成である
新1000系1033編成について見ていきたいと思います。

みそら06
こちらは浦賀方の先頭車両であるデハ1000形1033です。
デ(電動車)ハ(普通車)なのでモーターを搭載した動力車であることが分かります。
編成略記号ではMucとなっておりM(動力車)u(浦賀方)c(制御車)となります。
運転台のある制御電動車の意味となりますが
浦賀寄り車両であることを記載しているのが京急独自となります。
みそら14
車内客室の様子です。
浦賀方車端の運転台すぐ後ろには2人掛けの短いロングシートがあります。
みそら15
浦賀方の乗降扉の山側すぐ隣はご覧の様に座席の無い部分がありますが、
これはバリアフリー対応の車椅子スペースです。
みそら16
中央部はバケットタイプの8人掛けロングシートとなっており、
途中に仕切り板があって3人掛けと5人掛けに仕切られています。
みそら17
そして品川方の車端の連結部付近はボックスシートとなっており、
乗降デッキ側には補助シートが設けられています。
このボックスシートのモケットは青色となっており、
窓には優先席のステッカーが貼られていました。


みそら07
浦賀方の2両目となるサハ1000形1034です。
サ(付随車)ハ(普通車)ですので動力を持たない客車となります。
編成略記号はTpuT(付随車)p(パンタグラフ)u(浦賀方)となります。
みそら35
この車両にはご覧の様にパンタグラフが2基設置されており、
車両の端の屋根の上にシングルアーム形のものが一つづつ置かれています。
みそら36
新1000系をモチーフとしている汐入みそらの背中のパンタグラフと
実際の車両の物とを見比べると同じ形をしているのが分かります。
みそら18
浦賀方車端のボックスシート席。
この席も青色モケットで優先座席となっています。
みそら19
車両中央部のロングシート。
みそら20
品川方の車端部にもボックスシート席が設置されていますが
こちらはモケットが赤く優先座席とはなっていません。


みそら08
浦賀方の3両目、サハ1000形1035です。
サ(付随車)ハ(普通車)で動力の無い客車であるのは2両目と同様です。
この車両の編成略記号はTuで、T(付随車)u(浦賀方)なので
完全な客車車両であることが分かります。
みそら21
浦賀方の車端付近のボックス席です。
赤いモケットの通常シートとなります。
みそら22
客室中央のロングシート部分。
みそら23
品川方のボックスシートは青いモケットの優先座席となっています。


みそら09
そしてこちらが浦賀方4両目のデハ1000形1036となります。
デ(電動車)ハ(普通車)でモーターのある動力車です。
編成略記号でもMuとなりM(動力車)u(浦賀方)で動力車の意味となっています。
みそら24
客室内は、浦賀方の車端のボックス席は青い優先座席なります。
みそら25
中間車両ですので中央はロングシートで
両端がボックスシートとなっているのは他の車両と同様です。
みそら26
品川方の普通座席の赤いボックスシート。


みそら10
続いては浦賀方5両目、品川方からは4両目のデハ1000形1037です。
この車両もデ(電動車)ハ(普通車)で動力車となっています。
編成略記号はMsとなっておりM(動力車)s(品川方)となります。
みそら32
浦賀方車端のボックス席は普通座席で、
反対の品川方が優先座席のボックス席となります。
中央部はご覧の通りロングシートが。
みそら33
品川方の優先座席付近の様子です。


みそら11
こちらは品川方3両目のサハ1000形1038です。
サ(付随車)ハ(普通車)ですので自走できない客車車両となります。
編成略記号ではTsとなりT(付随車)s(品川方)となります。
みそら31
この車両は浦賀方のボックスシートが青の優先座席、
品川方が赤の普通座席となっています。


みそら12
品川方2両目となるサハ1000形1039です。
サ(付随車)ハ(普通車)であるのは他の車両と同様です。
またこの車両の編成略記号はTpsで、T(付随車)p(パンタグラフ)s(品川方)となります。
みそら34
パンタグラフは車両の両端の屋根の上に計2基、
シングルアーム形のものが搭載されています。
みそら30
車内の様子です。
ボックス席は浦賀方が普通座席の赤、品川方が優先座席の青です。
その間には他の車両同様にロングシートが置かれています。


みそら13
そしてこちらは品川方の先頭車両であるデハ1000形1040です。
デ(動力車)ハ(普通車)でありモーター搭載の車両となります。
編成略記号はMscとなっておりM(動力車)s(品川方)c(制御車)となり、
運転台のある制御電動車という意味となっています。
みそら27
客室内の様子です。
先頭車両ですので品川方の運転台すぐ後ろの座席は短いロングシートです。
そして運転席側のロングシート海側の座席が短くなっており、
車椅子が停まれるバリアフリースペースとなっています。
みそら28
浦賀方の連結部側のロングシートはご覧の通り
優先座席となっています。
みそら29
ボックス席の背もたれ裏側にある補助席のランプです。
運転席でロックが掛けられるそうで、空いている時間には
解除されてランプが点灯し、座る事ができるようになります。


【写真撮影:2020年3月】

でんこの元ネタ
■No.78 海部なる(Kaifu Naru)
 ■タイプ:アタッカー
 ■誕生日:3月26日

■出身駅: 阿佐海岸鉄道 阿佐東線 海部駅(徳島)
なる01

海部駅の開業は1973年(昭和48年)10月で、
当時の国鉄牟岐線の牟岐駅━海部駅間の延伸によって終着駅として開業しました。


元々は改正鉄道敷設法の別表第107号による
「高知県後免ヨリ安芸、徳島県日和佐ヲ経テ古庄附近ニ至ル鉄道」の一部という
鉄道敷設の計画があり、1942年(昭和17年)には国鉄牟岐線として牟岐駅までが開業しています。

そして牟岐駅から西の区間は阿佐線として1959年(昭和34年)に建設線に昇格。
1964年(昭和39年)3月に発足した日本鉄道建設公団(鉄建公団)が建設を進めることなります。

こうして1973年(昭和48年)に牟岐駅━海部駅間 (11.6km)が開業。
既にあった牟岐線に組み込まれて海部駅が牟岐線の終着駅となります。

翌年の1974年(昭和49年)には海部駅より西の区間の工事が阿佐東線として着工。
1980年(昭和55年)2月には海部駅から宍喰駅までの区間でレール敷設までが完了します。
しかし同年10月に国鉄再建法の施行によって阿佐東線の工事が凍結
甲浦駅までの区間がほぼ完成した状態で線路は宙に浮く事となりました。


そして8年後の1988年(昭和63年)に
徳島県などが阿佐東線の第三セクター会社での引き受けを決定。
阿佐海岸鉄道が設立されて工事が再開され、
1992年(平成4年)3月26日に海部駅━甲浦駅間が阿佐海岸鉄道阿佐東線として開業をしました。
これによって海部駅はJR牟岐線と阿佐海岸鉄道の接続駅となります。

ちなみに駅メモのでんこ「海部なる」の誕生日が3月26日に設定されていますが、
これは阿佐海岸鉄道の開業日が元ネタとなっていると思われます。


なる25
こちらは海部川に架けられた国道55号線の新海部川橋です。
1968年(昭和43年)に国道付け替えによって架橋されました。
現在は標識では海部大橋と書かれています。
なる27
国道の海部大橋の上流側に並んで架かっているJR牟岐線の海部川橋梁。
なる26
海部大橋の南東側のたもとには海陽町役場海部庁舎の建物があります。
なる28
その役場の庁舎の南東側すぐ目の前には
国道と県道298号上皆津奥浦線との分岐があります。
なる29
この県道と国道の分岐の交差点の南側角を見ると、
JR牟岐線の線路に構造物のみのトンネルが見えます。
このトンネルは町内トンネルというトンネルで、
1973年(昭和48年)の国鉄牟岐線の牟岐駅━海部駅間の延伸で設けられました。

開業時には小山を抜ける普通のトンネルでしたが、
おりしもトンネル周辺では宅地開発工事が進んでおり
トンネルの地山も造成で削られていました。
なる30
結果開業から3年後の1976年(昭和51年)ごろには
トンネルまわりの土は完全に削り取られ、構造物のみが剥き出しとなりました。
かくして全長44mの短いトンネルは「意味の無いトンネル」として
好事家の間では有名なトンネルとなったのです。
なる31
造成によって山が削られた場所付近にはご覧のように家が並んでいました。
なる32
トンネル脇の国道55号線はご覧の様に切り通しとなっています。
国道はトンネルの5年前に開通していますから、
先にできた国道に合わせてトンネルの地山が削られ造成されたのでしょう。

なる33
トンネル脇の切り通しから130mほど南東の高知方面へと進むと
ご覧の信号のある交差点があります。
なる34
この国道55号線の交差点の南西80mほどに駅があり、
いわばこの交差点は駅への入口となっています。
なる35
交差点の南西側の先はゆるやかな登り坂となっています。
この先は太平洋岸へと出て高知方面へと向かっています。
なる36
切り返して西側からみた駅入口の交差点付近。
なる37
交差点の東側角には寂れた感じの食堂がありました。
なる38
俯瞰で見た交差点付近の光景です。
南側は700mほどで鞆浦港があり、その先には太平洋が広がっています。
なる39
国道と駅とを連絡している道路です。
中央部にあるのは鞆浦港まで流れている川で、
その両側にそれぞれ道路が併走しています。
なる40
こちらが海部駅の駅舎の外観です。
1973年(昭和48年)に開業した駅は路線と共に
全国で高規格の鉄道路線を敷設した鉄建公団によって作られ、
四国初の高架駅として誕生しました。
その為駅のホームも町道を跨いだ高架上に設けられています。
なる41
ちょうど駅の入口前付近の川には橋が架けらられていて
往来ができる様になっています。
なる42
駅前にはご覧の小さな駐車場のような駅前広場が設けられていました。
なる43
広場から見た駅舎一階部分の正面です。
なる44
こちらはホームへと上る階段のふもと付近です。
階段入口に設けられた上屋は1992年(平成4年)の
阿佐海岸鉄道の開業時に改築されて現在の形となりました。
なる45
JR時代には券売窓口と駅事務所のあった場所ですが、
阿佐海岸鉄道が開業すると駅は簡易委託化。
そして1995年(平成7年)に海部町観光案内所が置かれ発券業務も委託されていました。
2015年(平成27年)には観光案内所は移転し、改装されて現在では
「あまべの杜」という青少年交流施設が入居しています。
なる46
階段前で目を引くのがこちらの「開通記念之碑」です。
阿佐海岸鉄道の開通を記念し、海部出身の自民党代議士の
森下元晴・元厚相の揮毫によって1993年(平成5年)に建てられたものです。
なる47
その横の階段脇にはご覧の観光案内の地図が。
なる48
さらに奥へと進むと地図の裏手に駅舎一階部分への入口があります。
なる49
入口を中へと入ると、通路には駅のトイレと
一階部分への入口の扉があります。
なる50
駅舎一階の中をのぞくと交流施設の
備品が置かれているのが見えました。
ここはJR時代には駅舎の待合室や券売窓口のあった場所となります。
なる51
表の階段下へと戻り、町営バスの停留場のバスポール。
運行本数はご覧の通りです。
なる52
ホームへと上る階段を下から見上げた光景です。
鉄建公団が鉄道を建設した当時はバリアフリーの概念が無かった為、
高架駅にエレベーターもエスカレーターも無い例が全国で散見されますが
この駅も例に漏れず高架ホームへ昇る手段は階段のみとなっています。
なる54
階段を登りきったホーム入口付近の光景です。

なる53
こちらが東の駅舎側にある海部駅の1番線ホームとなります。
この駅は相対式ホーム2面2線ですが、
JR牟岐線の終点駅ですので1番線はJR西日本仕様の駅名標となっています。
なる55
ホームから甲浦方面への線路はつながっていますが、
JRの列車は全てこの駅で停まって折り返しとなります。
なる56
1973年(昭和48年)の駅開業時には駅にはこの1番線のみしか無く、
国鉄牟岐線の終着駅として単式ホーム1面1線の駅だったそうです。
反対側の2番線ホームは阿佐海岸鉄道の敷設時に増設されたものです。
なる57
こちらはホーム同士を連絡する構内踏切です。
先ほど述べたように高架線に新たにホームを増設したのですが
連絡通路を作るには予算が厳しかった為に作られたものです。
地上ではよく見る構内踏切ですが高架線上では非常に珍しいと言えます。
なる58
構内踏切から見た駅構内。
なる59
列車が停まるとご覧の光景となります。
なる60
駅の西側に位置する2番線ホームです。
こちらのホームの駅名標は阿佐海岸鉄道の仕様となっています。
なる61
中ほどにはガラスで囲まれた待合室が。
なる62
ホーム南端の先に見えるのは奥浦トンネルで
阿佐海岸鉄道に乗り換えると最初にくぐるトンネルとなります。
なる63
阿佐海岸鉄道の開業で増設されたホームは
実質的に阿佐海岸鉄道の専用ホームとなっており
甲浦方面からの列車がこのホームで折り返して運行しています。


なる82
駅前へと戻り、駅下の高架を西へとくぐると
左手に駅の駐輪場があります。
なる83
高架の先はすぐ突き当たりでご覧の料理店の建物があります。
駅の裏手となる西側は山が迫っているため
ご覧の通り集落内の狭い道が伸びているのみです。
なる84
裏手の北側へは道路が線路と併走して延びており、
その先は町内トンネルの地山を削った造成地があります。
なる85
裏手から見た海部駅。



■モデル車両: 阿佐海岸鉄道 ASA-100形気動車
なる64

ASA-100形気動車は1992年(平成4年)3月に
阿佐海岸鉄道阿佐東線が開業した際に新規製造された車両となります。
開業時に阿佐海岸鉄道が保有していたのは
ASA-100形が1両とASA-200形が1両の計2両でしたので、
このASA-100形は1両しか存在しないということになります。

ASA-100形の運行開始日は1992年(平成4年)3月26日ですが、
これは上でも書いた通り阿佐海岸鉄道の路線自体の開業日でもあり、
すなわち駅メモのでんこ「海部なる」の誕生日と同日でもあります。

なる17
【上写真:土佐くろしお鉄道TKT-8000形気動車】
車両製造は新潟鐵工所によるもので、
土佐くろしお鉄道TKT-8000形をベースに作られているので
基本的な構造はTKT-8000形とASA-100形は同一
となっています。

なる66
こちらがASA-100形の外観となります。
並べてみると土佐くろしお鉄道TKT-8000形とそっくりなのが分かると思います。
ディーゼルエンジンを搭載した気動車で車体はステンレス製となっています。
なる65
車体に描かれた赤(    )、青(    )、緑(    )のカラーリングは
室戸阿南海岸国定公園の美しい海岸線と
太平洋の打ち寄せる波と砂浜をイメージ
しています。

【上動画はクリックで再生します。】
こちらはASA-100形の入線の様子です。
なる70
ASA-100形をモチーフとしている駅メモのでんこの海部なるを見ると
車体のカラーリングと同じ色を衣装にあしらっているのが分かります。
なる67
そして一両のみしか作られなかったASA-100形には
ご覧の通り「しおかぜ」の愛称がつけられています。
なる68
ヘッドマークは甲浦方に「あさちゃん」、海部方に「てっちゃん」の
二種類の伊勢えびのキャラクターが描かれています。
なる69
これは阿佐海岸鉄道の宍喰駅の改札前にある、
水槽の駅長室にいる二匹の伊勢えび駅長にちなんだものです。
なる71
なるの頭に付いている筒のような髪飾りは
信号炎管という運転席上の屋根にある保安部品がモチーフです。
気動車にはパンタグラフがありませんので
代わりに屋根の上で目立つこの信号炎管がつけられたのでしょう。
なる72
また衣装のトップスのバスト下のデザインは
車両前面にある前照灯と標識灯をモチーフとしているのが
並べてみると良く分かります。

なる73
車内の様子です。
セミクロスシート車両となっており、車両の両端部の座席はロングシート、
中央部の座席は転換クロスシートとなっています。
なる74
車両の中央部にある転換クロスシート席。
2+2席が5列で計20席分があります。
なる75
そして客室の両端部にはロングシートが。
ロングシート席は計30席分となっており、
車両全体では座席は合計50席となっています。
なる76
車端部の様子です。
運転台は左側にあり、前面部には貫通扉があります。
乗降口は左右に折り戸式のものが設けられています。
なる77
ワンマン運転用の運賃箱と乗車証明の発行機はご覧の通り
カバーがかけられて使われていませんでした。
料金の精算は運転士と直接受け渡しをする様で、
運賃箱は運転席の扉としてのみの役割となっていました。
なる79
また、ASA-100形は両車端部に運転台があり基本的には同じ形ですが、
海部方と甲浦方で若干の形状の違いがあります。
甲浦方の車端にはご覧のTVモニターが設置されています。
また運転席後部のパイプスペースと思われる出っ張りの脇には
細長い両替機がありました。
なる78
一方のこちらは海部方の車端部ですがTVモニターは無く、
代わりに運転台後ろのパイプスペース下部は棚状になっていました。
なる80
天井を見ると空調の吹き出し口が。

なる23
また阿佐海岸鉄道では利用促進策に積極的で、
定期的に列車に装飾を施す列車を走らせるなど
「お金をかけずにできるアイデア」を実施しています。
こちらは私が訪れた2017年(平成29年)夏に実施していた「天の川列車」。
トンネルの多い阿佐東線の特性を生かし天井をLEDで埋め尽くしています。
なる81
こちらは2020年(令和2年)2月に実施していた「吊るし雛列車」の様子です。


なる24
そして阿佐海岸鉄道では2020年度(令和2年)の営業運行開始を予定して
DMV(Dual Mode Vehicle、デュアル・モード・ビークル)の準備が進められています。

このDMV導入によって阿佐海岸鉄道の阿佐東線は全線がDMV専用路線に転換され、
JR四国と阿佐海岸鉄道の会社境界が海部駅から阿波海南駅へと変更、
阿佐東線とJR牟岐線のレールも分離される予定なのだそうです。

全線がDMV化される阿佐東線は鉄道用の信号機も撤去してスタフ閉塞に切り替えるそうで、
これによって従来の鉄道車両が走る事はできなくなります
どのような影響がこれによって生まれるのかというと、
でんこのモデルとなったASA-100形の車両が不要となるということです。

不要となったASA-100形の車両は運が良ければ
他社への車両譲渡や静態保存などの道もありますが、
引き取り先が無ければ廃車解体への道をたどる事も十分に考えられます。
つまり、せっかくでんこのモデルとなった車両が
最悪あと1年で見られなくなる可能性がある
という事です。


ASA-100形と同じ1992年(平成4年)3月26日に導入されたASA-200形は
その導入日から「海部なる」のモチーフの一つの可能性がある車両なのですが、
2008年(平成20年)6月の車庫での脱線事故によって廃車解体となり
現在ではその姿を見ることはできません。

ですからASA-100形も営業運転をしている今見ておかないと
遠くない将来に見ることができなくなる
と思われます。
なので今のうちに一度は阿佐海岸鉄道を訪れてASA-100形に乗車される事をお勧めします。

【写真撮影:2020年2月】

でんこの元ネタ
■No.86 蓮台寺ミナト(Rendaiji Minato)
 ■タイプ:トリックスター
 ■誕生日:3月10日

■出身駅: 伊豆急行 伊豆急行線 蓮台寺駅(静岡)
ミオ02


ミナト56
駅メモのでんこである蓮台寺ミナトは
2019年(令和元年)12月1日にNo.86としてリリースされました。
ミナト57
苗字の蓮台寺から分かる通り、蓮台寺ミオ(No.36)、蓮台寺ナギサ(No.72)に続いて
蓮台寺姉妹の3人目として登場しています。

ミナト58
蓮台寺ミナトの由来駅である伊豆急行の蓮台寺駅については
すでに蓮台寺ミオとナギサの紹介時に記していますので以下をご参照下さい。

参考
でんこの元ネタ ■No.36 蓮台寺ミオ(Rendaiji Mio)■No.72 蓮台寺ナギサ(Rendaiji Nagisa)
http://stationmemories.blog.jp/archives/34201942.html




■モデル車両: 伊豆急行 2100系電車 R-4編成 黒船電車
ミナト01

伊豆急の2100系電車は「リゾート21」の名前を持つ列車です。
普通列車ながら、海側の座席が外側に向かった展望席となっており、
通常配置の山側座席とは左右非対称となっています。
この左右非対称の座席配置はリゾート21が日本の先駆けであり、
以後の日本の観光列車へ大きな影響を与えています。

また前後の先頭車両には展望席が設けられており、
運転席と客席との仕切りを無くして前面展望を確保しています。

1985年(昭和60年)にR-1編成、1986年(昭和61年)にR-2編成が落成し
運行を開始していますが、この2編成は制御装置や主電動機などが
伊豆急の普通列車車両だった100系から流用していました。

そして1988年(昭和63年)にできたR-3編成(現在のキンメ電車)からは
完全な新製車両としてつくられています。


ミナト02
続いての1990年(平成2年)2月2日にR-4編成が落成
「リゾート21の決定版」として「リゾート21EX(エクストラ)」と名づけられました。
運転開始当初はご覧の海側が青、山側が赤の
リゾート21のオリジナルカラーリングで運行していました。

そして1993年(平成5年)にR-5編成(現在のTHE ROYAL EXPRESS)が運転を開始。
以上で伊豆急2100系のリゾート21の全ての編成が出揃っています。

ミナト03
(上画像:黒字・車両落成年、赤字・現在バージョンへの変更年)
蓮台寺ミナトの登場によってミオ、ナギサ、ミナトと
蓮台寺を苗字とするでんこは三姉妹となりました。
設定ではミオ(長姉)ミナト(次女)ナギサ(三女)となっています。

しかし元ネタ車両自体の古さでは
 ナギサ(R-3)>ミナト(R-4)>ミオ(R-5)
駅メモ登場時の姿では
 ミオ(アルファリゾート21)>ミナト(黒船)>ナギサ(キンメ)
となります。

ですので姉妹の順は駅メモ登場時の姿であると考えて良い様子ですが、
次女のミナトが三女のナギサを「姉さん」と呼ぶのは実際の車齢からなのでしょうか。


#470 伊豆急行 リゾート21 新旧黒船電車 2006.3.19-1
#470 伊豆急行 リゾート21 新旧黒船電車 2006.3.19-1 posted by (C)Archives1380


もともと黒船電車はリゾート21のR-1編成が
下田開港150周年を記念して2004年(平成16年)に
黒船を模した黒色に塗装されリニューアルされたものです。
ミナト62
しかし全線が伊豆半島の東縁の海岸線を走るという伊豆急の特性から
潮風による塩害の影響などで車体の腐食が進み老朽化。
初代黒船電車のR-1編成は2006年(平成18年)3月10日に
わずか16年で定期運行を終了
します。

黒船電車はR-4編成がその塗色を引き継いで二代目黒船電車として運行を開始。
これが蓮台寺ミナトのモチーフ車両となっています。
この蓮台寺ミナトの誕生日が3月10日であるのは初代黒船電車の運行終了日、
すなわち二代目黒船電車が引き継いだ日
ということで間違い無いと思われます。


それでは黒船電車の各車両について見ていきたいと思います。

ミナト04
まずは伊豆急下田方の先頭車両である1号車のクハ2150形2158です。
ク(制御車)ハ(普通車)ですので運転台のある客車となり
モーターなど動力は搭載していない車両であることが分かります。
ミナト05
乗降デッキの様子です。
この黒船電車では先頭車両のみ乗降扉が車両中央付近に設けられています。
ミナト06
デッキから伊豆急下田方にはご覧の展望室があります。
ミナト07
2+2席の座席が6列並ぶ展望室は劇場をイメージして
階段状の段差がついたパノラマシートとなっており、
また運転室の壁を無くして良好な前面展望を確保しています。
座席は海側が青、山側が赤のモケットとなっています。
ミナト08
展望室の先にある運転台の様子です。
窓にR-4と書かれているのが見えます。
ミナト09
デッキから戻り伊東方の車両後方へ。
ミナト10
伊東方の車両半分は通常の客室となっています。
乗降デッキのすぐ脇にボックス席がある他は
海側は窓に向かって椅子が設置されており合計で27席が設けられています。
座席モケットは赤で統一されていました。
ミナト16
1号車のテーマは「黒船と下田の歴史」
黒船ゆかりの史跡や人物の紹介が書かれています。


ミナト11
伊豆急下田方の二両目となる2号車のモハ2100形2113です。
モ(電動車)ハ(普通車)ですのでモーターを搭載した客車となります。
ミナト12
屋根の上には下枠交差式のパンタグラフが搭載されています。
駅メモのでんこの蓮台寺ミナトの背中を見ると同じ形であることが分かります。
ミナト13
2号車の伊豆急下田方の乗降デッキの様子です。
ミナト14
客室内はご覧の通りです。
両端にボックスシートが配置され、中央部海側には展望シートを配置。
山側は一人掛けのボックス席が並んでいます。
ミナト15
座席のモケットは赤と青が半々程度に配置されています。
2号車の座席数は合計で50席となります。
ミナト17
この車両のテーマは「黒船さんぽ」
下田界隈のフォトジェニックなスポットが紹介されています。
ミナト18
そしてこちらは2号車伊東方の乗降デッキです。
連結部を挟んで隣の3号車のデッキと隣り合わせとなっています。


ミナト19
こちらは伊豆急下田方の三両目のモハ2100形2117です。
モ(電動車)ハ(普通車)なので中間電動車であるのは2号車と同様です。
ミナト26
この車両にも伊東方の屋根の上にご覧のパンタグラフが乗っています。
ミナト21
3号車伊豆急下田方の乗降デッキです。
このデッキには乗降スペースの他に男女共用の和式トイレが置かれています。
ミナト22
客室内の様子です。
この車両も海側向け展望席があるのですが、二人掛けシートを半円形に配し
中央部にまるでクラブのボックス席のように置いているのが印象的です。
ミナト23
座席モケットは濃い青色で、海側両端は2人掛けボックス席、
山側は1人掛けボックス席となっています。
席数はこの車両も計50席となります。
ミナト24
3号車は「黒船おさかな図鑑」がテーマとなっていますが
他の車両で掲示のあった車内吊りのスペースには
海をイメージしたであろうデザインパターンが描かれています。
ミナト25
代わりに座席のカウンター付近などいたる所に
ご覧の様に伊豆近海の魚介類の紹介がありました。
ミナト20
3号車伊東方の乗降デッキです。




ミナト27
7両編成のちょうど中央部に位置するモハ2100形2116です。
この車両もモ(電動車)ハ(普通車)で中間電動車ですが、
屋根の上にパンタグラフは載っていません。
ミナト28
伊豆急下田方の4号車の乗降デッキは
乗り降りのスペースのみのシンプルなものです。
ミナト30
客室内の様子です。
海側両車端部に2人崖ボックスシートで中央部に展望シートを配置、
山側は1人掛けのボックスシートであるのは他車両と同様です。
ミナト31
座席モケットは赤と青の二色が配置されており、
定員はこの車両も計50席となっています。
ミナト32
4号車のテーマは「日米友好の証 黒船祭」です。
黒船祭は毎年5月に行われる下田市最大のイベントで、
ペリーの黒船来航と下田開港に際した内外の先賢の偉業をたたえて
昭和9年(1934年)から行われています。
ミナト29
こちらは4号車伊東方の乗降デッキです。


ミナト33
伊東方の三両目の5号車、モハ2100形2115です。
中間電動車のモ(電動車)ハ(普通車)となります。
ミナト39
この車両にも伊東方の屋根にパンタグラフが載っています。
ミナト34
伊豆急下田方の5号車の乗降デッキです。
乗降スペースのみとなっています。
ミナト35
車内客室の様子です。
海側の展望シートはこの車両も波型に配置されています。
ミナト36
座席のモケットは赤るいえんじ色系の赤で、
座席数はこの車両も合計50席となります。
ミナト37
5号車のテーマは「ペリーも感動!? 下田の海」となり、
伊豆急沿線の伊豆の海岸が紹介されています。
ミナト38
伊東方の5号車乗降デッキです。


ミナト40
伊東方の二両目である6号車のモハ2100形2114です。
モ(電動車)ハ(普通車)の中間電動車となります。
ミナト41
この車両も伊東方の屋根にパンタグラフがあります。
ミナト42
伊豆急下田方の車端の乗降デッキです。
デッキは広く和式トイレが設けられています。
ミナト43
客室内の様子です。
この車両の展望シートもラウンドに囲まれたボックス形となっています。
ミナト44
車端量端の海側は2人掛けボックス席、山側は1人掛けボックス席で
座席モケットはベージュ系となっています。
ミナト45
6号車のテーマは「黒船さんぽ」となっていますが
これは2号車のものと内容的には同じものです。
ミナト46
伊東方車端の乗降デッキです。
こちらは乗降のみのデッキとなっています。


ミナト47
そして伊東方の先頭車両であるクハ2150形2157です。
ク(制御車)ハ(普通車)となり運転台のある先頭車両であるのは1号車と同じです。
ミナト48
車両が1号車とは反対方向を向いていますので、
海側と山側がこの7号車と1号車では反対に位置しています。
その他の設備は基本的に1号車と7号車は同じです。
ご覧の通り海側は展望のため窓が大きく、山側は個別の窓となっています。
ミナト49
7号車の乗降デッキです。
こちらも1号車と同様に車両のほぼ中央部に乗降扉があります。
ミナト50
乗降デッキから伊豆急下田方の客室内の様子です。
こちらは海向きの展望シートと山側の1人掛けボックス席となります。
海側の2人掛けボックス席は乗降デッキ側のみにあります。
ミナト51
座席のモケットは青色で、この客室内は計27席となります。
ミナト59
この7号車のテーマは「黒船と下田の歴史」となりますが
これは1号車と同じ内容となっています。
ミナト55
乗降デッキへと戻り、今度は伊東方の展望室へ。
デッキからは一旦階段を登り、客室内で通路を下ります。
この展望室は安全面を理由として通路で立っての乗車はできません
実際には展望を妨げ見苦しいからだと思いますが。
ミナト52
劇場風に階段状に座席が配置されているのは1号車と同様です。
ミナト53
通路の入口上にはResort21EXのロゴが。
ミナト54
運転席と客室の壁を無くして前面展望を確保しているのも1号車と同様です。
上部には1986年(昭和61年)に受賞した鉄道友の会のブルーリボン賞の標章があります。
なお受賞時にはリゾート21はR-1編成のみが運行している状態でしたが、
R-1からR-5までの編成は全て伊豆急2100系のリゾート21ですので
このR-4編成にも標章がついています。


以上で黒船電車の各車両についてとなります。

ミナト60
6号車2114のパンタグラフは黒船電車となった後に
増設されたものなのだそうです。
ミナト61
また、二代目黒船電車のR-4編成は2019年(平成31年)2月に
リニューアル工事が行われており、車体横のロゴが
伊豆急から黒船電車へと変更されたのもこのリニューアル時でした。

黒地のワンピースのスカート縁に赤いラインが入っているのは
元ネタの車体色を見るとモチーフにしている事が良く分かります。

【写真撮影:2020年2月】

でんこの元ネタ
■No.43 坂出アサ(Sakaide Asa)
 ■タイプ:サポーター
 ■誕生日:7月10日

■出身駅: JR四国 予讃線 坂出駅(香川)
アサ01

坂出駅の開業は1897年(明治30年)で、
四国の地で開業した讃岐鉄道の駅として開設されました。

讃岐鉄道は山陽鉄道に買収され、1906年(明治39年)に鉄道国有法によって
山陽鉄道が国有化されたことから以後は国鉄の駅となります。
アサ02
こちらが坂出駅の北口の駅舎外観となります。
駅は1997年(平成9年)に現在の高架駅舎となりました。
デザインコンセプトは「瀬戸内の海辺をイメージ」なのだそうです。
アサ03
北口駅前にはご覧の広場が設けられており「ハナミズキ広場」と名づけられています。
アサ55
坂出市は元々瀬戸内の塩田で栄えた港町であることから
広場も綾模様で塩田を取り入れたデザインとなっています。
アサ51
この北口側の広場一帯は地上駅時代の駅舎やホーム、跨線橋などがあった場所で
敷地を駅前広場やロータリーとして整備したものです。
アサ04
こちらは広場の一角にある、坂出の塩田を拓き「塩田の父」と呼ばれる
久米通賢と入浜式塩田をあしらったレリーフです。
アサ05
またハナミズキ広場の駅舎側部分はウッドデッキの歩道となっており
「海へのいざない」を演出しているのだそうです。
アサ52
広場の東側にはロータリーが設けられており、
南側はタクシー乗降のエリア、北側には駅地下駐車場の出口があります。
アサ54
こちらが地下駐車場の出口。
駐車場は駅舎高架化で北口が整備された際に
旧駅舎と旧ホーム敷地の地下に作られたものです。
アサ06
そして市道を挟んだロータリーの向かい側にはイオン坂出店の建物が。
アサ53
このイオンの三階には坂出市中央公民館が入居しています。
アサ56
北口ロータリーとイオンの間の市道の様子です。
ロータリーへの入口があります。

アサ57
東へと50mほど市道を進むとJR四国坂出駅前交差点の信号機があります。
こちらはバスロータリーへの入口となっており、
反対側の正面には県道が延びています。
アサ58
バスロータリーの様子です。
駅前のハナミズキ広場の西側に位置しており、
西側と駅舎側が路線バスの乗降場で
東側の広場のスペースは観光バスの停車場となっています。
アサ59
路線バスの停留場の目の前にあるこちらは旧たつみや旅館の建物です。
港町の玄関口目の前にある旅館は昔は繁盛したのでしょうが、
現在では駅の目の前で廃墟となって10年以上この状態で留め置かれています。
アサ61
バスロータリーから西へは、駅前の市道がS時を描いて
旧たつみや旅館と予讃線の高架の間へと進路を取っています。
アサ62
旅館跡の向かいに高架下は坂出市の駅駐輪場が。
アサ63
高架沿いの市道は70mほどで信号の交差点となりますが、
この信号の手前の市道中央には駅北口の地下駐車場の出入口があります。
アサ64
そしてこの信号から次の信号までの130mほどは「香風園通り」と名前がついており、
通りの先の交差点角にはには名前の由来となる香風園があります。
アサ65
香風園は坂出市出身の実業家・貴族院議員の鎌田勝太郎の
別邸として作られた池泉回遊式庭園であり、
国登録有形文化財となっている近代洋風建築「鎌田共済会郷土博物館」などがあります。
坂出駅高架化事業の一環として2001年(平成13年)に市が整備をして
現在は市民へと公開されています。

アサ60
再び駅前へと戻って、こちらは駅舎の正面を北へと伸びる
県道20号坂出停車場線で、駅前を起点として道の両脇に
アーケードの駅前商店街が伸びています。
アサ66
駅前から県道の停車場線を150mほど北上すると
坂出市本町4交差点の信号があります。
この交差点の西側には元町名店街という
いかにも昭和な風味のアーケード商店街があります。
アサ67
その元町商店街の斜向かいに見えるこちらが一部の好事家には有名である、
日本建築史上で唯一と言われる「坂出人工土地」です。

この構造物は、木造家屋の並ぶ旧市街地を再開発する手法として
土地全体を高さ2~3階建てに相当する巨大なプラットホーム状建物で人工的に嵩上げし、
「屋上権」を市が買い取って市営京町団地を建造したというものです。

「建築家の夢」とも言えるこの人工土地は1968年(昭和43年)から
1986年(昭和61年)にかけて作られたものですが、
50年前の早すぎた斬新な構想が故に全国で実現したのはここだけというものです。
アサ68
建物の庇が歩道のアーケードの役割を兼ねるなど昭和モダンな建物ですが、
一階の商店街は再開発前の飲み屋街がそのまま残った風情で裏路地を形成しており
なんともディープな趣きのある一角となっています。


アサ11
こちらは駅の南口の駅舎外観です。
1996年(平成8年)から行われた坂出駅周辺の連続立体交差事業のトリとして
南口広場が2005年(平成17年)に整備され供用されています。
アサ12
駅の南側を東西に線路と併走している市道です。
南口の駅前広場に面しています。
アサ13
市道にはJR四国坂出駅南口交差点の信号があり
駅と市道を連絡する道路が北へと分かれています。
アサ14
こちらが駅へと連絡する道路で、市道から駅へはおよそ100mほどですが
途中には駅前ロータリーの入口が分岐しています。
アサ69
ロータリーをぐるっと回ってみた光景です。
中央部の島の部分が駅前駐車場となっており、
北側の駅舎寄りには車寄せがあります。
アサ70
中央部の南口駐車場の様子です。
アサ71
タクシーはロータリーの中央西側に待機スペースがあり、
北側の車寄せにタクシー乗降場が設けられています。
アサ17
そして駅舎とロータリーの間はご覧の様に広めのスペースが取られており
車寄せまでの屋根が設置されています。
アサ18
こちらは南口広場で目を引く「ユニティ」というモニュメントです。
坂出駅の周辺整備事業の完成を記念して作られたものです。
高松市出身で坂出高校で教鞭を取っていた絵画家の濱野年宏氏の作で
2000年(平成12年)に氏がローマ法王へと献上した絵画を基に
立体化をしたもので、平和の象徴ハトを抽象的にかたどって
両翼は東洋と西洋を表現し、世界平和と東西文化の融合を表現しているそうです。
アサ19
南口にある坂出市観光案内所。
レンタサイクルの貸し出しも行っています。
アサ20
案内所の並びにはコンビニが入っており、
その奥には南口の駅舎の入口があります。

アサ72
南口の入口脇にある駅構内の案内図です。
アサ73
駅舎の中の様子です。
南口側は右手にレンタカーとコンビニ、
左手には自動券売機があり駅事務室があります。
アサ22
駅舎の中のコンビニはKioskが運営している店舗です。
JR四国では2014年(平成26年)にセブンイレブンと業務提携を結び
管内の駅売店をコンビニへと転換しています。
その為こちらの坂出駅の売店も2016年(平成28年)にコンビニとなっています。
アサ74
コンビニの南側には通路があり、
向かい側には坂出市観光協会の案内所のカウンターがあります。
アサ75
南口側の中央付近にあるお遍路さんへの案内モニター。
アサ77
高架駅の駅舎内は北口と南口を連絡するコンコースとなっています。
アサ78
北口側の入口付近にはクリーニング店が入居しており、
並びに改札口があります。
アサ79
改札の様子です。
自動改札ではなく有人改札を行っており、
ラッチの前には簡易ICカード改札機が設置されています。
アサ80
改札を入るとすぐ目の前に階段があり
中二階の連絡コンコースへと上がります。
アサ81
こちらがホーム同士を連絡している中二階のコンコースです。

アサ27
こちらが1番線ホームの様子です。
坂出駅は単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線の計2面3線の駅となっています。
アサ28
北側にある1番線は単式ホームで予讃線の上り高松方面行きホームとなります。
アサ29
ホーム上にはガラス貼りの待合室があり、
長い有効長がありますが特急列車も短編成化しておりホームは余り気味です。
アサ30
西側の宇多津・児島方面側の光景。
瀬戸大橋線は児島駅━坂出駅間は宇多津駅の構内扱いなのだそうです。

アサ31
島式ホームの2、3番線です。
3番線は予讃線の下り多度津・松山方面行きホームとなります。
また瀬戸大橋線(本四備讃線)の岡山方面行き列車も3番線を使用します。
アサ32
そして駅の中央にある2番線は上下線共通の待避線及び折返し線となっており
主に普通列車の特急待ちなどで使われています。
アサ82
こちらのホームにも空調の効いた待合室があります。
アサ34
下り線は松山方面(予讃線)と児島方面(瀬戸大橋線)の2方向となることから
島式ホームで列車待ち合わせの際に、同じホームで乗り換えられるように
配慮がされている様子です。



■モデル車両: JR西日本・JR東海 285系電車 サンライズ瀬戸
アサ00

1956年(昭和31年)に東京━博多間で新設された寝台特急「あさかぜ」以降、
国内の長距離輸送の需要の増大から夜行の寝台列車が隆盛となります。
1970年代末から1980年代、昭和50年台にはいわゆる「ブルートレイン」ブームが起こるなど
寝台列車は一世を風靡しました。

しかし新幹線網の増大やモータリゼーションによる高速夜行バスの普及、
航空路線など高速交通網の整備が進むと夜行列車のメリットは薄まり
利用客は大幅に減少し、寝台特急も次々と廃止されていきました。

そうした状況で日本の寝台列車はいわゆる豪華列車と呼ばれるクルーズトレインへとシフト。
「ななつ星in九州」(JR九州・2013年)、「TRAIN SUITE 四季島」(JR東日本・2017年)、
「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」(JR西日本・2017年)といった列車が登場しています。


一方で旧来の寝台特急のコンセプトを強化し、
現代のニーズに合ったサービスを提供するという方向性で運行しているのが
「サンライズ瀬戸」と「サンライズ出雲」の「サンライズエクスプレス」となります。
アサ35
寝台特急「瀬戸」は東京━宇野間を走っていた四国連絡ブルートレインで、
1988年(昭和63年)に瀬戸大橋が開通した後は東京━高松間の運行となっていました。
この機関車が客車を引く形式のブルートレインを
電車化して引き継いだのが寝台特急「サンライズ瀬戸」となります。

また東京━出雲市間を運行していた山陰直通夜の寝台特急「出雲」も
電車化されて寝台特急「サンライズ出雲」となり引き継がれてています。
アサ38
「サンライズ瀬戸」と「サンライズ出雲」は東京駅━岡山駅までは併結運転を行っており、
それぞれ7両編成の瀬戸と出雲が、岡山駅で14両編成となったり7両編成づつに分かれたりしています。
岡山駅での増解結は半ば名物イベントと化していて
毎日大勢のギャラリーが集まって作業を眺めています。

こちらは岡山駅でのサンライズ瀬戸と出雲の連結作業の様子です。
(上動画はクリックで再生します)
アサ36
1998年(平成10年)7月10日に285系電車を用いた
「サンライズエクスプレス」の運行が開始
されます。

駅メモのでんこである坂出アサの誕生日が7月10日に設定されているのは
このサンライズエクスプレスの運行開始日が元ネタと考えて間違い無いでしょう。
アサ37
【上写真:583系電車】
衰退傾向にあった夜行寝台特急列車というジャンルで
それまでの機関車が寝台客車が引く形式ではなく、
新たに個室寝台主体の新型車両の電車を開発するという行為は画期的な出来事でした。
寝台列車としては583系以来実に30年ぶりに開発された電車となります。
アサ50
車体の色についてはそれまでの寝台特急の様な夜ではなく、
サンライズの名前が示す通り夜明けをコンセプトとしています。
「朝焼けの高貴な赤」モーニンググローレッド(Morning Glow Red    
「朝靄の印象のベージュ色」モーニングミストベージュ(Morning Mist Beige    
ツートンカラーで塗りわけられており、両方の色の境界には
日の出の地平線をイメージしたサンライズゴールド(Sun Rise Gold    が使われています。
アサa51
(上写真:サンライズ瀬戸の車窓から見た坂出での日の出)
285系をモチーフとした駅メモのでんこ坂出アサの「アサ」は文字通り朝で
サンライズのデザインコンセプトが元
であろうと考えられています。

(上動画・サンライズ瀬戸の高松駅入線)
それではサンライズ瀬戸の各車両について見ていきたいと思います。


アサ40
こちらが1号車(8号車)となる高松(出雲市)方の先頭車両のクハネ285形0・3000番台です。
ク(制御車)ハ(普通車)ネ(寝台車)となりますので運転台のある普通車寝台車両となります。

編成略記号はTNWCT(付随車)N(寝台車)W(トイレつき)C(制御車)となるので
モーターを搭載していない運転台とトイレのある寝台車両、という意味となります。
アサ43
0番台がJR西日本所属車、3000番台がJR東海所属車となり、
車両番号奇数が東京方、偶数が高松(出雲市)方先頭に配置されます。
客室内には「シングル」19室、「シングルツイン」1室があります。
アサa12
高松(出雲市)方の運転席側の光景です。
客室と乗務員デッキとの境の扉の前にはB寝台シングルの個室が1室あり
通称「平屋室」と呼ばれています。
アサa14
ご覧の通り1号車(8号車)のB寝台シングルは二階建て構造となっているのですが、
1号室のみが車端にあるため一階建て部分(平屋)にある、という訳です。
アサa13
平屋室であるB寝台シングル1号室の様子です。
内装は通常のシングルと同じですが、天井までの高さが2100mmと
通常のシングル部屋(1850mm)より高くなっています。
また平屋室は窓が湾曲しておらず平らなのも特徴です。
アサa18
ダブルデッカー(二階建て)車両の一階通路の様子です。
アサa19
ご覧のようなB寝台シングル個室が2号室~10号室まで
計9部屋が通路の両脇に置かれています。
アサa15
こちらは二階の通路です。
同じくシングル個室の21号室~29号室までの9室が
通路の両側に設けられています。
アサa16
この車両の東京方にも、車端平屋部分に11号室が設置されていますが
こちらはB寝台シングルツインが1室だけ置かれています。
アサa17
室内はご覧の通り1室がシングルの二段ベッドとなっており、
上下段それぞれに窓が設けられています。
下段のベッドは折りたたむと向かい合った座席にすることができます。

アサa09
高松(出雲市)方の車端にある乗降デッキの光景です。
アサa11
乗車扉のすぐ隣の通路両側には洗面台が1基づつ計2台。
アサa10
通路奥の連結部付近には洋式トイレが二つ置かれています。


アサ41
高松(出雲市)方の二両目となる2号車(9号車)のサハネ285形200・3200番台です。
サ(付随車)ハ(普通車)ネ(寝台車)なのでモーターを搭載していない普通寝台客車となります。
編成略記号はTNW2で、T(付随車)N(寝台車)W(トイレつき)の意味を表わします。
客室は「シングル」20室、「シングルツイン」3室となっています。

アサa04
車両の通路にある車内の見取り図。
アサa20
こちらは高松(出雲市)方車端にある乗降デッキの様子です。
乗降扉の幅は車椅子に対応する為に他の車両よりも広めとなっています。
アサa21
こちらのデッキには車椅子対応の洋式トイレ、洗面台があります。
アサa22
そしてこのデッキにはB寝台シングルツインの1号室が置かれており、
ご覧の様に直接デッキに部屋の扉があります。
デッキに部屋があるのは車椅子対応個室である為で、
下段ベッドを跳ね上げると車椅子の取り回しスペースとなります。

アサa28
デッキから自動扉を抜けて客室通路へと入ると
ご覧の通り二階建て車両となっています。
アサa27
まずこちらは上段通路の様子です。
B寝台ソロの部屋が21号室から29号室まで計9室が
通路の両側に置かれています。
アサa29
上段のB寝台ソロの個室の様子。
アサa25
そしてこちらは下段通路の様子で、同じくB寝台ソロの個室が
通路の両側に2号室~10号室まで計9室設置されています。
アサa26
下段のB寝台ソロ個室の中の様子です。

アサa30
客室通路の東京方にはご覧の階段があります。
アサa24
そしてその先の平屋部分にはB寝台シングルツインの11、12号室、
B寝台シングルの13、14号室の計4部屋があります。
アサa23
連結部に近いB寝台シングルの個室です。
こちらも平屋室となっています。


アサ42
3号車(10号車)の高松(出雲市)方三両目となるモハネ285形0・3000番台です。
モ(中間電動車)ハ(普通車)ネ(寝台車)ですのでモーターを搭載した動力車両となります。
編成略記号ではMNとなりM(動力車)N(寝台車)となります。
客室は「ソロ」20室で、他にシャワー室とミニラウンジ、自動販売機、業務用室があります。
アサ49
屋根の上のパンタグラフ。シングルアームのものが2基搭載されています。
1998年(平成10年)に285系が作られた時にはパンタグラフは1基のみでしたが、
その後2014年(平成26年)から行われたリニューアル工事で増設されて2基となりました。

アサ95
こちらは3号車(10号車)高松(出雲市)方の
車端にある乗降デッキの光景です。
アサ96
連結部への通路の端には洋式トイレが置かれています。

アサa01
客室部の通路の様子です。
B寝台ソロの客室が左右に10室づつ並んでおり
中央部にご覧の通路があります。
アサa02
片側の10室は上段5室と下段5室とに分かれています。
こちらは上段部屋の入口の階段の様子です。
アサa03
室内はご覧の通りで、天井高さが1450mmですので
ベッドで立ち上がる事はできないものの、
他はシングルの部屋と設備的には遜色はありません。

アサ97
そして東京方の車端部のデッキには自販機とシャワー室があります。
シャワーを使用するにはシャワーカードの購入が必要で、
自販機の隣にご覧のシャワーカード販売機が置かれています。

こちらは売り切れた際の販売機の様子です。
(動画はクリックで試聴できます)
アサ98
こちらがシャワーカードで、このカードで6分間シャワーが使用できます。
ただしサンライズの始発出発前後に売り切れることが多い為、
カードは乗車直後すぐの購入をお勧めします。
アサa31
シャワールームの扉を開けるとご覧の脱衣場が。
鏡と棚、ドライヤーが設置されており、
その下には衣類を入れる金カゴとくずかごがあります。
アサa32
ドライヤーの下にあるシャワーカードの挿入口。
アサa33
その横にはシャワールームの洗浄と乾燥を行うボタンがあります。
アサa34
シャワールームの扉にある内鍵。
アサa35
そしてこちらがシャワールームの中の様子です。
カード1枚でのべ6分間お湯を出すことができます。
止めている時間はカウントされないので十分に体を洗う事が可能でしょう。

アサ99
そしてシャワールームの隣にはご覧のミニラウンジのスペースがあり、
左右に4席づつ計8席のカウンタースペースを飲食などに利用できます。


アサ44
4号車(11号車)となるちょうど中央部に位置する四両目のサロハネ285形0・3000番台です。
サ(付随車)ロ(グリーン車)ハ(普通車)ネ(寝台車)となり寝台客車の車両となります。
編成略記号ではTNWST(付随車)N(寝台車)W(トイレつき)S(グリーン車)となります。
この車両で特筆するのはA寝台個室があるのでグリーン車の「ロ」が表記されている点でしょう。
客室は「サンライズツイン」4室と、A寝台の「シングルデラックス」6室があり
A寝台専用のシャワー室も設けられています。

アサ93
高松(出雲市)方の車端部にある乗降デッキの様子です。
扉脇の両側には洗面台が計2個設置されています。
アサ94
そしてその奥の連結部手前付近には
洋式トイレが二つ設けられています。

アサ92
列車内の客室通路の様子です。
通路は車両中央部ではなく東海道本線走行時の北側に設けられています。
個室の配置は上段の6室がA寝台の「シングルデラックス」、
下段の4室がB寝台の2人部屋である「サンライズツイン」となっています。
アサa05
こちらが「シングルデラックス」の個室へと登る階段です。
アサa06
そしてこちらは下段の「サンライズツイン」への入口の階段。
アサa08
また東京方の車端では客室からの通路が
ご覧の様にクランク状に曲がっています。
アサa07
その先の連結部手前付近にはA寝台の6室の乗客専用のシャワー室があります。
A寝台「シングルデラックス」の乗客は客室に専用シャワーカードが予め配布されており、
カード購入の必要なくシャワーを利用できます。


アサ45
東京方の三両目、5号車(12号車)のモハネ285形200・3200番台です。
モ(中間電動車)ハ(普通車)ネ(寝台車)でモーターを搭載している動力車であり
屋根にはパンタグラフを搭載しています。
こちらの編成略記号はMN2M(動力車)N(寝台車)です。
「ノビノビ座席」28席、「シングル」2室、そして車掌室と自販機があります。
アサ48
パンタグラフはサンライズではモハネ285形にのみ搭載されていますので
こちらの車両の屋根にもパンタグラフが2基載っています。

アサ90
車両の高松(出雲)方の乗降デッキの様子です。
扉の前には乗務員室(車掌室)と業務用室があります。
アサ89
デッキの連結部側の通路には自販機と洋式トイレが。

アサ84
5号車(12号車)の大部分を占めるノビノビ座席の通路部分です。
東京━岡山間で北の山側が通路となっており窓にはカーテンが取り付けられています。
ご覧の様に二段ベッドが並んでいるような光景となっており、
座席と通路との間にはにはカーテンがあります。
アサ85
こちらはノビノビ座席の下段席で、
座席番号が1A、1B、2A、2B、3A・・・6B、7A、7Bという順番に
合計で14席が一列に並んでいます。
アサ83
そしてこちらが上段席で、1C、1D、2C、2D・・・7C、7Dと
同じく計14席が並んでいます。
アサ86
上段席へは梯子ではなくご覧の様に階段が設けられており、
登り降りがし易いように配慮がされています。

アサ87
座席の一区画は席で立ち上がることこそできないものの、
窓を頭に寝ると仕切りで隣は見えません。
またフラットのカーペーット座席は隣席との区切りが盛り上がっており
寝返りなどでの隣同士の干渉を防ぐ設計となっていました。
アサ88
また1席に一つづつ窓があり、区画ごとに小さなカウンターと紙コップ、
ライトと読書灯、エアコンの送風口があります。
毛布は備え付けられていますが空調が効いているので
そのまま雑魚寝でも問題が無いレベルだと思います。

アサ91
一方のこちらは車両の東京方連結部付近です。
5号車(12号車)はノビノビ座席車両ですが、
車端部に2部屋だけB寝台シングルの個室があります。


アサ46
東京方二両目となる6号車(13号車)のサハネ285形0・3000番台です。
サ(付随車)ハ(普通車)ネ(寝台車)ですから動力の無い寝台客車となります。
編成略記号TNWT(付随車)N(寝台車)W(トイレつき)です。
「シングル」20室、「シングルツイン」3室が客室に設けられています。

アサa37
6号車(13号車)の高松(出雲)方車端にある乗降デッキの様子です。
この車両は2号車(9号車)と同じサハネ285形で構造もほぼ一緒ですが、
こちらの高松方のデッキの形だけが違います
アサa38
2号車(9号車)のサハネ285形200(3200)番台の高松方デッキが
車椅子対応のトイレ、洗面とシングルツイン個室という構成なのに対して
こちらの6号車(13号車)であるサハネ285形0(3000)番台のデッキは
洗面2台と洋式トイレ2つという構成となっています。

アサa40
客室部分は二階建て車両となっており、
こちらの上段二階部分にはB寝台シングル個室の21~29号室の9室が設置されています。
アサa41
個室の中はご覧の通り一般的なサンライズの
B寝台シングルの仕様となります。
アサa39
下段1階部分の通路の様子です。
両側に計9部屋のB寝台シングル個室の2~10号室があります。
アサa42
そして東京方の客室平屋部分にはB寝台シングルツインの11、12号室と
B寝台シングルの平屋室の13、14号室があります。
通路の先の扉は連結部で、その先は7号車(14号車)となっています。


アサ39
最後は東京方の先頭車両となる7号車(14号車)のクハネ285形0・3000番台です。
「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」が併結すると計4両の先頭車両が編成に居ることとなりますが
基本的に4両とも同じ形の車両となります。
編成略記号ではTNWC'となりT(付随車)N(寝台車)W(トイレつき)C(制御車)です。
「シングル」19室、「シングルツイン」1室のある車両となります。
こちらは東京方の車両なので車両番号は奇数となります。

アサa48
高松(出雲)方の乗降デッキです。
洗面2台、洋式トイレ2台が置かれているのは1号車(7号車)と同じです。
アサa47
客室が二階建てとなっているのも先頭車両は同じ形です。
こちらは下段通路の様子ですがB寝台シングルが左右で計9部屋あるのも同様です。
アサa46
同じくこちらは上段通路の様子。
こちらもB寝台シングルが計9部屋なのは同様です。
アサa49
そして東京方の通路一番奥の平屋部分には1部屋だけ
B寝台シングルの平屋室がありますがこれも1号車(8号車)と同様です。
ただ1点異なるのは7号車(14号車)では平屋室の部屋番号は11番となります。

アサa43
そしてこちらが東京方の乗降デッキの様子となります。
運転台の下の部分付近にあたるこのデッキは
基本的に乗降扉と通路のみとなりますが、
壁にはデッキのドアは開かない旨の表記がされています。
アサa45
外から見た乗降扉の様子です。
ご覧の通りに乗務員用の扉であることが分かります。
一般乗客はこの扉での乗り降りはできません。
アサa44
デッキから車端部方向の扉を開けるとご覧の通り連結部となります。
サンライズ瀬戸および出雲が単独走行する岡山駅以西では閉じられていますが、
連結されている岡山駅━東京駅間ではご覧の通り通り抜け可能となっています。


アサa50
先にも述べました通り、サンライズの編成は0番台がJR西日本所属、
3000番台がJR東海所属の編成となっています。

JR西日本車の0番台は車両番号の書体がゴナとなっています。
対してJR東海車の3000番台は国鉄で使用されていたスミ丸ゴシックとなっています。
JR西のゴナはJR東海のサイン表示に使われている書体でもあり、
着目するとなかなか興味深いものがあります。

【写真撮影:2020年2月】

↑このページのトップヘ