新潟

越後線00
さて。お次は越後線です。


新潟県の柏崎から新潟までの日本海沿岸部を走る路線で、
開業は1912年(越後鉄道)だそうです。




越後線01
こちらは新潟県の柏崎駅
越後線の起点となる駅です。
越後線02
柏崎駅では越後線は0番線ホームの発着となっています。
越後線03
ですので写真の停車中の越後線列車が階段に遮られているので分かる通り、
越後線はこの駅で行き止まりとなっています。



越後線04
東柏崎駅



越後線05
西中通駅



越後線06
荒浜駅



越後線07
刈羽駅
刈羽という地名で一般的に思い浮かべるのは
柏崎刈羽原子力発電所ですが、駅からは2kmほど東にあります。



越後線08
西山駅



越後線09
礼拝駅
「礼拝」という地名は越後二宮である二田物部神社の礼拝所から取られているそうです。
所在地は「新潟県柏崎市西山町礼拝」ですので駅名自体は地名からです。



越後線10
石地駅



越後線11
小木ノ城駅



越後線12
出雲崎駅
近辺がホーム1線の傍線無人駅が多い中、この駅は2面2線のホームがあり
列車交換と折り返しができる駅です。



越後線13
妙法寺駅
日蓮宗の本山の村田妙法寺が駅名の由来です。



越後線14
小島谷駅



越後線15
桐原駅



越後線16
寺泊駅
越後線のほとんどの無人駅が交換設備を撤去されるなか、
この駅は単式ホーム1線と島式ホーム1面2線と3線を有しており、
列車交換や折り返しが可能な駅となっています。

これは寺泊駅━分水駅間の大河津分水(信濃川の放水路)にかかる橋梁区間が
強風により度々不通となることから、
単線の越後線では折り返し施設が必要である為です。

越後線17
この駅にはかつて越後交通長岡線という路線が乗り入れていたそうで、
写真の島式ホームの奥の茂みあたりが長岡線の廃線跡らしいです。
今回は列車で通過したのみでしたので、いずれ散策してみたいと思います。



越後線18
分水駅
この駅も2面2線を有する駅となっていて
ホームは地下通路で連絡する形となっています。

この駅は寺泊駅と大河内分水を挟んだ対岸にあり、
強風で橋梁が渡れない際に新潟方面の列車の折り返し駅となります。




越後線19
そして次は粟生津駅です。
越後線の無人駅で、交換設備も撤去された1面1線の棒線駅です。
鉄道的にはこれといった見所も特にありません
越後線20
棒線駅ですのでホームはこれだけ。
越後線21
こちらがホーム側から見た駅舎ですが、
簡易Suica改札機などはありませんので、単なる入口があるだけです。
越後線22
こちらが駅舎内。
かつては有人駅として窓口や券売機が設置されていましたが、
無人化されて窓口は板が張られて掲示板に。
越後線23
ご覧の通り2016年1月で自動券売機も撤去されて
券売機スペースも板が張られてしまいました。
現在は駅舎は完全に単なる待合室です。
越後線24
こちらが駅舎の外観。
越後線25
駅近辺にあるのは、駅舎の裏手にある美容院が一件と。
越後線26
駅舎の正面方向の隣にある農協。
越後線27
あとは駅の西にある「農協踏切」を渡って南に1分歩くとある
国道116号線との交差点にある、
越後線28
コンビニが一件。ぶっちゃけ粟生津駅で買い物ができるのはここだけです。
越後線29
周囲を歩くと、粟生津郵便局とか。
越後線30
粟生津小学校がありました。

まあ、何故この駅で降りたのかというと、
駅メモに出てくるでんこの「粟生津しいら」というキャラの由来駅だからです。
駅メモをやってなかったら間違いなく降りることは無かった駅でしょう。

ただ、越後線は特に吉田駅以東の駅は乗客の少なさを理由に
軒並み列車交換設備が取り払われて棒線駅にされてしまい、
券売機も撤去されて無人駅化が進められました。
この粟生津駅の状況は越後線の多くの駅の状況な訳で。
そういった意味で、サンプルとしてピックアップして駅を見れたことは
私としては無駄ではありませんでした。
越後線31
まあこの列車が行ってしまってから。
越後線32
こいつが迎えに来るまで1時間24分この駅で待ちましたけど。




越後線33
そして次は南吉田駅



越後線34
吉田駅に到着です。
この駅は越後線と弥彦線が交差する駅で、
弥彦線の列車がそのままこの駅から越後線に乗り入れるなどしている
ターミナル的な駅となります。


柏崎駅━吉田駅間はおよそ50kmあり、
全線の所要時間は1時間20分程度ですが
この区間を走る列車の本数は柏崎━吉田間が1日9本、
あとは出雲崎発着2本、寺泊終着1本が全てです。
直営で駅長のいる柏崎駅と吉田駅以外で駅務の人員が居るのは
出雲崎、寺泊、分水の3駅だけで残りは全て無人駅
です。

しかも越後鉄道時代には各駅にあった列車交換施設が
国鉄時代の赤字削減の煽りを受け、ほぼ全ての駅が無人駅となり
交換施設も撤去されて棒線駅となりました。
これはどういうことかというと、
柏崎駅━吉田駅間で列車交換が無いという事であり、
ダイヤ上での列車交換を利用した「行き戻り」の手法が有効では無いのです。
ですのでこの区間、基本的には端から端まで普通に乗るしかありません。
路線を制覇するには見かけの本数以上に難儀を覚悟して下さい。




越後線35
こちらが柏崎駅━吉田駅間の
au 4G LTEでのサービスエリアマップです。
越後線の走る区域については全線がサービスエリア内で
電波状況は良好である事が分かると思います。
この区間で携帯電波で困る事はまず無いでしょう。
その点では難易度は低いと言えます。



新潟圏内を並行して走る信越本線とこの越後線、
その長さ、そして越後線の列車本数などを考えると
両方を制覇するには一日仕事になりかねません。
攻略にはある程度の計画が必要と言えるでしょう。



では越後線の続き、吉田駅━新潟駅間はその2で。

さて、只見線の続きです。


その1(会津若松駅~会津川口駅)はこちら
その2(会津川口駅~只見駅・代行バス区間)はこちら



只見線52
只見駅の駅前です。
広大な駐車場です。


只見線53

只見線54

只見線55


…まあ、ご覧の通り、駅の近辺を散策して
雄大な自然には心が洗われましたが、店っぽい物は見当たりませんでした。

只見駅まで来る方は、食料を調達持参してから電車乗った方がいいですよ。


そして、駅の待合室で時刻表を熟読して待つこと二時間。


只見線56
きた。

只見線57
やっと来た!。

只見駅にとってこの日3本目の列車。
そして山奥で真っ暗になっちゃった中来た、私にとっては救いの列車w



では新潟の小出駅まで、残りの行程を行きましょうか。


会津川口駅を出発すると、すぐに車内に車掌が現れて検札を開始します。
本日只見線での検札はこれで二回目です。



まずは只見線で福島県最後の駅となる田子倉駅

まあ、田子倉駅は2013年に廃止されています廃駅ですので、
正確には只見駅が福島最後なんですが。

廃駅で路線図には載っていないので、
まずはその位置を地図で確認をしましょう。

只見線02
只見線_田子倉駅02

田子倉駅近辺の電波状況を調べてみると、
私の使用するauの4G LTEでは以下の通りです(2015年11月現在)。
只見線_田子倉駅_電波

ご覧の通り、只見駅では十分に繋がりますが、
田子倉駅跡近辺ではちょっと電波が厳しい様子です。
これでは例え地上から近くに行っても取れませんから、
どうやら只見駅でレーダーでの取得が必要です。

只見駅━田子倉駅間で狙ってのGPSで奪取しようと考えた方、無駄です
何故かというと、次の地図をご覧下さい。
只見線58

はい。ご覧の通り、田子倉駅というのは元々
只見線の福島・新潟県境の「六十里越トンネル」と「田子倉トンネル」の継ぎ目に、
ほんの一瞬地上に出た所に作られた駅なんですね。
なので田子倉駅跡の前と後ろは長大なトンネルなんです。
当然携帯の電波なんぞ届きません。

ちなみに。
只見線59
Docomoなら繋がるらしいですよ。
私はauだから関係ないですが。


ちなみに以下が只見駅からレーダーでアクセスをした時の画面です。
只見線60
ご覧の通り田子倉駅がレーダーに掛かります。
やはり只見駅からレーダーで取る以外の選択肢は田子倉駅に関しては薄い様子です。


只見線61
というわけで、田子倉駅跡を通過した後の「六十里越トンネル」を抜けて。


只見線62
大白川駅に到着をします。

こちらが大白川駅からのレーダーでのリンク状況。
只見線63
ご覧の通り、隣の田子倉駅まで営業キロで14.2kmあります。
大白川駅から3駅先の越後須原駅までで13.9kmの営業キロですから、
距離の近い駅からレーダーに掛かるゲームの仕様では
田子倉駅は隣駅といえどもなかなかリンクはしづらいでしょう。

やはり田子倉駅は、レーダー使用の場合は
営業キロ6.6kmの只見駅から取ったほうが良さそうです。



そして次は柿ノ木駅です。
こちらも2015年3月を以って廃止となった廃駅です。
只見線01
只見線_柿ノ木駅01

この柿ノ木駅の電波状況(au 4G LTE(2015年11月現在))は、
只見線_柿ノ木駅_電波
こちらも柿ノ木駅は圏外の様ですね。
大白川駅は昔は圏外だった様子ですが、現在はエリアがカバーされています。
柿ノ木駅に関しては、大白川駅からのレーダーなら一番に掛かります。
大白川駅━入広瀬駅間で電波の届いたところからでも十分に柿ノ木駅はGPSで奪取できますので
アイテムを使いたくない方はそちらでお取り下さい。
ただ、失敗した時に危険が大きい(列車本数少なく取り直しが容易でない)ので注意は必要です。



そして列車は進みます。
入広瀬駅を過ぎた列車は、
只見線64
只見線65
只見駅から五駅目の越後須原駅

只見線66
六駅目の越後田中駅

只見線67
七駅目の越後広瀬駅

只見線68
そして終点手前の八駅目、藪神駅



只見線69
やっと終点の小出駅に到着をしました。

只見線70
13時07分発の列車で会津若松駅を出発しましたが、 小出駅に到着したのは19時48分。
実に7時間近くかかっての只見線全線踏破でした。

只見線71
小出駅に停車する只見線の列車。20時前ですが本日の最終列車です。

只見線72
小出駅の全景です。
これだけ立派な駅舎のホームも幾つもある小出駅ですが、
入り口に改札は有りません



この只見線、そのほとんどが無人駅の上、
一部電波の届かない駅まで存在し、列車の本数も一日数本。
しかも不通区間まであるという、なかなかフルコースの揃った路線でした。

全線を踏破するには、この只見線をその日のメインにするつもりで
綿密に計画を立てないとならないでしょう。



とりあえず全線紹介できたので、では。

只見線00
さて、只見線です。


まずは起点の会津若松駅に。
さすがにターミナル駅は大きいです。
只見線03
先に言っておきますが、こんな立派な駅は
只見線ではこれが最後です。
あとは基本的に無人駅ばかりなので駅は待合室のみです。
券売機も改札も無い駅がほとんどですから。



只見線04
まだまだ会津近郊の、会津若松駅から三つ目の会津本郷駅

只見線05
会津近郊の田園地帯を抜けて。

只見線06
四つ目の会津高田駅

只見線07
まだまだ自転車が並ぶ五つ目の根岸駅

只見線08
八つ目の会津坂下駅


この会津坂下駅を過ぎたあたりで
車内に車掌が現れて検札を始めました
乗客が数えるほどしか居ませんので、一人ひとり丁寧に。


只見線09
九個目の塔寺駅

只見線10
只見線の車内はこんな感じ。


只見線11
そして十個目の会津坂本駅に着くと。
只見線12
駅舎がまさかの貨物コンテナ


只見線13
十四個目の会津桧原駅
駅近辺も既に家がまばらです。もうホームに段差はありません

只見線14
会津桧原駅と会津西方駅の中間点の只見川。


只見線15
単線の只見線に引込み線が見えてくると。
只見線16
只見線17
会津宮下駅でした。



さて。この先の只見線には、少々電波の怪しい区域があります。
まず、福島県側、会津川口駅の3駅手前、
会津若松駅から十七個目の早戸駅
只見線_電波状況_早戸駅
ご覧の通り、早戸駅近辺だけ電波が届いていません。

実際に乗車中に位置情報をmapで確認しみても。
只見線18
auの情報と全く同じ場所で電波がロストしました。


只見線19
そして早戸駅に到着しても。
只見線20
ご覧の通り、電波は圏外の状態です。
一応試しましたがGPSの位置情報も取得できませんでした。


隣の会津水沼駅と早戸駅の中間点で、
電波が入り始めた瞬間に位置情報を登録すると、早戸駅が取れました。
ですがそのまま連打すると、続けて会津水沼駅も取れてしまいました。
これは電波が届き始めるのがほぼ両駅の中間点だということで、
かなりのピンポイントでの取得をしないと、
隣の会津西方駅か会津水沼駅でレーダーが必要となりそうです。

ですのでこの早戸駅は、予め会津西方駅でレーダーで取っておくか、
会津水沼駅でレーダーで取る必要がありそうです。

只見線21
ちなみにこのあたり、風景はこんなに綺麗です。


只見線22
只見線23
そしてもはや山中の物置と見分けがつかない
次の会津水沼駅


只見線24
只見川をずっと線路が併走してがら進んで行きます。


只見線25
只見線26
会津中川駅を過ぎて。

只見線27
車掌が終点の案内を始めます。
只見線28


只見線29
着きました。
会津若松駅出発の列車の、最初の執着の会津川口駅に。

只見線30

只見線31
只見川の川辺の駅が、まるで湖畔のごとくで卑怯なくらいナイスなロケーションです。



さて、この会津川口駅より先は、
河川の増水による鉄橋流出などの影響で
長らく不通となっています。
ですから現在、会津若松駅から列車が運行できるのはここまで。 しかし只見線はこの先もまだ存在しています。


当然続きがどうなっているのか、
調べてありますのでご紹介するのですが、
長くなるのでいったんここで切ります。


続きはその2で。

磐越西線01
さて。つぎは磐越西線です。
この磐越西線のうち、今回は会津若松駅━新津駅間の
「森と水とロマンの鉄道」の区間について書きたいと思います。



磐越西線は、福島県の郡山駅から会津若松駅を経由して、
新潟県の新津駅までをつなぐ全長175.6kmという結構長い路線です。

そして磐越西線は会津若松駅でスイッチバックをする構造となっており、
入線した列車はこの会津若松駅で方向を変える事となります。

郡山駅━会津若松駅間の64.6kmと、
会津若松駅━新津駅間の111.0kmは別系統の運行と言って良い状態で、
一部(一日2本)喜多方発郡山行きの列車が会津若松駅を通って
直通運転をしている程度ですので別路線と考えても支障は無いでしょう。


実際に駅メモでも郡山駅━会津若松駅間は「磐越西線」、
会津若松駅━新津駅間は「磐越西線(森と水とロマンの鉄道)」と分けられていますので
こちらでも磐越西線は会津若松駅で区切ってご紹介します。




磐越西線_森と水とロマン01
というわけでこちらが会津若松駅
磐越西線_森と水とロマン02
大河ドラマで一躍有名になったこの会津ですが、
磐越西線のほかに只見線、会津鉄道が集まるターミナル駅でもあります。
磐越西線_森と水とロマン03
これは大河ドラマ以前には無かったと思いますが。




磐越西線_森と水とロマン04
会津若松駅の次の堂島駅
日中は普通列車も通過するので、停まるのは一日5本という
「隠れた秘境駅」とも言うべき駅です。
まあ単なる田んぼの中の列車が来ないだけの駅ですが。
快速が通過する駅だった為、行程の都合上、
通過列車からはこの写真が限界でした。
後日改めて撮り直してきます。

そして次の笈川駅も一日5本停車の駅ですので通過。



磐越西線_森と水とロマン06
塩川駅
煉瓦の模様の駅名標は「SLばんえつ物語号」の停車駅に設置されているものです。



列車は姥堂駅会津豊川駅と進みますが
この両駅も日中は普通列車も通過して1日5本のみ停車の駅となります。


磐越西線_森と水とロマン09
喜多方駅
喜多方ラーメンで全国的に有名な場所ですが
磐越西線はこの喜多方駅までが電化区間となり、
喜多方駅以西は非電化区間となっています。

また郡山駅からこの駅までがJR仙台支社の管内で、
喜多方駅を出るとここから以西は新潟支社の管内となります。

郡山駅からの直通電車もこの駅までで終点となるほか、
東武鬼怒川線から会津鉄道を走ってきた「AIZUマウントエクスプレス」も
一部列車がこの喜多方駅まで運行をしています。




磐越西線_森と水とロマン10
山都駅
喜多方駅とこの山都駅の間の一ノ戸川橋梁は
有名な鉄道撮影スポットでもあります。



磐越西線_森と水とロマン11
荻野駅



磐越西線_森と水とロマン12
尾登駅



磐越西線_森と水とロマン13
野沢駅
駅の最寄には大山祇神社という、
毎年の例大祭には臨時列車が走るほどの神社があり
「SLばんえつ物語号」の停車駅となっています。



磐越西線_森と水とロマン14
上野尻駅



磐越西線_森と水とロマン15
徳沢駅
磐越西線では福島県で一番西にある駅で、
この駅を過ぎると県境を跨いで列車は新潟県へと入ります。
磐越西線_電波_日出谷以東
こちらは徳沢駅周辺のau 4G LTEの電波エリアマップです。
見ると分かる通り、上野尻駅と徳沢駅の中間点あたりから
磐越西線はauの電波エリアの圏外となり、
徳沢駅自体もauでは電波圏外となっています。

実際には徳沢駅━豊実駅間はほぼ電波エリア圏内ですので
磐越西線に乗車していれば徳沢駅は普通にGPSで取れます。
ですが郡山方面から列車で来た場合は
徳沢駅を通過してしばらくまでは駅の位置情報が取れません
ので
慌てない様に注意が必要でしょう。




磐越西線_森と水とロマン17
福島県内から磐越西線と沿って流れてきた阿賀川は
福島・新潟県境から阿賀野川と名前を変えて
引き続き磐越西線の横を流れていきます。


磐越西線_森と水とロマン16
豊実駅
この駅から磐越西線は新潟県へ入ります。



磐越西線_森と水とロマン18
日出谷駅
豊実駅━日出谷駅間はauでは電波エリア圏外となっていますが
両駅ともに駅周辺は電波エリア圏内であり、
日出谷駅も駅から問題なくGPS位置情報が取得できます。



磐越西線_森と水とロマン19
鹿瀬駅



磐越西線_森と水とロマン20
津川駅
この駅は「狐の嫁入り行列」の民話のご当地であり、
その為駅名標も狐の嫁入りになっています。
毎年5月の祭りには5万人が訪れるそうで。



磐越西線_森と水とロマン21
磐越西線沿線の阿賀野川の光景がご覧の通り
だんだんと渓流のようになってきます。
磐越西線_電波_五十島
こちらは津川駅から東下条駅まであたりの
au 4G LTEでの電波サービスエリアマップです。
津川駅━三川駅間、五十島駅━東下条駅間の駅間で電波が届きませんが
上の阿賀野川の写真を見るとお分かりいただけると思います。
どの駅も駅ホーム周辺では電波が入りますので
停車の際には忘れずに駅の位置情報を取って下さい。



磐越西線_森と水とロマン22
三川駅



磐越西線_森と水とロマン23
五十島駅
この駅を出てしまうと東下条駅までの駅間は
auではほとんどが電波エリア圏外となってしまうので注意をして下さい。



磐越西線_森と水とロマン24
東下条駅



磐越西線_森と水とロマン25
咲花駅
名前の通り咲花温泉の最寄り駅で、
「SLばんえつ物語号」の停車駅ともなっています。
2014年に駅舎を改築して綺麗になっているのですが、
駅名標が「SLばんえつ物語号」のものしか無く
普通のJR東日本仕様のものは設置されていませんでした…
改築前は普通にあったらしいんですけど。



磐越西線_森と水とロマン27
咲花駅━馬下駅間を並行して流れる阿賀野川。


磐越西線_森と水とロマン28
馬下駅



磐越西線_森と水とロマン29
猿和田駅



磐越西線_森と水とロマン30
五泉駅
五泉市の中心地にある駅で駅員配置の直営駅であり、
駅周辺には住宅や店舗などが集まっています。

かつて1999年までは蒲原鉄道が起点駅として運行していたそうですが
現在は廃止されているので五泉駅も磐越西線の途中駅となっています。



磐越西線_森と水とロマン31
北五泉駅



磐越西線_森と水とロマン32
新関駅



磐越西線_森と水とロマン33
東新津駅




磐越西線_森と水とロマン34
そして終点の新津駅です。
磐越西線_森と水とロマン35
跨線橋上の駅の改札。
磐越西線_森と水とロマン37
駅の外観です。
磐越西線_森と水とロマン36
かつては操車場、機関区、工場などがあった駅だそうで
「鉄道で無いものは無い」と言われた
東日本では埼玉の大宮と並ぶ鉄道の町です。
確かに線路の敷地は広大で何本もの線路がありました。
そしてこの駅の入り口脇には。
磐越西線03
近くに「新津鉄道資料館」があるそうで。
そのサテライト分館がご覧の駅一階にありました。

駅から資料館は若干離れているらしく、その利用者の為に
レンタサイクルまでご覧の通り準備がされていました。




磐越西線_森と水とロマン38
こちらは会津若松駅から上野尻駅までの区間の
磐越西線のau 4G LTEでの電波サービスエリアマップです。
上野尻駅までは全線が電波エリア圏内ですので
GPSでの位置情報取得は容易に可能です。

上野尻駅から東下条駅までの福島・新潟県境部については
各駅の部分で紹介していますが、
駅間で電波が届かない区間も多く、
また徳沢駅は磐越西線で唯一駅が電波圏外ですので注意が必要です。
この県境区間も普通に全駅GPSでの奪取は可能ですので
あわてず落ち着いて駅を取って下さい。
磐越西線_森と水とロマン39
こちらは東下条駅から新津駅までの区間のau 4G LTEでの電波エリアマップ。
この区間も全線がサービスエリア内なので
駅の位置情報取得に困る事は無いでしょう。




あと、この新津駅━会津若松駅間
「森と水とロマンの鉄道」の注意点はなんといっても本数でしょう。
一時間に一本程度は起点の会津若松駅、新津駅を発車しているのですが
この区間だけで所要時間が2時間40分程度かかるので、
全線が単線の路線である磐越西線では
会津若松駅━新津駅間の直通の列車は2~3時間に一本程度しか無いのです。

ですからアクセスの段取りに失敗すると
何時間も駅で待ちぼうけとなりますし、
磐越西線に乗車する前と後の接続にも一考が必要です。
ですので事前に綿密な計画をお勧めします。



乗る時間とタイミングさえ間違えなければ、
駅の奪取自体は難しくない路線でした。
ただ途中での買い物はほぼ無理だと思いますので
列車乗車に際しては食料などの準備をお勧めします。


では。

上越線00

さてさて。
今回は上越線です。

群馬県の高崎駅から新潟県の宮内駅までの間を走る路線で
関東から新潟へを直線的に短絡路で結ぶ為に作られた路線となります。

古くは高崎駅━前橋駅間が1884年(明治17年)に開業していますが、
宮内駅━越後湯沢駅間の上越北線は1925年(大正14年)に開業、
水上駅までの上越南線は1928年(昭和3年)に開業をするなど
古くから部分的に延伸建設がされてきました。

高崎駅━宮内駅間が全線開業したのは1931年(昭和6年)であり、
以降は1982年(昭和57年)の上越新幹線の開業まで
この区間の交通を担ってきました。

上越線a91
こちらが上越線の起点の高崎駅
上越線にはゼロキロポストは無く、
キロポストの表示は高崎線を引きついて大宮駅からの距離となっています。



上越線a53
高崎問屋町駅
2004年(平成16年)10月に新設された駅で、
高崎駅管理の業務委託駅として駅務員が駅務を行っている駅です。
上越線の駅ですが、乗り入れをしている吾妻線と両毛線の列車も停車します。
相対式ホーム2面2線を持つ駅で、駅舎は橋上駅舎となっています。
上越線a54
こちらは上り線2番ホーム。
上越線a55
ホーム上の跨線橋を兼ねた橋上駅舎がお互いのホームを連絡しています。
上越線a56
改札内の橋上駅舎の様子です。
上越線a57
こちらは改札外の様子。
問屋口(西口)と貝沢口(東口)を繋ぐ自由通路となっていて
自転車の通行も可能となっています。
上越線a58
こちらが問屋口(西口)からの駅舎の外観。
上越線a59
貝沢口(東口)の駅舎外観です。



上越線a61
井野駅
1944年(昭和19年)に信号場として井野信号場として開設され、
その後1957年(昭和32年)12月に停車場に昇格して旅客営業を始めた駅です。
この駅も上越線の駅ですが吾妻線と両毛線の列車が乗り入れています。
駅は相対式2面2線ホームとなっており業務委託駅として駅務員が常駐しています。
駅舎のあるこちらが下り線の1番ホームとなっています。
上越線a61
ホームはご覧の跨線橋で連絡。
上越線a62
こちらが駅舎の外観です。
上越線a63
駅前はご覧の光景で住宅地の中に駅があるといった感じとなっています。
上越線a64m
駅舎の中の様子です。
上越線a65
こちらは上り線2番ホーム。
上越線a66
2番線ホームの南端の高崎側にはご覧の出口が設けられています。
上越線a67
こちらが2番ホームに設けられている東口の外観です。
改札機は簡易Suica改札機のみの設置となっています。
上越線a68
東口は駐輪場の奥に設けられており、
駐輪場の前はご覧の通り駅南の踏切の前となっています。



上越線a69
新前橋駅
1884年(明治17年)に高崎━前橋間に鉄道が開通した際には
この地に駅は設けられませんでしたが、
1921年(大正10年)7月に当時の鉄道省の上越南線が渋川まで開通した際に
新たに両毛線との分岐駅として開設されました。

駅は島式ホーム2面4線を持つ社員配置の直営駅で、橋上駅舎となっています。
上は上り線の1、2番線ホームです。
上越線a70
こちらは下り線の3、4番線ホーム。
3番線は両毛線ホームとして前橋行き、4番線は上越線と吾妻線のホームで
群馬総社行きとなっています。
上越線a71
こちらが駅舎の外観。
駅ロータリーのあるこちらが東口となります。
上越線a72
駅舎の階段を上がるとご覧の自由通路となっており
改札口も設けられています。
上越線a73
自由通路を改札前を通り過ぎて進むと、
ご覧の西口へと通じる通路があります。
上越線a74
通路を進むと新前橋駅を跨ぐ跨線橋が延びています。
上越線a75
こちらが通路の終端の階段で、
新前橋駅の西口となります。
上越線a76
西口の目の前には、旧新前橋車両区である
高崎車両センターの入口があります。
上越線a77
跨線橋から見た高崎車両センターの俯瞰です。



上越線a78
群馬総社駅
1921年(大正10年)7月開業の駅で、単式ホーム2面2線の駅となっています。
新前橋駅管理の業務委託駅で駅務員が常駐しています。
こちらは上り1番線ホーム。
上越線a79
こちらが3番線下りホームで、1番線ホームとは跨線橋で連絡しています。
元々はこちらのホームは島式ホームで、1番線との間に2番線があったのですが
現在は線路が撤去されてホームにフェンスが立てられて欠番となっています。
上越線a80
こちらが駅舎の外観。
上越線a81
駅周辺はご覧の通り半ば住宅地となっています。



上越線95
八木原駅
1921年(大正10年)に上越南線の駅として開業した駅で、
現在は単式ホーム2面2線の駅となっています。
駅員常駐の直営駅です。
上越線96
ホームを繋ぐ跨線橋。駅の南側の渋川方面側にあります。
上越線97
こちらが下り線3番ホーム。
かつてはこのホームは島式ホームで2番線の乗降もできたそうですが、
現在は柵が設けられて2番線には入れず線路のみが残っています。
上越線99
3番線から見た駅舎方向。
上越線98
こちらが駅舎の外観です。



上越線01
こちらは渋川駅での上越線。
渋川以北は上越線のみの運行となります。



上越線a01
敷島駅
1924年(大正13年)に開業した駅で、
駅名はこの地域が旧敷島村であったことに由来します。
ホームは単式1面1線と島式1面2線の計3線があります。
上越線a02
こちらが跨線橋で連絡している島式ホーム。
駅舎側の中央のホームは旅客使用されておらず、
フェンスで区画がされています。
ですので番線表示もこちらは一番外側が2番線とされており、
実質的に単式2面2線の駅となっています。
上越線a03
ホーム側から見た駅舎の入口。
上越線a04
こちらが駅舎の外観です。
元々は古い木像の駅舎だったそうですが、目の前の県道の整備に伴って
2003年(平成15年)よりご覧のモダンな駅舎となっています。
上越線a05
駅舎の中の様子。
新駅舎が出来た当時は有人駅でしたが、新駅舎供用から1年ほどで無人駅となり
駅務の窓口はご覧の通りピカピカのまま使用されていません。
上越線a06
そして駅メモ的に特筆すべきなのがこちらの待合室のベンチです。
この駅は2016年12月に追加されたでんこの「敷島ヒメギ」の由来駅です。
名前の「ヒメギ」はこのベンチの背に彫られているヒメギフチョウ」からと言われており、
こちらがその蝶の彫り物です。
上越線a07
こちらがそのヒメギフチョウで、敷島駅が生息地の最寄りであることから
ベンチにこの蝶があしらわれた様子です。

なんでも専門家が見るとベンチの蝶はヒメギフチョウと違うんだそうですが、
別に図鑑の図案じゃないのでそこに突っ込む必要無いと思うんですけどね。
せっかく善意でベンチに意匠をあしらってくれたというのに。
度し難い見本の様な話だと思います…



上越線a08
津久田駅
元々は1943年(昭和18年)に津久田信号場として開設され、
1948年(昭和23年)に駅に昇格したという駅です。
相対式2面2線のホームの無人駅で、かつてあった駅舎は解体され
現在は待合室があるのみとなっています。
上越線a12
ホームにはご覧の通り勾配が。
上越線a09
待合室付近の光景。
Suica改札機が設置されています。
上越線a10
待合室の中はこんな感じで。
上越線a11
こちらが駅の外観。
ホームへ上がる階段のほかには
電話ボックスと仮設便所があるのみとなっています。

この駅は集落の一角にある駅で、
国道は利根川の対岸にあって駅からのアクセスは無く、
家と田畑以外はほぼ周囲には何も無いといって良い状態です。




上越線a13
岩本駅
単式ホーム2面2線を持つ無人駅です。
こちらの駅も駅舎から遠いホームは元々島式ホームでしたが
中央のホーム側にはフェンスが設けられて閉鎖されています。
上越線a14
他の駅では閉鎖された中央の番線は引込み線として残されていましたが
この駅ではご覧の通りホーム端までで線路が撤去されています。 上越線a15
駅前を走る国道17号線。
国道に面して駅前のロータリーがあります。
上越線a16
駅舎の外観。



上越線a17
沼田駅
1924年(大正13年)に開業した駅で、
単式1面1線、島式1面2線の計3線を持つ駅員常駐の直営駅です。
上越線a18
他の駅では閉鎖されている島式ホームの中央の番線が
この沼田駅では旅客使用されており、
フェンスも途中に通行用の切れ目が設けられています。
上越線a19
こちらは1番線の改札付近。
あちこちに天狗の面がありますが、これは沼田市にある迦葉山弥勒寺が
日本有数の「天狗の寺」として知られていることからです。
上越線a20
こちらは駅舎の外観。
2008年に整備が完成した駅前ロータリーはさすがに綺麗でした。
上越線a23
駅舎の中はご覧の通り。
みどりの窓口やキオスクも設置されています。
上越線a21
駅から見た駅前方向の光景です。
見て分かる通り、沼田市の市街地は崖の上にあるので
遠方の丘の上に建物が連なっているのが分かります。
上越線a22
駅前ロータリーにも天狗の像が。



上越線a24
後閑駅
1926年(大正15年)開業の駅で、
単式1面1線と島式1面2線のホームを持つ駅員常駐の直営駅です。
上越線a25
ホーム3線、と書きましたが島式ホームの2番線は
ご覧の通りホーム端を除いてほぼフェンスで区切られており
旅客で使用することはできない状態です。
ですので実質的にはこの駅も単式2面と考えて良いでしょう。
上越線a26
こちらは駅前の県道61号線。
写真右手に行くとすぐに旧月夜野町役場であるみなかみ町役場があります。
上越線a27
左手をみるとご覧の通り後閑駅と駅前の広場が見えます。
上越線a28
駅舎の外観。
国鉄時代の1961年(昭和36年)に改築された駅舎だそうです。
上越線a29
駅舎内の改札前。
上越線a30
右手の待合室に入るとご覧の光景です。



上越線a31
上牧駅
相対式2面2線のホームを持つ無人駅です。
上越線a32
こちらが駅舎の外観。
ホームは築堤上にあり、駅舎からは階段を昇ります。
上越線a33
駅舎に入ると待合室が。
上越線a34
風除室を兼ねたような待合室を抜けるとSuica改札機があり、
その先がホームへの階段となっています。
上越線a35
階段は途中で分岐しており、
左は下り1番線ホームへと直通していて
右手は上り線の2番ホームへとつながっています。
上越線a36
2番線への通路を進むと。
上越線a37
こちらの2番線ホームの出口へと出られます。
線路の下を潜る地下道で2番線へは連絡していました。
上越線a38




上越線a82
そして水上駅です。
1928年(昭和3年)10月に国鉄上越南線が延伸した際に開業した駅で、
単式ホーム1面1線、島式ホーム1面2線の計2面3線のホームを持つ駅です。
社員常駐の直営駅であり、かつては清水峠越え用の機関車が配置された
水上機関区が設けられていた上越線の要衝の駅でした。
上越線03
現在も上越線はこの水上駅を境に高崎側と長岡側で
完全に運行が分けられている状態
となっています。
上越新幹線の開通で上越国境越えの役割を譲った結果、
ご覧の通り水上駅から北に清水トンネルを抜ける列車は
一日5本という閑散区間となっています。
上越線a83
こちらがホームを繋ぐ跨線橋です。
この水上駅では高崎からやってきた下り列車はこの駅で一旦終点となります。
ここから更に上越線を越後中里や長岡方面へと向かう乗客や、
逆に長岡方面から高崎方面へと帰る上り列車の乗客は
この跨線橋を渡って列車を乗り換える必要があります

水上まで4両編成できた列車が、水上以北では2両編成に半減することから、
青春18切符の期間などには下り列車が到着すると
座席確保の為にこの跨線橋を走る
いわゆる「水上ダッシュ」の光景が見られます。
上越線a84
こちらが島式ホームの2、3番線ホーム。
下り線の長岡方面行きには駅舎側の2番線を使用しており
外側の3番線は予備ホームとなっています。
上越線a85
水上駅の駅舎の外観です。
水上温泉郷の玄関口ですが、温泉街までは徒歩10分ほどあり
駅前には送迎のバスが頻繁にやってきます。
上越線a87
ちなみにこちらは水上駅からレーダーを飛ばした際の射程範囲です。
射程12で越後湯沢駅まで届いているのが分かります。
水上駅━越後中里駅間は一日5本の閑散区間ですが、
これを見ると水上駅からレーダーを飛ばせば
閑散区間を全てカバーできるのが分かります。




上越線11
湯檜曽駅
1931年(昭和6年)9月に上越線の水上駅━越後湯沢駅間の開通と同時に開業をした駅です。
当時は、現在上り線として使われているループ線が上越線であり、
湯檜曽駅もループの入口の高台に設置されていました。

現在の駅は1967年(昭和42年)の新清水トンネル開通に併せて移転したもので、
上り線は屋外にホームがありますが、
下り線は新清水トンネルの入口トンネル内に設置されています。
上越線35
こちらが湯檜曽駅の下り線(越後湯沢・長岡方面行き)ホームです。
下りホームは全てトンネル内にありますので携帯の電波は届きません
上越線12
高崎方面側を見ると新清水トンネルの出口が見えます。
上越線13
この新清水トンネルは上越線の複線化の為に下り線用として掘られたもので
ここから新潟方面へと13.5kmのトンネルが続きます。
上越線14
ちなみに外側から見るとこんな感じ。
手前は上越線の上り線です。
上越線15
下りホームから新潟方面。
さっきも書きましたが、この先13.5kmずっとトンネルです。
上越線19
あ、駅の中を200m入ってるから、13.3kmって書いてありました。
上越線a86
こちらは下り列車で湯檜曽駅到着直前で取得したGPSの位置情報です。
基本的に水上駅━湯檜曽駅間は屋外を走っているので
外であれば普通に携帯電波が届くので端末でGPS位置情報を取得できます。

ですが湯檜曽駅に到着してしまうと、これまで見た通り
下り線のホームがトンネル内なので電波が届きません
長岡方面の下り線に乗る方は、湯檜曽駅は駅到着前にチェックインを忘れないで下さい。
忘れると次の土合駅もトンネル内ですので土樽駅まで電波は入りません
上越線16
下り線ホームを見渡すと、ホームの中央部あたりに
ご覧の通り出口の表示板があります。
見てみると横にむかって坑道の様にトンネルが延びています。
上越線20
横のトンネルの脇には、水上駅直通の電話がありました。
上越線17
出口のトンネルを進むと、
ご覧の通り、やっと明るくなりました。
この駅、無人駅ですから改札は無く、切符の券売機もありません。
上越線18
写真の赤い機械から乗車証明書を受け取って、
列車内の車掌もしくは着駅での精算となります。
上越線21
精算機の前の扉を開けてご覧の階段を下りると。
上越線22
外に出られますので、ここが湯檜曽駅の駅前です。
上越線23
駅前を通る国道291号線。
上越線24
駅の隣には郵便局があります。
上越線25
そしてその隣に旅館が一件。
上越線26
郵便局の前にはバス停があります。
上越線27
関越交通のバス停がありました。
上越線28
運賃は水上駅━湯檜曽駅で400円の様です。
なにせ列車が一日五本でバスの方が本数が多いですし、
隣の土合駅にも行けるので検討の余地はありかと。
上越線29
駅に戻って、乗車証明の機械の横の階段を上がると。
上越線30
湯檜曽駅の上り線ホームでした。
上越線31
これが今上ってきた階段。
上越線_電波_新清水トンネル
電波状況を確認してみると(au 4G LET/2015年11月現在)
ご覧の通り、地上では問題無く電波が入りますので、
上りホームはGPSで駅が奪取できます
上越線33
そして駅の北側を見ると。
上越線32
ご覧の通り、山を大きくループしている上越線の路線を見る事が可能です。
上越線34
上り線ホームに入線してくくる上越線の列車。




上越線36
そして次の土合駅です。
1931年(昭和6年)9月に信号場として開設され、
スキー客用に1932年(昭和7年)12月より冬季のみ旅客営業を始めた事が起源の駅です。
1936年(昭和11年)12月に駅に昇格し現在に至っています。

湯檜曽駅からは僅か5分ですが、
下り線の湯檜曽駅━土合駅間は全て新清水トンネル内ですので一切電波は入りません
上越線37
こちらも気持ちがいい位、下り線はトンネルの中です。
上越線38
下りホームの、待合室やらトイレやら、駅の物置やら。
上越線39
こちらの駅も、ホームのトンネルから横に坑道のような通路があります。
上越線40
出口の表示が。
上越線41
出口の表示の方向を見ると、
目の前には、この462段の階段(長さ338m)が一直線に伸びてる訳です。
当然ながら、これだけ地下のトンネル内なので、
携帯の電波なんて全く届いていません
ここではGPSで駅は取れません。ホームの列車内からも無理です。
上越線42
階段のふもとの看板には説明文が。
この駅、階段を登る前に乗客の心を折りに来ます
上越線43
階段の最初20段くらいだけ振られた、連続の番号。
後は10段ごとに段数が書いてあります。
上越線44
その横には、エスカレーターを作ろうと思ったスペースが。
乗客が少なすぎて採算が合わず作られてませんが。
上越線45
階段が長すぎて、途中で3箇所くらい
ご覧の様に休憩のできるベンチが設置してあります。
上越線46
上越線47
やっと階段の終点が見えてきました。
上越線48
階段上の通路に。ここが階段ふもとの看板に書いてあった
「143mの連絡通路」の様です。
上越線49
通路内と、窓からの景色はこんな感じです。
通路の先にある三角っぽい構造物は、
地下との気圧差から起こる風の風除けです。
地下鉄の駅の階段で吹く風と一緒のアレですね。
上越線50
扉を見てみるとご覧の通りに。
…「連絡通路」ってここからなのか。
それは良いとして、ここの駅、表記がなぜか癇に障ります…
上越線51
連絡通路、はブロックの積み上げで作られていて、
何かレトロというか、まるで受刑者にでもなった様な気分になってきます。
上越線52
通路の突き当たりを曲がると、やっと改札が見えてきました。
確かにこれは、ホームから10分掛かりますね…。
上越線53
改札口。無人駅ですので駅員はいません。
上越線54
駅の待合室です。
上越線55
駅入口の看板。
上越線56
やっと駅舎の外観が見れました。
上越線57
雪で駅がすばらしい景色です。
上越線58
土合駅前の国道291号線。湯檜曽駅から続いている同じ道です。
上越線59
駅前のバス停と待合所。
こちらも湯檜曽駅前のバス停と同じ路線のバス停です。
上越線60
湯檜曽駅と違うのは、こちらは駅のすぐそばにドライブインがあって
食事をしたり簡単な買い物ができるという事です。
上越線61
ご覧の通り、ドライブインの駐車場の隣が土合駅ですし。
上越線62
駅の戻って、改札を入って、今度は下り線とは逆の右に進むと。
上越線63
突き当たりの扉に「雪が吹き込むため閉めて下さい」の張り紙が。
上越線64
ここから外に出ると。
上越線65
こちらが上り線のホームでした。
上越線66
下り線の駅のホーム。単線の時代は、
元々こちらの地上の線路のみが上越線でした。
上越線67
土合駅の新潟側の踏切から新潟方面を見ると。
上越線68
ご覧の通り清水トンネルの出口があります。
ここから出てきた列車が、
上越線69
土合駅上りホームへと停車する訳です。
上越線70
下り線(新潟方面)ホームはトンネルの真っ只中なので当然電波は届かず
GPSの位置情報取得などできませんが、
上り線(東京方面)ホームは地上にあります。
上越線a88
なのでご覧の通り、上り線ホームは電波エリア圏内なので
普通に土合駅のGPS奪取が可能です。

上越線72
私がこの駅に来た時には2時間弱の間後続列車を待った後、
せっかく上った階段を降りて下りホームへと戻りました。
一日5本しか列車がありませんから当然そうなりますね…
上越線73
こちらは下り線なので列車は長岡方面行きです。


上越線71
土合駅まではJR東日本高崎支社の管轄ですが、
この新清水トンネルを出た先の次の土樽駅は新潟支社の管轄駅となります。
ですので同じJR東日本の路線ではありますが、
この新清水トンネル内ではご覧の通り
車掌が検札に回る事が多い区間でもあります。

ただ特に夏場は谷川岳近辺の登山客、
冬季は上越方面へと向かうスキー客などが乗り込むので
水上━越後中里間も閑散区間のローカル線にしては下り列車は結構込み合います
座れない場合も多々あるほどなのでご注意下さい。

上越線a90
こちらはau 4G LTEでの電波エリアマップです。
上越線の高崎駅━水上駅に関しては地上では全線が電波圏内です。
一部トンネル区間はあるものの、
駅へのチェックインに妨げになるほどでは無いでしょう。
上越線a89
こちらが同じく電波エリアマップの
水上駅━土合駅間の状況です。
この区間も地上部ではほぼ全線が電波エリア圏内となっています。
上越線a92
こちらは湯檜曽駅━土合駅間のトンネルの場所を示す地図ですが、
ご覧の通り湯檜曽駅以北は新清水トンネルをはじめとするトンネルがあるので
トンネル内では電波は入りません。
しかし地上部の多い上り線では
チェックインのできる場所があるという事
です。



さて、高崎駅から土合駅までがJR東日本高崎支社の管内となります。
土合駅を過ぎると土樽駅から北は新潟支社の管内ですので
一旦支社境界で分けたいと思います。

新潟支社管内はその2にて。


では。

↑このページのトップヘ